ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本企業は効果の薄い新技術ほど導入に積極的?

 

 政府は2017年7月21日、2017年度版「経済財政白書」を公表した。今回の白書では、働き方改革でも話題となっている生産性についてかなりのページが割かれた。いつものことではあるが、日本企業における新技術導入はかなり保守的であり、改善の余地が大きいことが明らかとなった。

keizaizaiseihakusho

  全世界的に、AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)など、新技術が積極的に導入されるほど、生産性が向上しやすいことが明らかとなっている。白書によると、日本の大企業でAIを導入しているのは4.3%、IoTを導入しているのは10.9%だった。中小企業ではAIは0.4%、IoTは2.8%なので中小企業ではほとんど導入が進んでいない。

 これに対して、クラウドは大企業では42.7%が導入し、中小企業でも17.9%が導入済みとなっていた。AIやIoTに比べてクラウドの導入割合いは高いことが分かる。ロボットについても大企業が16.7%、中小企業が7.2%と比較的高い普及率となっている。

 一方、新技術が生産性向上に対して与える影響について試算したところ、もっとも高かったのはAIで次はIoTだった。クラウドやロボットが与える影響は相対的に見るとかなり低い。そうなると日本企業はクラウドやロボットなど、効果の低い技術を積極的に導入し、AIやIoTといった効果の高い技術には消極的ということになる。

 これは効果の度合いというよりも、周囲の様子を見てから導入を決めるという、典型的な日本企業の行動パターンに起因しているものと考えられる。クラウドは、諸外国ではすでに完全に普及したものであり、豊富な導入事例がある。日本企業はこうした事例を見てから導入を決めていると考えられる。

 しかしAIやIoTは、発展途上の技術であり、導入事例はそれほど多くない。この段階で積極的に導入すれば先行者利益が得られるはずだが、おそらく、日本企業は世界中にAIが普及してから、ようやく本格的な導入を開始するだろう。

 日本企業と欧米企業で生産性に大きな違いが生じるのは、意思決定に対する考え方の違いが大きい。ここに原因があるのだとすると、経営者のマインドを変えない限り、欧米との差は縮まらないことになる。

 - 経済, IT・科学 , , ,

  関連記事

abe20141117
消費増税延期で衆院解散へ。量的緩和策で当面不安はないが・・・

 安倍首相は衆議院の解散と来年10月に予定されている消費増税の延期を決断した。増 …

chintaiapart
民法改正で不動産賃貸業は本格的なサービス産業に脱皮できるか?

 法務大臣の諮問機関である法制審議会は2014年8月26日、民法における債権関係 …

bbcclass
英国で新しい「階級」区分が話題に。だがその内容は少々脱力系

 現代でも階級制度が色濃く残る英国において、新しい「階級」区分がちょっとした話題 …

bigben
ロシアと敵対しても金融街へのアクセスを禁止しようとしない英国の高度な戦略

 ウクライナの内政にロシア軍が介入している問題について、米国やEUは部分的な制裁 …

no image
中国政府が日本国債を売却してきたら、市場はどうなるか?

 尖閣諸島問題で日中関係が険悪化する中、中国政府が保有する日本国債に注目が集まっ …

kourioote
2月決算の小売大手決算。個人消費に多少の明るい兆しが見える

 2月決算の小売大手各社の決算がほぼ出揃った。小売各社の決算動向は、個別企業の業 …

economistataranai
GDP改定値はまさかの下方修正。今回もエコノミストは大ハズシなのだが・・・

 内閣府は2014年12月8日、7~9月期のGDP(国内総生産)改定値を発表した …

dentaku
家計を助けるため一家総出で労働。日本人の経済状況はかなり苦しくなっている?

 日本の家計にちょっとした異変が起きている。世帯主の収入が減少する一方、配偶者や …

samsungjp
韓国企業や中国企業への人材流出が加速。だがこれを懸念しても何の解決にもならない

 韓国企業や中国企業に日本人が転職するケースが増えてきており、一部から技術流出な …

osensui
トリチウム汚染をめぐる危険性の論争は、今となっては不毛な争いだ

 汚染水漏れが指摘されている福島第一原子力発電所のタンク付近の井戸水から、高濃度 …