ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

フランス総選挙でマクロン新党が圧勝。第六共和政がスタートする?

 

 フランス国民議会の総選挙が11日に行われ、マクロン大統領が率いる新党「共和国前進」が70%の議席を確保する可能性が高まっている。第五共和制の成立以後としては異例の事態であり、フランス政治が大きく変わる可能性が出てきた。

macronsousenkyo

 フランス国民議会は577議席からなり、選挙は通常5年に一度行われる。大統領選挙と同様、2回投票制が採用されており、第1回の投票で過半数を取った候補が当選し、過半数の候補がいない場合には12.5%以上の得票者で決選投票を行う。

 11日に行われた第1回の投票では、ほとんどの選挙区で過半数を獲得する候補は現れず、最終的な結果は18日に行われる決選投票に持ち越された。ただ、マクロン氏が率いる共和国前進は首位となっており、多くのメディアは同党が全議席の70%にあたる400議席を獲得する可能性が高いと報じている。

 第五共和制の成立以後、フランスでは基本的に二大政党制が続いており、既存政党に属さない大統領が登場したことは前代未聞の出来事であった。これに加えてマクロン氏の新党が本当に400議席を獲得した場合、大統領の権限は圧倒的なものとなり、社会党や共和党といった既存政党は空中分解してしまう可能性もある。

 場合によってはマクロン氏はまったく新しい政治制度を提案し、第六共和政をスタートさせることも不可能ではなくなってきた。
 もっとも、今回の総選挙の投票率は50%を切っており、第五共和制下では最低の数字となっている。政治意識の高いフランスではこれは棄権票とみなされており、マクロン政権は全国民からの支持を得ているわけではないとの論調も目立つ。

 だが新党を率いて大統領選に勝利し、議会選挙で圧勝したという現実は重い。マクロン氏は徹底したEU(欧州連合)主義者と言われており、英国の離脱問題も含め、今後、EU側の動きが活発化することが予想される。

 EUが掲げるヨーロッパ主義は、極右勢力の台頭で大幅に後退するかに見えたが、マクロン大統領の誕生で状況が変わってきた。9月に予定されているドイツ総選挙の結果次第では、ヨーロッパ主義が復活する可能性もある。

 - 政治 , ,

  関連記事

gchq
スノーデン氏の告発が英国に飛び火。政府関係者と市民の意識にはズレがある?

 米国の国民監視システムである「PRISM」の存在を暴露した元CIA(中央情報局 …

chukojutaku
公示地価が底入れとマスコミが一斉報道。だがその前にやることがあるはずだ

 国土交通省は3月21日、1月1日時点の公示地価を発表した。これをうけてマスコミ …

kuroda
黒田日銀総裁候補が衆院で所信。滑り出しとしては満点に近いか?

 日銀総裁候補の黒田東彦アジア開発銀行総裁は3月4日、衆院議院運営委員会での所信 …

businessman02
消費税を増税した途端に景気減速?7~9月期のGDPは前期よりも落ち込む可能性大

 2013年11月13日に公表予定の7~9月実質GDPの数値は、好調だった4~6 …

3sha02
Amazon、Google、スタバが各国政府と税を巡るバトル。3社が連戦戦勝のワケとは?

 グローバルに展開する米国企業と各国政府のバトルが激しさを増している。  フラン …

kousokumuryouka
高速道路無料化は事実上廃止?。基本インフラさえ無料で利用できない日本の貧しさ

 国土交通省の審議会である国土幹線道路部会は、6月7日に開いた会合で、高速道路料 …

kaikotokku
解雇特区は雇用政策というよりも、ベンチャーや外資の優遇策である

 安倍政権は成長戦略の目玉の一つである解雇特区の導入に向けて本格的な検討を開始し …

Observationisland
北朝鮮のミサイル発射予告。情報収集はどんな体制で行われているのか?

 北朝鮮がミサイル発射を予告していることを受けて、米軍や自衛隊では準備が進んでい …

egyptdemo02
エジプトの反政府デモが重大局面。軍の介入は今後の民主化運動にどう影響するのか?

 モルシ大統領の退陣を求める大規模なデモが続くエジプトで、これまで中立を保ってい …

kawase201301
JPモルガンの佐々木氏がとうとう見通しを変更。今回の円安転換はホンモノかもしれない。

 為替市場において円安がさらに加速しそうな勢いだ。安倍首相による日銀に対する緩和 …