ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本企業は効果の薄い新技術ほど導入に積極的?

 

 政府は2017年7月21日、2017年度版「経済財政白書」を公表した。今回の白書では、働き方改革でも話題となっている生産性についてかなりのページが割かれた。いつものことではあるが、日本企業における新技術導入はかなり保守的であり、改善の余地が大きいことが明らかとなった。

keizaizaiseihakusho

  全世界的に、AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)など、新技術が積極的に導入されるほど、生産性が向上しやすいことが明らかとなっている。白書によると、日本の大企業でAIを導入しているのは4.3%、IoTを導入しているのは10.9%だった。中小企業ではAIは0.4%、IoTは2.8%なので中小企業ではほとんど導入が進んでいない。

 これに対して、クラウドは大企業では42.7%が導入し、中小企業でも17.9%が導入済みとなっていた。AIやIoTに比べてクラウドの導入割合いは高いことが分かる。ロボットについても大企業が16.7%、中小企業が7.2%と比較的高い普及率となっている。

 一方、新技術が生産性向上に対して与える影響について試算したところ、もっとも高かったのはAIで次はIoTだった。クラウドやロボットが与える影響は相対的に見るとかなり低い。そうなると日本企業はクラウドやロボットなど、効果の低い技術を積極的に導入し、AIやIoTといった効果の高い技術には消極的ということになる。

 これは効果の度合いというよりも、周囲の様子を見てから導入を決めるという、典型的な日本企業の行動パターンに起因しているものと考えられる。クラウドは、諸外国ではすでに完全に普及したものであり、豊富な導入事例がある。日本企業はこうした事例を見てから導入を決めていると考えられる。

 しかしAIやIoTは、発展途上の技術であり、導入事例はそれほど多くない。この段階で積極的に導入すれば先行者利益が得られるはずだが、おそらく、日本企業は世界中にAIが普及してから、ようやく本格的な導入を開始するだろう。

 日本企業と欧米企業で生産性に大きな違いが生じるのは、意思決定に対する考え方の違いが大きい。ここに原因があるのだとすると、経営者のマインドを変えない限り、欧米との差は縮まらないことになる。

 - 経済, IT・科学 , , ,

  関連記事

citi
100年の歴史を持つシティバンクの個人部門が日本から撤退

 シティグループが国内の個人向け銀行業務を売却する方針であることが明らかとなった …

global01
相次ぐ海外大型買収は日本経済に大きなメリットをもたらす

 ソフトバンクによる米スプリント社の買収やサントリーによる米ビーム社の買収など、 …

meti03
経済産業省がこのタイミングで国家統制色の強い法案を出してくる背景とは?

 政府が秋の臨時国会に提出する産業競争力強化法案は、政府主導でリストラやM&am …

businessman02
生活が低下したと答えた人は増加しているが、長期的には変化なし

 内閣府は2014年8月25日、国民生活に関する世論調査の結果を発表した。「生活 …

taobaorakuten
中国最大のECサイト「アリババ」と「楽天」を比較して分かること

 中国におけるインターネット通販が急拡大している。中国最大の電子商取引サービス会 …

shokutaku
家計のエンゲル係数上昇がより顕著に。トランプ経済は日本にとって最後のチャンス?

 家計のエンゲル係数の上昇が顕著となっている。エンゲル係数の上昇には様々な要因が …

monju
もんじゅ廃炉案が再び浮上するもやはり立ち消え?決められない日本人の悲しい性

 現在、運転を停止している高速増殖炉「もんじゅ」について、廃炉を含めた検討が行わ …

toyota201603
トヨタが営業利益40%減の業績見通し。実は販売台数が年々減少しているという事実

 トヨタ自動車は2016年5月11日、2016年3月期の決算を発表した。予想通り …

takuhai
ヤマトが宅配取扱量抑制を検討。ネット通販会社による独自サービス拡大のきっかけに?

 宅配便最大手のヤマトホールディングスが、荷物の取扱量抑制の検討を開始した。この …

foxconn02
シャープに拒絶された鴻海が日本に開発拠点を設立。シャープ技術者の採用に乗り出す

 経営再建中のシャープに出資を検討したものの、最終的にはこれを断念した台湾の鴻海 …