ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

FRBが年内の資産縮小開始を表明。米国の量的緩和策は完全終了フェーズへ

 

 FRB(連邦準備制度理事会)が市場の予想通り、再利上げと年内の資産圧縮開始を決断した。インフレ率の低下といった課題はあるが、バランスシートの縮小に向けて本格的に動き出すことになる。

ieren201409

 FOMC(連邦公開市場委員会)は2017年6月14日に行われた会合で、3カ月ぶりの利上げを決定した。利上げ幅は0.25%で、現在の経済状態が続けば年内にもう1回利上げが実施される可能性が高い。

 FRBは、利上げの決定とは別に、保有資産の圧縮を年内に開始することを正式に表明。将来のロードマップを示した。それによると、資産の圧縮は国債などの保有資産を市場で直接売却するのではなく、満期を迎えた債券の再投資を減額することで段階的に資産縮小を実施していく。

 資産減額開始時の圧縮規模は米国債が月60億ドル、MBS(住宅ローン担保証券)は月40億ドルとし、3カ月ごとに引き上げを行い、1年後には国債が300億ドル、MBSを200億ドルにする。

 今後は、利上げと資産圧縮が同時に行われるので、市場に対しては二重に金融引き締めの圧力がかかることになる。これについてFRBのイエレン議長は、圧縮規模は小さく、将来の金融政策の足かせにはならないとの見解を示しており、市場もほぼ同じような認識を持っている。
 このところインフレ率が低下しているなど懸念材料はあるものの、金融引き締めはシナリオ通り実施されるとの見方が大半だ。

 FRBの保有資産はリーマンショック以前は1兆ドルを切っていたが、現在は4.5倍に肥大化している。リーマンショック以前にまで戻すのは現実的ではなく、FRBも市場の状況に応じた柔軟な資産規模を模索している。
 今後の経済成長や金融市場の動向によっては、資産規模をある程度の範囲で維持するという選択肢も十分にあり得る。これからの数年は、危機前の水準に回帰するということではなく、新たな資産規模の水準を模索する流れになりそうだ。

 いずれにせよ米国が資産縮小に動き出したということは、資産拡大に邁進する日銀とのスタンスの違いが明確になったことを意味している。日本では量的緩和策の効果は出ていないが、そろそろ日銀にも資産縮小の圧力がかかりはじめるかもしれない。

 - 経済 , , ,

  関連記事

orbital
日本の宇宙開発は、中韓との消耗戦を強いられている電機業界と同じ運命を辿る?

 日本では新型固形燃料ロケット「イプシロン」の打ち上げ成功が話題となったばかりだ …

super02
個人消費に関する指標が軒並み大幅マイナス。これは単なる反動減ではない

 消費増税後の個人消費の減速が加速している。消費増税が直接の原因だが、背景には実 …

satsutaba
企業が溜め込む内部留保の還元は、アベノミクスを成功させるカギとなる

 アベノミクスに関する議論が活発化する中、企業が確保している内部留保に再び注目が …

usakoyoutoukei201606
米雇用統計はポジティブサプライズ。米株は意外にしぶとい可能性も

 米労働省は2016年7月8日、6月の雇用統計を発表した。代表的な指標である非農 …

part_s
パート労働者の時給が急上昇。コストプッシュ・インフレの前触れ?

 パートタイム労働者の賃金が大幅に上昇している。これまで低く抑えられてきた非正規 …

minpaku
民泊法案が今国会で成立の公算。年間日数制限でビジネス目的は困難に?

 住宅の空き部屋を旅行者などに有料で貸し出す、いわゆる「民泊」の解禁を目的とした …

american02
アメリカン航空のトラブルは労働組合の自作自演の可能性が濃厚

 飛行機の座席が外れるトラブルが続出しているアメリカン航空だが、緊急着陸でフライ …

bananki
バーナンキ前FRB議長が銀行から住宅ローンの借り換えを拒絶されたことの解釈は?

 米FRB(連邦準備制度理事会)のバーナンキ前議長が、住宅ローンの借り換えについ …

factory06
9月の中間決算がほぼ出揃う。円安は本当に日本の製造業を復活させているのか?

 9月の中間決算は円安を背景として、製造業を中心に好業績となる企業が目立っている …

chokusetsutoshi001
加速する日本の海外投資。所得収支の増加に貢献

 日本の海外投資が加速している。財務省によると、2013年末における日本の対外純 …