ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

英国の総選挙。まさかの過半数割れだがマーケットには案外好都合?

 

 当初、与党保守党の圧勝が予想されていた英国の総選挙は予想外の結果となった。保守党は過半数を確保することができず、EU(欧州連合)の離脱交渉の行方にも暗雲が漂い始めている。

meisousenkyo

 英国の総選挙は5年に1回実施されることになっており、次回の総選挙は2020年の予定だった。だが、EU離脱の国民投票を受けて選出されたメイ首相は、あえて総選挙を前倒しで実施し、党内基盤を確実にした上でEUとの交渉に臨む算段だった。

 当初は与党圧勝と思われていたが、選挙活動が進むにつれて野党労働党が躍進。結果的に改選前の議席である330を下回り、単独過半数である326も割るという結果に終わった。

 労働党は、EUから離脱についてハード・ブレグジットではなく、EUとの関係を可能な限り維持するソフト・ブレグジットを主張している。現実にはEU側の出方があるので何ともいえないが、少なくともハードブレグジット前提の交渉スタンスは変更を余儀なくされる可能性が高い。

 今回の選挙結果を受けてポンドは大幅安となったが、長期的に見た場合、必ずしも市場にとってマイナスとは限らない。仮に与党が路線変更を行ってソフト・ブレグジットを前提に交渉を進め、EU側がこれを受け入れた場合、むしろマーケットには好都合かもしれない。

 市場関係者はむしろ労働党が強く主張してきた大学無償化など、財政支出を伴うリベラルな政策の行方に注目している。今回、保守党が敗北したのはブレグジット問題というよりも、高齢者の社会保障負担の増加など、緊縮財政に対する国民の反発が大きいといわれる。

 英国は保守党政権のもと、財政状況を大きく改善させてきたが、今後は政府債務が増加する可能性も出てきたことになる。その点では英国の先行きに対する不透明感は高まったといってよいだろう。

 - 政治 , , ,

  関連記事

abekaiken
安倍政権が閣議決定で憲法解釈見直しを行う理由とその影響

 安倍首相は2014年2月20日の衆院予算委員会において、集団的自衛権の行使容認 …

no image
米大統領選挙、なぜか日本のマスコミが報じないオバマ、ロムニー以外の候補者

 米国大統領選挙の開票が一部の州で始まった。今日の午後には大勢が判明する見込みだ …

girishashusho
ギリシャ側が完全敗北。EUが主張する構造改革案をほぼ100%受け入れへ

 ギリシャの金融支援をめぐり、ギリシャ側が提出していた構造改革案についてEU(欧 …

sekorosu
世耕経産相が米主要経済閣僚と初会談。見えてこない日米交渉の道筋

 訪米した世耕経済産業相は2017年3月16日、ロス米商務長官らトランプ政権の主 …

kokkaigijido02
特定秘密保護法が施行。制度を健全に運用するためには、国会の強い関与が必要

 秘匿が必要な重要情報を保護する特定秘密保護法が2014年12月10日施行された …

kyousho
自信を深めたオバマ大統領。二期目最初の一般教書演説は強烈な独自色

 オバマ大統領は12日(日本時間13日)、政権二期目最初の一般教書演説を行った。 …

kenpou
国会の憲法審査会がスタート。だが天皇制や9条をめぐる議論はトンチンカンなものばかり

 衆議院憲法審査会は3月14日、安倍政権発足後初の会合を開き、日本国憲法における …

wasurerarerukenri
EU司法裁判所が「忘れられる権利」を認定。政治的要素も多分にあり

 ネットに掲載された情報の削除を求める、いわゆる「忘れられる権利」について、欧州 …

hasimoto
維新の会が大失速。安倍氏は旧自民党の政策に逆戻り

 大阪維新の会が大失速している。各種世論調査は支持率が低迷、維新の会が開催する政 …

trump201603
指名獲得に近づいたトランプ候補。驚くべきことに、政策をよく見るとオバマ政権にそっくり

 米大統領選における序盤のヤマ場といわれるスーパーチューズデーで、共和党のトラン …