ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

欧州の長期金利上昇が日本にも波及。日銀に残された時間は少ない

 

 欧州の長期金利が上昇している。ECB(欧州中央銀行)が量的緩和策の縮小を検討していることが伝えられ、ドイツ国債などが売られた。この動きは日本にも波及しているが、量的緩和策を継続中の日銀にとっては悩ましい事態となりつつある。

doragi02

 7月に入って欧州国債市場における金利が上昇している。6月後半には0.24%だった10年物ドイツ国債の金利は7月6日には0.56%まで急騰した。米国債も同様で、2.13%から2.36%に上昇している。

 背景にあるのはECBの出口戦略である。このところ欧州の景気が予想外の回復を見せていることから、ECBが出口戦略に舵を切るのではないかと見方が市場に広がっている。実際、6日に公表された議事録では、利下げの可能性を示唆する文言を削除するのかについて意見が交わされており、ECB内部でも出口に向けた議論が始まったことがはっきりした。

 これでまで欧州では、ドイツをはじめとする優等生が経済を牽引し、スペインなど危機を起こした国が足を引っ張る図式だった。だがこのところの景気回復は、スペインやギリシャなどでも顕著となっており、欧州全体に拡大している。ECBが出口戦略について議論をスタートするのは自然な流れといえる。

 米国に続いて欧州でも出口戦略がスタートすることになると、日銀は難しい立場に追い込まれる。仮に量的緩和策を続けるにしても、米欧で金利上昇が加速すれば、日本の金利もそれに追随する可能性が高い。緩和策の継続中に金利が上昇すれば、緩和策の効果は半減してしまう。

 また日銀が量的緩和策の継続を断念したとしても、金利上昇は出口戦略にとって大きなマイナスとなる。日銀が保有する国債を市場で売却するたびに売却損が出て、日銀のバランスシートが毀損するからだ。

 今のところはECBの動向を先取りした一時的な値動きにとどまると考えられるが、現実にECBが緩和縮小に乗り出した場合には、確実に日本国債にも金利上昇の圧力がかかる。FRBの資産縮小も年内にスタートするという現実を考えると、日銀に残された時間は少ない。

 - 経済 , ,

  関連記事

abetoranpu
トランプ政権のインフラ投資に日本の公的年金を活用との報道。政府は否定しているが・・・

 トランプ政権が掲げる総額1兆ドル(約113兆円)のインフラ投資について、その一 …

gpifpotoforio201506
公的年金の7~9月期の運用損失は7兆円?場合によっては政治問題化も

 公的年金を運用するGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が抱える運用損失が …

no image
スペインに工場を移管するメーカーが続出。理由はコストの安さと政府の労働市場改革

 財政危機によって大打撃を受けたスペインだが、労働者の賃金が大幅に低下したことで …

gosuto
佐村河内氏のゴースト問題がホリエモンに飛び火。出版業界は戦々恐々!

 聴覚障害を持つ作曲家として知られていた佐村河内守氏によるゴーストライター問題が …

nichigin02
マネーストックの伸びは順調。だが絶対値では量的緩和以降、横ばいの傾向

 日銀は10月11日、9月のマネーストック(マネーサプライ)速報を発表した。代表 …

abe20160802
総額28兆円の経済対策。実質的な金額は6兆円にとどまり、効果は限定的

 政府は2016年8月2日、総額28兆円を上回る経済対策を閣議決定した。金額だけ …

shirakawae
インフレ目標を頑なに拒否する日銀。その主張に説得力がない本当のワケとは?

 日銀の白川総裁は12日都内で会見し、インフレターゲットの導入について「物価も賃 …

yanai00
柳井社長が前言撤回?息子が役員に就任したユニクロはホンダの二の舞になるのか?

 ユニクロを展開するファーストテイリリングは2日、柳井正会長兼社長の長男で、子会 …

ichiganrefu
日本企業の世界シェア調査。トップ品目も多いが、縮小市場・低付加価値が目立つ

 日本経済新聞社は2015年7月5日、2014年における主要商品・サービスシェア …

g8
G8でグローバル企業の租税回避対策が骨抜きになってしまう理由

 シリア問題と並んで主要国首脳会議(G8サミット)の議題の一つであった租税回避問 …