ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

IT各社が相次いで会話型AIの年内投入を表明。情報の流れが大きく変わる可能性も

 

 IT各社が、話しかけるだけで機器を操作できたり、各種のサービスを受けられる対話型AIのサービスを強化している。今年中には各社の製品が出揃うことになりそうだ。

linewave

   LINEは2017年6月15日、対話型AIを搭載したスマートスピーカー「WAVE(ウェーブ)」を年内に発売する方針を明らかにした。価格は1万5000円を予定している。

 ウェーブには、親会社である韓国のネイバー社と協同で開発したクラウド型AIプラットフォーム「クローバ」が搭載されている。ウェーブに話しかけると、聞きたい音楽をかけてくれたり、知りたいニュースを読み上げてくれる。LINEでメッセージを送ったり、届いたLINEのメッセージを読み上げることも可能だ。

 こうした会話型AIサービスは英語圏では当たり前のものとなっており、米アマゾンの「エコー」はすでに2500万人以上の利用者が存在し、市場シェアの75%を握る。先行するアマゾンに対して、グーグルが開発した「グーグル・ホーム」が追う展開だ。

 ただエコーは日本語版がまだ開発されておらず、日本市場についてはグーグルが先行している。同社はスマホ上で動作する対話型サービス「グーグル・アシスタント」を5月からスタートさせており、グーグルホーム日本語板も年内に発売するとしている。

 当初、日本市場はグーグルが席巻する形になるかと思われたが、ここに割って入ったのがLINEである。LINEは6800万人の利用者を抱えており、プラットフォームとしての潜在力は大きい。もしLINEの製品投入が先であれば、日本市場の状況は英語圏とはかなり違ったものになるかもしれない。

 家庭内に会話型AIが入ると、各種ITサービスへの情報の流れが大きく変わるといわれている。近い将来、会話型AIは家庭内の状況を把握し、もっとも最適な商材購入をアドバイスするようになるだろう(そろそろビールを補充しましょうといった具合)。そうなってくると企業の販売戦略も、会話型AIにフォーカスしたものとなるはずだ。

 まだまだ実験段階なので、実際に顧客がどのような利用の仕方をするのか、IT企業側も試行錯誤という面がある。だが、会話型AIが数年以内に、顧客とITサービスの重要な窓口になることだけは間違いない。

 - 社会, 経済, IT・科学 , , ,

  関連記事

airasiajapan
エアアジアが今度は楽天と組んで日本に再参入。だがガラパゴスの打破は難しそう

 アジア最大の格安航空会社(LCC)であるエアアジアが再び日本市場に参入する。全 …

shalegasrig
米国のシェールガスブームに我慢できず、とうとうドイツが抜け駆け参戦

 米国におけるシェールガス革命の進展で窮地に立たされている欧州において、とうとう …

sistinchapel
次期ローマ法王選出会議(コンクラーベ)、12日から開催。会議は波乱か?

 ローマ法王庁は8日、退位したベネディクト16世の後継者を選ぶ選挙(コンクラーベ …

detroit
米自動車産業は奇跡の復活を遂げたのに、なぜデトロイト市は破綻したのか?

 GM(ゼネラル・モーターズ)やフォードなどが本拠を構える自動車の街、米デトロイ …

nichigin
マネーストックの伸びが5カ月連続で減少。だが追加緩和の議論は下火に

 日銀は2014年7月9日、6月のマネーストック(マネーサプライ)を発表した。主 …

no image
貸し出し増加はやはり無理?積み上がった当座預金残高に銀行は手を付けず

 日銀による異次元の量的緩和から3カ月が経過した。日銀が長期国債を一気に買い占め …

tokyotower
デフレにも関わらず東京の物価は世界1位。改革を先送りしたツケは大きい

 英経済誌エコノミストの調査部門であるエコノミスト・インテリジェンス・ユニット( …

rspphoto
税金を投入され資金潤沢なルネサスが、なぜか子会社のアップル売却を検討

 米アップルが、経営再建中のルネサスエレクトロニクスが保有する子会社の買収を打診 …

hondajet
ホンダがジェット機の量産を開始。あえて選択したイノベーション路線は吉と出るか?

 ホンダの航空機事業子会社であるホンダエアクラフトカンパニーは2014年5月20 …

okanekazoeru
大手メーカーによる下請けへの支払サイト延長措置。経済全体に悪影響はないか?

 大手電機メーカーの支払いサイト(下請けなどに代金を支払うまでの期間)が長くなっ …