ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

見送りの可能性も出てきた受動喫煙防止法案。日本は2周回遅れへ

 

 今国会での審議が予定されていた受動喫煙防止法案の提出が見送られる可能性が高くなってきた。小規模な飲食店などからの反発が根強く、自民党内で意見がまとまらないことが主な理由。

tabakohaian

 政府は、東京オリンピックの開催を控え、公共の場所を原則禁煙とした本格的な受動喫煙対策の導入を検討してきた。国際オリンピック委員会や世界保健機関は開催国に対して「たばこのない五輪」を求めていますが、日本の対策は先進国で最低レベルという状況が続いている。

 ところが、公共の場所を原則禁煙とする受動喫煙防止法案の概要が示されると、自民党内から反対の声が続出。与党内で意見の取りまとめができておらず、場合によっては法案提出が見送られる可能性も出てきた。

 国内の喫煙率は20%となっており、大多数の国民はたばこを吸わないのが実情である。しかも諸外国の事例では、全面禁煙によって飲食店の売上高は減少していない。このような状況においても、法案を提出できないということになると、何のための国会なのか存在意義が問われることになるだろう。

 こうしている間にも時代は大きく動いている。外資系のたばこメーカーであるフィリップモリスは加熱式たばこ「iQOS」を投入し、急速に売り上げを伸ばしている。加熱式タバコは、直接、火を付ける従来の紙巻きたばこに比べて、匂いなど周囲に対する影響が少ないとされている。

 加熱式たばこの影響がどの程度なのかはまだよくわかっていないが、諸外国では全面禁煙はすでに当たり前のことであり、社会として、こうした新しいたばこをどう扱っていくのかという段階に議論はシフトしている。公共の場を禁煙にするのかといったレベルで議論しているのはもはや日本くらいといってよいだろう。

 また、年齢別の喫煙率を見ると、20代の喫煙率は年々低下が進んでおり、若い人ほどたばこを吸わないという傾向が顕著となっている。今は喫煙を目的に積極的に来店する中高年が存在しているが、10年先どうなっているのかは分からない。
 また近年の若年層はウーバーイーツなどネットを使った飲食店の宅配サービスの利用にも積極的であり、外食のニーズそのものが今後減っていく可能性すらある。

 禁煙にすると客足が減るといったレベルの議論は、もはや2周回遅れなのだが、永田町という前近代的ムラ社会では、こうした認識は存在しないようだ。

 - 政治, 社会

  関連記事

patten
香港最後の総督パッテン氏が、香港民主化をめぐり中国政府と英国政府を批判

 英国統治時代における最後の香港総督として世界的に有名な英国のクリストファー・パ …

kuroda
黒田日銀総裁が正式決定。これまで白川路線に賛同していた政策委員は意見を変える?

 参議院は3月15日午前の本会議で、日銀の正副総裁人事を可決した。総裁には黒田東 …

hinkon
日本の貧困レベルはとうとう韓国と同水準に。先進国の水準など夢のまた夢

 韓国の統計庁が出した2012年家計金融・福祉調査の結果によると、昨年の可処分所 …

kerry02
ミサイル警戒の最中、ケリー国務長官が日中韓国歴訪。北との水面下の交渉は?

 北朝鮮によるミサイル発射に備え、日米韓による監視が続いている。ミサイルを発射す …

hosokawakoizumi
細川元首相が都知事選に出馬表明。その後の政局にばかり焦点が当たる奇妙な選挙に

 猪瀬直樹前知事の辞職に伴う東京都知事選において、細川護熙元首相が立候補を表明し …

amari
甘利経財相が日本の輸出不振に言及。アベノミクスは現実路線に転換?

 日本の輸出に対する安倍政権のスタンスが現実を反映したものに変わってきた。円安に …

rikokyoroise
米有力議員団が中国と韓国を相次いで訪問。従軍慰安婦問題が急浮上の可能性も

 米下院外交委員長のエドワード・ロイス議員を中心とした米議員団が中国と韓国を相次 …

ouyou
総勢180名の財界訪中団が汪洋副首相と会談。だがトップ2との会談は実現せず

 安倍政権発足後、最大規模となる財界訪中団は11月19日、北京市内において汪洋副 …

rubio
米大統領選。共和党の隠れた大本命、マルコ・ルビオ氏とはどんな人?

 米国の大統領選に共和党から立候補を表明したマルコ・ルビオ上院議員がメディアから …

icijchina
中国要人の海外不正蓄財は400兆円?リストには要人の親族がずらり

 各国要人や富豪の海外隠し資産を追及している国際調査報道ジャーナリスト連合(IC …