ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

仏大統領選では独立候補のマクロン氏が勝利。欧州の景気拡大も後押しか

 

 フランス大統領選は事前の予想通り、中道系独立候補のエマニュエル・マクロン氏が極右候補であるマリーヌ・ルペン氏を破って勝利を収めた。マクロン氏は39歳と若く、フランス史上最年少の大統領が誕生することになる。

makuron

 フランスの大統領選は5年に1度行われ、1回目の投票と決戦投票の2段階で実施されるのが特徴となっている。1回目の投票で過半数を獲得する候補がいれば、決選投票を経ずに大統領が誕生するが、現在の選挙制度が確立した1965年以降、1回目の投票で大統領が決まったケースはない。

 1回目の投票では、マクロン氏が24%、ルペン氏が21%、中道右派のフィヨン氏が20%、左派のメランション氏が20%という結果だった。普通に考えれば、右派と左派の票がマクロン氏に回る可能性は高く、マクロン氏が圧勝することになる。
 ただ極右である国民戦線の候補がこれだけの得票率を得たことはなく、近年の風潮を考えた場合、決選投票で何が起こるかは分からない。このため市場ではマクロン氏勝利を予想しつつも警戒を解くことができない状態が続いていた。

 結果は事前の予想通りで市場には安心感がひろがっている。マクロン氏は基本的に親EU路線を掲げており、フランスの基本政策に大きな変更はないだろう。

 ただ、独立候補で議員経験もないマクロン氏が勝利できたのは、既成政党に対する国民の反発が大きかったからであり、これはウラを返せば、マクロン氏に対して過大な期待が寄せられた結果でもある。
 マクロン氏は選挙戦に際して、あらゆる層の票を取り込む総花的な政策を掲げてきた。実際に政権を運営する段階になれば、利害の調整に手間取る可能性は高く、国民の高い期待をどの程度、継続させられるのかが今後の政権運営のカギとなるだろう。

 欧州は今年前半からようやく景気が上向きつつあり、これもマクロン氏に有利に働いた可能性が高い。政治的手腕が未知数とはいえ、親EUを掲げ、市場との親和性が高いマクロン氏の大統領就任は、グローバル経済にとって確実にプラスの材料となるだろう。

 - 政治, 社会 ,

  関連記事

linewave
IT各社が相次いで会話型AIの年内投入を表明。情報の流れが大きく変わる可能性も

 IT各社が、話しかけるだけで機器を操作できたり、各種のサービスを受けられる対話 …

no image
ナイジェリアの公立学校で中国語教育始まる。国家覇権と言語は一体の関係

 中国が積極的に開発援助を行っているアフリカのナイジェリアで、公立学校における中 …

paristero
パリの新聞社襲撃事件。実行犯はかなり訓練されたテロリストの可能性大

 パリ市内でイスラム教を風刺したイラストを掲載した新聞社をテロリストが襲撃すると …

kokkaigijido02
選挙権の年齢が18歳以上に引き下げ。しかし成人年齢は20歳のまま

 選挙権の年齢を20歳以上から18歳以上に引き下げる公職選挙法の改正案が2015 …

nihonchokuhan
TV通販の日本直販。TV局にしがみつき粉飾にまで手を染めたがとうとう行き倒れ

 最大3メートル伸びる「高枝切りばさみ」などのアイデア商品で知られる「日本直販」 …

hinkleypoint
原発の建設・運用を外国に丸投げする、核保有国イギリスの決断をどう考えるべきか?

 英国が次世代原発の運営事業に対して中国企業による過半数の出資を認めたことが大き …

obamaputin2015
国連総会での各国首脳会談。日は露に、露は米にラブコールを送っているが・・・

 ニューヨークで開かれている国連総会を利用した首脳会談が相次いでいるが、各国のス …

imfsdr
IMFが人民元のSDR採用を正式決定。猶予期間の設定で人民元改革を要請

 IMF(国際通貨基金)は2015年11月30日、特別引き出し件(SDR)に中国 …

runesasu002
従業員はゴミ?母体3社と産業革新機構でルネサス従業員を押し付け合い

 半導体大手ルネサスエレクトロニクスの経営再建をめぐって、外資ファンドを押しのけ …

yudachi02
中国軍幹部がレーダー照射を認める。軟化のサインか心理戦か?

 中国海軍の艦船が海上自衛隊の護衛艦にレーダーを照射した問題で、中国軍の高級幹部 …