ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

IT各社が相次いで会話型AIの年内投入を表明。情報の流れが大きく変わる可能性も

 

 IT各社が、話しかけるだけで機器を操作できたり、各種のサービスを受けられる対話型AIのサービスを強化している。今年中には各社の製品が出揃うことになりそうだ。

linewave

   LINEは2017年6月15日、対話型AIを搭載したスマートスピーカー「WAVE(ウェーブ)」を年内に発売する方針を明らかにした。価格は1万5000円を予定している。

 ウェーブには、親会社である韓国のネイバー社と協同で開発したクラウド型AIプラットフォーム「クローバ」が搭載されている。ウェーブに話しかけると、聞きたい音楽をかけてくれたり、知りたいニュースを読み上げてくれる。LINEでメッセージを送ったり、届いたLINEのメッセージを読み上げることも可能だ。

 こうした会話型AIサービスは英語圏では当たり前のものとなっており、米アマゾンの「エコー」はすでに2500万人以上の利用者が存在し、市場シェアの75%を握る。先行するアマゾンに対して、グーグルが開発した「グーグル・ホーム」が追う展開だ。

 ただエコーは日本語版がまだ開発されておらず、日本市場についてはグーグルが先行している。同社はスマホ上で動作する対話型サービス「グーグル・アシスタント」を5月からスタートさせており、グーグルホーム日本語板も年内に発売するとしている。

 当初、日本市場はグーグルが席巻する形になるかと思われたが、ここに割って入ったのがLINEである。LINEは6800万人の利用者を抱えており、プラットフォームとしての潜在力は大きい。もしLINEの製品投入が先であれば、日本市場の状況は英語圏とはかなり違ったものになるかもしれない。

 家庭内に会話型AIが入ると、各種ITサービスへの情報の流れが大きく変わるといわれている。近い将来、会話型AIは家庭内の状況を把握し、もっとも最適な商材購入をアドバイスするようになるだろう(そろそろビールを補充しましょうといった具合)。そうなってくると企業の販売戦略も、会話型AIにフォーカスしたものとなるはずだ。

 まだまだ実験段階なので、実際に顧客がどのような利用の仕方をするのか、IT企業側も試行錯誤という面がある。だが、会話型AIが数年以内に、顧客とITサービスの重要な窓口になることだけは間違いない。

 - 社会, 経済, IT・科学 , , ,

  関連記事

ppap
ピコ太郎の世界ブレイクで浮き彫りになった日本の古い音楽産業インフラ

 ピコ太郎の「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」が世界で大ブレイクしてい …

bigdata02
官民が注目するビックデータで深刻な人材不足。日本がいつも人材不足になる理由とは?

 ネット上の履歴など膨大な情報を分析しビジネスに有効活用するという、いわゆる「ビ …

no image
企業の倒産件数が激減。だがそれは、銀行のあたらな時限爆弾に過ぎない

 銀行の過剰な国債保有が懸念されている中、銀行のあたらたな時限爆弾の存在が明らか …

feisubukkugamen
先進国でしか稼げないフェイスブック。今後どれだけ拡大できるか?

 SNS最大手の米フェイスブックは2015年1月28日、2014年10~12月期 …

tanbo
JA全中が農協改革案を受け入れ。今後は農業従事者のサラリーマン化が進む?

 JA全中(全国農業協同組合中央会)は2015年2月9日、政府・与党がまとめた農 …

softbankarm
ソフトバンクが英ARMを3.3兆円で買収。最終的な狙いは純粋な投資?

 ソフトバンクグループは2016年7月18日、英国の半導体設計大手アーム・ホール …

amazonbooks
アマゾンがリアル店舗の本格展開を検討中?本当なら書籍市場に大きな変化が

 米アマゾンが、全米で300~400の実店舗の展開を計画しているとの噂が広がって …

gpifpotoforio201506
公的年金の7~9月期の運用損失は7兆円?場合によっては政治問題化も

 公的年金を運用するGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が抱える運用損失が …

abe001
まるでデジャヴュ。安倍政権は日本にハイパーインフレをもたらすのか?

 量的緩和策の拡大と大規模な財政出動を組み合わせる安倍政権の経済政策「アベノミク …

joseiroudou
女性の賃金が過去最高を更新したのは、皮肉にも日本が貧しくなっているから

 厚生労働省は21日、賃金構造基本統計調査の結果を発表した。それによると、201 …