ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ソフトバンクが純利益1兆円超え。TモバイルUSも再度買収が可能に?

 

 ソフトバンクの純利益が1兆円を超えた。投資先の売却益が加算された結果だが、何と言っても買収したスプリントの業績が上向きつつあることが大きい。スプリントの業績を完全に回復させることができれば、同社はもう一段の成長が可能となる。

softbankgacho

 ソフトバンクは2017年5月10日、2017年3月期の決算を発表した。売上高はほぼ横ばいの8兆9010億円だったが、営業利益は前年比12.9%増の1兆259億円、当期純利益は1兆4263億円となった。同社の純利益が1兆円を超えるのは初めて。

 営業利益よりも純利益が大きいのは、ゲーム会社であるスーパーセルの売却益などを計上したためだが、営業利益の1兆円超えは本業の業績が上向いていることによるもの。国内の通信事業が好調に推移したことに加え、最大の懸案事項だった米スプリントの業績が改善していることが大きく貢献した。

 スプリントは米国3位(現在は4位)の通信会社で、ソフトバンクが2013年に216億ドル(当時のレートで1兆8000億円)で買収した。当初はスプリントの買収後、第4位の通信会社であるTモバイルUSを連続して買収し、業界トップのベライゾンとAT&Tに肩を並べるというシナリオだった。

 スプリントは買収された当時、契約者の減少に歯止めがかからず赤字を垂れ流す状態だった。ソフトバンクは早期にリストラを完了させる予定だったが、予定通りには進まず、これがソフトバンク全体の足を引っ張っていた。またTモバイルUSの買収についても、米当局が承認せず、一旦は白紙撤回している。

 だがここにきてようやくスプリントの業績が上向き始めた。2017年1~3月期の売上高は前年同期比5.8%増の85億3900万ドル、最終損益は2億8300万ドルの赤字だが、赤字幅は前年同期比で半減している。このまま順調に業績を伸ばせるのかはまだ分からないが、以前と比較して状況が良くなっていることは間違いない。

 また米国でトランプ政権が誕生したことで、TモバイルUSを再度買収できる可能性が見えてきた。ソフトバンクによる米国経済への貢献についてトランプ氏が高く評価しており、司法省のスタンスが変わる可能性が高まっている。

 スプリントの完全黒字化とTモバイルUSの買収に成功した場合、ソフトバンクは米国市場における有力な通信会社に変貌することになる。この意味は大きいだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

wallst02
米独の金利が急上昇。とうとう超低金利時代が終了するサインなのか?

 このところ米国と欧州の金利が急上昇している。極限まで進んでいた低金利に対する一 …

akiya
全国の空き家率が過去最高。そろそろ今後の住み方を本気で考える時期に

 総務省は2014年7月29日、2013年の住宅・土地統計調査結果を発表した。全 …

venetian
世界のカジノ王が日本に1兆円投資の用意?白熱化する日本カジノ構想

 世界最大級のカジノ運営会社ラスベガス・サンズは2014年2月24日、日本でのカ …

furyokuhatuden
自民党がエネルギーミックスについて提言。原発をめぐってとりあえず玉虫決着

 自民党は2015年4月、2030年時点における電源比率を定める「エネルギーミッ …

iondaiei
イオンがダイエーを吸収合併?イオンによるダイエー株取得が意味するもの

 小売り大手のイオンが、丸紅が保有するダイエーの株式を買い取ること前提に丸紅と交 …

yahoojapan vs us
ヤフージャパンが絶好調。だが日本型ガラパゴス企業への道を着々と歩んでいる

 ヤフージャパンは29日、2013年3月期(通期)の業績を上方修正すると発表した …

tosho002
米国の利上げに市場の関心が集中。増税延期と大型補正にも市場の反応は鈍い

 安倍首相は2016年6月1日、消費増税の再延期と大型の補正予算について正式に表 …

bouekitoukei 201501
1月の貿易統計、輸出数量がようやく増加傾向に。要因は好調な米国経済

 財務省は2015年2月19日、1月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

factory05
米中両国の製造業指数が示す、好調な個人消費と低調な製造業の綱引き

 米国と中国の製造業で冴えない指標が相次いでいる。米供給管理協会(ISM)が発表 …

rikokkyou02
中国政府が「影の銀行」の推定規模を公表。事実なら、日本や米国のバブルを超える水準

 中国政府のシンクタンクである社会科学院は10月9日、中国経済における「影の銀行 …