ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

かつて導入された買収防衛策が次々と撤回。背景にあるのは株主のモノ言い

 

 かつて上場企業で導入が相次いだ買収防衛策について、撤回するケースが増えてきている。背景にあるのは国内機関投資家のスタンスの変化である。コーポレートガバナンス改革が進んだことで、日本企業の経営も大きく変わりつつある。

baishuboueisaku

 パナソニックは2017年3月末で買収防衛策を廃止した。同社は2005年、投資家による株式の買い付け行為に対する防衛策を導入。毎年、取締役会においてプランの継続について決議してきた。
 パナソニック以外にも、買収防衛策を撤回する上場企業が増えているが、今年に入って各社が買収防衛策の撤回を進めているのは、機関投資家からの反対の声が大きくなっているからである。

 これまで日本では企業の経営方針に株主が口を出すことはタブーとされてきたが、安倍政権が進めてきたコーポレートガバナンス改革によってこの風潮が大きく変わった。GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)など公的な機関投資家は、株主総会において積極的に議決権を行使する方向に舵を切りつつあり、民間の機関投資家もこの動きに追随している。

 買収防衛策は多くの場合、本来の目的ではなく、経営者や従業員の保身のために利用される。日本の場合、株主が経営に口を出すケースが少なかったことから、株主へのリターンは先進各国の中では最低水準にとどまってきた。

 だが一連のガバナンス改革によって機関投資家は企業に対してリターンを強く求めるようになってきた。こうした環境において、経営者や従業員の保身とみなされかねない買収防衛策が撤回されるのは自然な成り行きといってよいだろう。

 株式会社は本来、株主のものであり、株主の意向が反映されることは望ましい姿といえる。しかしながら日本では、ある切実な事情があってこうしたガバナンス改革が進んだという面があることは否定できない。それは年金財政の悪化である。

 公的年金は支払う年金が、徴収する保険料を上回る状況が続いており、このままでは積立金が枯渇する可能性が高い。年金水準を維持するためには、企業からの配当を増やし、運用収益を拡大させる必要がある。

 買収貿易策の存在は、日本型雇用慣行の維持に一定の効果を発揮してきたが、年金の減額という状況を前に、年金か雇用環境という二者択一を迫られたと解釈することもできる。

 これまでモノ言う株主の前に岩盤のように立ちはだかっていた日本型経営の理念が、お金という問題で簡単に崩れてしまったことはちょっとした皮肉といってよいだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

abe20150715
盤石の安倍政権に黄色信号。日本市場における政局リスクが徐々に顕在化

 日本の株式市場に政局リスクが浮上し始めた。内閣支持率が急落していることに加え、 …

kodomohinkon
子供の貧困が深刻化。根本原因には日本における市場メカニズムの不備がある?

 子供の貧困がより深刻化している。厚生労働省がまとめた2013年国民生活基礎調査 …

bananki
バーナンキ前FRB議長が銀行から住宅ローンの借り換えを拒絶されたことの解釈は?

 米FRB(連邦準備制度理事会)のバーナンキ前議長が、住宅ローンの借り換えについ …

twitter02
ツイッターが大失速。主要指標の非公開化で市場に疑心暗鬼

 短文投稿サイトの米ツイッターが失速している。2015年4月28日に発表した同社 …

frbpauerugicho
FRB次期議長は予想通りパウエル氏。現行路線の踏襲に規制緩和が加わって株高に?

 FRB(連邦準備制度理事会)の次期議長にジェローム・パウエルFRB理事が指名さ …

imf201310
IMFが最新の世界経済見通しを発表。世界経済の牽引役は新興国から米国へ

 IMF(国際通貨基金)は10月8日、最新の世界経済見通しを発表した。2013年 …

no image
ドイツの財政が絶好調。税収増加のカギは、やはり企業の競争力と経済成長にあり

 ドイツの財政状況が絶好調だ。2012年の税収(国と地方の合計)は6024億ユー …

girishagikai
ギリシャが事実上、旧通貨発行と同じ効果を持つ約束手形の発行に追い込まれる?

 ドイツのショイブレ財務相は、欧州メディアのインタビュー記事において、ギリシャが …

oushukyujitu
行政が長時間労働是正に本腰。日本では欧州のような生活は定着するのか?

 このところ長時間労働を見直す動きが顕著になっている。ファミリーレストラン大手が …

nihonen
マイナス金利なのに海外投資家が日本国債を積極的に買う理由

 このところ日本国債を積極的に購入する海外投資家が増加している。だが、それは日本 …