ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

財務省が幹部人事を発表。ようやくイレギュラーな人事が収束に向かう?

 

 財務省は2017年7月5日、幹部人事を発表した。事務次官だった佐藤慎一氏の後任には福田淳一主計局長が昇格する。福田氏の後任となる主計局長には岡本薫明官房長が就任した。財務官の浅川雅嗣氏は留任で3年目となり、国税庁長官には佐川宣寿理財局長が就任する。

mof03

 このところ財務省の人事は異例続きとなっていた。その原因は、消費増税の司令塔であった勝栄二郎元次官(75年入省)が予定よりも長く次官に就任したからである。
 財務省をはじめとする中央官庁は、組織のピラミッドを維持するため、同期入省の人材が徐々に少なくなるよう調整されていく。次官の就任期間がイレギュラーな形になると、その後の人事にも影響を及ぼすことになる。

 勝氏の後任には、真砂靖氏(78年)が就任し、1年で退任。その後は79年入省の木下氏、香川氏、田中氏が連続して次官に就任するという珍しい布陣となった。また、これまで次官を務めていた佐藤氏(80年)も、主税局長からの次官昇格という珍しいパターンだった。

 勝氏以降、人事がかなり乱れたが、ここで佐藤氏が1年で退任し、82年入省の福田氏が次官に就任すれば、人事の混乱はかなり収束することになる。

 この流れで行くなら、次の次官の最有力候補は主計局長の岡本薫明氏だろう。岡本氏は、秘書課長や主計局次長、官房長など、花形ポストをすべて経験しており、経歴的には申し分ない。
 岡本氏が1年で退任した場合、首相秘書官の中江元哉氏(84年)などの可能性が出てくるが、岡本氏が続投で2年となった場合には、85年組から次官が出る可能性もある。

 この期には、官房長になった矢野康治氏、総括審議官になった可部哲生氏、主計局次長から国税庁に出向(次長)した藤井健志氏などがいる。藤井氏は文書課長などを歴任しており、経歴的にはエース級だが、国税庁への出向がどう作用するのか現時点では何とも言えない。

 一部報道では、学校法人「森友学園」に対する国有地売却問題で記録提出を拒み続けた佐川理財局長が国税庁長官に転出となったのは「栄転」であるとして批判されている。だが、理財局長から国税庁長官への転出は既定路線であり、財務省の人事パターンとしては、次官就任の可能性はなくなったとの解釈になるので、栄転とは呼べないだろう。

 財務省は、一時、安倍政権と関係がギクシャクし、結局消費税の増税も果たすことができなかったが、とりあえず人事を定常状態に戻し、仕切り直しとなった。ただ、財政再建目標撤回の議論が与党内からも出てきており、依然として環境は厳しい。当面は、政局とのにらみあいということになるだろう。

 - 政治 , ,

  関連記事

uschinadialog2014
6回目の米中戦略・経済対話が北京で開催。ケリー国務長官とルー財務長官が揃って参加

 米中両国が、安全保障問題や経済問題について話し合う第6回米中戦略・経済対話が2 …

uscapitol
米中間選挙は共和党勝利で驚きはなし。経済や株価にはプラスか?

 米国では2014年11月4日、中間選挙が実施され、大方の予想通り共和党の勝利と …

nisegusuri
調剤薬局の偽造薬問題。日本の医薬品行政はまともに機能していない

 C型肝炎治療薬の偽造薬が薬局チェーンで発見されるという、前代未聞の事件が発生し …

shujutsu
止まらない医療費の膨張が財政を圧迫。これは日本の中間層が抱える問題そのもの

 厚生労働省は11月14日、2011年度の国民医療費の概況を発表した。国民医療費 …

kasutoro
カストロ議長が死去。キューバに厳しいトランプ大統領の誕生で両国関係はどうなる?

 キューバ革命を起こし、反米的な社会主義政権を50年以上にわたって率いてきたフィ …

abeseichou02
成長戦略に関する議論を大胆に整理してみると・・・・話は意外と簡単だった

 アベノミクスにおける3本目の矢である成長戦略の迷走が続いている。当初、成長戦略 …

kazoku004
骨太の方針に具体的な人口目標を明記。だが本当に実現可能なのか?

 政府の経済財政諮問会議は2014年6月13日、「経済財政運営と改革の基本方針」 …

abe20141117
消費増税延期で衆院解散へ。量的緩和策で当面不安はないが・・・

 安倍首相は衆議院の解散と来年10月に予定されている消費増税の延期を決断した。増 …

maruyama02
丸山発言は特殊ではない。日本人の人権感覚はズレているという認識が必要

 参院憲法審査会でオバマ米大統領に対する人種差別的発言を行った丸山和也議員は20 …

hinomaru
愛国心に関する内閣府の調査。日本が豊かになると低下し、貧しくなると上昇する

 内閣府は3月30日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。この中で愛国心が …