ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日銀が再度物価目標を先送り。だが足元では別のインフレ・リスクが・・・

 

 日銀は2017年7月20日に開催した金融政策決定会合において、2%の物価目標を再び先送りした。物価目標の先送りは規定路線でありサプライズはないが、足元では、別の意味でインフレ圧力が高まっている。

nichigin03

 今回の金融政策決定会合では、年間80兆円の国債買い入れペースの継続など、量的緩和策の現状支持を賛成多数で決めた。また2%の物価目標の達成時期について、従来の「18年ごろ」から「19年ごろ」に先送りした。

 総務省が発表した5月の消費者物価指数は、「生鮮食品を除く総合(コア指数)」がプラス0.4%と4月から0.1ポイント上昇したが、2%にはほど遠い状況にある。しかも「生鮮食品及びエネルギーを除く総合」は0.0%と横ばいだ。

 こうした状況が続いていたことから、物価目標の先送りは既定路線となっており、市場に大きな混乱は生じていない。19年に2%を達成できる見込みも限りなく低いことから、2%の物価目標は有名無実化しつつある。

 ただ、量的緩和策の効果とは別の次元において、市場にはインフレの足音が聞こえてきている。それは慢性的な人手不足と働き方改革である。

 日本は人口減少が本格化しており、すでに慢性的な人手不足の状況にある。しかも、働き方改革が本格化してきたことから、大手企業では残業を減らすために業務をアウトソーシングするケースが増えてきている。

 業務そのものを見直さず、アウトソーシングを実施しただけでは、社会全体での業務量は減らず、人手不足はますます深刻になる。最終的には人件費の高騰という形で、コストプッシュ・インフレを誘発する可能性が出てくる。

 また米FRB(連邦準備制度理事会)が出口戦略を本格化させていることや、ECB(欧州中央銀行)も量的緩和策の終了を模索し始めたことで全世界的に長期金利が上昇している。日本もその例外ではなく、長期金利はじわじわと上昇を開始した。

 結果として、日銀が意図しない形で、物価上昇が進むリスクが高まっているのだ。そうなってしまった場合、2%の物価目標は意外と早く達成されるかもしれないが、その時には量的緩和策そのものが意味をなくしているだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

newspicks
NewsPicksを運営するユーザベースが上場。本業はまずまずだが上場を急いだ印象は拭えない

 ニュース・アプリ「NewsPicks」を運営するユーザベースが2016年10月 …

girishashusho
デフォルトの可能性がさらに高まるギリシャ。国民投票を材料にした交渉の行方は不透明

 EU(欧州連合)とECB(欧州中央銀行)がギリシャ支援の延長拒否を決定したこと …

kuroda
黒田日銀が、このタイミングで構造改革路線を主張し始めた理由

 日銀が、かつての「構造改革路線」を強く主張し始めている。黒田総裁は2014年5 …

bouekitoukei201304
4月の貿易収支。エネルギー輸入増と輸出数量の減少が続き、赤字連続記録を更新

 財務省は5月22日、4月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

contena
経常収支が2ヶ月連続の赤字。とうとう日本が経常赤字国へ転落するサインか?

 財務省は2月8日、2012年の国際収支を発表した。それによると、経常収支は4兆 …

kousakukiki
設備投資は製造業主導で大幅な伸び。期末要因なのか設備投資復活なのか?

 内閣府は2014年5月19日、3月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

nyse03
米国は「日本化」しているのか?FRBエコノミストの見解をめぐって激論

 米FRB(連邦準備制度理事会)は2013年12月18日のFOMC(連邦公開市場 …

nichigin
日銀が3年分の物価見通しを初めて発表。本当ならかなりのインフレになるぞ!

 日銀は4月26日、金融政策決定会合を開催し、日本経済の見通しを示す、「経済・物 …

pakukune02
韓国の新政権が、民間から有能なトップを招へいできないワケ。

 韓国で民間から招へいした政権幹部が相次いで、就任を辞退するという状況になってい …

no image
スペインに工場を移管するメーカーが続出。理由はコストの安さと政府の労働市場改革

 財政危機によって大打撃を受けたスペインだが、労働者の賃金が大幅に低下したことで …