ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

見送りの可能性も出てきた受動喫煙防止法案。日本は2周回遅れへ

 

 今国会での審議が予定されていた受動喫煙防止法案の提出が見送られる可能性が高くなってきた。小規模な飲食店などからの反発が根強く、自民党内で意見がまとまらないことが主な理由。

tabakohaian

 政府は、東京オリンピックの開催を控え、公共の場所を原則禁煙とした本格的な受動喫煙対策の導入を検討してきた。国際オリンピック委員会や世界保健機関は開催国に対して「たばこのない五輪」を求めていますが、日本の対策は先進国で最低レベルという状況が続いている。

 ところが、公共の場所を原則禁煙とする受動喫煙防止法案の概要が示されると、自民党内から反対の声が続出。与党内で意見の取りまとめができておらず、場合によっては法案提出が見送られる可能性も出てきた。

 国内の喫煙率は20%となっており、大多数の国民はたばこを吸わないのが実情である。しかも諸外国の事例では、全面禁煙によって飲食店の売上高は減少していない。このような状況においても、法案を提出できないということになると、何のための国会なのか存在意義が問われることになるだろう。

 こうしている間にも時代は大きく動いている。外資系のたばこメーカーであるフィリップモリスは加熱式たばこ「iQOS」を投入し、急速に売り上げを伸ばしている。加熱式タバコは、直接、火を付ける従来の紙巻きたばこに比べて、匂いなど周囲に対する影響が少ないとされている。

 加熱式たばこの影響がどの程度なのかはまだよくわかっていないが、諸外国では全面禁煙はすでに当たり前のことであり、社会として、こうした新しいたばこをどう扱っていくのかという段階に議論はシフトしている。公共の場を禁煙にするのかといったレベルで議論しているのはもはや日本くらいといってよいだろう。

 また、年齢別の喫煙率を見ると、20代の喫煙率は年々低下が進んでおり、若い人ほどたばこを吸わないという傾向が顕著となっている。今は喫煙を目的に積極的に来店する中高年が存在しているが、10年先どうなっているのかは分からない。
 また近年の若年層はウーバーイーツなどネットを使った飲食店の宅配サービスの利用にも積極的であり、外食のニーズそのものが今後減っていく可能性すらある。

 禁煙にすると客足が減るといったレベルの議論は、もはや2周回遅れなのだが、永田町という前近代的ムラ社会では、こうした認識は存在しないようだ。

 - 政治, 社会

  関連記事

hoikuen
保育園の騒音を巡る裁判。試される価値観多様化の社会

 神戸市で保育園の「騒音」をめぐって裁判となっている。保育園の近くに住む70代の …

family3nin
課税対象の「個人」から「世帯」への見直しは、アベノミクスにも逆行する

 政府は少子化対策のひとつとして、所得税の課税対象を「個人」から「世帯」に変更す …

pakukune02
朴槿恵新政権が、未来創造科学省の設置に執拗にこだわるワケ

 発足したばかりの韓国・朴槿恵政権で、主要閣僚が就任できないという前代未聞の事態 …

cop21paris
COP21、途上国も参加する初の協定を採択したが、削減目標は各国まかせ

 パリで開かれていた地球温暖化対策の国連会議COP21は、2015年12月13日 …

kokuzei
政府・与党が保険金への相続税軽減を決定。庶民には関係なく、富裕層のみが恩恵

 政府・与党は、死亡保険金にかかる相続税を軽減する方針を固めた。これまでは「相続 …

malala
早くも政治家宣言を行ったマララさんは、パキスタンにおけるスーチー氏

 女性が教育を受ける権利を訴えたことでイスラム武装勢力に銃撃され、奇跡的に生還し …

no image
中国反日デモ斜め読み。警察車両って日本車だったんだ!

 尖閣諸島への日本人の上陸を受けて、中国で反日デモが激しくなっている。上陸のニュ …

akachan
日本経済が人口減少の影響を受けるのはこれからが本番

 厚生労働省は2014年1月1日、最新の人口動態統計の結果を発表した。それによる …

kaigojikofutan
介護保険改正法案が閣議決定。所得の高い高齢者の自己負担率がさらに増加

 政府は2017年2月7日、介護保険の自己負担率の見直しを盛り込んだ介護保険法改 …

narogo01
羅老号が再度打ち上げ中止。日本に40年遅れる韓国の技術でロケット打ち上げは無理?

 トラブルが相次ぎ打ち上げが延期となっていた韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老( …