ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ソフトバンクが純利益1兆円超え。TモバイルUSも再度買収が可能に?

 

 ソフトバンクの純利益が1兆円を超えた。投資先の売却益が加算された結果だが、何と言っても買収したスプリントの業績が上向きつつあることが大きい。スプリントの業績を完全に回復させることができれば、同社はもう一段の成長が可能となる。

softbankgacho

 ソフトバンクは2017年5月10日、2017年3月期の決算を発表した。売上高はほぼ横ばいの8兆9010億円だったが、営業利益は前年比12.9%増の1兆259億円、当期純利益は1兆4263億円となった。同社の純利益が1兆円を超えるのは初めて。

 営業利益よりも純利益が大きいのは、ゲーム会社であるスーパーセルの売却益などを計上したためだが、営業利益の1兆円超えは本業の業績が上向いていることによるもの。国内の通信事業が好調に推移したことに加え、最大の懸案事項だった米スプリントの業績が改善していることが大きく貢献した。

 スプリントは米国3位(現在は4位)の通信会社で、ソフトバンクが2013年に216億ドル(当時のレートで1兆8000億円)で買収した。当初はスプリントの買収後、第4位の通信会社であるTモバイルUSを連続して買収し、業界トップのベライゾンとAT&Tに肩を並べるというシナリオだった。

 スプリントは買収された当時、契約者の減少に歯止めがかからず赤字を垂れ流す状態だった。ソフトバンクは早期にリストラを完了させる予定だったが、予定通りには進まず、これがソフトバンク全体の足を引っ張っていた。またTモバイルUSの買収についても、米当局が承認せず、一旦は白紙撤回している。

 だがここにきてようやくスプリントの業績が上向き始めた。2017年1~3月期の売上高は前年同期比5.8%増の85億3900万ドル、最終損益は2億8300万ドルの赤字だが、赤字幅は前年同期比で半減している。このまま順調に業績を伸ばせるのかはまだ分からないが、以前と比較して状況が良くなっていることは間違いない。

 また米国でトランプ政権が誕生したことで、TモバイルUSを再度買収できる可能性が見えてきた。ソフトバンクによる米国経済への貢献についてトランプ氏が高く評価しており、司法省のスタンスが変わる可能性が高まっている。

 スプリントの完全黒字化とTモバイルUSの買収に成功した場合、ソフトバンクは米国市場における有力な通信会社に変貌することになる。この意味は大きいだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

sebunsuzu
セブン&アイ鈴木会長が退任。自らが主導した人事案は取締役会で否決

 セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長兼最高経営責任者は2016年4月8 …

gaikokujinrodosha
これは事実上の移民政策?オリンピック以後も外国人労働者を継続して受け入れへ

 安倍政権が外国人労働者の受け入れ拡大に向けて本格的に動き始めた。安倍首相は20 …

kokkaigijido
自民党内で大型補正予算論が台頭。税収は見積もりを下回っており国債増発は必至

 英国のEU離脱を受け、与党内で大型の景気対策を求める声が高まっている。中には2 …

keizaizaisei201511
GDP600兆円の具体策について議論始まる。最終的には3%の賃上げで実現?

 安倍首相が「新三本の矢」で掲げた名目GDP600兆円の目標について、その具体策 …

sharp
シャープが再び巨額損失を計上。資本政策をめぐって経営陣は右往左往

 経営再建中のシャープは2015年5月14日、注目の2015年3月期決算を発表し …

smog
悪化する北京の大気汚染。本当に自動車の排気ガスが原因なのか?

 北京を中心に中国各地で大気汚染が悪化している。北京市内では、視界がほとんどきか …

intelbaytrail
売上減に歯止めがかかった米インテル。次はいよいよスマホ市場を攻略?

 半導体世界最大手の米インテルは10月15日、7~9月期の決算を発表した。売上高 …

bankmuscut
世界中のATMから46億円を不正に引き出す事件が発生。プリペイド・デビットという盲点

 国際的なサイバー犯罪組織が27カ国のATMから約46億円を不正に引き出すという …

girishagikai
ギリシャの国民投票は緊縮策にNo。約束手形の発行となれば、事実上のドラクマ復活?

 IMF(国際通貨基金)など国際機関に対する支払いができない状態にあるギリシャで …

caterpillar002
世界経済を反映する米キャタピラーの決算。2014年の成長は穏やかになる見込み

 米建設機械大手のキャタピラーは2014年1月27日、2013年10~12月期の …