ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

国士気取りの銭ゲバ・インサイダー官僚が保釈。こともあろうに公判では無罪を主張

 

 経済産業省幹部のインサイダー取引事件で、金融商品取引法違反に問われていた前資源エネルギー庁次長、木村雅昭被告について、東京地裁は保釈を認める決定をした。保釈金は1000万円。

 木村被告は、2009年当時半導体業界を担当する商務情報政策局の審議官をつとめていた。木村被告は、半導体大手のエルピーダの救済プランをまとめる責任者の立場であったことを利用して公表前に株を売買、不正に利益を得た疑いが持たれている。同様に半導体大手のNECエレクトロニクス(現ルネサスエレクトロニクス)株についてもインサイダー取引をしていたとみられる。不正に得た利益は約230万円。

 政府(経産省)主導による日の丸半導体救済策は、公平性や透明性の観点から数多くの批判にさらされている。こともあろうに、その責任者である官僚が、インサイダー取引で不正利益を得ていたというのだから開いた口が塞がらない。
 本人は「オレが(救済プランを)まとめた」と周囲に吹聴し国士気取りだったという。1500万円程度の年収にもかかわらず、全身をブランド物で固め、なぜか1000万円もするベンツを乗り回していた。いずれ知事選に出ると話していたとも伝えられる。

 木村被告に対する公判は今月始まったばかりなのだが、何と本人は「違反はしていない」と無罪を主張している。検察側は、被告が証券取引等監視委員会の強制調査の際に「取引は妻の判断で行った」と弁解していた点に着目。妻がやったことにするため、妻に投資情報誌の関連記事を覚えさせるなどの証拠隠滅を図ったと見ている。

 本来刑事被告人は推定無罪の原則が適用されるべきなのだが、このケースはそういう次元を超えている。そもそも国家主導で大企業の合併を進めている真っ最中である。いかなる理由があろうともその責任者が関連株を売買することなどあってはならない。それだけでも十分な背信行為である。インサイダー取引の要件に合致するかなどもはや瑣末な問題だ。この男はとことん腐っている。

 こういった官僚の不祥事が起こるたびに、モラルの問題が指摘される。だがこういった腐敗の発生は国民にも大きな責任がある。
 そもそも、公務員試験というたった一回のペーパーテストで高級官僚の適性を見極めることなど、どう考えても不可能である。しかも一旦入省してしまえば、外部との一切の競争に晒されずに昇進が約束される特権待遇である。腐敗しないわけがないのだ。
 民間にはいくらでも人材はいる。高級官僚など、産業界で実績を上げ、人物的にも評価を得ている人を必要に応じて登用すればよい。公務員改革を実施しない政治家にホイホイ票を入れ、こういった腐敗官僚を間接的に支援しているのは、ほかならぬ我々自身なのだ。

 - 政治, 経済

  関連記事

kousakukiki
7月の機械受注は横ばい。設備投資が本当に回復しているのかはまだ確認できない状況

 内閣府は9月12日、7月の機械受注統計を発表した。機械受注統計は、民間設備投資 …

no image
中国初の空母が正式に就役。名前は「釣魚島(尖閣)」ではなく「遼寧」だった

 中国初の空母となる旧ソ連製の「ワリャーグ」が正式に就役した。注目されていた名称 …

zangyou
長時間労働の人ほど上司がそれを評価してくれていると考えている?

 長時間労働をする人ほど、残業について上司が評価してくれていると考える割合いが高 …

shoushika
少子化対策タスクフォースが提言書。だが対策を阻む本当の理由には触れずじまい

 政府の有識者会議「少子化危機突破タスクフォース」(座長・佐藤博樹東大大学院教授 …

no image
財務省人事、真砂氏の次の次官は誰だ?

【本記事は2012年8月のものです。財務省の最新の人事情報記事はこちらです】「木 …

newshaisin
ネット上のニュース配信サービスに参入相次ぐ。だが日本特有のいつもの課題も・・・

 スマホ向けにニュース閲覧アプリを提供するベンチャー企業が相次いでサービスを拡充 …

billgates
マイクロソフトのトップ交代。ゲイツ氏は退任ではなく、実は現場復帰?

 米マイクロソフトは2014年2月4日、同社のナデラ上級副社長が最高経営責任者( …

irankakumondai
イラン核問題、最終解決に向けた枠組み合意。実はポテンシャルが大きいイラン市場

 米欧など6カ国とイランは2015年4月2日、イランの核問題について、最終的な解 …

meisousenkyo
英国の総選挙。まさかの過半数割れだがマーケットには案外好都合?

 当初、与党保守党の圧勝が予想されていた英国の総選挙は予想外の結果となった。保守 …

baidenindo
米国のバイデン副大統領がインドを訪問。意外に疎遠だった米国とインドの経済関係

 インドと米国があらたな経済連携に向けて対話を始めている。米国のバイデン副大統領 …