ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

海外M&Aに失敗した日本郵政が今度は野村不動産の買収に乗り出す

 

 日本郵政が野村不動産の買収に乗り出す。同社はオーストラリアの物流会社を買収したものの、1年も経たずに巨額減損に追い込まれている。国内の不動産会社を買収することで、保有する資産の有効活用を狙うが、成長にどこまで寄与するのかは何とも言えない。

nihonyusei

 同社は野村證券グループの不動産会社である野村不動産に対してTOB(公開買い付け)を実施する方向で検討を進めている。野村不動産は「プラウド」というブランド名でマンションを展開しているほか、オフィスビルの運用も行っている。

 郵便事業と不動産開発は直接シナジーがないように思えるが、そうではない。日本郵政は全国で2万カ所の郵便局を保有しているほか、逓信病院などの医療施設、かんぽの宿といった宿泊施設など多数の不動産を抱えている。建物などを加えた固定資産の総額は3兆円に達しており、これらの有効活用は以前からの課題であった。

 同社は、大型銘柄として上場を果たしたものの、本業である郵便事業は縮小が余儀なくされている。上場後の成長シナリオとして当初は海外M&Aを掲げており、豪物流会社の買収はその目玉となる案件だった。

 ところが2015年に6200億円のものを費用を投じて買収した豪トール社は、業績不振から2年も経たないうちに4000億円の減損が発生する状況となっている。海外展開のシナリオが崩れた今、白羽の矢を立てたのが国内の不動産ビジネスである。

 確かに企業戦略としては一貫性にかけるが、今回の野村不動産の買収は、それなりに効果を発揮する可能性が高い。日本郵政は多額の不動産を所有しているものの、これらの運用に関するノウハウはほとんどない。民間デベロッパーのノウハウを生かせば、不動産の有効活用は一気に進むだろう。

 しかしながら、日本郵政の企業規模を考えると、不動産の有効活用も焼け石に水かもしれない。仮に同社が持つ固定資産1兆円を5%で運用できたとしても、フローという意味での収益は年間500億円程度にしかならない。
 日本郵政の2017年3月期の売上高は約13兆円、経常利益は約8000億円であることを考えると、業績への貢献は限定的だろう。

 - 政治, 経済 ,

  関連記事

hoikuen
都が子どもの声を騒音条例から除外との報道。正論だが手続きに問題はないのか?

 このところ保育園などにおける子供の声をめぐる議論が活発になっているが、東京都は …

no image
アラブの春の副作用?イスラム圏で時代に逆行する出来事が連発

 アラブの春をきっかけに民主化運動が進んでいるかのよう見えるイスラム諸国で、時代 …

kissinger
キッシンジャー氏が尖閣問題について発言。だが、その背景はちょっと微妙!

 米ニクソン政権の国務長官で米中国交回復のキーマンであったヘンリー・キッシンジャ …

hagel04
北朝鮮の強硬姿勢によって米の軍事費削減に赤信号?現状維持派の策略との声も

 敵対的な姿勢を強める北朝鮮への対抗措置から、米軍が相次いで兵力の追加配備を迫ら …

kerry0020
ケリー国務長官が中国を訪問。日本の立場は米中の経済交渉次第

 米国のケリー国務長官はこの2月に中国を訪問する。同じく国務省のバーンズ副長官が …

cop20a
京都議定書に変わる新しい枠組みを議論するCOP20。米中欧主導で日本は不利に?

 地球温暖化対策に関する国連の会議「COP20」が、南米ペルーで12月2日から開 …

microsoft
マイクロソフトが大規模な組織再編に着手。脱PCで伝統の事業部制を放棄

 米マイクロソフトは7月11日、これまでにない大規模な組織再編を行うと発表した。 …

jidoushayushutu
米国で日本の系列取引に対する批判が再燃の可能性。今回はもう取引材料がない?

 一時期は鳴りを潜めていた日本メーカーに対する批判が、米国で再燃しそうな兆候が出 …

trybol
スイスで経営者の高額報酬を制限する国民投票を実施。立役者の主張とは?

 企業幹部が受け取る高額報酬の制限をめぐってスイスで国民投票が実施される見込みと …

chokinbako
家計の貯蓄率が初めてマイナスに。最終的には経常収支と国債消化余力に影響

 日本の家計貯蓄率がはじめてマイナスとなった。貯蓄率の低下は、最終的には国債の消 …