ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

欧州の長期金利上昇が日本にも波及。日銀に残された時間は少ない

 

 欧州の長期金利が上昇している。ECB(欧州中央銀行)が量的緩和策の縮小を検討していることが伝えられ、ドイツ国債などが売られた。この動きは日本にも波及しているが、量的緩和策を継続中の日銀にとっては悩ましい事態となりつつある。

doragi02

 7月に入って欧州国債市場における金利が上昇している。6月後半には0.24%だった10年物ドイツ国債の金利は7月6日には0.56%まで急騰した。米国債も同様で、2.13%から2.36%に上昇している。

 背景にあるのはECBの出口戦略である。このところ欧州の景気が予想外の回復を見せていることから、ECBが出口戦略に舵を切るのではないかと見方が市場に広がっている。実際、6日に公表された議事録では、利下げの可能性を示唆する文言を削除するのかについて意見が交わされており、ECB内部でも出口に向けた議論が始まったことがはっきりした。

 これでまで欧州では、ドイツをはじめとする優等生が経済を牽引し、スペインなど危機を起こした国が足を引っ張る図式だった。だがこのところの景気回復は、スペインやギリシャなどでも顕著となっており、欧州全体に拡大している。ECBが出口戦略について議論をスタートするのは自然な流れといえる。

 米国に続いて欧州でも出口戦略がスタートすることになると、日銀は難しい立場に追い込まれる。仮に量的緩和策を続けるにしても、米欧で金利上昇が加速すれば、日本の金利もそれに追随する可能性が高い。緩和策の継続中に金利が上昇すれば、緩和策の効果は半減してしまう。

 また日銀が量的緩和策の継続を断念したとしても、金利上昇は出口戦略にとって大きなマイナスとなる。日銀が保有する国債を市場で売却するたびに売却損が出て、日銀のバランスシートが毀損するからだ。

 今のところはECBの動向を先取りした一時的な値動きにとどまると考えられるが、現実にECBが緩和縮小に乗り出した場合には、確実に日本国債にも金利上昇の圧力がかかる。FRBの資産縮小も年内にスタートするという現実を考えると、日銀に残された時間は少ない。

 - 経済 , ,

  関連記事

canadabank
英国が中央銀行総裁に外国人を登用。日銀の独立性というならこのくらいやってみろ!

 英国が中央銀行の次期総裁に外国人を任命し、市場関係者の中で驚きが広がっている。 …

setsubitousi
設備投資の先行指標にちょっとした異変。設備投資復活か単なるブレか?

 アベノミクスにおける最大の懸念材料の一つであった企業の設備投資に変化の兆候が見 …

no image
産業(革新)ではなく産業(衰退)機構?ルネサス再建案はトヨタとパナの下請け会社化

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスに対する産業革新機構の経営再建案 …

thanksgiving01
七面鳥そっちのけ。感謝祭セールに殺到する米国人が支える底堅い個人消費

 米国は現在、感謝祭休日の真っ最中。日本のお盆や正月と同様、実家に帰って家族と過 …

furyokuhatudenrakka
京都の風力発電所で45トンの発電用風車が落下。一歩間違えば大惨事に。

 京都府は3月13日、太鼓山風力発電所に設置した風力発電機の鉄柱が折れ、風車が落 …

berurusukoni
イタリアの暴れん坊ベルルスコーニ元首相が「欧州危機はドイツの陰謀」と絶叫!

 「イタリアの暴れん坊」「イタリアの種馬」といった異名を持つベルルスコーニ元首相 …

super02
5月の物価上昇は増税の影響を除くと鈍化。家計支出も大幅な落ち込み

 総務省は2014年6月27日、5月の消費者物価指数を発表した。代表的な指数であ …

toshiba02
東芝不正会計問題で新日本監査法人に重い処分。スケープゴート捜しの声も

 東芝の不正会計を見過ごしたとして、同社の監査を担当していた新日本監査法人に重い …

kuroda
株価9連騰の背景には日銀による強力な買い支え効果が。その意図は?

 日経平均は8月8日の急落以後、一転して9連騰となり、1万5500円を突破した。 …

no image
EUが金融取引税(トービン税)の導入を決定。欧州はルビコン川を渡ってしまった

 欧州連合(EU)は9日、ルクセンブルクで理事会を開き、金融取引税(いわゆるトー …