ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

地方の金融機関でアパートローンが急拡大。あらたな不良債権予備軍?

 

 アパート向けの融資がバブルの様相を呈してきている。地方では、入居者不在のまま建設が進むケースもあり、場合によっては大きな問題に発展する可能性がある。

apartron

 日銀によると2017年3月末時点における、貸家業向けの融資(いわゆるアパートローン)残高は22兆4000億円となり、約5年間で2倍近くの水準に膨れあがった。アパートローン増加の背景となっているのは、相続税の増税と量的緩和策による低金利である。

 2015年から相続税の非課税枠が引き下げられた。これは事実上の増税であり、一部の土地所有者は節税対策に頭を悩ませている。現行の相続税では、空き地として相続するよりも、アパートを建設した方が税額が安くなる。このため、節税を優先し、確実に入居者が見込めないにもかかわらずアパートを建設する土地所有者が増えているのだ。

 これに拍車をかけているのが低金利による銀行の収益悪化である。特に有力な融資先がない地方銀行の状況は深刻で、アパートローンくらいしか高い金利を狙える商品がない。一部の地銀ではすでに過剰融資ともいえる状況になっているともいわれる。

 日銀によると、地方銀行全体でのアパートローンの比率は約10%、信用金庫になると16%に達しているという。地方は人口減少が著しく、今後、大量のアパートが余剰となることはほぼ確実である。
 新築であれば、他の築古アパートから入居者を奪えるので、とりあえずは賃料収入が得られるが、数年経過してしまえば競争力はなくなる。一部からは、10年後にはアパートローンの破産者が急増するのではないかと指摘する声も出ている。

 こうした事態を受けて、金融庁はアパートローンの実態について調査に乗り出しており、銀行側も過剰融資については抑制する方向性にあるとされる。だが地方の金融機関にとって、アパートローンは収益を生み出す最後の砦であり、そう簡単に融資を抑制することはできないだろう。

 ローン破産者が増加すると、経営体力のない地方金融機関の健全性が危うくなる。地方経済は新しい不良債権問題を抱えてしまったのかもしれない。

 - 社会, 経済 , ,

  関連記事

pakugiwaku
韓国の学歴社会がもたらす、朴槿恵大統領に対する激しい怒り

 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が厳しい立場に追い込まれている。支持率は10% …

bishonbu
通貨マフィアのディナー?教科書にも載っていない量的緩和策が突然メジゃーになったワケ

 国際決済銀行(BIS)本部で開かれる各国の中央銀行総裁による非公式の夕食会が、 …

nichigin03
市中への資金供給量が過去最大。量的緩和は効果を上げてきているのか?

 日銀は7月9日、6月のマネーストック(マネーサプライ)速報を発表した。代表的な …

abeseichou03
安倍首相が成長戦略第3弾を発表。全体像が見えてきたが市場の失望を誘う内容

 安倍首相は6月5日、都内で講演し規制緩和を軸とした成長戦略の第3弾を発表した。 …

kuroda
日銀次期総裁は黒田氏。財務省と政権で痛み分け?金融政策のカギは岩田副総裁

 政府は3月19日に退任する日銀の白川総裁の後任に、元財務官でアジア開発銀行総裁 …

mandela
南アフリカ、反アパルトヘイト運動の英雄マンデラ元大統領の光と影

 南アフリカ政府は6月23日、入院中のネルソン・マンデラ元大統領(94)の容体が …

g20sydney2014
経済成長の数値目標が盛り込まれたG20。アベノミクスにも微妙な影響が出てくる可能性

 豪シドニーで開催されていた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は2 …

sebunsuzu
セブン&アイ鈴木会長が退任。自らが主導した人事案は取締役会で否決

 セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長兼最高経営責任者は2016年4月8 …

airplane01
IT専門家がスマホで飛行機を乗っ取るデモを披露。すでにコンサル契約の話も

 コンピュータ・セキュリティの専門家が、スマホのアプリを使って民間航空機を乗っ取 …

netflix
動画配信の大本命ネットフリックスがサービス開始。販売ではソフトバンクと提携

 米国の動画配信サービス大手「Netflix(ネットフリックス)」が2015年9 …