ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国が南シナ海で実力行使を宣言。尖閣諸島ではそうしない理由

 

 中国の国営新華社通信は29日、南シナ海で中国が領有権を主張する海域に入ってきた外国の船舶について、公安・国境警備機関が乗り込んで捜索ができるという、あたらなルールを導入する報じた。新ルールは来年1月1日から実施される。領海侵犯した船に対しては、公安・国境警備機関が乗り込み、強制的に航路の変更や航行の停止を命令することが可能となる。

 中国外交部(外務省)の洪磊報道官は定例記者会見で「国際法に基づき全ての国には南シナ海における航海の自由がある」とし「中国は南シナ海における航海の自由を重要視している」と語った。だが新ルールの導入は、中国が領有権を主張する海域については、実力で支配権で確立するという中国の強い意思を示したものと思われる。

 中国は尖閣諸島をめぐって日本と領有権を争っている東シナ領域では、まだ同様の強硬措置を取る方針は表明していない。それには二つの理由がある。

 一つは地政学上の問題である 中国にとって南シナ海における制海権の確保は、安全保障上、極めて重要な意味を持っている。米国もそれに合わせて海兵隊の兵力を東シナ海領域(沖縄)から南シナ海にシフトしている。オーストラリアに海兵隊の基地を設置したり、沖縄の基地が一部返還されるのはこの流れの延長線上にある。日本が位置する東シナ海は「大国」である中国と米国にとっては「どうでもよい場所」となりつつある。つまり日本はいい意味でも悪い意味でも、無視されつつある。

 もう一つは、日本の強力な軍事力である。日本の海軍兵力は米国を除くと世界でもトップレベル。現在の中国海軍の装備ではまったく太刀打ちができない。下手に尖閣諸島近辺で衝突が発生してしまうと、局地戦で中国が負ける可能性が高い。局地戦とはいえ、人民解放軍が敗北するようなことがあれば、中国政府と共産党は国民からの信頼を一気に失ってしまうだろう。

 南シナ海において領有権を争っているのは、ベトナム、フィリピン、ブルネイなどであり、中国の軍事的優位は圧倒的だ。地政学上、南シナ海が重要であることと、現実的な戦闘能力で優位に立っていることの二つが、南シナ海での強行的なスタンスにつながっている。
 逆に日本は、当面の間は中国軍に対して優位であることと、実はあまり重要視されていないことの二つが重なって中国側が強硬姿勢を抑制している。だがこのバランスがこのままいつまでも持続する保証はない。日本に残された時間は少ないかもしれない。

 - 政治

  関連記事

shujutsu
止まらない医療費の膨張が財政を圧迫。これは日本の中間層が抱える問題そのもの

 厚生労働省は11月14日、2011年度の国民医療費の概況を発表した。国民医療費 …

zenjindai2015
中国政府が2015年の軍事費を発表。GDP比でいくとまだまだ軍拡の余地がある

 中国政府は、2015年3月5日から行われている全人代(全国人民代表大会)におい …

honkonsinshun
香港トップの春節ビデオメッセージに民主派が猛反発。香港市民は羊の群れではない?

 中国では春節(旧正月)を迎えており、各地でお祝いなどが行われている。そのような …

businessman02
中小企業にも賃上げの動き?だが実態は弱肉強食が露骨になっているだけだった

 安倍政権が企業に対して異例の賃上げ要請を行う中、中小企業でも賃上げの動きが見ら …

no image
チベットで中国に対する抗議の焼身自殺相次ぐ。当局は大金を積んで買収工作に奔走中

 共産党大会が開催されている中国で、当局によるチベット弾圧に抗議する焼身自殺が相 …

blackbyte
ブラックバイトに対抗する労働組合が結成。効果はどの程度あるのか?

 長時間労働の強制や賃金未払いなど、学生アルバイトに対する不当な扱いに対抗する労 …

chunankai
胡錦濤氏が江沢民氏を中南海から追放。中国の権力中枢「中南海」とは?

 中国共産党指導者の執務室が集中する北京の中南海から、江沢民前国家主席が自身の個 …

futenma
とうとう動き出す?普天間基地の辺野古移設。背後にカジノ誘致との噂

 沖縄県を地盤とする自民党の国会議員5人が11月25日、米軍普天間飛行場の辺野古 …

obama00001
日本人はオバマ大統領が大好きだが、向こうは無関心。このギャップがもたらす危険な未来

 日本人のオバマ大統領に対する支持率が極めて高いことが明らかになった。ライフネッ …

gpifpotoforio201506
公的年金の7~9月期の運用損失は7兆円?場合によっては政治問題化も

 公的年金を運用するGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が抱える運用損失が …