ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

イエレン議長が1期で退任の可能性が高まる。後任によってはリスク要因にも

 

 米FRB(連邦準備制度理事会)のイエレン議長が2018年2月に1期で退任する公算が高まってきた。トランプ大統領との距離が最大の理由だが、トランプ政権の経済政策がうまく進まない中、株高が続いているのはイエレン氏の手腕によるところが大きい。後任の議長にもよるが、トランプ氏は逆にリスクを背負い込んでいる可能性がある。

ieren03

 FRB議長の任期は4年となっており、前任のバーナンキ議長やその前のグリーンスパン議長は2期8年を務めている。イエレン氏に与えられたミッションは、バーナンキ氏が実施した量的緩和策からの出口戦略である。

 イエレン氏は、2015年12月のFOMC(連邦公開市場委員会)でゼロ金利解除を決定し、2016年の12月には再利上げを実施した。今年の6月には再び利上げを行い、年内の資産縮小開始を宣言するなど、着々と出口戦略を実行に移している。
 一般的に考えれば、イエレン氏に続投させ、出口戦略にメドがつくまで、舵取りを任せるのが合理的だ。

 しかし、イエレン氏とトランプ政権との間には当初から隙間風が吹いており、その溝は埋まっていない。トランプ氏は金融業界からのロビーイングを受け、オバマ政権時代に強化された銀行に対する規制を緩和しようと試みている。だがイエレン氏は、当面の間、現在の規制を維持することを前提に、金融政策を進めている。

 後任の議長候補には、現在、国家経済会議(NEC)議長を務めるゲーリー・コーン氏の名前が上がっている。ゴールドマンサックス出身のコーン氏は、市場に精通しており、規制緩和を進めるには最適の人物といえる。

 だが金融政策に関してはまったくの未知数であり、コーン氏の就任で出口戦略がどう変化するのか現段階で予想することは難しい。

 トランプ氏は壮大な経済政策を公約に掲げて当選したが、人事などの実務が進まず、公約のほとんどがまだ実現していない。それでも株が下がらないのは、景気の腰を折らないよう、イエレン氏が絶妙な舵取りを行っているからに他ならない。

 このタイミングであえて議長を交代させることは、コーン氏の力量とは別に、リスク要因となる可能性がある。金融政策の方向性が見えるまで、当分の間、市場は神経質な展開にならざるを得ないだろう。

 - 政治, 芸能 , , , ,

  関連記事

toki
飼育中のトキが偏食で卒倒。これで2回目。もういい加減にしたらどうだろうか?

 新潟県の佐渡トキ保護センターで飼育中のトキ1羽が、偏食によるビタミン不足で倒れ …

buffett
著名投資家のバフェット氏が訪中。改革派のホープ汪洋副総理と会談

 国営新華社など中国のメディアは、米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏が5月 …

Kissingershukinpei
習近平主席が米国のキッシンジャー元国務長官らと相次いで会談。進む米中関係の再構築

 中国の習近平国家主席が、米国の政界を引退した親中国派の大物政治家と次々に会談し …

nichigin
マネタリーベースは順調に増加。実体経済への効果については依然として不透明

 日銀は12月3日、11月のマネタリーベースが前年同月比52.5%増の189兆7 …

hagel04
米国防長官が史上最大規模の軍縮プランを発表。背景には米国の変質と兵器ハイテク化

 ヘーゲル米国防長官は2014年2月24日、米軍の戦力を第2次世界大戦以前の規模 …

tennouheika
生前退位のご意向を政府関係者が否定。日本の民主主義が問われる局面に

 天皇陛下が生前退位の意向を示されたことに関して、政府関係者がこれを否定するとい …

no image
米国でヘルシー給食に反発の声。やっぱりジャンキーでないとダメ?

 米国で勧められている学校給食のヘルシー化に反発の声が高まっている。ヘルシー給食 …

ishiba
安倍首相は政権運営に自信満々?ガス抜きとしての党内人事や内閣改造も不必要

 自民党は9月17日、役員会を開催し、今月末に任期が切れる石破幹事長ら党三役を続 …

hagelchina
ヘーゲル国防長官が中国の常万全国防相と会談。着々と進む米中のアジア戦略交渉

 ヘーゲル米国防長官は8月19日、米国防総省で中国の常万全国防相と会談した。ヘー …

PISTORIUS01
両足義足のランナー。南アフリカの自宅でモデルの恋人を銃で射殺

 両足義足のランナーとして史上初めて五輪出場を果たした南アフリカのオスカー・ピス …