ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

トランプ大統領がFBI長官を電撃解任。第2のウォーターゲート事件との声も

 

 トランプ米大統領は米連邦捜査局(FBI)のコミー長官を電撃的に解任した。トランプ氏は明確な理由を示しておらず、背景をめぐって噂が飛び交っている。一部からは、特別検察官の更迭が最終的にニクソン元大統領の辞任にまでつながったウォーターゲート事件を彷彿させるとの指摘も出ている。

fbikomi

 トランプ大統領は2017年5月9日、FBIのコミー長官を突如解任した。コミー氏自身、ニュースで解任を知り「最初は冗談と思った」と話していることから、突然の解任であったことは明らか。
 コミー氏は昨年の大統領選において、民主党候補ヒラリー・クリントン氏の私用メール問題を捜査し、トランプ氏を勝利に導いた立役者の一人である。FBI長官を特別な理由もなく解任すること自体が異例であることに加え、トランプ政権の功労者を、わざわざ電撃解任するというのは非常に不可解である。

 現在FBIは、ロシアによる大統領選挙への干渉問題を捜査しているが、一部からはこの捜査を妨害するための措置ではないかとの声が上がっている。もしトランプ氏がロシアによる干渉に何らかの形で関わっていた場合、致命的な状況に追い込まれるのは必至だ。

 一連の出来事は、特別検察官の解任が、最終的にはニクソン氏の辞任という前代未聞の事態に進展したウォーターゲート事件を彷彿とさせる。ニクソン氏は、ウォーターゲート事件の捜査にあたっていた特別検察官を解任し、その課程において司法長官も辞任に追い込んでいる。だが結果的にニクソン氏の包囲網は狭まり、最終的にニクソン氏は大統領を辞任した。

 コミー氏は大統領選の終盤、トランプ氏とクリントン氏の支持率が拮抗するという極めて重要な局面において、クリントン氏に対する捜査再開を公表するという、選挙介入ともいえる行為を行った人物である。FBI長官にふさわしくないというのはその通りだろう。

 だが政治的な理由で捜査機関のトップを簡単に解任できるということになると、警察権力の私物化につながることは明白である。現時点ではまだそれほど大きな問題にはなっていないが、場合によってはトランプ政権の致命傷となる可能性は十分にある。

 - 政治 , ,

  関連記事

toyotatranpu
トランプ氏がとうとう攻撃の矛先をトヨタにも。GMは今のところ従来路線の堅持を主張

 米国内の雇用を重視するトランプ氏による攻撃がとうとうトヨタにも向けられた。GM …

sangyoukyousouyrokukaigi
産業競争力会議が初会合。だが官僚主導で従来型の陳腐な内容に終始する可能性大

 政府は23日、日本経済再生本部の下部組織となる産業競争力会議の初会合を開いた。 …

futenma
沖縄への基地集中は「差別」という調査結果がもたらす地政学的インパクト

 沖縄県が2012年に実施した県民意識調査において、米軍基地の多くが沖縄に集中し …

rig
シェールガス開発の是非をめぐってフランスが迷走。日本が学ぶべき点は多い

 フランスのモントブール生産回復相は2014年1月29日、フランスでは全面禁止さ …

nichushunou
日中首脳会談で関係改善を確認。背景には安倍首相の訪米と議会演説

 安倍首相は2015年4月22日、アジア・アフリカ会議(バンドン会議)60周年記 …

abe
安倍総裁が景気が悪い場合の消費増税中止を示唆。狙いは予算バラマキの継続的な拡大

 自民党の安倍総裁は、2014年4月に実施される消費税増税について、GDPの数字 …

obamaorando2014
オランド仏大統領が訪米。事実婚解消による単身渡米で盛り上がりは今ひとつ

 フランスのオランド大統領は2014年2月11日、米国を訪問しオバマ大統領と首脳 …

narita
成田空港が着陸料を値下げ。それでも諸外国の2倍で、時すでに遅し

 成田国際空港会社は13日、来年4月から国際線の着陸料を平均で5.5引き下げると …

ooigenpatu
原子力規制委員会がまとめた原発の新安全基準骨子は、迷走する原発政策の象徴

 原子力規制委員会は1月31日、内部に設置した有識者会合において、原発の安全性に …

shunsetugou
各国が中国の春節にこぞって祝賀メッセージ。まるで冊封時代?

 中国では25日に春節(旧正月)の休みが明けた。春節に際しては、中国との関係を強 …