ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

英国の総選挙。まさかの過半数割れだがマーケットには案外好都合?

 

 当初、与党保守党の圧勝が予想されていた英国の総選挙は予想外の結果となった。保守党は過半数を確保することができず、EU(欧州連合)の離脱交渉の行方にも暗雲が漂い始めている。

meisousenkyo

 英国の総選挙は5年に1回実施されることになっており、次回の総選挙は2020年の予定だった。だが、EU離脱の国民投票を受けて選出されたメイ首相は、あえて総選挙を前倒しで実施し、党内基盤を確実にした上でEUとの交渉に臨む算段だった。

 当初は与党圧勝と思われていたが、選挙活動が進むにつれて野党労働党が躍進。結果的に改選前の議席である330を下回り、単独過半数である326も割るという結果に終わった。

 労働党は、EUから離脱についてハード・ブレグジットではなく、EUとの関係を可能な限り維持するソフト・ブレグジットを主張している。現実にはEU側の出方があるので何ともいえないが、少なくともハードブレグジット前提の交渉スタンスは変更を余儀なくされる可能性が高い。

 今回の選挙結果を受けてポンドは大幅安となったが、長期的に見た場合、必ずしも市場にとってマイナスとは限らない。仮に与党が路線変更を行ってソフト・ブレグジットを前提に交渉を進め、EU側がこれを受け入れた場合、むしろマーケットには好都合かもしれない。

 市場関係者はむしろ労働党が強く主張してきた大学無償化など、財政支出を伴うリベラルな政策の行方に注目している。今回、保守党が敗北したのはブレグジット問題というよりも、高齢者の社会保障負担の増加など、緊縮財政に対する国民の反発が大きいといわれる。

 英国は保守党政権のもと、財政状況を大きく改善させてきたが、今後は政府債務が増加する可能性も出てきたことになる。その点では英国の先行きに対する不透明感は高まったといってよいだろう。

 - 政治 , , ,

  関連記事

jinmingen
IMFが特別引出権(SDR)に人民元を採用。英国の全面支援が決め手?

 IMF(国際通貨基金)は、11月にも特別引き出し権(SDR)と呼ばれる準備通貨 …

ooigenpatu
エネルギー基本計画が閣議決定へ。各方面の要望をテンコ盛りでボヤける全体像

 自民・公明両党は、国のエネルギー政策の中長期的な指針となる「エネルギー基本計画 …

ur
URの杜撰な事業が浮き彫りにする、官に依存した日本経済の麻薬中毒的体質

 「日本経済の復活」「大胆な規制緩和」といった安倍政権の輝かしいキャッチフレーズ …

beiyosan
米国の予算教書。税収増で財政赤字問題はほぼ解消。歳出拡大へ

 米大統領府(ホワイトハウス)は2015年2月2日、2016年会計年度(2015 …

nakatani
安保法制をめぐってはやくも不毛な議論。「昭和」の時代は続く

 今国会で審議が始まる安全保障関連法案をめぐって、早くも不毛なやり取りが行われて …

girishashusho
革命家チェ・ゲバラを崇拝するギリシャの青年首相は欧州に何をもたらすか

 ギリシャの議会選挙で圧倒的な勝利を収めた急進左派連合のチプラス党首は2015年 …

herikomoney
ヘリコプターマネーを巡る首相官邸の危険な火遊び

 首相官邸周辺でヘリコプターマネー政策をめぐる危険な火遊びが進行している。今のと …

sangiin
山本太郎議員の軽率行動があぶり出す、参議院の歴史的価値と現代の存在意義

 参院議院運営委員会は11月8日、理事会を開催し、秋の園遊会で天皇陛下に手紙を渡 …

sinnkansen
新幹線が大規模改修を前倒しで実施。ボロボロといわれる首都高は大丈夫なのか?

 東海旅客鉄道(JR東海)は29日、東海道新幹線の大規模改修を5年前倒しして開始 …

netaniyafu
イスラエルがシリアを空爆。オバマ政権二期目を前に、ネタニヤフ首相が先制パンチ

 シリアの国営通信は1月30日、同国の首都ダマスカス近郊にある軍の科学研究施設が …