ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

仏大統領選では独立候補のマクロン氏が勝利。欧州の景気拡大も後押しか

 

 フランス大統領選は事前の予想通り、中道系独立候補のエマニュエル・マクロン氏が極右候補であるマリーヌ・ルペン氏を破って勝利を収めた。マクロン氏は39歳と若く、フランス史上最年少の大統領が誕生することになる。

makuron

 フランスの大統領選は5年に1度行われ、1回目の投票と決戦投票の2段階で実施されるのが特徴となっている。1回目の投票で過半数を獲得する候補がいれば、決選投票を経ずに大統領が誕生するが、現在の選挙制度が確立した1965年以降、1回目の投票で大統領が決まったケースはない。

 1回目の投票では、マクロン氏が24%、ルペン氏が21%、中道右派のフィヨン氏が20%、左派のメランション氏が20%という結果だった。普通に考えれば、右派と左派の票がマクロン氏に回る可能性は高く、マクロン氏が圧勝することになる。
 ただ極右である国民戦線の候補がこれだけの得票率を得たことはなく、近年の風潮を考えた場合、決選投票で何が起こるかは分からない。このため市場ではマクロン氏勝利を予想しつつも警戒を解くことができない状態が続いていた。

 結果は事前の予想通りで市場には安心感がひろがっている。マクロン氏は基本的に親EU路線を掲げており、フランスの基本政策に大きな変更はないだろう。

 ただ、独立候補で議員経験もないマクロン氏が勝利できたのは、既成政党に対する国民の反発が大きかったからであり、これはウラを返せば、マクロン氏に対して過大な期待が寄せられた結果でもある。
 マクロン氏は選挙戦に際して、あらゆる層の票を取り込む総花的な政策を掲げてきた。実際に政権を運営する段階になれば、利害の調整に手間取る可能性は高く、国民の高い期待をどの程度、継続させられるのかが今後の政権運営のカギとなるだろう。

 欧州は今年前半からようやく景気が上向きつつあり、これもマクロン氏に有利に働いた可能性が高い。政治的手腕が未知数とはいえ、親EUを掲げ、市場との親和性が高いマクロン氏の大統領就任は、グローバル経済にとって確実にプラスの材料となるだろう。

 - 政治, 社会 ,

  関連記事

sakakibara
経団連が献金再開。表面的には関係修復が目的だが、もっと深刻な理由も

 経団連の榊原定征会長は2014年9月8日、政治献金を5年ぶりに再開する方針を明 …

Zuckerberg
動き出した米国の移民制度改革。その影響はやがて日本や中国にも及んでくる

 米国社会が移民容認に向けて動き始めた。3月27日付けの米ウォールストリート・ジ …

ouki
中国外相に温家宝首相に近い王毅氏が内定。日中関係への影響は?

 中国の次期外交部長(外務大臣)に、駐日大使の経験のある王毅・国務院台湾事務弁公 …

aribabachugoku
粗悪品の出品をめぐり中国当局とアリババが対立。やはりチャイナ・リスクは存在

 中国の電子商取引最大手アリババ・グループは2015年1月29日、2014年10 …

mama
子供がいると女性は不幸?内閣府の調査結果は日本社会の現状をよく表している

 内閣府経済社会総合研究所は、幸福度が子供の存在によってどのような影響を受けてい …

bento
弁当の路上販売規制問題。利害関係者が自説を堂々と主張しない日本の社会風土

 東京都は最近増加している弁当の路上販売について規制強化の検討を始めている。すで …

taiwankinendo
中国の台湾問題責任者が初の訪台。台湾の中国傾斜の背景にはTPP

 中国政府で台湾問題を担当する、国務院台湾事務弁公室の張志軍主任が2014年6月 …

carlos
カルロス国王次女の脱税疑惑をきっかけに、スペインは過去の呪縛に挑戦する

 スペインのファン・カルロス国王の次女クリスティーナ王女が、脱税と資金洗浄(マネ …

huawei
米議会が華為技術(Huawei)に対する正式な調査報告書を公表。ソフトバンクはどうする?

 中国の通信機器大手、華為技術(Huawei-ファーウェイ)と中興通訊(ZTE) …

no image
党大会開催で厳戒態勢の北京でも反政府活動が発生。共産党支配の限界が露呈している

 中国では8日から共産党大会が開催されており、首都北京では厳戒態勢が敷かれている …