ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ソフトバンクが純利益1兆円超え。TモバイルUSも再度買収が可能に?

 

 ソフトバンクの純利益が1兆円を超えた。投資先の売却益が加算された結果だが、何と言っても買収したスプリントの業績が上向きつつあることが大きい。スプリントの業績を完全に回復させることができれば、同社はもう一段の成長が可能となる。

softbankgacho

 ソフトバンクは2017年5月10日、2017年3月期の決算を発表した。売上高はほぼ横ばいの8兆9010億円だったが、営業利益は前年比12.9%増の1兆259億円、当期純利益は1兆4263億円となった。同社の純利益が1兆円を超えるのは初めて。

 営業利益よりも純利益が大きいのは、ゲーム会社であるスーパーセルの売却益などを計上したためだが、営業利益の1兆円超えは本業の業績が上向いていることによるもの。国内の通信事業が好調に推移したことに加え、最大の懸案事項だった米スプリントの業績が改善していることが大きく貢献した。

 スプリントは米国3位(現在は4位)の通信会社で、ソフトバンクが2013年に216億ドル(当時のレートで1兆8000億円)で買収した。当初はスプリントの買収後、第4位の通信会社であるTモバイルUSを連続して買収し、業界トップのベライゾンとAT&Tに肩を並べるというシナリオだった。

 スプリントは買収された当時、契約者の減少に歯止めがかからず赤字を垂れ流す状態だった。ソフトバンクは早期にリストラを完了させる予定だったが、予定通りには進まず、これがソフトバンク全体の足を引っ張っていた。またTモバイルUSの買収についても、米当局が承認せず、一旦は白紙撤回している。

 だがここにきてようやくスプリントの業績が上向き始めた。2017年1~3月期の売上高は前年同期比5.8%増の85億3900万ドル、最終損益は2億8300万ドルの赤字だが、赤字幅は前年同期比で半減している。このまま順調に業績を伸ばせるのかはまだ分からないが、以前と比較して状況が良くなっていることは間違いない。

 また米国でトランプ政権が誕生したことで、TモバイルUSを再度買収できる可能性が見えてきた。ソフトバンクによる米国経済への貢献についてトランプ氏が高く評価しており、司法省のスタンスが変わる可能性が高まっている。

 スプリントの完全黒字化とTモバイルUSの買収に成功した場合、ソフトバンクは米国市場における有力な通信会社に変貌することになる。この意味は大きいだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

blackberry10
起死回生を狙ったブラックベリーの新OSは評価がいま一つ。社名変更も株価は下落

 スマートフォンの草分けとして知られる「BlackBerry」を開発しているカナ …

samittoabe
週内にも消費税再延期を表明。日本の財政はまさに「異次元」のフェーズに突入

 安倍首相は、来年4月に予定していた消費税10%への引き上げを再延期する方向で調 …

banksy
謎の覆面画家バンクシーがニューヨークで活動中。アートの価格形成を皮肉る実験も

 英国の著名な覆面ストリート・アーティストであるバンクシーが、現在1カ月の期間限 …

usakoyoutoukei201501
日本の製造業に朗報。米雇用統計は絶好調で6月利上げはオンスケジュールか?

 米労働省は2015年2月6日、1月の雇用統計を発表した。雇用者数の増加は市場予 …

sumahokodomo
スマホが幼児に悪影響という小児科医会の主張。もっと具体的な情報が欲しい

 全国の小児科医などで作る日本小児科医会は、乳幼児にスマホやタブレットで長時間遊 …

oilrigtexas
米国がサウジを抜いて世界最大の産油国に。今後、地政学的なバランスは激変する

 石油メジャーの英BPは2015年6月10日、2014年のエネルギー統計を発表し …

bloomberg
ブルームバーグNY市長が英フィナンシャル・タイムズ買収を計画。名誉欲が出てきたか?

 ニューヨーク市長のマイケル・ブルームバーグ氏が英国の名門経済誌フィナンシャル・ …

Cove Point
シェールガス革命で日本の製造業が次々に米国進出。期待される日本の国際収支への貢献

 米国ではシェールガス革命の進展によって、世界最大のエネルギー輸出国に変貌しよう …

nichigin03
日銀が保有する国債は政府債務から切り離せるのか?

 日銀の量的緩和策の是非や政府債務をめぐる論争が活発になってきている。きっかけは …

newyork
米国失業率が4年ぶりの低水準。米国経済の復活で世界のお金の流れが大逆転?

 米労働省は3月8日、2月の雇用統計を発表した。これによると、非農業部門雇用者数 …