ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

欧州の長期金利上昇が日本にも波及。日銀に残された時間は少ない

 

 欧州の長期金利が上昇している。ECB(欧州中央銀行)が量的緩和策の縮小を検討していることが伝えられ、ドイツ国債などが売られた。この動きは日本にも波及しているが、量的緩和策を継続中の日銀にとっては悩ましい事態となりつつある。

doragi02

 7月に入って欧州国債市場における金利が上昇している。6月後半には0.24%だった10年物ドイツ国債の金利は7月6日には0.56%まで急騰した。米国債も同様で、2.13%から2.36%に上昇している。

 背景にあるのはECBの出口戦略である。このところ欧州の景気が予想外の回復を見せていることから、ECBが出口戦略に舵を切るのではないかと見方が市場に広がっている。実際、6日に公表された議事録では、利下げの可能性を示唆する文言を削除するのかについて意見が交わされており、ECB内部でも出口に向けた議論が始まったことがはっきりした。

 これでまで欧州では、ドイツをはじめとする優等生が経済を牽引し、スペインなど危機を起こした国が足を引っ張る図式だった。だがこのところの景気回復は、スペインやギリシャなどでも顕著となっており、欧州全体に拡大している。ECBが出口戦略について議論をスタートするのは自然な流れといえる。

 米国に続いて欧州でも出口戦略がスタートすることになると、日銀は難しい立場に追い込まれる。仮に量的緩和策を続けるにしても、米欧で金利上昇が加速すれば、日本の金利もそれに追随する可能性が高い。緩和策の継続中に金利が上昇すれば、緩和策の効果は半減してしまう。

 また日銀が量的緩和策の継続を断念したとしても、金利上昇は出口戦略にとって大きなマイナスとなる。日銀が保有する国債を市場で売却するたびに売却損が出て、日銀のバランスシートが毀損するからだ。

 今のところはECBの動向を先取りした一時的な値動きにとどまると考えられるが、現実にECBが緩和縮小に乗り出した場合には、確実に日本国債にも金利上昇の圧力がかかる。FRBの資産縮小も年内にスタートするという現実を考えると、日銀に残された時間は少ない。

 - 経済 , ,

  関連記事

skymark02
日本初のLCCだったはずのスカイマークが、LCCとの競争で経営難の皮肉

 国内航空3位のスカイマークの経営が悪化している。格安航空会社(LCC)との競争 …

mof03
軽減税率の財源をめぐる議論が活発化。外為特会という埋蔵金活用プランも

 国会の論戦がスタートしたことで、消費税10%への引き上げに伴って導入される軽減 …

spain
意外に堅調な欧州経済。スペインには再び投資資金が集まっている

 欧州経済が着実な回復を見せている。ギリシャ債務問題が大きく市場を揺さぶったが、 …

businessman02
生活が低下したと答えた人は増加しているが、長期的には変化なし

 内閣府は2014年8月25日、国民生活に関する世論調査の結果を発表した。「生活 …

airbus
エアバスとBAEの合併交渉が破談。背後にはドイツの強硬な反対が

 エアバスの親会社EADSと英防衛大手BAEシステムズの合併が破談した。交渉の期 …

kinko
金庫バカ売れ!タンス預金増加の兆候は果たして何を意味しているのか?

 マイナス金利をきっかけにタンス預金が増加する兆候が出てきている。もともと日本は …

tosho02
増配など株主還元策が顕著に。背景には円安と公的年金改革が

 企業が得た利益を株主に還元する動きが顕著になってきている。企業における資本効率 …

hedgefund
株価暴落の引き金を引いたヘッジファンド。だがその投資手法は素人と同レベルだった

 5月23日の日経平均株価は7%を超える大暴落となったが、その背後にはヘッジファ …

son
ソフトバンクが米3位の携帯電話会社を巨額買収したワケとは?

 ソフトバンクが米携帯3位のスプリント・ネクステルを買収する方針であることが明ら …

sonmasayosi
ソフトバンクの営業利益が1兆円超え。アリババ上場で4兆円の含み益も

 ソフトバンクは2014年5月7日、2014年3月期の決算を発表した。かねてから …