ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

消費者庁がTV通販会社に改善命令。横並びすら出来ないマスコミ各社のお粗末報道

 

 消費者庁は29日、健康食品「飲まなく茶」を販売しているネイチャーウェイ株式会社(本社:東京都目黒区、代表デスモンド・ブレナン)に対し、特定商取引法違反(債務の履行拒否)にあたるとして、返金に応じるよう改善命令を出した。

 これは同社が「30日以内なら返金可能」とTVで宣伝しておきながら、実際に返金を申請すると、TV画面では説明していない別の条件(空き箱送付が必要)があるとして、一部の顧客の返品に応じなかったというもの。同庁は、返金条件を明示するよう口頭で指導したが、7割以上の放送で条件は表示されなかったという(写真は返金条件が表示されていないTVの画面)。

 これは消費者庁がプレスリリースを提供したいわゆる「発表モノ」。
 当局のタレ流しなのでジャーナリズムの記事としてはもっとも初歩的なレベルのものである。
 ネットでプレスリリースは開示されているので、本来であれば通信社のような事実関係だけをカバーする報道機関のみが報じればよい話である。だが日本のマスコミは記者クラブに代表されるように、当局の発表をそのまま宣伝するのがお仕事。この件についても各紙がわざわざ報じている。
 ところが同じ発表をネタにしているというのに、記事の内容が微妙に違う。

 読売は「代金を全額返金すると宣伝しながら、返金条件の空箱が添付されていないなどとして返金に応じなかった」と書いている。時事は「全額返金できるなどと宣伝していたが、実際は「空き箱が必要」などの条件を新たに持ち出し応じないケースがあった」としている。毎日は「返金を求めた客に「空箱がないと返金できない」などと対応していた」となっている。

 実際は「TV画面には表示されていなかった条件を持ち出して返金に応じなかった」というのが正しい。細かい違いかもしれないが、行政指導という権力が行使されたわけであり、なぜそれに至ったのかという理由は正確に告知されなければならない。逆に、官庁がむやみに権力を行使していると誤解されるようなこともあってはならない。
 残念ながら消費者庁の発表を正確に報道しているところはなかった。時事のニュアンスが一番近いかもしれないが、正確ではない。

 日本のマスコミは官庁や企業の発表の垂れ流しで、独自の調査報道が出来ていないという批判がある。だが事態はもっと深刻で、単なる発表モノの垂れ流し記事さえも、正確な記述ができていないようである。これでは調査報道など100年早いということにもなりかねない。

 - マスコミ, 政治

  関連記事

chinaenergy
中国が南シナ海での資源開発をあらためて強調。中国が譲歩できないその背景

 中国政府は、フィリピンなどとの領有権問題が発生している南シナ海領域について、中 …

eikokulondon
市場は過剰反応?英国のEU離脱が決議されても、現実はそう簡単には進まない

 英国のEU(欧州連合)残留を問う国民投票が23日に迫っているが、最新の世論調査 …

shukinpei
中国の新しいリーダー習近平氏は何者なのか?謎に満ちたその人物像に迫る

 中国共産党の新しい指導者となる習近平氏はどのような政治家なのか?中国の指導者は …

beichusenryakutaiwa2015
米中は戦略経済対話を開催。表面的には南シナ海問題で激しいバトルになっているが・・・

 米中は2015年6月23日、両国間の懸案事項について話し合う第7回米中戦略・経 …

sinkaihou
中国当局による記者拘束にメディアが抗議。党中央が容認した出来レースとの見方も

 中国・広東省の日刊紙「新快報」の記者が公安当局の拘束されたことに抗議し、同紙は …

no image
ここまでくるともう病気。解散発表当日にオバマ大統領にTPP参加方針は変わらずと電話

  野田首相は国会の党首討論会で解散を表明した14日夜、オバマ米大統領と約10分 …

itgyokai
労働者派遣法の改正でIT業界が大ピンチ。業界再編も?

 労働者派遣法の改正案が閣議決定されたが、この改正案が施行されると、大変な激震に …

futenma02
米軍基地返還で日米合意。辺野古移設が普天間返還の条件となってしまう理由とは?

 日米両政府は4月5日、沖縄県の米軍嘉手納基地町など)以南の施設に関する返還計画 …

toyosuiten
豊洲市場のトータルコストが初めて明らかに。維持管理費は築地の約5倍になる見込み

 東京都は2017年1月25日、移転問題が議論されている豊洲市場に関する収支予想 …

abe5gatsukeizai
萎む成長戦略。最高裁判断まで出ている薬のネット販売解禁が規制緩和の目玉だって?

 アベノミクスの要として市場から多くの期待を集めていた成長戦略の雲行きが怪しくな …