ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

FRBが年内の資産縮小開始を表明。米国の量的緩和策は完全終了フェーズへ

 

 FRB(連邦準備制度理事会)が市場の予想通り、再利上げと年内の資産圧縮開始を決断した。インフレ率の低下といった課題はあるが、バランスシートの縮小に向けて本格的に動き出すことになる。

ieren201409

 FOMC(連邦公開市場委員会)は2017年6月14日に行われた会合で、3カ月ぶりの利上げを決定した。利上げ幅は0.25%で、現在の経済状態が続けば年内にもう1回利上げが実施される可能性が高い。

 FRBは、利上げの決定とは別に、保有資産の圧縮を年内に開始することを正式に表明。将来のロードマップを示した。それによると、資産の圧縮は国債などの保有資産を市場で直接売却するのではなく、満期を迎えた債券の再投資を減額することで段階的に資産縮小を実施していく。

 資産減額開始時の圧縮規模は米国債が月60億ドル、MBS(住宅ローン担保証券)は月40億ドルとし、3カ月ごとに引き上げを行い、1年後には国債が300億ドル、MBSを200億ドルにする。

 今後は、利上げと資産圧縮が同時に行われるので、市場に対しては二重に金融引き締めの圧力がかかることになる。これについてFRBのイエレン議長は、圧縮規模は小さく、将来の金融政策の足かせにはならないとの見解を示しており、市場もほぼ同じような認識を持っている。
 このところインフレ率が低下しているなど懸念材料はあるものの、金融引き締めはシナリオ通り実施されるとの見方が大半だ。

 FRBの保有資産はリーマンショック以前は1兆ドルを切っていたが、現在は4.5倍に肥大化している。リーマンショック以前にまで戻すのは現実的ではなく、FRBも市場の状況に応じた柔軟な資産規模を模索している。
 今後の経済成長や金融市場の動向によっては、資産規模をある程度の範囲で維持するという選択肢も十分にあり得る。これからの数年は、危機前の水準に回帰するということではなく、新たな資産規模の水準を模索する流れになりそうだ。

 いずれにせよ米国が資産縮小に動き出したということは、資産拡大に邁進する日銀とのスタンスの違いが明確になったことを意味している。日本では量的緩和策の効果は出ていないが、そろそろ日銀にも資産縮小の圧力がかかりはじめるかもしれない。

 - 経済 , , ,

  関連記事

imd
世界競争力ランキングで日本は27位。上位常連の国と日本は何が違う?

 スイスのビジネススクールであるIMD(国際経営開発研究所)は2015年5月27 …

shirakawae
前原大臣が白川総裁とガチンコ対決。日銀はいつまで粘れるか?

 本日(5日)開催されている日銀の金融政策決定会合に、前原誠司経済財政相が出席し …

tosho02
日経平均大暴落。常識で考えれば一時的な下落だが、そうとは言い切れない面も

 5月23日の日経平均株価は前日比1143円28銭安の1万4483円98銭と大幅 …

shalegasrig
シェールガス会社の破綻でバブル終了。だが本当のインパクトはこれからだ!

 米国でシェールガスなどを生産するGMXリソーシズは4月1日、米連邦破産法11条 …

lionair
LCC(格安航空会社)が航空機の最大の買い手に浮上。日本だけがガラパゴス

 航空機の買い手として格安航空会社が急激にその存在感を高めている。航空機大手のエ …

volcker
FRBの量的緩和縮小はいつか?インフレ退治の鬼ボルカー元議長は早期縮小を主張

 FRB(連邦準備制度理事会)の出口戦略をめぐって米国市場が困惑している。遠くな …

yarigai
日本人の仕事に対する満足度が低いという調査結果をどう見る?

 ビジネスマン向けSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)大手の米リンク …

bananki
バーナンキ議長は実は市場のことを分かっていなかった?緩和縮小見送りに関する新情報

 9月からの量的緩和縮小という市場のコンセンサス180度ひっくり返し、市場に衝撃 …

manindensha
神奈川県民の通勤コストは何と100万円。もっとも安い県はいくら?

 神奈川県民が年間100万円も通勤費をかけているという調査結果が話題となっている …

gmwalmart
GMとウォルマートの新CEOはまさにサラブレット。「好き」を仕事にして大成功!

 米国の超巨大企業における新CEOの経歴に大きな注目が集まっている。自動車大手の …