ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ソフトバンクが純利益1兆円超え。TモバイルUSも再度買収が可能に?

 

 ソフトバンクの純利益が1兆円を超えた。投資先の売却益が加算された結果だが、何と言っても買収したスプリントの業績が上向きつつあることが大きい。スプリントの業績を完全に回復させることができれば、同社はもう一段の成長が可能となる。

softbankgacho

 ソフトバンクは2017年5月10日、2017年3月期の決算を発表した。売上高はほぼ横ばいの8兆9010億円だったが、営業利益は前年比12.9%増の1兆259億円、当期純利益は1兆4263億円となった。同社の純利益が1兆円を超えるのは初めて。

 営業利益よりも純利益が大きいのは、ゲーム会社であるスーパーセルの売却益などを計上したためだが、営業利益の1兆円超えは本業の業績が上向いていることによるもの。国内の通信事業が好調に推移したことに加え、最大の懸案事項だった米スプリントの業績が改善していることが大きく貢献した。

 スプリントは米国3位(現在は4位)の通信会社で、ソフトバンクが2013年に216億ドル(当時のレートで1兆8000億円)で買収した。当初はスプリントの買収後、第4位の通信会社であるTモバイルUSを連続して買収し、業界トップのベライゾンとAT&Tに肩を並べるというシナリオだった。

 スプリントは買収された当時、契約者の減少に歯止めがかからず赤字を垂れ流す状態だった。ソフトバンクは早期にリストラを完了させる予定だったが、予定通りには進まず、これがソフトバンク全体の足を引っ張っていた。またTモバイルUSの買収についても、米当局が承認せず、一旦は白紙撤回している。

 だがここにきてようやくスプリントの業績が上向き始めた。2017年1~3月期の売上高は前年同期比5.8%増の85億3900万ドル、最終損益は2億8300万ドルの赤字だが、赤字幅は前年同期比で半減している。このまま順調に業績を伸ばせるのかはまだ分からないが、以前と比較して状況が良くなっていることは間違いない。

 また米国でトランプ政権が誕生したことで、TモバイルUSを再度買収できる可能性が見えてきた。ソフトバンクによる米国経済への貢献についてトランプ氏が高く評価しており、司法省のスタンスが変わる可能性が高まっている。

 スプリントの完全黒字化とTモバイルUSの買収に成功した場合、ソフトバンクは米国市場における有力な通信会社に変貌することになる。この意味は大きいだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

graph
市場の期待インフレ率が急上昇だが金利は急降下。これは何を意味しているか?

 市場の期待インフレ率が上昇している。昨年は0.7%程度で推移していたが、1月に …

no image
アメリカで旅客機の座席が外れる事故が連続発生。不可解なトラブルに首をかしげる

 米国アメリカン航空で、2件立て続けに座席が床から外れるという考えただけでも恐ろ …

chinajojohaisi
中国で中央政府直系の国有企業初が初の上場廃止

 中国の上海証券取引所に上場していた中国の国有企業「中国長江航運集団南京油運」が …

shanhai
中国当局が地方政府の債務について監査を指示。全貌把握に乗り出す

 中国の国家審計署(会計検査院)は7月28日、国務院(内閣)から中国の政府債務に …

no image
韓国企業が相次いで中国内陸部に巨額投資。しかも土地はタダだって!

 韓国が中国内陸部への投資を加速している。  韓国のサムスン電子が陝西省西安に7 …

putin201603
プーチン大統領が突如シリアからの撤退を指示。経済的苦境が原因か?

 ロシアのプーチン大統領は2016年3月14日、シリアに展開するロシア軍の部隊の …

roujin03
イタリアで若者のために高齢者の早期退職を促す動き。だが社会全体の負担は増加?

 改正高齢者雇用安定法の施行によって、日本では生涯を通じて働くことが可能になって …

nanba
DeNA創業者の南場智子氏が現場復帰。社長復帰説がくすぶっているが

 夫の看病を理由にDeNAの社長を退任し、近頃、フルタイムの場復帰を宣言した南場 …

kadokawadowango
KADOKAWAとドワンゴが経営統合。相互補完的でプラスになる可能性

 角川書店を中心とするメディア企業のKADOKAWAと、動画配信大手のドワンゴが …

tunisia
アラブの春においてチュニジアだけがうまくいく理由は?

 チュニジア制憲議会は1月26日、基本的人権の尊重、表現や信教の自由、男女平等を …