ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

仏マクロン政権がガソリン車の販売禁止を提言。ボルボなど欧州メーカーもEVシフトへ

 

 フランスのマクロン政権が、2040年までにガソリン車の販売を禁止するという野心的な目標を打ち出した。スウェーデンのボルボも、主要自動車メーカーとしては初めて、ガソリン車もしくはディーゼル車の全廃を表明した。自動車業界のEV(電気自動車)シフトが鮮明になりそうだ。

borubo

  マクロン政権のユロ・エコロジー相は2017年7月6日、2040年までにガソリン車とディーゼル車の国内販売を禁止する方針を明らかにした。ユロ氏は同時に、2022年までに石炭火力発電から撤退することや、現在7割を超える原発依存度の5割までの引き下げも発表している。

 ユロ氏は、フランスでは有名な環境運動家として知られており、ユロ氏の入閣はマクロン政権の目玉人事と言われていた。マクロン氏の政治的手腕は未知数だが、大統領選後に行われた国民議会選挙ではマクロン新党が7割の議席を確保したことを考えると、実現の可能性は高い。

 タイミングを同じくしてスウェーデンの自動車メーカーであるボルボ・カーが、2019年以降に発売するすべてのモデルについてEVもしくはハイブリッド車(HV)にするという計画を明らかにした。ガソリン・エンジンやディーゼル・エンジンのみを搭載したモデルは2025年頃には同社のラインナップから消滅する見込みだ。

 両者の動きは決して偶然ではないだろう。フランスなど欧州にとっては、米国が地球温暖化の枠組みである「パリ協定」から離脱したことで、国際政治における主導権を取り戻すまたとないチャンスとなっている。

 次世代エコカーとしてEVがその中心になることはほぼ確実視されているが、具体的なスケジュールについては様子見の雰囲気が強かった。だが、ここに来てフランス政府がその方向性をはっきり打ち出したことで、各メーカーが雪崩を打ってEVシフトを宣言する可能性が出てきた。

 この動きが急加速した場合、もっとも困った立場に追い込まれるのがトヨタである。トヨタは、立場上、日本政府の国策である水素自動車の開発を中止することができない。トヨタのEV対応が遅れていることは周知の事実だが、もし各国のメーカーがEVシフトを鮮明にした場合、トヨタの状況はいっそう悪くなる。

  一方、これまでトヨタとの差が開くばかりであった日産にとっては朗報となるかもしれない。日産は水面下でEVシフトを進めているが、ルノーの傘下にある日産にとって、欧州でのEVシフトは強力な追い風となる。

 EVは技術的難易度が低く、新規参入が容易だ。EV時代には、ガソリン・エンジンやディーゼル・エンジンが作り上げてきた技術のバリューチェーンは崩壊してしまう。自動車はもはやコモディティ商品であり、自動システムなど、別な付加価値を確保しないと既存の自動車メーカーは生き残れない。

 自動車業界は最後まで残った垂直統合モデルの産業だったが、いよいよその枠組みも崩れ去ることになるのかもしれない。

 - 社会, 経済 , , ,

  関連記事

pariosen
北京に引き続き、パリでも深刻な大気汚染。原因は本当に自動車なのか?

 中国の北京に引き続いて、フランスのパリで大気汚染が深刻化している。フランス政府 …

putinrussia
ロシアによるクリミア編入宣言。その背景とアジア地域で想起される事態

 ロシアのプーチン大統領は2014年3月18日、クリミアをロシアに編入する条約に …

cameronpanama
パナマ文書を巡り、英キャメロン首相が自らの納税情報を公開。給料は意外に安かった

 パナマから流出したタックスヘイブン(租税回避地)関連文書、いわゆるパナマ文書を …

abe20150630
財政再建は経済成長頼みで結論先送り。肝心の成長戦略は弾切れ状態

 政府は2015年6月30日、経済財政運営の基本方針「骨太の方針」と新しい成長戦 …

no image
スノーデン氏は米国の不手際?で香港を出国。アイスランドではなくエクアドルに亡命?

 米国家安全保障局(NSA)による国民監視システム「PRISM」の存在を暴露し、 …

nttkoshudenwa
ドコモがセット割り参入を総会で表明。民営化から30年、NTTをめぐる環境は変わった

 NTTドコモの加藤薫社長は2014年6月19日、定時株主総会で、NTT本体との …

iryohi
政府内部で医療費削減の動きが活発化。財政出動が強化されれば、医療費にシワ寄せが?

 政府内部で医療費の歳出削減に向けた動きが活発化している。社会保障費は最大の支出 …

mof
財務省が物価連動債の発行再開へ。いよいよインフレ時代がやってくる。

 財務省が、物価に応じて元本が増減する物価連動国債の発行を再開する。物価連動国債 …

nihonbashi201405
三井不動産など増資案件が相次ぐ。インフレ期待の高まりか?

 三井不動産は5月27日、公募増資で最大3246億円を調達すると発表した。同社の …

jutakugai
低所得者層でなぜか持ち家比率が急増。そのカラクリはつまらない話だった

 持ち家を購入する世帯が増加していることが総務省の家計調査で明らかになった。20 …