ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

海外M&Aに失敗した日本郵政が今度は野村不動産の買収に乗り出す

 

 日本郵政が野村不動産の買収に乗り出す。同社はオーストラリアの物流会社を買収したものの、1年も経たずに巨額減損に追い込まれている。国内の不動産会社を買収することで、保有する資産の有効活用を狙うが、成長にどこまで寄与するのかは何とも言えない。

nihonyusei

 同社は野村證券グループの不動産会社である野村不動産に対してTOB(公開買い付け)を実施する方向で検討を進めている。野村不動産は「プラウド」というブランド名でマンションを展開しているほか、オフィスビルの運用も行っている。

 郵便事業と不動産開発は直接シナジーがないように思えるが、そうではない。日本郵政は全国で2万カ所の郵便局を保有しているほか、逓信病院などの医療施設、かんぽの宿といった宿泊施設など多数の不動産を抱えている。建物などを加えた固定資産の総額は3兆円に達しており、これらの有効活用は以前からの課題であった。

 同社は、大型銘柄として上場を果たしたものの、本業である郵便事業は縮小が余儀なくされている。上場後の成長シナリオとして当初は海外M&Aを掲げており、豪物流会社の買収はその目玉となる案件だった。

 ところが2015年に6200億円のものを費用を投じて買収した豪トール社は、業績不振から2年も経たないうちに4000億円の減損が発生する状況となっている。海外展開のシナリオが崩れた今、白羽の矢を立てたのが国内の不動産ビジネスである。

 確かに企業戦略としては一貫性にかけるが、今回の野村不動産の買収は、それなりに効果を発揮する可能性が高い。日本郵政は多額の不動産を所有しているものの、これらの運用に関するノウハウはほとんどない。民間デベロッパーのノウハウを生かせば、不動産の有効活用は一気に進むだろう。

 しかしながら、日本郵政の企業規模を考えると、不動産の有効活用も焼け石に水かもしれない。仮に同社が持つ固定資産1兆円を5%で運用できたとしても、フローという意味での収益は年間500億円程度にしかならない。
 日本郵政の2017年3月期の売上高は約13兆円、経常利益は約8000億円であることを考えると、業績への貢献は限定的だろう。

 - 政治, 経済 ,

  関連記事

no image
中国版イエズス会?中国語を世界に普及させる「孔子学院」が米国を席巻!

 中国語や中国文化の宣伝や普及を目的とした中国の教育機関が米国の教育界を席巻し、 …

francisco1
排他的になると逆に伝統文化はダメになる。日本人が傾聴すべきローマ法王の説法

 伝統的な価値観を守るためには、新しい価値観を攻撃するのではなく、うまくバランス …

trumpchina
米中首脳会談は表面的には穏やかに終了。貿易不均衡をめぐる交渉は長期戦に

 注目されていた米中首脳会談は表面上は穏やかに終了した。トランプ政権は貿易不均衡 …

3SHA03
フランス政府がネット企業が保有するビックデータに課税を検討。だが実現は懐疑的?

 フランス財務省は、GoogleやAmazonなどグローバルに展開する米国のネッ …

nomura
大リストラと収益貢献の優等生。野村と三菱の外銀買収で明暗を分けたのは?

 大手金融機関の海外展開力に大きな差が付き始めている。野村ホールティングスと三菱 …

girishagikai
ギリシャ支援、4カ月継続で合意。基本的に状況は何も変わらず

 EU(欧州連合)は2014年2月20日に開催したユーロ圏財務相会合で、ギリシャ …

toyota
トヨタの好決算は円安の影響ではない。海外生産、海外販売へのシフトが利益の源泉

 トヨタ自動車は5月8日、2013年3月期決算を発表した。売上高は前年比18.7 …

bouekitoukei201402
2月の貿易収支は先月の反動で改善。今後の焦点は日本人の購買力

 財務省は2014年3月19日、2月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

factory05
米中両国の製造業指数が示す、好調な個人消費と低調な製造業の綱引き

 米国と中国の製造業で冴えない指標が相次いでいる。米供給管理協会(ISM)が発表 …

keidanrenbiru
影響力低下が著しい経団連。天下国家論ではなく、特定業種の利益を代弁

 このところ経団連の影響力低下が著しい。かつては政界に絶大な影響力を行使し、経団 …