ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本には創造性が求められる仕事などない、という若者の認識はかなり正確?

 

 日本の若年層の中で、自分のことを創造的だと考える人は8%しかおらず、創造性が求められる仕事がたくさんあると考える人の割合も低いことが明らかとなった。

souzouteki

 調査を行ったのは米アドビシステムズで、日本、米国、英国、オーストラリア、ドイツに住む11歳から17歳の生徒(日本は12歳から18歳)が対象。

 それによると、自分のことを創造的だと思う生徒の割合は、日本ではわずか8%しかいなかったのに対して、米国は47%、英国は37%、オーストラリアは46%、ドイツは44%が創造的だと思うと回答した。

 また「将来何かを作る仕事をしていると思う」と回答した人も43%と、米国(83%)や英国(75%)、ドイツ(70%)などと比較して低い結果となった。

 これだけを見ると日本人の若者は自己評価が低いということになるが、必ずしもそうとは言えない。「創造性が求められる仕事や職業はたくさんある」と回答した人の割合は、日本では31%だったが、諸外国はすべて70%台となっている。
 つまり日本の若者は自身が創造的かということ以前の問題として、日本には創造性が求められる仕事があまりないと感じているようだ。

 この認識はかなり当たっているかもしれない。日本企業のIT資本の装備率は欧米企業に比べると低い水準にとどまっているが、IT化のための資金や技術が不足しているわけではない。これは日本企業におけるビジネス・モデルの変化が少ないことと密接に関係していると思われる。

 革新的な業務の比率が低ければ、企業の現場において創造力が求められるケースも少なくなってくるはずだ。こうした状況を若年層は敏感に感じ取っていることになる。

 一部からは、創造力を高める教育が必要との声も聞こえるが、日本式の詰め込み教育で創造性が養われるわけではない。創造性を持った人物は常に一定割合存在しているはずであり、むしろ重要なことは、こうしたクリエイティブな人材を否定したり、社会的につぶしてしまわないことである。

 だがムラ社会的で前近代的な慣習が色濃く残る日本社会においては、こうした才能を自由に「放っておく」ことそのものが難しいのかもしれない。

 - 社会, 経済 , , ,

  関連記事

harukakurisu
春香クリスティーンの靖国発言で浮き彫りになった、新聞切り抜きという「昭和な」習慣

 靖国参拝に関する発言からブログやツイッターが炎上した春香クリスティーンさんは、 …

kusuri
薬のネット販売規制解除へ。最高裁は常識ある判断を下した

 利権の温床、抵抗勢力の象徴といわれた薬のネット販売禁止措置がようやく廃止される …

imd
世界競争力ランキングで日本は27位。上位常連の国と日本は何が違う?

 スイスのビジネススクールであるIMD(国際経営開発研究所)は2015年5月27 …

spain
意外に堅調な欧州経済。スペインには再び投資資金が集まっている

 欧州経済が着実な回復を見せている。ギリシャ債務問題が大きく市場を揺さぶったが、 …

no image
深刻化する欧州の失業率。その中にあってオーストリアに失業者がいないワケとは?

 欧州の雇用がさらに深刻な状況になっている。フランス政府は27日、完全失業者が1 …

panamagasaki
パナソニックのプラズマ撤退劇に見る、日本企業の「決断できない」体質

 パナソニックは2013年度末をメドにプラズマテレビ向けのパネル生産を停止する。 …

intelbaytrail
売上減に歯止めがかかった米インテル。次はいよいよスマホ市場を攻略?

 半導体世界最大手の米インテルは10月15日、7~9月期の決算を発表した。売上高 …

no image
日産のゴーン会長、フランスではホンネ連発。だがそれは日本人自身が招いたこと

 日産・ルノーのカルロス・ゴーン会長はパリのモーターショーで、欧州では過剰生産能 …

sharp
サムスンがシャープに100億出資。シャープもゾンビ企業への第一歩を踏み出したか?

 経営再建中のシャープは6日、韓国サムスン電子(サムスン電子の日本法人)との資本 …

jidoushayushutu
米国で日本の系列取引に対する批判が再燃の可能性。今回はもう取引材料がない?

 一時期は鳴りを潜めていた日本メーカーに対する批判が、米国で再燃しそうな兆候が出 …