ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ビットコインの分裂騒動は、真の金融インフラになれるのかの試金石

 

 仮想通貨ビットコインが8月1日に分裂するのではないかという騒動が発生している。最終的には問題なく騒動が終結するとの見方が大半だが、事業者の中には取引の一時停止を検討するところも出てきている。

bitcoin

 ビットコインは、一般的な既存通貨と異なり、通貨を一元的に管理する政府や中央銀行は存在していない。ビットコインの管理は取引の記録を行う複数の事業者が全世界に分散する形で実施されている。

 現在のビットコインの仕様では、1秒間に数十万件の取引しか成立させることができないが、ビットコインが急速に普及してきたことで、決済の処理に時間がかかるという問題が発生している。今後、ビットコイン市場がさらに拡大した場合には、処理が追いつかなくなるのはほぼ確実であり、ビットコイン業界では仕様変更が検討されてきた。

 だが新しい仕様では、記録業者の利益が少なくなるとして、一部の事業者これに反発し意見がまとまらない状態となっている。最悪の場合、新しい仕様がスタートする8月1日にビットコインが分裂してしまう可能性が出てきている。

 利用者の利便性を考えた場合、処理能力を高めた仕様にするのが望ましく、何らかの合意が成立するとの見方が大半だが、集中管理する組織が存在しない以上、どのような事態が発生してもおかしくない。
 ビットコインの取引所などを運営する事業者の中には、一時、取引を停止することを検討するところも出てきている。

 こうした不安要因から一時、1BTC(ビットコイン)あたり30万円を突破していたビットコイン価格は下落に転じ、一時は1BTC=27万円程度まで売り込まれた。しばらくの間、不安定な値動きが続く可能性がある。

 こうした騒動は、政府によって集中管理されない通貨ならではの出来事といってよいだろう。こうした不透明要素の存在はリスク要因でもあるが、一方では、政治的な存在に左右されず、通貨制度をより民主的に、そして安価に運営するためのコストと見なすこともできる。

 今回の騒動は、ビットコインが本当の意味で、金融システムの一翼を担うことができるのかの試金石といってよいだろう。

 - 社会, 経済, IT・科学

  関連記事

kokubohakusho
中国が国防白書を発表。その内容を日本人はどう解釈すべきか?

 中国政府は4月16日、国防白書を発表した。アジア太平洋地域に対する軍事的シフト …

chinagdp201510
中国の7~9月期GDPは6.9%増と微妙な数字。今後は消費動向が重要に

 中国国家統計局は2015年10月19日、2015年7~9月期のGDP(国内総生 …

airlineseat
米国を中心にエコノミー席の幅をより狭くする動き。果たして日本の飛行機は?

 米国の航空会社を中心にエコノミー席の座席をより狭くするケースが増えてきていると …

airasiajapan
エアアジアが合弁解消。日本でLCCがうまくいかない理由とは?

 アジア最大の格安航空会社(LCC)であるエアアジアとANAホールディングスは、 …

nanba
DeNA創業者の南場智子氏が現場復帰。社長復帰説がくすぶっているが

 夫の看病を理由にDeNAの社長を退任し、近頃、フルタイムの場復帰を宣言した南場 …

seveneleven
セブンが600億円の減損。旧体制における「負の遺産」整理に着手

 セブン&アイ・ホールディングスは2016年10月6日、2016年3~8月期(半 …

hakenmura
緊急経済対策に盛り込まれたのはわずか1件。非正規雇用問題は完全に忘れ去られた

 11日に正式決定された緊急経済対策には、大規模な公共事業や成長戦略など、目を引 …

nichukanfta
日中韓FTA交渉の第2回会合。すでにTPPに参加した日本は有利な立場に

 日中韓の3カ国で貿易や投資の自由化を目指す、日中韓自由貿易協定(FTA)交渉の …

kansha
公務員宿舎の家賃を2倍に値上げ。公務員たちのトンデモなホンネとは?

 政府は、これまで批判の声が大きかった国家公務員宿舎の家賃を2倍に引き上げる方針 …

suntec
太陽光パネルの大手、サンテックが破産。もともと儲からないことは皆分かっていたハズ

 中国の太陽電池メーカー尚徳電力(サンテックパワー)が破産し、江蘇省の地元裁判所 …