ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

トランプ大統領がFBI長官を電撃解任。第2のウォーターゲート事件との声も

 

 トランプ米大統領は米連邦捜査局(FBI)のコミー長官を電撃的に解任した。トランプ氏は明確な理由を示しておらず、背景をめぐって噂が飛び交っている。一部からは、特別検察官の更迭が最終的にニクソン元大統領の辞任にまでつながったウォーターゲート事件を彷彿させるとの指摘も出ている。

fbikomi

 トランプ大統領は2017年5月9日、FBIのコミー長官を突如解任した。コミー氏自身、ニュースで解任を知り「最初は冗談と思った」と話していることから、突然の解任であったことは明らか。
 コミー氏は昨年の大統領選において、民主党候補ヒラリー・クリントン氏の私用メール問題を捜査し、トランプ氏を勝利に導いた立役者の一人である。FBI長官を特別な理由もなく解任すること自体が異例であることに加え、トランプ政権の功労者を、わざわざ電撃解任するというのは非常に不可解である。

 現在FBIは、ロシアによる大統領選挙への干渉問題を捜査しているが、一部からはこの捜査を妨害するための措置ではないかとの声が上がっている。もしトランプ氏がロシアによる干渉に何らかの形で関わっていた場合、致命的な状況に追い込まれるのは必至だ。

 一連の出来事は、特別検察官の解任が、最終的にはニクソン氏の辞任という前代未聞の事態に進展したウォーターゲート事件を彷彿とさせる。ニクソン氏は、ウォーターゲート事件の捜査にあたっていた特別検察官を解任し、その課程において司法長官も辞任に追い込んでいる。だが結果的にニクソン氏の包囲網は狭まり、最終的にニクソン氏は大統領を辞任した。

 コミー氏は大統領選の終盤、トランプ氏とクリントン氏の支持率が拮抗するという極めて重要な局面において、クリントン氏に対する捜査再開を公表するという、選挙介入ともいえる行為を行った人物である。FBI長官にふさわしくないというのはその通りだろう。

 だが政治的な理由で捜査機関のトップを簡単に解任できるということになると、警察権力の私物化につながることは明白である。現時点ではまだそれほど大きな問題にはなっていないが、場合によってはトランプ政権の致命傷となる可能性は十分にある。

 - 政治 , ,

  関連記事

kougaibukken
進む不動産市場の二極分化。郊外は高級物件でも売りにくくなっている

 不動産市場の二極分化が、ゆっくりとしたペースではあるが、着実に進行している。首 …

kozeni
消費税の軽減税率導入が決定。どの商品を対象とするのかは巨大な政治利権に

 自民・公明の両党は11日、消費税増税に伴う低所得者への対策として、生活必需品の …

matusi
沖縄の基地反対派に対する「土人」発言がもたらす、安全保障上の致命的デメリット

 沖縄の米軍ヘリコプター発着場の建設に抗議していた人物に対し、大阪府警の機動隊員 …

obama00003
シリアがサリン使用との情報は本物?。軍事介入をめぐる議会と大統領の駆け引きが激化

 米政府は4月25日、シリアのアサド政権が反政府勢力との戦闘において猛毒のサリン …

koumuinshukusha
公務員宿舎の賃料アップは当初予定の2倍から1.5倍に後退。その理由は?

 財務省は、民間より割安だと批判されている国家公務員宿舎の家賃について、全体の値 …

abe201306
盛り上がりに欠ける参院選。与党内では選挙後の人事の話題で持ち切り

 7月4日に参院選が公示された。アベノミクスの評価、ねじれ解消、ネット選挙解禁な …

ana787
ボーイング787のトラブルは本当にバッテリーなのか?下請けに甘んじる日本の悲しい現実

 米連邦航空局(FAA)は16日、全日空が所有するボーイング787がバッテリーの …

j31
中国が軍需企業の上場コングロマリット化を計画。中核5社の素顔とは

 中国が軍の近代化を急ピッチで進めている。今月1日、中国は次世代ステルス戦闘機「 …

chukounen
中高年は若者のことを考えているのか?いないのか?

 日本の政策のほとんどは中高年向けのものに偏っている。その際たるものは年金受給額 …

unonjack
英国のEU離脱。金融危機の可能性はなくなり、具体的な影響を精査するフェーズへ

 英国のEU離脱を決定した国民投票から10日が経過し、市場はとりあえず落ち着きを …