ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本には創造性が求められる仕事などない、という若者の認識はかなり正確?

 

 日本の若年層の中で、自分のことを創造的だと考える人は8%しかおらず、創造性が求められる仕事がたくさんあると考える人の割合も低いことが明らかとなった。

souzouteki

 調査を行ったのは米アドビシステムズで、日本、米国、英国、オーストラリア、ドイツに住む11歳から17歳の生徒(日本は12歳から18歳)が対象。

 それによると、自分のことを創造的だと思う生徒の割合は、日本ではわずか8%しかいなかったのに対して、米国は47%、英国は37%、オーストラリアは46%、ドイツは44%が創造的だと思うと回答した。

 また「将来何かを作る仕事をしていると思う」と回答した人も43%と、米国(83%)や英国(75%)、ドイツ(70%)などと比較して低い結果となった。

 これだけを見ると日本人の若者は自己評価が低いということになるが、必ずしもそうとは言えない。「創造性が求められる仕事や職業はたくさんある」と回答した人の割合は、日本では31%だったが、諸外国はすべて70%台となっている。
 つまり日本の若者は自身が創造的かということ以前の問題として、日本には創造性が求められる仕事があまりないと感じているようだ。

 この認識はかなり当たっているかもしれない。日本企業のIT資本の装備率は欧米企業に比べると低い水準にとどまっているが、IT化のための資金や技術が不足しているわけではない。これは日本企業におけるビジネス・モデルの変化が少ないことと密接に関係していると思われる。

 革新的な業務の比率が低ければ、企業の現場において創造力が求められるケースも少なくなってくるはずだ。こうした状況を若年層は敏感に感じ取っていることになる。

 一部からは、創造力を高める教育が必要との声も聞こえるが、日本式の詰め込み教育で創造性が養われるわけではない。創造性を持った人物は常に一定割合存在しているはずであり、むしろ重要なことは、こうしたクリエイティブな人材を否定したり、社会的につぶしてしまわないことである。

 だがムラ社会的で前近代的な慣習が色濃く残る日本社会においては、こうした才能を自由に「放っておく」ことそのものが難しいのかもしれない。

 - 社会, 経済 , , ,

  関連記事

jimbeam
サントリーが米ビーム社を1兆6500億円で買収。金額はかなり割高だが・・・・

 サントリーホールディングスは2014年1月13日、米ウイスキー大手のビーム社を …

tenanmon
中国にとって日本は最大の投資家。尖閣問題は対中投資にまったく影響を与えていない

 中国商務省は5月16日、4月における海外から中国への直接投資は前年同期比0.4 …

ge
米国の製造業回帰が効果を上げ始めた。だが一方でその波に乗れない人も

 中国から製造拠点を米国に戻す試みが成果を上げ始めている。米ゼネラル・エレクトリ …

nucleayankey
コスト高から原発撤退が相次ぐ米国。簡単に原発からの撤退を決められるのはナゼ?

 米国で原子力発電からの撤退が相次いでいる。理由は安全性への懸念ではなくコスト。 …

hasimoto2
橋下氏が公務員批判のボルテージをアップ。そろそろ基本的な論点整理が必要なのでは?

 日本維新の会共同代表で大阪市長の橋下徹氏が公務員批判のボルテージを上げている。 …

no image
中国で冬至に地球が暗闇になるというデマが発生。中国でデマが起こりやすい背景とは?

 中国の四川省で、冬至(12月21日~23日)の前後3日間に、地球が暗闇に包まれ …

no image
英国でビジネスマン出身の大主教が誕生。聖職者もMBA時代到来か?

 英国国教会の最高位の聖職者であるカンタベリー大主教に、ビジネスマン出身者が就任 …

kurodasosai
トランプ氏の当選で日米金利が急上昇。シナリオが狂ってしまった日銀

 トランプ大統領の誕生をきっかけに、日米の債券市場で金利が急騰している。米国はす …

chiamujinki
日本を尻目に中国が着々と無人機を開発。ガラパゴスの影響はこんなところにも

 航空業界の国際見本市「北京国際航空展」が9月25日から中国・北京で開催されてい …

rikokkyoubetonamu
中国の李首相が早速ベトナムを訪問し、領有権問題の懐柔策をベトナムに提示

 中国の李克強首相は10月13日からベトナムを訪問し、ベトナムのグエン・タン・ズ …