ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

英国の総選挙。まさかの過半数割れだがマーケットには案外好都合?

 

 当初、与党保守党の圧勝が予想されていた英国の総選挙は予想外の結果となった。保守党は過半数を確保することができず、EU(欧州連合)の離脱交渉の行方にも暗雲が漂い始めている。

meisousenkyo

 英国の総選挙は5年に1回実施されることになっており、次回の総選挙は2020年の予定だった。だが、EU離脱の国民投票を受けて選出されたメイ首相は、あえて総選挙を前倒しで実施し、党内基盤を確実にした上でEUとの交渉に臨む算段だった。

 当初は与党圧勝と思われていたが、選挙活動が進むにつれて野党労働党が躍進。結果的に改選前の議席である330を下回り、単独過半数である326も割るという結果に終わった。

 労働党は、EUから離脱についてハード・ブレグジットではなく、EUとの関係を可能な限り維持するソフト・ブレグジットを主張している。現実にはEU側の出方があるので何ともいえないが、少なくともハードブレグジット前提の交渉スタンスは変更を余儀なくされる可能性が高い。

 今回の選挙結果を受けてポンドは大幅安となったが、長期的に見た場合、必ずしも市場にとってマイナスとは限らない。仮に与党が路線変更を行ってソフト・ブレグジットを前提に交渉を進め、EU側がこれを受け入れた場合、むしろマーケットには好都合かもしれない。

 市場関係者はむしろ労働党が強く主張してきた大学無償化など、財政支出を伴うリベラルな政策の行方に注目している。今回、保守党が敗北したのはブレグジット問題というよりも、高齢者の社会保障負担の増加など、緊縮財政に対する国民の反発が大きいといわれる。

 英国は保守党政権のもと、財政状況を大きく改善させてきたが、今後は政府債務が増加する可能性も出てきたことになる。その点では英国の先行きに対する不透明感は高まったといってよいだろう。

 - 政治 , , ,

  関連記事

soudensen
景気は回復しないのに電力など生活必需品は次々値上げ。これではスタグフレーションだ

 アベノミクスによる株高で日本経済は楽観ムードに包まれているが、一方で経済成長な …

minna
渡辺元代表がまさかの落選。消滅した「みんなの党」出身議員の当落は?

 党の内紛から解党に追い込まれた「みんなの党」の出身者が厳しい状況となっている。 …

roujin02
日本は立派な?年金制度があるのに高齢者貧困率が高いのはなぜか?

 国際連合は10月1日、高齢者の生活水準に関する国際比較調査の結果を発表した。日 …

nenkintecho
増やすも地獄、減らすも地獄。年金財政は袋小路に入りつつある

 年金制度改革が袋小路に入り込んでいる。年金の国庫負担増額のメドが立たないことか …

hagelchina
ヘーゲル国防長官が中国の常万全国防相と会談。着々と進む米中のアジア戦略交渉

 ヘーゲル米国防長官は8月19日、米国防総省で中国の常万全国防相と会談した。ヘー …

chukojutaku
公示地価が底入れとマスコミが一斉報道。だがその前にやることがあるはずだ

 国土交通省は3月21日、1月1日時点の公示地価を発表した。これをうけてマスコミ …

Thatcher
構造改革路線の生みの親、英国のサッチャー元首相が死去

 英国の元首相で「鉄の女」ともいわれたマーガレット・サッチャー氏が4月8日、脳卒 …

taima
高樹沙耶容疑者の逮捕で医療用大麻への関心が高まっているが・・・

 大麻取締法違反で逮捕された元女優の高樹沙耶(本名:益戸育江)容疑者が、医療用大 …

eikokumei
英国がEU単一市場からの撤退を表明。予想の範囲内だが、今後の交渉は難航か?

 英国のメイ首相はEU(欧州連合)からの離脱をめぐり、EU域内の単一市場から完全 …

asean20141114
韓国が日中韓首脳会談の開催に言及。実現に向けて調整が始まっているが・・・

 約2年半ぶりに日中首脳会談が実現したことで、日中、日韓の外交が大きく動き出す可 …