ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

かつて導入された買収防衛策が次々と撤回。背景にあるのは株主のモノ言い

 

 かつて上場企業で導入が相次いだ買収防衛策について、撤回するケースが増えてきている。背景にあるのは国内機関投資家のスタンスの変化である。コーポレートガバナンス改革が進んだことで、日本企業の経営も大きく変わりつつある。

baishuboueisaku

 パナソニックは2017年3月末で買収防衛策を廃止した。同社は2005年、投資家による株式の買い付け行為に対する防衛策を導入。毎年、取締役会においてプランの継続について決議してきた。
 パナソニック以外にも、買収防衛策を撤回する上場企業が増えているが、今年に入って各社が買収防衛策の撤回を進めているのは、機関投資家からの反対の声が大きくなっているからである。

 これまで日本では企業の経営方針に株主が口を出すことはタブーとされてきたが、安倍政権が進めてきたコーポレートガバナンス改革によってこの風潮が大きく変わった。GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)など公的な機関投資家は、株主総会において積極的に議決権を行使する方向に舵を切りつつあり、民間の機関投資家もこの動きに追随している。

 買収防衛策は多くの場合、本来の目的ではなく、経営者や従業員の保身のために利用される。日本の場合、株主が経営に口を出すケースが少なかったことから、株主へのリターンは先進各国の中では最低水準にとどまってきた。

 だが一連のガバナンス改革によって機関投資家は企業に対してリターンを強く求めるようになってきた。こうした環境において、経営者や従業員の保身とみなされかねない買収防衛策が撤回されるのは自然な成り行きといってよいだろう。

 株式会社は本来、株主のものであり、株主の意向が反映されることは望ましい姿といえる。しかしながら日本では、ある切実な事情があってこうしたガバナンス改革が進んだという面があることは否定できない。それは年金財政の悪化である。

 公的年金は支払う年金が、徴収する保険料を上回る状況が続いており、このままでは積立金が枯渇する可能性が高い。年金水準を維持するためには、企業からの配当を増やし、運用収益を拡大させる必要がある。

 買収貿易策の存在は、日本型雇用慣行の維持に一定の効果を発揮してきたが、年金の減額という状況を前に、年金か雇用環境という二者択一を迫られたと解釈することもできる。

 これまでモノ言う株主の前に岩盤のように立ちはだかっていた日本型経営の理念が、お金という問題で簡単に崩れてしまったことはちょっとした皮肉といってよいだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

kuroda02
黒田日銀総裁が、現在の政府債務は持続不可能と財務官僚らしい発言。その背景とは?

 日銀の黒田総裁は3月28日、参院財政金融委員会において、「政府債務のGDP費が …

no image
米著名ヘッジファンドが苦境に

 米国の著名な投資家であるジョン・ポールソン氏が率いるヘッジファンドが苦境に立た …

shacho
日本企業の役員報酬は果たして高いのか安いのか?

 東京商工リサーチは2016年6月29日、2016年3月期において1億円以上の役 …

apple
注目のアップル四半期決算。減益となった最大の理由は利益率低下と研究開発費の増加

 米アップルは4月23日、注目の第2四半期決算(2013年1月~3月期)を発表し …

tokkyo
中国が特許出願で世界1位に。国際特許で見ると「まだまだ」だが躍進は時間の問題

 特許の出願件数で中国が米国を抜いて、はじめて首位に立ったことが明らかになった。 …

meti03
政府がM&A活性化で会計基準変更を示唆。だがこれは問題の本質ではない

 政府が企業のM&A(合併・買収)を活発化させるため、日本の会計基準を改 …

verizon
早まった?それとも大チャンス?ベライゾンのM&Aでソフトバンクに再び世界が注目

 米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズによる超大型買収が実現したことで、ソ …

ppap
ピコ太郎の世界ブレイクで浮き彫りになった日本の古い音楽産業インフラ

 ピコ太郎の「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」が世界で大ブレイクしてい …

tosho02
日経平均大暴落。常識で考えれば一時的な下落だが、そうとは言い切れない面も

 5月23日の日経平均株価は前日比1143円28銭安の1万4483円98銭と大幅 …

nichigin
資金循環統計を見れば、アベノミクスでお金がどう動いたのかが分かる

 日銀は2014年3月25日、2013年10~12月期の資金循環統計を発表した。 …