ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

トランプ大統領がFBI長官を電撃解任。第2のウォーターゲート事件との声も

 

 トランプ米大統領は米連邦捜査局(FBI)のコミー長官を電撃的に解任した。トランプ氏は明確な理由を示しておらず、背景をめぐって噂が飛び交っている。一部からは、特別検察官の更迭が最終的にニクソン元大統領の辞任にまでつながったウォーターゲート事件を彷彿させるとの指摘も出ている。

fbikomi

 トランプ大統領は2017年5月9日、FBIのコミー長官を突如解任した。コミー氏自身、ニュースで解任を知り「最初は冗談と思った」と話していることから、突然の解任であったことは明らか。
 コミー氏は昨年の大統領選において、民主党候補ヒラリー・クリントン氏の私用メール問題を捜査し、トランプ氏を勝利に導いた立役者の一人である。FBI長官を特別な理由もなく解任すること自体が異例であることに加え、トランプ政権の功労者を、わざわざ電撃解任するというのは非常に不可解である。

 現在FBIは、ロシアによる大統領選挙への干渉問題を捜査しているが、一部からはこの捜査を妨害するための措置ではないかとの声が上がっている。もしトランプ氏がロシアによる干渉に何らかの形で関わっていた場合、致命的な状況に追い込まれるのは必至だ。

 一連の出来事は、特別検察官の解任が、最終的にはニクソン氏の辞任という前代未聞の事態に進展したウォーターゲート事件を彷彿とさせる。ニクソン氏は、ウォーターゲート事件の捜査にあたっていた特別検察官を解任し、その課程において司法長官も辞任に追い込んでいる。だが結果的にニクソン氏の包囲網は狭まり、最終的にニクソン氏は大統領を辞任した。

 コミー氏は大統領選の終盤、トランプ氏とクリントン氏の支持率が拮抗するという極めて重要な局面において、クリントン氏に対する捜査再開を公表するという、選挙介入ともいえる行為を行った人物である。FBI長官にふさわしくないというのはその通りだろう。

 だが政治的な理由で捜査機関のトップを簡単に解任できるということになると、警察権力の私物化につながることは明白である。現時点ではまだそれほど大きな問題にはなっていないが、場合によってはトランプ政権の致命傷となる可能性は十分にある。

 - 政治 , ,

  関連記事

rakutenmikitani
三木谷氏率いる新経連の動きが活発に。しかし早くも「老人化」の雰囲気がチラホラ

 楽天の三木谷社長率いる新しい経済団体である新経連が動きを活発化させている。20 …

iannfugoui
慰安婦問題で日本は全面的に譲歩。振り上げた拳を降ろしただけで交渉は終了

 日韓両政府は2015年12月28日、従軍慰安婦問題について合意に達した。旧日本 …

PHM11_0589
いくら緩和しても経済成長なんてムリ!日銀のホンネが聞こえてくる

 2014年度の消費者物価指数(CPI)上昇率見通しが日銀の目標値である1%に届 …

takeshima
日本は竹島問題を提訴せず。安倍首相が韓国との関係改善を優先する3つの理由

 日本政府は、竹島の領有権問題をめぐって国際司法裁判所への単独提訴を当面、行わな …

rikokyo
ヘッジファンドから軍人まで。米国が官民挙げて中国詣で。米中合同軍事演習も実現か?

 次期最高指導部が決まった中国に対して、米国側が官民ともに、猛烈なアプローチをか …

abetpp
TPP事前協議の日米合意内容。あらゆる分野で市場開放について米との協議を確約

 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)交渉参加への最大の焦点となっていた米国と …

jrkyushu
JR九州の株式上場計画。政府支援の是非など、克服すべき課題が山積

 九州旅客鉄道(JR九州)が2016年度中の株式上場に向けて動き出した。だが、完 …

yakuinousetsu
日本企業の経営環境が激変?金融庁と東証がまとめた統治指針案のインパクト

 金融庁と東京証券取引所は、上場企業に少なくとも2名以上の社外取締役の設置を求め …

keitairyoukin
迷走する携帯料金引き下げ問題。日本の劣化を示す象徴的な事例

 携帯料金の見直しに関する議論が激しさを増している。高市早苗総務大臣は、記者団に …

ciafurin
さらに混乱するCIA不倫問題。政治謀略か?軍人に群がる肉食系女子の争いか?

 米国CIA長官の不倫疑惑がワケの分からない展開になってきた。ペトレアスCIA長 …