ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

トランプ大統領はもう予算に興味がない?外遊中に予算教書提出の前代未聞

 

 米国のトランプ政権が初の予算教書(正式版)を議会に提出した。当初は予算教書の提出そのものが危ぶまれていたことを考えるとかなりの前進ではあるが、内容はやはり具体策を欠くものとなった。
 ロシア疑惑問題で議会が混乱していることや、トランプ氏が予算に関心を寄せなくなっていることもあり、教書がそのままの形で実現する可能性は低いとみられる。

trumpyosan

 予算教書の発表は、政権初期における重要なイベントのひとつとされており、通常であれば大統領が教書について演説するのが慣例となっている。ところが今回の教書はトランプ氏の外遊中に発表され、自身の口で予算案について説明することはなかった。これはトランプ氏が予算についてあまり関心を寄せなくなった証拠といえる。

 実際、今回の教書は実現性を欠く内容となっている。教書に先立ちトランプ政権は大型減税の概要を発表しているが、財源をどう手当するのかが焦点となっていた。当初の予想とは異なり国債の増発ではなく、歳出削減と経済成長でカバーするシナリオとなっている。数字の上では、10年間で3.6兆ドル(約400兆円)の歳出を削減し、財政収支も同じく10年で黒字化する。

 歳出削減については、低所得者向けの医療補助や生活保護などを削減したり、石油備蓄を放出することなどで対応するが、減税によって歳入が減る分については、経済成長の見積もりを高くすることで対処している。
 経済成長による税収増は、今後10年間で2兆ドルに達するとしているが、この税収増を実現するためには実質3%の成長が必要となる。現実には2%台の成長にとどまる可能性が高く、その場合には予算教書は絵に描いた餅になってしまう。

 米国では予算の権限は議会にあり、教書はあくまで大統領の要望を記したものに過ぎない。現時点においてこの教書の内容が正式な予算案に反映される可能性は低く、何らかの修正が加えられることになる。

 国債の大幅な増刷で財源を確保することになるのか、大型減税の規模を縮小するのかについては、議会共和党のスタンス次第だろう。あくまでトランプ政権を支持するということであれば、何らかの妥協案が模索されることになるが、ロシア問題が大きくなり、議会が大統領と距離を置いた場合には、予算の審議が頓挫するリスクが生じてくる。

 教書が出たこと自体はプラスの材料だが、トランプ政権をとりまく経済的な状況が大きく変わったわけではない。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

merukeru03
最低賃金がないドイツの貧困率が日本よりもはるかに低い理由とは?

 圧倒的な支持率で総選挙を勝ち抜き、3期連続で首相の座についたドイツのメルケル首 …

googlehead
Googleもいずれ成長鈍化?第2四半期決算は好調だが、クリック単価の下落は止まらず

 イ ンターネット検索最大手の米グーグルは7月18日、2013年4~6月期の決算 …

doruen201409
為替市場で円安が加速。指標的には過剰だが、相場主導で現実が後追いか?

 為替相場が急に慌ただしくなってきた。2015年5月26日の外国為替市場では円安 …

no image
鴻海が超大型液晶TVを格安で販売。シャープ経営陣に対するプレッシャーか?

 台湾の経済日報は、シャープに出資を検討している台湾の鴻海精密工業が、11月、6 …

ginkou
日本ではなぜ借金の個人保証がなくならないのか?

 民法の抜本改正を検討している法制審議会(法務大臣の諮問機関)が、中小企業融資に …

thatcher02
葬儀参列者に見る時代の流れ。サッチャリズムはすでに歴史の1ページ

 英国の元首相で4月8日に死去した故マーガレット・サッチャー氏の葬儀が4月17日 …

tosho05
新しい増資手段ライツイシューに規制?制度を生かすも殺すも、最後は投資家次第

 既存の株主に対して新株購入の権利を割り当てる「ライツイシュー」の審査が厳格化さ …

clinton201601
「まさか」の状況となりつつある米大統領選挙。ブルームバーグ氏出馬検討の報道も

 米国の大統領選挙が大混戦の様相を呈してきている。当初、圧倒的に有利だった民主党 …

saitengai2
崔天凱駐米中国大使が、尖閣問題で中国寄りの対応をするよう米国に要請

 尖閣諸島問題をめぐる小野寺防衛大臣の発言に対して、崔天凱駐米中国大使が強い口調 …

usakoyoutoukei201409
9月の米雇用統計は予想以上。ただし、世界経済は減速懸念でディスインフレ?

 米労働省は2014年10月3日、9月の雇用統計を発表した。非農業部門の雇用者数 …