ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アップル、インテルなどIT各社が良好な決算。世界経済は回復局面?

 

 IT企業各社による好調な決算が続いている。背景となっているのはグローバルな景気回復とクラウド化の進展である。

interu

 アップルは2017年5月2日、2017年1~3月期の決算を発表した。売上高は前年同期比4.6%増の528億9600万ドル(約5兆9600億円)、純利益は前年同期比4.8%増の110億2900万ドル(約1兆2400億円)だった。
 同社は2016年に主力のiPhoneの販売台数が大幅に落ち込んだ。特に中国市場の低迷が著しく、4四半期連続の減収となっていた。今回の決算も単価上昇による部分が大きく、販売台数は前年同期比でマイナスとなっているが、底は脱した可能性が高い。

  この傾向は他社も同じで、半導体大手インテルの決算は売上高が8%増、純利益は45%増となった。マイクロソフトは売上高が7.6%増、純利益が28%増、グーグルも売上高が22%増、純利益が29%増となっている。
 IT企業各社の決算が好調なのは、景気循環的に世界経済が回復局面に入っていることに加え、ITサービスのクラウド化が進んだことが主な要因である。

 これまで世界経済は米国の1人勝ちで、欧州と中国を初めとする新興国の不振が足を引っ張っていた。だが2016年の後半から両地域の景気が持ち直してきており、これが世界経済全体に影響している。
 ITはグローバル産業なので、世界経済の動向に大きく左右される。今回の回復はあくまで景気循環によるものなので、長期的に持続するのかは分からないが、短期的には好業績が続く可能性が高まっている。

 これに加えてクラウドの進展も追い風となった。インテルはクラウドに設置されるサーバー向けMPUが好調で、マイクロソフトのクラウド・サービスであるAzureの売上高は前年比で倍増となった。ネット通販大手のアマゾンの決算も好調だったが、同社のクラウド・サービスであるAWSの伸びが大きく貢献している。

 トランプ政権の税制改革案が不完全ながらもようやく姿を現したが、もし一連のプランが実行に移されれば、米国の景気はさらに拡大する。これによって、世界経済の回復がしばらく持続すれば、IT企業の業績もさらに伸びることになる。

 - 経済, IT・科学 , , ,

  関連記事

soros
ソロス氏がまたまた大儲け。ウォール街の鬼門といわれた円安で大勝利

 米国の著名投資家であるジョージ・ソロス氏が、昨年11月からの円安で巨額の利益を …

ana787
最新鋭ボーイング787が4連続トラブル。ボーイング社や素材を開発した東レの株価が下落

 夢の最新鋭機として鳴り物入りで導入された最新鋭機ボーイング787型機が4連続で …

googlecar02
グーグル2015年4~6月期決算。増収増益だが、更なる成長は自動運転待ち

 米グーグルは2015年7月16日、2015年4~6月期の決算を発表した。広告事 …

kuroda02
日銀が物価目標の達成時期を先送り。2年で2%は実質的に撤廃

 日銀は2015年4月30日、「15年度を中心とする期間」としてきた物価目標達成 …

setsubitousi
11月の機械受注は回復見られず。10~12月のGDPも厳しい状況か?

 内閣府は2015年1月15日、11月の機械受注統計を発表した。主要指標である …

jinminginkou
中国人民銀行が預金準備率引き下げ。いずれ量的緩和に追い込まれる?

 中国の景気減速がはっきりしてきたことで、金融市場にもこれに付随した動きが見られ …

akafuku
「外国人お断り」という赤福前社長の発言は、日本人の優柔不断さの象徴?

 伊勢神宮の銘菓「赤福」の前社長による「外国人には来て欲しくない」という発言が波 …

hulu
日テレが動画配信サービスHuluの日本事業を買収。テレビ局による囲い込みか?

 日本テレビ放送網は2014年2月28日、動画配信サービス「Hulu」の日本市場 …

kougu
日本は本当にモノ作りの国なのか?メイカーズ革命で問われる真の国民性

 日本はモノ作りの国であるといわれている。日本人は手先が器用で真面目なのでモノ作 …

kiseikaikaku
形骸化が進む規制改革会議。唯一の目玉だった牛乳についても先送り

 政府の規制改革会議は2016年5月19日、規制改革に関する第4次答申の結果をま …