ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日銀が再度物価目標を先送り。だが足元では別のインフレ・リスクが・・・

 

 日銀は2017年7月20日に開催した金融政策決定会合において、2%の物価目標を再び先送りした。物価目標の先送りは規定路線でありサプライズはないが、足元では、別の意味でインフレ圧力が高まっている。

nichigin03

 今回の金融政策決定会合では、年間80兆円の国債買い入れペースの継続など、量的緩和策の現状支持を賛成多数で決めた。また2%の物価目標の達成時期について、従来の「18年ごろ」から「19年ごろ」に先送りした。

 総務省が発表した5月の消費者物価指数は、「生鮮食品を除く総合(コア指数)」がプラス0.4%と4月から0.1ポイント上昇したが、2%にはほど遠い状況にある。しかも「生鮮食品及びエネルギーを除く総合」は0.0%と横ばいだ。

 こうした状況が続いていたことから、物価目標の先送りは既定路線となっており、市場に大きな混乱は生じていない。19年に2%を達成できる見込みも限りなく低いことから、2%の物価目標は有名無実化しつつある。

 ただ、量的緩和策の効果とは別の次元において、市場にはインフレの足音が聞こえてきている。それは慢性的な人手不足と働き方改革である。

 日本は人口減少が本格化しており、すでに慢性的な人手不足の状況にある。しかも、働き方改革が本格化してきたことから、大手企業では残業を減らすために業務をアウトソーシングするケースが増えてきている。

 業務そのものを見直さず、アウトソーシングを実施しただけでは、社会全体での業務量は減らず、人手不足はますます深刻になる。最終的には人件費の高騰という形で、コストプッシュ・インフレを誘発する可能性が出てくる。

 また米FRB(連邦準備制度理事会)が出口戦略を本格化させていることや、ECB(欧州中央銀行)も量的緩和策の終了を模索し始めたことで全世界的に長期金利が上昇している。日本もその例外ではなく、長期金利はじわじわと上昇を開始した。

 結果として、日銀が意図しない形で、物価上昇が進むリスクが高まっているのだ。そうなってしまった場合、2%の物価目標は意外と早く達成されるかもしれないが、その時には量的緩和策そのものが意味をなくしているだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

ginkou
日本ではなぜ借金の個人保証がなくならないのか?

 民法の抜本改正を検討している法制審議会(法務大臣の諮問機関)が、中小企業融資に …

businessman02
平均給与は何と24年前と同水準。日本がひたらすら生産性を下げてきた理由は雇用維持

 アベノミクスで賃上げが期待されているが、足元ではまだまだ賃金減少が続いている。 …

beikokuoil
米国がとうとう原油の輸出解禁へ。地政学的にも経済的にもインパクトは大きい

 米国のオバマ政権がとうとう米国産原油の輸出規制緩和に乗り出した。米紙ウォールス …

imf201601
IMFの世界経済見通し。中国のくしゃみでロシアとブラジルが高熱ダウン

 IMF(国際通貨基金)は2016年1月19日、世界経済見通しの改定値を発表した …

PHM11_0589
いくら緩和しても経済成長なんてムリ!日銀のホンネが聞こえてくる

 2014年度の消費者物価指数(CPI)上昇率見通しが日銀の目標値である1%に届 …

apple02
チャイナモバイル効果が出てきたアップル。利益率が急速に改善

 米アップルは2014年1月23日、2014年1~3月期決算を発表した。売上高は …

super02
個人消費に関する指標が軒並み大幅マイナス。これは単なる反動減ではない

 消費増税後の個人消費の減速が加速している。消費増税が直接の原因だが、背景には実 …

globalmoney
政府が資産の海外移転に対する対策を強化。だが本当の解決策は別なところにある

 個人が保有する海外資産の課税について政府が本格的な対策に乗り出している。すでに …

kuroda
本当はコワイ、日銀・黒田新総裁の主張。日本人は理解しているのか?

 日銀の白川総裁は3月19日、退任記者会見に臨んだ。白川総裁は、デフレを脱却と持 …

amazonbooks
アマゾンがリアル店舗の本格展開を検討中?本当なら書籍市場に大きな変化が

 米アマゾンが、全米で300~400の実店舗の展開を計画しているとの噂が広がって …