ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

旧村上ファンドによる株主提案が可決。株主総会の光景は大きく変わった

 

 会社提案の議案が次々と可決されるだけの「シャンシャン総会」が当たり前だった日本の株主総会に異変が起きている。これまで企業の経営に口を出すことがなかった株主が、次々とモノ言う株主に変貌しているのだ。

kurodadenki

 2017年6月29日の総会集中日に開催された、電子部品商社である黒田電気の株主総会では、投資会社が株主提案した社外取締役の選任議案について賛成多数で可決された。提案したのは投資会社レノで、この会社は、かつて日本の資本市場で大暴れした村上ファンドの系列である。

 経済産業省出身で村上ファンド代表だった村上世彰氏は、東京スタイル、阪神電気鉄道、ニッポン放送などの株式を大量保有し、モノ言う株主として次々と企業の経営に口を出し、日本の経済界を震撼させた。村上氏は2006年6月、インサイダー取引で逮捕され、最終的には執行猶予付きの有罪判決が下されている。
 村上氏は現在、シンガポールに移住しており、投資の最前線からは離れているが、レノの事実上のトップが村上氏であることは市場関係者の多くが知るところとなっている。

 村上氏の逮捕・起訴は国策捜査であるとの見方も根強く残っているが、当時の村上氏に対する世間の批判はすさまじいものがあった。こうした過去の経緯を考えると、実質的に村上氏のファンドであるレノの提案に賛同する株主が多かったというのは、まさに時代が変化した証拠といってよいだろう。

 黒田電気以外でも、相談役の廃止が株主から提案されたり、選任議案の反対票が増加するといった変化が見られる。会社側も投資家の状況に配慮するようになっており、集中日に総会を開催する企業は3割程度まで減少した。

  日本のコーポレートガバナンスがここまで急激に変化したのは、安倍政権が進めてきたガバナンス改革による影響が大きい。上場企業は株主との対話が強く求められるようになり、公的年金を運用するGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)など、多くの機関投資家が企業に対して積極的に口を出すようになった。

 政府によるガバナンス改革の背景には、赤字が続く日本の公的年金を救済するため、株価の上昇と配当の増額が必要だったという、かなりお粗末な事情があるのだが、結果として株主の意向が尊重されるようになったのは事実である。今後、日本流の不透明な経営スタイルは、さらに許容されなくなるだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

google2014
無敵のグーグルがとうとう失速開始?拡大の一途を辿ってきたクリック数が減少

 これまで破竹の勢いだったグーグルにとうとう失速の兆しが出てきた。同社は2014 …

no image
人民元が対ドルでじわじわ上昇。中国当局が米側に譲歩か?

 この1ヶ月、対ドルでの人民元の上昇が続いている。7月に1ドル=6.3967元の …

gasstation02
原油の大幅安でも国内のガソリン価格がそれほど下がらない理由

 原油の大幅安が米国の消費を活気づけている。ガソリン価格の下落によって米国の新車 …

abe001
まるでデジャヴュ。安倍政権は日本にハイパーインフレをもたらすのか?

 量的緩和策の拡大と大規模な財政出動を組み合わせる安倍政権の経済政策「アベノミク …

reitbuild
マイナス金利政策唯一の成果?低迷する日経平均を尻目にREITが絶好調

 日経平均株価の低迷が続く中、REIT(不動産投資信託)が好調に推移している。日 …

narita02
今年の海外旅行が過去最高を記録。生活実感と乖離した報道のウラにある真実とは?

 旅行代理店のJTBによると2012年の日本人出国者数が最高記録を更新するという …

imf201410
IMFが世界経済見通しを発表。欧州が完全失速、日本は大幅引き下げ

 IMF(国際通貨基金)は2014年10月7日、世界経済見通しを発表した。201 …

kuroda
黒田日銀総裁が正式決定。これまで白川路線に賛同していた政策委員は意見を変える?

 参議院は3月15日午前の本会議で、日銀の正副総裁人事を可決した。総裁には黒田東 …

doruen201409
動き始めた為替相場。短期的には円安・ドル高要因ばかりだが・・・・

 しばらく膠着状態が続いていた為替相場が動き始めた。8月中旬からドルは急上昇を始 …

abetokku
日本の成長戦略はどう進めるべきなのか?フランスの失敗から学ぶことは多い

 経済活動に対して政府が強く関与するなど日本との共通点が多いフランスの経済政策が …