ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日銀が再度物価目標を先送り。だが足元では別のインフレ・リスクが・・・

 

 日銀は2017年7月20日に開催した金融政策決定会合において、2%の物価目標を再び先送りした。物価目標の先送りは規定路線でありサプライズはないが、足元では、別の意味でインフレ圧力が高まっている。

nichigin03

 今回の金融政策決定会合では、年間80兆円の国債買い入れペースの継続など、量的緩和策の現状支持を賛成多数で決めた。また2%の物価目標の達成時期について、従来の「18年ごろ」から「19年ごろ」に先送りした。

 総務省が発表した5月の消費者物価指数は、「生鮮食品を除く総合(コア指数)」がプラス0.4%と4月から0.1ポイント上昇したが、2%にはほど遠い状況にある。しかも「生鮮食品及びエネルギーを除く総合」は0.0%と横ばいだ。

 こうした状況が続いていたことから、物価目標の先送りは既定路線となっており、市場に大きな混乱は生じていない。19年に2%を達成できる見込みも限りなく低いことから、2%の物価目標は有名無実化しつつある。

 ただ、量的緩和策の効果とは別の次元において、市場にはインフレの足音が聞こえてきている。それは慢性的な人手不足と働き方改革である。

 日本は人口減少が本格化しており、すでに慢性的な人手不足の状況にある。しかも、働き方改革が本格化してきたことから、大手企業では残業を減らすために業務をアウトソーシングするケースが増えてきている。

 業務そのものを見直さず、アウトソーシングを実施しただけでは、社会全体での業務量は減らず、人手不足はますます深刻になる。最終的には人件費の高騰という形で、コストプッシュ・インフレを誘発する可能性が出てくる。

 また米FRB(連邦準備制度理事会)が出口戦略を本格化させていることや、ECB(欧州中央銀行)も量的緩和策の終了を模索し始めたことで全世界的に長期金利が上昇している。日本もその例外ではなく、長期金利はじわじわと上昇を開始した。

 結果として、日銀が意図しない形で、物価上昇が進むリスクが高まっているのだ。そうなってしまった場合、2%の物価目標は意外と早く達成されるかもしれないが、その時には量的緩和策そのものが意味をなくしているだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

bigben
ロシアと敵対しても金融街へのアクセスを禁止しようとしない英国の高度な戦略

 ウクライナの内政にロシア軍が介入している問題について、米国やEUは部分的な制裁 …

merukeru03
最低賃金がないドイツの貧困率が日本よりもはるかに低い理由とは?

 圧倒的な支持率で総選挙を勝ち抜き、3期連続で首相の座についたドイツのメルケル首 …

pepper
ソフトバンクがロボットを他社に先んじて製品化した本当の狙い

 ソフトバンクモバイルは2014年6月、人と対話することができるロボット「Pep …

kokusaishushi201312
国際収支を見れば、日本の輸出不振は1990年代から始まっていた事が分かる

 財務省は2014年2月10日、2013年12月の国際収支を発表した。最終的な国 …

kiseikaikaku
形骸化が進む規制改革会議。唯一の目玉だった牛乳についても先送り

 政府の規制改革会議は2016年5月19日、規制改革に関する第4次答申の結果をま …

abe001
政府の緊急経済対策がまとまる。内訳は公共事業とファンドを使った事実上の補助金

 安倍政権の目玉政策である緊急経済対策の規模と内容が明らかになった。政府が支出す …

putinrussia
ロシアによるクリミア編入宣言。その背景とアジア地域で想起される事態

 ロシアのプーチン大統領は2014年3月18日、クリミアをロシアに編入する条約に …

businessphone01
職場で電話を取りたがらない若者急増中。だが世代間ギャップの話にするのは危険

 最近、会社内において電話を取れない(取らない)若手社員が増えているという。デジ …

josei
イオンが女性管理職の割合を一気に50%に拡大。女性の社会進出はもはや必然

 小売り大手のイオンは5月16日、管理職に占める女性の割合を、現在の7%から20 …

nihonyusei
海外M&Aに失敗した日本郵政が今度は野村不動産の買収に乗り出す

 日本郵政が野村不動産の買収に乗り出す。同社はオーストラリアの物流会社を買収した …