ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

フランス総選挙でマクロン新党が圧勝。第六共和政がスタートする?

 

 フランス国民議会の総選挙が11日に行われ、マクロン大統領が率いる新党「共和国前進」が70%の議席を確保する可能性が高まっている。第五共和制の成立以後としては異例の事態であり、フランス政治が大きく変わる可能性が出てきた。

macronsousenkyo

 フランス国民議会は577議席からなり、選挙は通常5年に一度行われる。大統領選挙と同様、2回投票制が採用されており、第1回の投票で過半数を取った候補が当選し、過半数の候補がいない場合には12.5%以上の得票者で決選投票を行う。

 11日に行われた第1回の投票では、ほとんどの選挙区で過半数を獲得する候補は現れず、最終的な結果は18日に行われる決選投票に持ち越された。ただ、マクロン氏が率いる共和国前進は首位となっており、多くのメディアは同党が全議席の70%にあたる400議席を獲得する可能性が高いと報じている。

 第五共和制の成立以後、フランスでは基本的に二大政党制が続いており、既存政党に属さない大統領が登場したことは前代未聞の出来事であった。これに加えてマクロン氏の新党が本当に400議席を獲得した場合、大統領の権限は圧倒的なものとなり、社会党や共和党といった既存政党は空中分解してしまう可能性もある。

 場合によってはマクロン氏はまったく新しい政治制度を提案し、第六共和政をスタートさせることも不可能ではなくなってきた。
 もっとも、今回の総選挙の投票率は50%を切っており、第五共和制下では最低の数字となっている。政治意識の高いフランスではこれは棄権票とみなされており、マクロン政権は全国民からの支持を得ているわけではないとの論調も目立つ。

 だが新党を率いて大統領選に勝利し、議会選挙で圧勝したという現実は重い。マクロン氏は徹底したEU(欧州連合)主義者と言われており、英国の離脱問題も含め、今後、EU側の動きが活発化することが予想される。

 EUが掲げるヨーロッパ主義は、極右勢力の台頭で大幅に後退するかに見えたが、マクロン大統領の誕生で状況が変わってきた。9月に予定されているドイツ総選挙の結果次第では、ヨーロッパ主義が復活する可能性もある。

 - 政治 , ,

  関連記事

amari
まるで大政翼賛会?閣僚が名指しで企業の賃上げに言及。賃上げは本当に正しいのか?

 甘利経済再生相は5日、コンビニエンスストア大手が相次いで賃上げを表明したことを …

abedabos201402
法人税引き下げが現実的に。だが税制上の不公平が解消されなければ効果は薄い

 安倍首相がダボス会議において法人税の実効税率の引き下げに言及したことで、政府与 …

no image
決着が付いていない中国の政権争い。誰と誰が揉めているの?

 中国の次期政権をめぐるゴタゴタはまだ解決していないようだ。  党総書記に内定し …

takemi
有権者も世代交代?自民党のサラブレット武見敬三氏が山本太郎氏相手に苦戦のワケ

 盛り上がりに欠けた参院選は事前の予想通り、自民党の圧勝となった。衆議院で過半数 …

seichousenryaku201406
新成長戦略の骨子が明らかに。従来とはうって変わって構造改革的な要素が前面に

 政府の産業競争力会議は2014年6月10日、今月下旬に閣議決定が予定されている …

koyokeiyaku
現実味を帯びる同一労働、同一賃金。結局は若年層正社員の賃下げに?

 これまで導入が極めて難しいといわれてきた、同一労働、同一賃金が現実味を帯びてき …

cameron2
先週はオランド大統領、今週はキャメロン首相。欧州首脳が相次いでインドに売り込み

 英国のキャメロン首相は18日、インドを訪問した。首相としては2度目のインド訪問 …

euhonbu
土壇場でギリシャ支援を決定。期せずして露呈した「欧州」をめぐる独仏の路線対立

 ユーロ圏各国は2015年7月13日、首脳会議においてギリシャ支援の再開について …

no image
北朝鮮が最高人民会議を開催。結局、重大発表はなかった

 北朝鮮は25日、国会に相当する最高人民会議を開催した。仏誌が経済改革について重 …

whitecolorexe
残業代ゼロ政策の導入が現実味。職種限定だが、年収制限はなくなる可能性も

 労働時間に関わらず賃金を一定にする、いわゆる残業代ゼロ政策の導入が現実味を帯び …