ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

財務省が幹部人事を発表。ようやくイレギュラーな人事が収束に向かう?

 

 財務省は2017年7月5日、幹部人事を発表した。事務次官だった佐藤慎一氏の後任には福田淳一主計局長が昇格する。福田氏の後任となる主計局長には岡本薫明官房長が就任した。財務官の浅川雅嗣氏は留任で3年目となり、国税庁長官には佐川宣寿理財局長が就任する。

mof03

 このところ財務省の人事は異例続きとなっていた。その原因は、消費増税の司令塔であった勝栄二郎元次官(75年入省)が予定よりも長く次官に就任したからである。
 財務省をはじめとする中央官庁は、組織のピラミッドを維持するため、同期入省の人材が徐々に少なくなるよう調整されていく。次官の就任期間がイレギュラーな形になると、その後の人事にも影響を及ぼすことになる。

 勝氏の後任には、真砂靖氏(78年)が就任し、1年で退任。その後は79年入省の木下氏、香川氏、田中氏が連続して次官に就任するという珍しい布陣となった。また、これまで次官を務めていた佐藤氏(80年)も、主税局長からの次官昇格という珍しいパターンだった。

 勝氏以降、人事がかなり乱れたが、ここで佐藤氏が1年で退任し、82年入省の福田氏が次官に就任すれば、人事の混乱はかなり収束することになる。

 この流れで行くなら、次の次官の最有力候補は主計局長の岡本薫明氏だろう。岡本氏は、秘書課長や主計局次長、官房長など、花形ポストをすべて経験しており、経歴的には申し分ない。
 岡本氏が1年で退任した場合、首相秘書官の中江元哉氏(84年)などの可能性が出てくるが、岡本氏が続投で2年となった場合には、85年組から次官が出る可能性もある。

 この期には、官房長になった矢野康治氏、総括審議官になった可部哲生氏、主計局次長から国税庁に出向(次長)した藤井健志氏などがいる。藤井氏は文書課長などを歴任しており、経歴的にはエース級だが、国税庁への出向がどう作用するのか現時点では何とも言えない。

 一部報道では、学校法人「森友学園」に対する国有地売却問題で記録提出を拒み続けた佐川理財局長が国税庁長官に転出となったのは「栄転」であるとして批判されている。だが、理財局長から国税庁長官への転出は既定路線であり、財務省の人事パターンとしては、次官就任の可能性はなくなったとの解釈になるので、栄転とは呼べないだろう。

 財務省は、一時、安倍政権と関係がギクシャクし、結局消費税の増税も果たすことができなかったが、とりあえず人事を定常状態に戻し、仕切り直しとなった。ただ、財政再建目標撤回の議論が与党内からも出てきており、依然として環境は厳しい。当面は、政局とのにらみあいということになるだろう。

 - 政治 , ,

  関連記事

amazondrone
米国が無人機の商用利用ルールの原案を提示。本格普及に向けて動き出す

 米当局がとうとう無人機(ドローン)の商用利用に向けて本格的に動き始めた。実際に …

uh-x
防衛省ヘリ調達談合事件。「企画競争入札」というインチキ

 防衛省が発注した次期多用途ヘリコプターに関する不正疑惑で、東京地検特捜部は週明 …

bananki
本当ならまさに「ヤリ逃げ」。バーナンキ議長続投せずという驚愕報道

 米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長が、続投しない可能性が出てきた。 …

Thatcher
構造改革路線の生みの親、英国のサッチャー元首相が死去

 英国の元首相で「鉄の女」ともいわれたマーガレット・サッチャー氏が4月8日、脳卒 …

jinminnippou
中国がとうとう沖縄の領有権まで主張?。米国への危険なラブコールか?

 中国共産党の機関紙である人民日報は5月8日、「沖縄の領有権についてはまだ解決し …

googlemusume
Google会長の娘が北朝鮮訪問記を公開。だが北朝鮮の光景は日本にも通じるものだった

  北朝鮮を電撃訪問したインターネット検索最大手グーグルのシュミット会長の娘であ …

no image
人民元が対ドルでじわじわ上昇。中国当局が米側に譲歩か?

 この1ヶ月、対ドルでの人民元の上昇が続いている。7月に1ドル=6.3967元の …

abekenpo
安倍政権が世論最優先のスタンスに転換。党内の力学バランスに変化か?

 与党内の力学関係に変化の兆しが出てきた。安倍首相が現行の憲法9条を残した形での …

motegi
訪米した茂木経産相が電力会社主導の新しい原発安全対策組織の設立を表明

 連休中にアメリカを訪問した茂木経済産業大臣は5月3日、ワシントンでポネマン米エ …

wasurerarerukenri
EU司法裁判所が「忘れられる権利」を認定。政治的要素も多分にあり

 ネットに掲載された情報の削除を求める、いわゆる「忘れられる権利」について、欧州 …