ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日銀が再度物価目標を先送り。だが足元では別のインフレ・リスクが・・・

 

 日銀は2017年7月20日に開催した金融政策決定会合において、2%の物価目標を再び先送りした。物価目標の先送りは規定路線でありサプライズはないが、足元では、別の意味でインフレ圧力が高まっている。

nichigin03

 今回の金融政策決定会合では、年間80兆円の国債買い入れペースの継続など、量的緩和策の現状支持を賛成多数で決めた。また2%の物価目標の達成時期について、従来の「18年ごろ」から「19年ごろ」に先送りした。

 総務省が発表した5月の消費者物価指数は、「生鮮食品を除く総合(コア指数)」がプラス0.4%と4月から0.1ポイント上昇したが、2%にはほど遠い状況にある。しかも「生鮮食品及びエネルギーを除く総合」は0.0%と横ばいだ。

 こうした状況が続いていたことから、物価目標の先送りは既定路線となっており、市場に大きな混乱は生じていない。19年に2%を達成できる見込みも限りなく低いことから、2%の物価目標は有名無実化しつつある。

 ただ、量的緩和策の効果とは別の次元において、市場にはインフレの足音が聞こえてきている。それは慢性的な人手不足と働き方改革である。

 日本は人口減少が本格化しており、すでに慢性的な人手不足の状況にある。しかも、働き方改革が本格化してきたことから、大手企業では残業を減らすために業務をアウトソーシングするケースが増えてきている。

 業務そのものを見直さず、アウトソーシングを実施しただけでは、社会全体での業務量は減らず、人手不足はますます深刻になる。最終的には人件費の高騰という形で、コストプッシュ・インフレを誘発する可能性が出てくる。

 また米FRB(連邦準備制度理事会)が出口戦略を本格化させていることや、ECB(欧州中央銀行)も量的緩和策の終了を模索し始めたことで全世界的に長期金利が上昇している。日本もその例外ではなく、長期金利はじわじわと上昇を開始した。

 結果として、日銀が意図しない形で、物価上昇が進むリスクが高まっているのだ。そうなってしまった場合、2%の物価目標は意外と早く達成されるかもしれないが、その時には量的緩和策そのものが意味をなくしているだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

doragi201710
ECBが量的緩和策の大幅縮小で出口戦略へ。日銀も撤退を余儀なくされる?

 ECB(欧州中央銀行)は2017年10月26日に開催された理事会で量的緩和策の …

sinreiauto
セブン-イレブンが店内レイアウトの全面刷新に乗り出した背景

 コンビニ最大手のセブン-イレブンが店舗レイアウトの全面刷新に乗り出した。背景に …

barclay
LIBOR問題が刑事事件に発展。これは英国と米国の金融覇権をめぐる争いだ!

 英国の重大不正捜査局は11日、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR、通称ラ イボ …

kuroda
日銀次期総裁は黒田氏。財務省と政権で痛み分け?金融政策のカギは岩田副総裁

 政府は3月19日に退任する日銀の白川総裁の後任に、元財務官でアジア開発銀行総裁 …

bloomberg
ブルームバーグNY市長が英フィナンシャル・タイムズ買収を計画。名誉欲が出てきたか?

 ニューヨーク市長のマイケル・ブルームバーグ氏が英国の名門経済誌フィナンシャル・ …

summly
まさに地殻変動!16歳のIT少年が簡単に1億円を集め、28億でYahooに技術を売却!

 米Yahooは2013年3月25日、ニュース要約アプリ「Summly」を買収す …

bukkajoushou
梅雨明けを迎え、金融政策も夏休みモード。重大な決断は秋以降にやって来る

 総務省は2014年7月25日、6月の消費者物価指数を発表した。代表的な指数であ …

tpphawai
TPPは最終合意に至らず閉幕。今後の政治日程は極めて厳しい

 環太平パートナーシップ協定(TPP)閣僚会合は2015年7月31日、最終合意に …

chokinbako
家計の貯蓄率が初めてマイナスに。最終的には経常収支と国債消化余力に影響

 日本の家計貯蓄率がはじめてマイナスとなった。貯蓄率の低下は、最終的には国債の消 …

aso
麻生財務相が高橋是清の政策をモデルにと言及。その後の展開を知っての発言なのか?

 麻生財務相は2月3日、NHKの番組に出演し、デフレ対策として戦前の政治家である …