ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

トランプ大統領がFBI長官を電撃解任。第2のウォーターゲート事件との声も

 

 トランプ米大統領は米連邦捜査局(FBI)のコミー長官を電撃的に解任した。トランプ氏は明確な理由を示しておらず、背景をめぐって噂が飛び交っている。一部からは、特別検察官の更迭が最終的にニクソン元大統領の辞任にまでつながったウォーターゲート事件を彷彿させるとの指摘も出ている。

fbikomi

 トランプ大統領は2017年5月9日、FBIのコミー長官を突如解任した。コミー氏自身、ニュースで解任を知り「最初は冗談と思った」と話していることから、突然の解任であったことは明らか。
 コミー氏は昨年の大統領選において、民主党候補ヒラリー・クリントン氏の私用メール問題を捜査し、トランプ氏を勝利に導いた立役者の一人である。FBI長官を特別な理由もなく解任すること自体が異例であることに加え、トランプ政権の功労者を、わざわざ電撃解任するというのは非常に不可解である。

 現在FBIは、ロシアによる大統領選挙への干渉問題を捜査しているが、一部からはこの捜査を妨害するための措置ではないかとの声が上がっている。もしトランプ氏がロシアによる干渉に何らかの形で関わっていた場合、致命的な状況に追い込まれるのは必至だ。

 一連の出来事は、特別検察官の解任が、最終的にはニクソン氏の辞任という前代未聞の事態に進展したウォーターゲート事件を彷彿とさせる。ニクソン氏は、ウォーターゲート事件の捜査にあたっていた特別検察官を解任し、その課程において司法長官も辞任に追い込んでいる。だが結果的にニクソン氏の包囲網は狭まり、最終的にニクソン氏は大統領を辞任した。

 コミー氏は大統領選の終盤、トランプ氏とクリントン氏の支持率が拮抗するという極めて重要な局面において、クリントン氏に対する捜査再開を公表するという、選挙介入ともいえる行為を行った人物である。FBI長官にふさわしくないというのはその通りだろう。

 だが政治的な理由で捜査機関のトップを簡単に解任できるということになると、警察権力の私物化につながることは明白である。現時点ではまだそれほど大きな問題にはなっていないが、場合によってはトランプ政権の致命傷となる可能性は十分にある。

 - 政治 , ,

  関連記事

beichushunoukaidan20141113
APEC終了後、米中が長時間の首脳会談を実施。米中関係はより実務的な段階へ

 米国のオバマ大統領と中国の習近平国家主席は2014年11月11日、北京で開催さ …

goa
アルジャジーラが米国のTV局を買収。創設者はゴア元副大統領で政治的匂いがプンプン

 カタールに拠点を置くテレビ局アルジャジーラは2日、米国のテレビ局であるカレント …

chinasinkubo
中国が初の国産空母を旧ピッチで建造中。問題はその次の国産空母

 中国が初の国産空母の建造を急ピッチで進めている。今のペースが維持された場合、2 …

ribiatero
米国が中東で2つの対テロ作戦を同時遂行。今後はこうした「見えない」戦争が中心か?

 米軍は10月5日、リビアとソマリアにおいてほぼ同じタイミングで特殊部隊による対 …

mof05
2016年度予算案閣議決定。税収増も社会保障費の伸びで相殺

 政府は2015年12月24日、2016年度予算案を閣議決定した。予算総額は4年 …

obamasiriakubaku
オバマ政権が圧力に抗しきれずシリア空爆を決断。次期大統領選にも影響

 米国のオバマ大統領は2014年9月10日、テレビ演説を行い、イラクとシリアで勢 …

hagel06
極度の緊張が続く北朝鮮情勢。だが妥協点を探る動きも出始めた

 極度の緊張が続く北朝鮮情勢において、妥協点を探る動きが出始めた。米国防総省は、 …

no image
イスラム圏が米国へのサイバーテロ攻撃を実施。銀行システムなどが一部ダウン

 イスラム教を揶揄したされる映画が発端で、西欧社会に対するイスラムの反発が激化し …

kanntei
政府が解雇要件を緩和する方向で検討を開始。だが公務員だけは例外という大矛盾

 政府はこれまで法律や判例で手厚く保護されてきた労働者の解雇要件を大幅に見直す方 …

sunnylands
米中首脳会談が行われるリゾート施設サニーランドとはどのような場所なのか?

 6月7日~8日の日程で、いよいよ米中首脳会談が開催される。今回の首脳会談は首都 …