ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

高齢者には過度に抗がん剤を使用しないという流れに。厚労省がガイドライン

 

 高齢者におけるがん治療が大きく変わろうとしている。状況によっては抗がん剤の効果が不明瞭となるケースが散見されており、抗がん剤を使用しないのもひとつの選択肢となりつつある。厚生労働省では本格的な調査を行い、高齢がん患者の治療に関するガイドラインを策定する。

kouganzai

 抗がん剤は特定のがんには非常によく効くが、効果がはっきりしない部位もある。また副作用も多いことから、全身の状態が悪い高齢者に対しては慎重な投与が求められる。しかし、高齢者の抗がん剤治療に関する明確な基準はなく、主治医の裁量に任されているというのが現実だ。

 国立がん研究センターが2007~2008年にかけて実施した調査によると、肺がんの場合、75歳未満では抗がん剤治療をした方が、生存期間が長いという結果が得られているが、75歳以上の場合には、抗がん剤を使わなくても生存期間に大きな差は見られなかった。

 この調査はサンプル数が少なく、詳細な結果を得るためにはもっと大規模な調査が必要だが、高齢者に対する抗がん剤治療の一部は効果的ではないことを示唆する内容といってよい。厚労省ではこうした状況を受け、本格的な調査を実施するとともに、ガイドラインの策定に乗り出す方針を固めた。

 医療の世界ではQOL(クオリティ・オブ・ライフ)と呼ばれているが、もし大規模調査で同じような結果が得られた場合、高齢者のがん治療は、過度に抗がん剤を使用せず、QOLを重視するという方向に変わっていく可能性が高い。

 また抗がん剤治療には多額の費用がかかることから、財政に関する議論にも一石を投じることになりそうだ。
 2014年度における日本の医療費(医科診療)は約29兆円だが、がんの治療費は約4兆円と全体の14%を占めている。QOL重視で抗がん剤の使用が抑制されれば、医療費が大幅に減る可能性も見えてくる。

 - 社会 , ,

  関連記事

sistinchapel
次期ローマ法王選出会議(コンクラーベ)、12日から開催。会議は波乱か?

 ローマ法王庁は8日、退位したベネディクト16世の後継者を選ぶ選挙(コンクラーベ …

panamagasaki
パナソニックのプラズマ撤退劇に見る、日本企業の「決断できない」体質

 パナソニックは2013年度末をメドにプラズマテレビ向けのパネル生産を停止する。 …

sumahokodomo
スマホが幼児に悪影響という小児科医会の主張。もっと具体的な情報が欲しい

 全国の小児科医などで作る日本小児科医会は、乳幼児にスマホやタブレットで長時間遊 …

powerball
賞金470億円!夢の米国宝くじ。それに比べて日本の宝くじのお粗末さときたら・・・

 1等賞金が史上最高額となり全米の注目を集めていた宝くじ「パワーボール」の抽選が …

kukanjokin
空間除菌グッズの表示をめぐって消費者庁と大幸薬品が大バトル

 空間除菌グッズをめぐる消費者庁と事業者のバトルが激しくなっている。きっかけは消 …

no image
銃撃で死亡した山本美香氏。ビデオジャーナリストの実態はTV局の下請労働者

 内戦が続くシリアで日本人ジャーナリストの山本美香氏が銃撃を受けて死亡した。勇気 …

touchou
うつによる休職や他社への転職、さらには出世候補までシステムが予測する時代に!

 「営業部の佐藤さんはうつで会社を休む可能性が高くなっています」「開発部の高橋さ …

mh370inmarusat
マレーシア当局が公開した370便の位置特定に使われた衛星データの中身

 マレーシア航空当局は2014年5月27日、墜落したマレーシア航空MH370便の …

tokkyo
中国が特許出願で世界1位に。国際特許で見ると「まだまだ」だが躍進は時間の問題

 特許の出願件数で中国が米国を抜いて、はじめて首位に立ったことが明らかになった。 …

linewave
IT各社が相次いで会話型AIの年内投入を表明。情報の流れが大きく変わる可能性も

 IT各社が、話しかけるだけで機器を操作できたり、各種のサービスを受けられる対話 …