ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

仏大統領選では独立候補のマクロン氏が勝利。欧州の景気拡大も後押しか

 

 フランス大統領選は事前の予想通り、中道系独立候補のエマニュエル・マクロン氏が極右候補であるマリーヌ・ルペン氏を破って勝利を収めた。マクロン氏は39歳と若く、フランス史上最年少の大統領が誕生することになる。

makuron

 フランスの大統領選は5年に1度行われ、1回目の投票と決戦投票の2段階で実施されるのが特徴となっている。1回目の投票で過半数を獲得する候補がいれば、決選投票を経ずに大統領が誕生するが、現在の選挙制度が確立した1965年以降、1回目の投票で大統領が決まったケースはない。

 1回目の投票では、マクロン氏が24%、ルペン氏が21%、中道右派のフィヨン氏が20%、左派のメランション氏が20%という結果だった。普通に考えれば、右派と左派の票がマクロン氏に回る可能性は高く、マクロン氏が圧勝することになる。
 ただ極右である国民戦線の候補がこれだけの得票率を得たことはなく、近年の風潮を考えた場合、決選投票で何が起こるかは分からない。このため市場ではマクロン氏勝利を予想しつつも警戒を解くことができない状態が続いていた。

 結果は事前の予想通りで市場には安心感がひろがっている。マクロン氏は基本的に親EU路線を掲げており、フランスの基本政策に大きな変更はないだろう。

 ただ、独立候補で議員経験もないマクロン氏が勝利できたのは、既成政党に対する国民の反発が大きかったからであり、これはウラを返せば、マクロン氏に対して過大な期待が寄せられた結果でもある。
 マクロン氏は選挙戦に際して、あらゆる層の票を取り込む総花的な政策を掲げてきた。実際に政権を運営する段階になれば、利害の調整に手間取る可能性は高く、国民の高い期待をどの程度、継続させられるのかが今後の政権運営のカギとなるだろう。

 欧州は今年前半からようやく景気が上向きつつあり、これもマクロン氏に有利に働いた可能性が高い。政治的手腕が未知数とはいえ、親EUを掲げ、市場との親和性が高いマクロン氏の大統領就任は、グローバル経済にとって確実にプラスの材料となるだろう。

 - 政治, 社会 ,

  関連記事

yakuinousetsu
日本企業の経営環境が激変?金融庁と東証がまとめた統治指針案のインパクト

 金融庁と東京証券取引所は、上場企業に少なくとも2名以上の社外取締役の設置を求め …

asaddaasuma
本当は独裁政権など続けたくない?アサド大統領のものとされるメールの真偽

 英国のガーディアン紙がシリアのアサド大統領が送受信したとされるメール内容を報道 …

kimujonun04
北朝鮮が核実験を強行した本当の理由とは?水面下で米朝交渉が進展?

 北朝鮮が3回目の核実験に踏み切ったことで、周辺諸国や国連は北朝鮮に対する制裁に …

Observationisland
北朝鮮のミサイル発射予告。情報収集はどんな体制で行われているのか?

 北朝鮮がミサイル発射を予告していることを受けて、米軍や自衛隊では準備が進んでい …

George Washington03
東シナ海に展開する中国海軍の実力はどの程度なのか?

 中国が2013年11月に、尖閣諸島上空を含む空域に、防空識別圏を設定したことで …

mof02
2014年度予算編成作業が大詰め。焦点は税収上振れ分の取り扱い

 2014年度予算の編成作業が大詰めを迎えている。自民党への政権交代によって、大 …

doruen201412
円高要因が見当たらない?。市場ではすでに1ドル=120円以後の展開に注目

 ドル円相場が1ドル=119円台後半まで下落したことで、市場はすでに120円突破 …

leekanyunamida
シンガポール「建国の父」リー・クアンユー死去。独立当初は、絶望感で涙を流した?

 シンガポール建国の父と呼ばれるリー・クアンユー元首相が2015年月23日、同国 …

businessman03
あまりにも醜い欧州の若年層失業率。では日本はどうなんだ?

 欧州連合は2日、ユーロ圏17カ国およびEU27カ国におけるの2月の失業率を発表 …

taiwangakusei
様変わりする台湾の民主化運動。背景には中国の台頭と米国政治の変質がある

 台湾で中国との経済協定に反対する学生が立法院(国会)を占拠している問題は、いま …