ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アップル、インテルなどIT各社が良好な決算。世界経済は回復局面?

 

 IT企業各社による好調な決算が続いている。背景となっているのはグローバルな景気回復とクラウド化の進展である。

interu

 アップルは2017年5月2日、2017年1~3月期の決算を発表した。売上高は前年同期比4.6%増の528億9600万ドル(約5兆9600億円)、純利益は前年同期比4.8%増の110億2900万ドル(約1兆2400億円)だった。
 同社は2016年に主力のiPhoneの販売台数が大幅に落ち込んだ。特に中国市場の低迷が著しく、4四半期連続の減収となっていた。今回の決算も単価上昇による部分が大きく、販売台数は前年同期比でマイナスとなっているが、底は脱した可能性が高い。

  この傾向は他社も同じで、半導体大手インテルの決算は売上高が8%増、純利益は45%増となった。マイクロソフトは売上高が7.6%増、純利益が28%増、グーグルも売上高が22%増、純利益が29%増となっている。
 IT企業各社の決算が好調なのは、景気循環的に世界経済が回復局面に入っていることに加え、ITサービスのクラウド化が進んだことが主な要因である。

 これまで世界経済は米国の1人勝ちで、欧州と中国を初めとする新興国の不振が足を引っ張っていた。だが2016年の後半から両地域の景気が持ち直してきており、これが世界経済全体に影響している。
 ITはグローバル産業なので、世界経済の動向に大きく左右される。今回の回復はあくまで景気循環によるものなので、長期的に持続するのかは分からないが、短期的には好業績が続く可能性が高まっている。

 これに加えてクラウドの進展も追い風となった。インテルはクラウドに設置されるサーバー向けMPUが好調で、マイクロソフトのクラウド・サービスであるAzureの売上高は前年比で倍増となった。ネット通販大手のアマゾンの決算も好調だったが、同社のクラウド・サービスであるAWSの伸びが大きく貢献している。

 トランプ政権の税制改革案が不完全ながらもようやく姿を現したが、もし一連のプランが実行に移されれば、米国の景気はさらに拡大する。これによって、世界経済の回復がしばらく持続すれば、IT企業の業績もさらに伸びることになる。

 - 経済, IT・科学 , , ,

  関連記事

usmanov
英国長者番付に見るウィンブルドン方式の実態。日本人にこれを受け入れる覚悟はある?

 英サンデータイムズ誌は4月21日、毎年恒例の億万長者リストを発表した。結果は上 …

clubmedchina
元仏大統領の息子が経営する著名リゾート会社を中国が買収。課税回避が真の狙い?

 中国の投資会社である複星国際と、アクサ・グループの資産管理会社アクサ・プライベ …

index2015
インデックス創業者の落合夫妻が揃って逮捕。転落のきっかけは自社の株式?

 東京地検特捜部は2014年5月28日、コンテンツ制作会社「インデックス」の創業 …

bouekitoukei201312
12月の貿易赤字はさらに拡大。慢性的な経常赤字に備えた政策が急務

 財務省は2014年1月27日、2013年12月の貿易統計を発表した。輸出額から …

iwatakikuo
岩田副総裁候補が、積極的な財政出動を肯定。バラ捲き予算にはずみ?

 日銀副総裁候補の岩田規久男学習院大教授は5日、衆院議院運営委員会の所信聴取に出 …

zangyou
長時間労働の人ほど上司がそれを評価してくれていると考えている?

 長時間労働をする人ほど、残業について上司が評価してくれていると考える割合いが高 …

ierensamazu
FRB議長の後任人事。市場はサマーズ氏ではなくイエレン副議長を望んでいるが・・・

 米国における量的緩和策の出口戦略が明確になりつつある中、来年早々にも退任すると …

mof
10年後には国債1000兆円との財務省試算。だが前提条件が甘く、現実はもっと厳しい

 財務省は3月6日、国債の残高が10年後の2022年度末に1000兆円を超えると …

seveneleven
セブンが600億円の減損。旧体制における「負の遺産」整理に着手

 セブン&アイ・ホールディングスは2016年10月6日、2016年3~8月期(半 …

westinghousegenson
東芝が米中核子会社で巨額損失。米国人社員に「チャレンジ」は通用しなかった

 不正会計問題を抱える東芝は、これまで開示してこなかった米国の原子力子会社ウェス …