ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アップル、インテルなどIT各社が良好な決算。世界経済は回復局面?

 

 IT企業各社による好調な決算が続いている。背景となっているのはグローバルな景気回復とクラウド化の進展である。

interu

 アップルは2017年5月2日、2017年1~3月期の決算を発表した。売上高は前年同期比4.6%増の528億9600万ドル(約5兆9600億円)、純利益は前年同期比4.8%増の110億2900万ドル(約1兆2400億円)だった。
 同社は2016年に主力のiPhoneの販売台数が大幅に落ち込んだ。特に中国市場の低迷が著しく、4四半期連続の減収となっていた。今回の決算も単価上昇による部分が大きく、販売台数は前年同期比でマイナスとなっているが、底は脱した可能性が高い。

  この傾向は他社も同じで、半導体大手インテルの決算は売上高が8%増、純利益は45%増となった。マイクロソフトは売上高が7.6%増、純利益が28%増、グーグルも売上高が22%増、純利益が29%増となっている。
 IT企業各社の決算が好調なのは、景気循環的に世界経済が回復局面に入っていることに加え、ITサービスのクラウド化が進んだことが主な要因である。

 これまで世界経済は米国の1人勝ちで、欧州と中国を初めとする新興国の不振が足を引っ張っていた。だが2016年の後半から両地域の景気が持ち直してきており、これが世界経済全体に影響している。
 ITはグローバル産業なので、世界経済の動向に大きく左右される。今回の回復はあくまで景気循環によるものなので、長期的に持続するのかは分からないが、短期的には好業績が続く可能性が高まっている。

 これに加えてクラウドの進展も追い風となった。インテルはクラウドに設置されるサーバー向けMPUが好調で、マイクロソフトのクラウド・サービスであるAzureの売上高は前年比で倍増となった。ネット通販大手のアマゾンの決算も好調だったが、同社のクラウド・サービスであるAWSの伸びが大きく貢献している。

 トランプ政権の税制改革案が不完全ながらもようやく姿を現したが、もし一連のプランが実行に移されれば、米国の景気はさらに拡大する。これによって、世界経済の回復がしばらく持続すれば、IT企業の業績もさらに伸びることになる。

 - 経済, IT・科学 , , ,

  関連記事

davinchi
米国で手術ロボットの事故が増加。だがロボット導入の動きはもはや止められない?

 米国では外科手術にロボットを使用するケースが急増している。手術に革命を起こすと …

kourioote
2月決算の小売大手決算。個人消費に多少の明るい兆しが見える

 2月決算の小売大手各社の決算がほぼ出揃った。小売各社の決算動向は、個別企業の業 …

sonyenergy
もはやゴミ箱?産業革新機構が今度は爆発事故の前歴があるソニーの電池事業を救済

 ソ ニーが政府系ファンドの産業革新機構と電池事業の売却交渉に入った。22日の日 …

cyprus2
キプロス問題でとうとうロシアが介入か?小さな島をめぐって地政学上の策略が渦巻く

 金融危機に陥ったキプロスの支援策をめぐって、とうとうロシアが本格的に動き始めた …

marines
日本の軍事費は世界第5位に。だが自衛隊の「質」はどの程度なのか?

 スウェーデンのシンクタンク・ストックホルム国際平和研究所は4月15日、世界の軍 …

twitter02
ツイッター大ピンチ。収益のカギとなるタイムライン閲覧数が何と減少!

 短文投稿サイトの米ツイッターが株式公開後初めてとなる四半期決算で大失速となった …

kyuyomeisai02
4月の実質賃金は24カ月ぶりに上昇。だが中身は物価上昇率の鈍化

 賃金の伸びから物価の上昇分を差し引いた4月の実質賃金が24カ月ぶりに増加となっ …

googlehead
グーグルは成長鈍化でいよいよ普通の会社へ。資本政策などの転換も必要?

 ネット検索大手米グーグルは2014年10月16日、2014年7~9月期の決算を …

tamatsuka
ローソンのトップに玉塚氏が就任。ユニクロでの屈辱をリベンジできるか?

 ローソンは2014年3月24日の取締役会において、玉塚元一最高執行責任者(CO …

no image
もの作り革命の本「Makers」が早くも話題に。だがそれは日本の3回目の敗北を意味する

 『ロングテール』や『FREE』といったネットにおける新しいビジネスモデルをいち …