ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

高齢者には過度に抗がん剤を使用しないという流れに。厚労省がガイドライン

 

 高齢者におけるがん治療が大きく変わろうとしている。状況によっては抗がん剤の効果が不明瞭となるケースが散見されており、抗がん剤を使用しないのもひとつの選択肢となりつつある。厚生労働省では本格的な調査を行い、高齢がん患者の治療に関するガイドラインを策定する。

kouganzai

 抗がん剤は特定のがんには非常によく効くが、効果がはっきりしない部位もある。また副作用も多いことから、全身の状態が悪い高齢者に対しては慎重な投与が求められる。しかし、高齢者の抗がん剤治療に関する明確な基準はなく、主治医の裁量に任されているというのが現実だ。

 国立がん研究センターが2007~2008年にかけて実施した調査によると、肺がんの場合、75歳未満では抗がん剤治療をした方が、生存期間が長いという結果が得られているが、75歳以上の場合には、抗がん剤を使わなくても生存期間に大きな差は見られなかった。

 この調査はサンプル数が少なく、詳細な結果を得るためにはもっと大規模な調査が必要だが、高齢者に対する抗がん剤治療の一部は効果的ではないことを示唆する内容といってよい。厚労省ではこうした状況を受け、本格的な調査を実施するとともに、ガイドラインの策定に乗り出す方針を固めた。

 医療の世界ではQOL(クオリティ・オブ・ライフ)と呼ばれているが、もし大規模調査で同じような結果が得られた場合、高齢者のがん治療は、過度に抗がん剤を使用せず、QOLを重視するという方向に変わっていく可能性が高い。

 また抗がん剤治療には多額の費用がかかることから、財政に関する議論にも一石を投じることになりそうだ。
 2014年度における日本の医療費(医科診療)は約29兆円だが、がんの治療費は約4兆円と全体の14%を占めている。QOL重視で抗がん剤の使用が抑制されれば、医療費が大幅に減る可能性も見えてくる。

 - 社会 , ,

  関連記事

tsutusmiseiji
日本社会の成熟化を夢見たセゾングループの創設者、堤清二氏が死去。

 実業家でセゾングループ創業者の堤清二(つつみ・せいじ)氏が11月25日、東京都 …

piketishasin
ピケティが主張する資産格差拡大は日本でも発生しているのか?

 フランスの経済学者トマ・ピケティが話題となっている。ピケティの著作である「21 …

kokuritsukyogijo
五輪東京開催で変わる日本経済の長期的見通し。すべては2020年以後に先送り?

 2020年のオリンピック開催地が東京に決まったことで、日本経済の長期的見通しに …

young
EUの失業率が過去最悪で若年層対策に1兆円投入。日本での関心は低いまま

 EU(欧州連合)首脳会議は6月27日、若年層の失業対策に2年で総額80億ユーロ …

jinkousuikei
50年後の人口は何と8800万人に。政府が掲げる1億人維持など到底不可能

 厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は2017年4月10日、「将来推計人口 …

shukatsu
就活は4年生からと政府が要請。だが建前を並べたところで、現実問題は解決しない

 政府は、大学生の就職活動の解禁時期を現在の3年生の12月から、4年生の4月に変 …

genkintorihiki
銀行取引にさらに煩雑な確認作業が必要に。だが肝心の犯罪防止効果には疑問の声も

 犯罪収益移転防止法(犯罪による収益の移転防止に関する法律)が一部改正されるのに …

powerball
賞金470億円!夢の米国宝くじ。それに比べて日本の宝くじのお粗末さときたら・・・

 1等賞金が史上最高額となり全米の注目を集めていた宝くじ「パワーボール」の抽選が …

iryouhi
資産がある人は医療や介護の自己負担が増加?骨太の方針にマイナンバー制を活用

 政府が今月末の策定を予定している経済財政運営の基本指針「骨太の方針」の中に、資 …

jutakuchuko
既存の住宅インフラを活用する動きが活発化。試される成熟国家「ニッポン」

 既存の住宅インフラを活用する動きが活発になっている。日本はすでに成熟型経済に移 …