ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

イエレン議長が1期で退任の可能性が高まる。後任によってはリスク要因にも

 

 米FRB(連邦準備制度理事会)のイエレン議長が2018年2月に1期で退任する公算が高まってきた。トランプ大統領との距離が最大の理由だが、トランプ政権の経済政策がうまく進まない中、株高が続いているのはイエレン氏の手腕によるところが大きい。後任の議長にもよるが、トランプ氏は逆にリスクを背負い込んでいる可能性がある。

ieren03

 FRB議長の任期は4年となっており、前任のバーナンキ議長やその前のグリーンスパン議長は2期8年を務めている。イエレン氏に与えられたミッションは、バーナンキ氏が実施した量的緩和策からの出口戦略である。

 イエレン氏は、2015年12月のFOMC(連邦公開市場委員会)でゼロ金利解除を決定し、2016年の12月には再利上げを実施した。今年の6月には再び利上げを行い、年内の資産縮小開始を宣言するなど、着々と出口戦略を実行に移している。
 一般的に考えれば、イエレン氏に続投させ、出口戦略にメドがつくまで、舵取りを任せるのが合理的だ。

 しかし、イエレン氏とトランプ政権との間には当初から隙間風が吹いており、その溝は埋まっていない。トランプ氏は金融業界からのロビーイングを受け、オバマ政権時代に強化された銀行に対する規制を緩和しようと試みている。だがイエレン氏は、当面の間、現在の規制を維持することを前提に、金融政策を進めている。

 後任の議長候補には、現在、国家経済会議(NEC)議長を務めるゲーリー・コーン氏の名前が上がっている。ゴールドマンサックス出身のコーン氏は、市場に精通しており、規制緩和を進めるには最適の人物といえる。

 だが金融政策に関してはまったくの未知数であり、コーン氏の就任で出口戦略がどう変化するのか現段階で予想することは難しい。

 トランプ氏は壮大な経済政策を公約に掲げて当選したが、人事などの実務が進まず、公約のほとんどがまだ実現していない。それでも株が下がらないのは、景気の腰を折らないよう、イエレン氏が絶妙な舵取りを行っているからに他ならない。

 このタイミングであえて議長を交代させることは、コーン氏の力量とは別に、リスク要因となる可能性がある。金融政策の方向性が見えるまで、当分の間、市場は神経質な展開にならざるを得ないだろう。

 - 政治, 芸能 , , , ,

  関連記事

usmanov
英国長者番付に見るウィンブルドン方式の実態。日本人にこれを受け入れる覚悟はある?

 英サンデータイムズ誌は4月21日、毎年恒例の億万長者リストを発表した。結果は上 …

cvn73gwyokosuka
原子力空母ジョージワシントンが米国に帰還。後継空母は何とか維持された状況

 米第七艦隊の主力空母「ジョージ・ワシントン」は2015年5月18日、米国に帰還 …

monka
発達障害に関する文部科学省の調査。なぜか被災地域は調査対象から除外

 文部科学省は5日、全国の小中学校に通う児童生徒のうち、人とコミュニケーションが …

trumpgikai
トランプ大統領の議会演説は想定通りで市場には安心感。ただ減税額は調整が必要か?

 トランプ米大統領は2017年2月28日、米議会において初の演説を行った。総額1 …

kerrykishida
岸田外相がケリー国務長官と会談。米国が日本の自制を強く望んでいることが明らかに

 安倍首相と共に訪米した岸田文雄外相は22日、ホワイトハウスで行われた日米首脳会 …

security
オバマ大統領がサイバーセキュリティの大統領令に署名。だが産業界からは疑問の声も

 オバマ大統領は13日、サイバーセキュリティ対策を強化するための大統領令に署名し …

rensen
台湾の国民党名誉首席が習近平総書記と会談。台湾をトラブルメーカーと自称

 台湾の与党国民党の名誉主席で元副総統の連戦氏は25日、中国・北京を訪れ、人民大 …

yukihatoyama
鳩山氏の暴走で浮き彫りになる、日本人にとっての「法の支配」

 クリミアを訪問中の鳩山由紀夫元首相は2015年3月12日、旅券を返納させるべき …

shanhai
中国当局が地方政府の債務について監査を指示。全貌把握に乗り出す

 中国の国家審計署(会計検査院)は7月28日、国務院(内閣)から中国の政府債務に …

airlineseat
米国を中心にエコノミー席の幅をより狭くする動き。果たして日本の飛行機は?

 米国の航空会社を中心にエコノミー席の座席をより狭くするケースが増えてきていると …