ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

見送りの可能性も出てきた受動喫煙防止法案。日本は2周回遅れへ

 

 今国会での審議が予定されていた受動喫煙防止法案の提出が見送られる可能性が高くなってきた。小規模な飲食店などからの反発が根強く、自民党内で意見がまとまらないことが主な理由。

tabakohaian

 政府は、東京オリンピックの開催を控え、公共の場所を原則禁煙とした本格的な受動喫煙対策の導入を検討してきた。国際オリンピック委員会や世界保健機関は開催国に対して「たばこのない五輪」を求めていますが、日本の対策は先進国で最低レベルという状況が続いている。

 ところが、公共の場所を原則禁煙とする受動喫煙防止法案の概要が示されると、自民党内から反対の声が続出。与党内で意見の取りまとめができておらず、場合によっては法案提出が見送られる可能性も出てきた。

 国内の喫煙率は20%となっており、大多数の国民はたばこを吸わないのが実情である。しかも諸外国の事例では、全面禁煙によって飲食店の売上高は減少していない。このような状況においても、法案を提出できないということになると、何のための国会なのか存在意義が問われることになるだろう。

 こうしている間にも時代は大きく動いている。外資系のたばこメーカーであるフィリップモリスは加熱式たばこ「iQOS」を投入し、急速に売り上げを伸ばしている。加熱式タバコは、直接、火を付ける従来の紙巻きたばこに比べて、匂いなど周囲に対する影響が少ないとされている。

 加熱式たばこの影響がどの程度なのかはまだよくわかっていないが、諸外国では全面禁煙はすでに当たり前のことであり、社会として、こうした新しいたばこをどう扱っていくのかという段階に議論はシフトしている。公共の場を禁煙にするのかといったレベルで議論しているのはもはや日本くらいといってよいだろう。

 また、年齢別の喫煙率を見ると、20代の喫煙率は年々低下が進んでおり、若い人ほどたばこを吸わないという傾向が顕著となっている。今は喫煙を目的に積極的に来店する中高年が存在しているが、10年先どうなっているのかは分からない。
 また近年の若年層はウーバーイーツなどネットを使った飲食店の宅配サービスの利用にも積極的であり、外食のニーズそのものが今後減っていく可能性すらある。

 禁煙にすると客足が減るといったレベルの議論は、もはや2周回遅れなのだが、永田町という前近代的ムラ社会では、こうした認識は存在しないようだ。

 - 政治, 社会

  関連記事

koushinpari
仏連続テロに抗議する大規模行進に米国不参加。オバマ政権の外交方針が際立つ

 フランスで発生したイスラム過激派テロに抗議する大規模行進が2015年1月11日 …

zenjindai02
中国の政府機構改革案。太子党利権である鉄道省は解体、尖閣対策に海洋局を強化

 中国国務院(政府)は10日、開会中の全国人民代表大会(全人代=国会に相当)に、 …

satsutaba
企業が溜め込む内部留保の還元は、アベノミクスを成功させるカギとなる

 アベノミクスに関する議論が活発化する中、企業が確保している内部留保に再び注目が …

pakucongress
産経ソウル前支局長無罪判決が、極めて妥当かつ民主的である理由

 韓国のソウル中央地方裁判所は2015年12月17日、朴槿恵大統領の名誉を傷つけ …

minogamofuji
美濃加茂市長の無罪判決に検察側が控訴。弁護側は憲法違反と批判

 名古屋地方検察庁は2015年3月18日、岐阜県美濃加茂市の藤井浩人市長を無罪と …

icijchina
中国要人の海外不正蓄財は400兆円?リストには要人の親族がずらり

 各国要人や富豪の海外隠し資産を追及している国際調査報道ジャーナリスト連合(IC …

globalmoney
国際的課税逃れへの包囲網が強まる。だがグローバル企業への規制が難しい本当の理由

 国境を越えた税金逃れに対する包囲網が急速に整えられつつある。欧州連合(EU)は …

keitai
年配社員と若手社員の携帯電話論争は世代間ギャップの問題ではない

 最近、会社内における電話の使い方について、若い世代と年配世代で激しい対立がある …

kokkaigijido02
憲法改正が参院選の争点に浮上。決断の時なのか、単なる拙速なのか?

 憲法改正論議を夏の参院選の焦点にしようという動きが活発になってきた。4月9日、 …

abe20141120
安倍政権が来春の賃上げを経済界に要請。漂う政策の手詰まり感

 安倍首相は2014年11月19日に開催された政労使会議の場において、経済界に対 …