ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本には創造性が求められる仕事などない、という若者の認識はかなり正確?

 

 日本の若年層の中で、自分のことを創造的だと考える人は8%しかおらず、創造性が求められる仕事がたくさんあると考える人の割合も低いことが明らかとなった。

souzouteki

 調査を行ったのは米アドビシステムズで、日本、米国、英国、オーストラリア、ドイツに住む11歳から17歳の生徒(日本は12歳から18歳)が対象。

 それによると、自分のことを創造的だと思う生徒の割合は、日本ではわずか8%しかいなかったのに対して、米国は47%、英国は37%、オーストラリアは46%、ドイツは44%が創造的だと思うと回答した。

 また「将来何かを作る仕事をしていると思う」と回答した人も43%と、米国(83%)や英国(75%)、ドイツ(70%)などと比較して低い結果となった。

 これだけを見ると日本人の若者は自己評価が低いということになるが、必ずしもそうとは言えない。「創造性が求められる仕事や職業はたくさんある」と回答した人の割合は、日本では31%だったが、諸外国はすべて70%台となっている。
 つまり日本の若者は自身が創造的かということ以前の問題として、日本には創造性が求められる仕事があまりないと感じているようだ。

 この認識はかなり当たっているかもしれない。日本企業のIT資本の装備率は欧米企業に比べると低い水準にとどまっているが、IT化のための資金や技術が不足しているわけではない。これは日本企業におけるビジネス・モデルの変化が少ないことと密接に関係していると思われる。

 革新的な業務の比率が低ければ、企業の現場において創造力が求められるケースも少なくなってくるはずだ。こうした状況を若年層は敏感に感じ取っていることになる。

 一部からは、創造力を高める教育が必要との声も聞こえるが、日本式の詰め込み教育で創造性が養われるわけではない。創造性を持った人物は常に一定割合存在しているはずであり、むしろ重要なことは、こうしたクリエイティブな人材を否定したり、社会的につぶしてしまわないことである。

 だがムラ社会的で前近代的な慣習が色濃く残る日本社会においては、こうした才能を自由に「放っておく」ことそのものが難しいのかもしれない。

 - 社会, 経済 , , ,

  関連記事

ieren201409
FRBが年内の資産縮小開始を表明。米国の量的緩和策は完全終了フェーズへ

 FRB(連邦準備制度理事会)が市場の予想通り、再利上げと年内の資産圧縮開始を決 …

nyse02
ツイッター偽情報による株価の乱高下。即座に株価が安定したことの方に意味がある

 4月23日のニューヨーク株式市場において、ツイッターの偽情報によって株価が一時 …

bukkajoushou
2%の物価目標は射程距離内。輸入インフレでも脱デフレは脱デフレ?

 総務省は9月27日、8月の全国の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「 …

bananki
FRBのバーナンキ議長が緩和縮小に慎重姿勢。だが本音はスケジュール通り?

 米FRB(連邦準備制度理事会)の量的緩和策縮小のタイミングをめぐって市場では神 …

abeaso
形骸化が進む成長戦略の議論。法人税減税はもはや無意味になりつつある

 成長戦略に関する議論の形骸化がさらに進みつつある。政府は2014年1月20日、 …

no image
震災復興費は大手メーカーが流用していた。日本の製造業はもはや「保護産業」

 復興予算の流用や付け替えが問題となっているが、その流用先に大手メーカーが多数含 …

nichigin04
日銀が物価目標の再度先送りを検討中。実施されれば何と5回目

 日銀が今月開催する金融政策決定会合において物価目標の見通しを引き下げ、物価目標 …

masasuchuwato
マーサ・スチュワート氏の会社が身売り。だがカリスマ主婦は転んでもタダでは起きない

 米国の「カリスマ主婦」といわれるマーサ・スチュワート氏が経営する会社が身売りさ …

son
ソフトバンクが米3位の携帯電話会社を巨額買収したワケとは?

 ソフトバンクが米携帯3位のスプリント・ネクステルを買収する方針であることが明ら …

siemense
GEやシーメンスが相次いでソフト会社を買収。IoT陣営作りは最終段階?

 IoT(モノのインターネット)時代の到来を見据え、世界レベルの業界再編が相次い …