ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

洋服の買い方が一変?アマゾンの新サービスにアパレル業界に激震

 

 先日、高級スーパーを買収し世間を驚かせた米アマゾンが、今度はアパレルの分野で革新的なサービスをスタートさせる。洋服の買い方が一変する可能性があり、アパレル業界には激震が走っている。

amazonwordrobe

 アマゾンは購入前の服を自宅で試着できる新しいサービス「プライム・ワードローブ」を立ち上げた。有料会員であるプライム会員が対象で、ファッションのカテゴリーにある商品の中から3点以上を選択すると、専用ボックスで商品が送られてくる。

 利用者は自由に試着し、気に入らなかったものは、同じボックスに入れて返送すればよい。返送料は無料で、気に入った商品はそのまま購入することになる。3点以上を購入すれば価格は10%割引に、5点以上を購入すれば20%割引になる。試着の期間は7日間。
 最終的に購入した商品以外には一切、お金がかからないので、有料会員は気軽に利用することが可能だ。正式なサービス開始日は未定となっている。

 無料で試着、返品ができるサービスはすでに存在しているが、アマゾンが本格的に乗り出したことのインパクトは大きい。
 試着・返品が自由ということになると洋服の買い方が一変する可能性がある。個別の店舗で様々なものを探すというスタイルから、一括で商品を選び、気に入ったものだけを返品するというスタイルが標準的になるだろう。

 メーカーにとっては、こうしたサービスのラインナップに自社商品が入るかどうかで売上げが大きく変わってくる。また、従来のアパレルにおける店舗網などは、場合によっては致命的な打撃を受ける可能性もある。

 米アマゾンは、会話側AIを搭載したスマートスピーカー「エコー」を販売しているが、5月からは、全身写真を撮影する機能を加えた「エコールック」の出荷を開始している。エコールックには、自身の写真をアプリが分析し、お勧めのファッションを提案する機能が搭載されている。
 プライム・ワードローブは、エコールックとの親和性が極めて高い。エコールックを使って最適なファッションをAIに提案してもらい、該当する商品をプライム・ワードローブ経由で購入するという一連の流れが成立することになる。似合う洋服を探して、右往左往するというのは、もはや過去の話となるかもしれない。

 この動きはいずれ中古品や新古品の分野にも拡大してくるだろう。一定額を定期的に支払えば、毎月、古着のセットが送られてくるというサービスも考えられるし、返品が相次いだ商品を割安で提供することも可能だろう。

 アマゾンというひとつの商圏の中で、新品と返品、中古品が循環することになり、これは一種のエコシステムということになる。この仕組みは他の分野にも応用が可能であり、当分の間、アマゾンの攻勢によってあらゆる業界が戦々恐々という状況が続くだろう。

 - 経済, IT・科学 , , ,

  関連記事

jisui
日本は著作権解釈もガラパゴス?。独自解釈が行き過ぎると国際競争でまた敗北するゾ

 本や漫画の電子化を請け負う事業が著作権侵害にあたるとして、作家の東野圭吾氏、浅 …

kurodasosai
日銀が事実上の追加緩和見送り。金融政策の方向性について逡巡していることを自ら証明

 日銀は2016年7月29日に開催された金融政策決定会合において、ETF(上場投 …

abe20130113
安倍首相が訪米を前にTPP参加を決断?。正式な表明は参院選前との説も

 安倍首相は、21日の訪米を前にTPP(環太平洋経済連携協定)に参加を表明する意 …

ecb
EUが銀行監督一元化で合意。欧州は後戻りできない道に入った!

 欧州連合(EU)は13日に開いた財理事会で、ユーロ圏の銀行監督業務をECB(欧 …

nsaberlin
米国の電話盗聴問題、徐々に具体的手法が明らかに。ドイツの場合は携帯の直接傍受

 米国の諜報機関による外国要人の盗聴問題に関して、徐々にではあるが盗聴の具体的な …

f15se
韓国が次期戦闘機としてF15を不採用。理由はステルス性能不足ということなのだが・・・・

 次期戦闘機の選定を行ってきた韓国政府は9月24日、最終選考に残っていた米ボーイ …

fukusima03
事故後2年半で、すでにチェルノブイリ以上の発ガン率という調査結果をどう見るべきか?

 福島県は2013年11月12日、「県民健康管理調査」検討委員会において、福島原 …

googlekesan201303
Googleがスマホ広告増加で好決算。だがクリック単価の回復は遅々として進まず

 米グーグルは4月18日、2013年1~3月期の決算を発表した。売上高は前年同期 …

shaft01
グーグルによる東大発ロボット企業の買収で危惧されること

 インターネット検索最大手の米グーグルが東大発のロボット開発ベンチャー「シャフト …

eigokyoiku
バイリンガル国家マレーシアにおける最大の課題は何と英語力不足

 バイリンガル国家として知られるマレーシアにおいて、理数系科目の授業を英語で行う …