ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安倍首相が自民改憲案の年内提示を表明。9条の「加憲」なら一気に進む可能性も

 

 安倍首相が自民党の憲法改正案を年内にまとめる意向を示した。党内調整を経ないやり方に一部から反発の声が出ているが、首相が期限を切ったことで、憲法改正の議論が一気に進む可能性が高まってきた。

abekaken

  安倍氏は5月3日に開催された民間主催のフォーラムにビデオメッセージを寄せ、2020年に新憲法を施行したいと述べた。具体的な改憲項目としては、憲法9条の1項と2項を残し、新たに自衛隊の存在を明記する3項を付け加えるとした。続いて安倍氏は21日に出演した番組で、憲法改正案を年内にまとめる意向を明らかにしている。

  自民党ではこれまで憲法改正を視野に、独自に「憲法改正草案」を作成している。しかし、この内容は「法の支配」の原則や「個人の権利」を無視した、あまりにもお粗末な内容で、現代の民主社会において、到底、受け入れられるものではなかった。

 一方、安倍氏のプランは、現憲法の枠組みを残しながら、自衛隊を成文法の上でも合憲化するというもので、現実に即したものだ。
 憲法9条そのものの改正に限定した場合、支持する人はそれなりの割合と考えられるが、個人の権利制限など、民主主義が後退するような内容を伴った場合には、急激に支持率が低下する可能性が高い。安倍氏としては9条部分に的を絞り、憲法改正の実現を最優先したものと思われる。

 半ば独断的な動きに対して党内からは反発の声も上がっているが、実際に期限を切らないと議論が進まないのも事実である。今回、具体的なスケジュールが出てきたことで、憲法改正の議論が一気に進む可能性が高まってきた。

 もっとも安倍氏にとっては、こうしたやり方は一種の賭けとなる。独断的な動きに反発して、安倍氏の総裁三選を阻止する動きが活発化しない保証はない。今後の政治日程としては、憲法改正案をまとめる年内と、来年7月に予定されている自民党総裁選の2つが大きなヤマ場となるだろう。

 - 政治 , ,

  関連記事

ryounei
中国初の空母「遼寧」が着艦に成功。だが中国の空母運用が前途多難なワケとは?

 中国初の空母「遼寧」が艦載機に着艦に成功したと中国メディアが伝えている。着艦に …

kurodashirakawa
黒田総裁らしからぬ中途半端な補完措置。白川時代を彷彿とさせるという声も

 日銀が打ち出した「補完措置」をめぐって市場の混乱が続いている。追加緩和なのかそ …

cop21paris
COP21、途上国も参加する初の協定を採択したが、削減目標は各国まかせ

 パリで開かれていた地球温暖化対策の国連会議COP21は、2015年12月13日 …

kyuryo
政府の賃上げ要請でも平均給与は上がらない?その理由は非製造業へのシフト

 政府は復興特別法人税の前倒し廃止といった企業減税を実施するにあたり、減税分が従 …

7thfleet
米空母2隻が西太平洋に展開。ただし毎年の恒例行事であり過大な期待は無用

 米第7艦隊は、空母「ジョージ・ワシントン」と「ジョン・C・ステニス」を中心とし …

super01
消費税の軽減税率導入に関する具体的議論がスタート。だが課題は山積

 消費税の軽減税率導入に関する具体的な議論が始まった。自民・公明の両党は2014 …

mistral
すぐにでも強襲揚陸艦の引き渡しを実施したいフランスとロシアのホンネ

 フランス政府は2014年9月3日、ロシアに提供される予定であったミストラル級強 …

trump201611
トランプ大統領の登場で懸念される、日露急接近による地政学的リスク

 混乱の中で投票日を迎えた米大統領選挙は、土壇場でトランプ氏が逆転勝利するという …

stigurittuabe
スティグリッツ氏の主張は実はアベノミクスと正反対。それでも来日した理由とは?

 安倍首相が、世界的な経済学者を次々に官邸に呼んで会談を行っている。永田町では消 …

rikokkyou
中国が公式のジニ係数を発表。中国の格差がもっと激しいのはもはや周知の事実

 中国国家統計局は18日、2012年のGDPの発表と合わせて、国民の所得格差を示 …