ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

旧村上ファンドによる株主提案が可決。株主総会の光景は大きく変わった

 

 会社提案の議案が次々と可決されるだけの「シャンシャン総会」が当たり前だった日本の株主総会に異変が起きている。これまで企業の経営に口を出すことがなかった株主が、次々とモノ言う株主に変貌しているのだ。

kurodadenki

 2017年6月29日の総会集中日に開催された、電子部品商社である黒田電気の株主総会では、投資会社が株主提案した社外取締役の選任議案について賛成多数で可決された。提案したのは投資会社レノで、この会社は、かつて日本の資本市場で大暴れした村上ファンドの系列である。

 経済産業省出身で村上ファンド代表だった村上世彰氏は、東京スタイル、阪神電気鉄道、ニッポン放送などの株式を大量保有し、モノ言う株主として次々と企業の経営に口を出し、日本の経済界を震撼させた。村上氏は2006年6月、インサイダー取引で逮捕され、最終的には執行猶予付きの有罪判決が下されている。
 村上氏は現在、シンガポールに移住しており、投資の最前線からは離れているが、レノの事実上のトップが村上氏であることは市場関係者の多くが知るところとなっている。

 村上氏の逮捕・起訴は国策捜査であるとの見方も根強く残っているが、当時の村上氏に対する世間の批判はすさまじいものがあった。こうした過去の経緯を考えると、実質的に村上氏のファンドであるレノの提案に賛同する株主が多かったというのは、まさに時代が変化した証拠といってよいだろう。

 黒田電気以外でも、相談役の廃止が株主から提案されたり、選任議案の反対票が増加するといった変化が見られる。会社側も投資家の状況に配慮するようになっており、集中日に総会を開催する企業は3割程度まで減少した。

  日本のコーポレートガバナンスがここまで急激に変化したのは、安倍政権が進めてきたガバナンス改革による影響が大きい。上場企業は株主との対話が強く求められるようになり、公的年金を運用するGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)など、多くの機関投資家が企業に対して積極的に口を出すようになった。

 政府によるガバナンス改革の背景には、赤字が続く日本の公的年金を救済するため、株価の上昇と配当の増額が必要だったという、かなりお粗末な事情があるのだが、結果として株主の意向が尊重されるようになったのは事実である。今後、日本流の不透明な経営スタイルは、さらに許容されなくなるだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

kawase201301
JPモルガンの佐々木氏がとうとう見通しを変更。今回の円安転換はホンモノかもしれない。

 為替市場において円安がさらに加速しそうな勢いだ。安倍首相による日銀に対する緩和 …

communityshop
英国で社会起業家が、低所得者向け「ソーシャル・スーパーマーケット」を開店

 英国では初めてとなる「ソーシャル・スーパーマーケット」の開店が話題を呼んでいる …

tulip
欧州では移住する農業従事者が増加中。そう簡単ではない農業の競争力強化

 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の閣僚会合で日米は合意に至らず、結論は再 …

facebookcom
米国以外はカネにならない?フェイスブックに見る地域ごとのマネタイズ難易度

 SNS最大手の米フェイスブックは2014年4月23日、2014年1~3月期の決 …

no image
アメリカで旅客機の座席が外れる事故が連続発生。不可解なトラブルに首をかしげる

 米国アメリカン航空で、2件立て続けに座席が床から外れるという考えただけでも恐ろ …

ginzafudosan
土地価格はとうとう上昇に転じたが、二極分化の傾向がより鮮明に

 国土交通省は2016年3月22日、2016年の地価公示を発表した。商業地ではと …

mof02
国の借金は1000兆円を突破。日本は資産も持っているので問題ないとの意見もあるが・・・

 財務省は8月9日、国債などの残高を合計した「国の借金」が初めて1000兆円を超 …

toshiba01
東芝が第三者委員会の設置を決定。不適切な会計処理は全社的な問題に拡大

 東芝の不適切な会計処理が全社的な問題に拡大している。同社は2015年5月13日 …

nichigin03
日銀が再度物価目標を先送り。だが足元では別のインフレ・リスクが・・・

 日銀は2017年7月20日に開催した金融政策決定会合において、2%の物価目標を …

sendaig7
G7を前に日本は八方塞がりの状況。日銀は追加緩和すらままならない?

 G7(主要7カ国財務相・中央銀行総裁会議)開催を前に、日本が八方塞がりの状況に …