ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本企業は効果の薄い新技術ほど導入に積極的?

 

 政府は2017年7月21日、2017年度版「経済財政白書」を公表した。今回の白書では、働き方改革でも話題となっている生産性についてかなりのページが割かれた。いつものことではあるが、日本企業における新技術導入はかなり保守的であり、改善の余地が大きいことが明らかとなった。

keizaizaiseihakusho

  全世界的に、AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)など、新技術が積極的に導入されるほど、生産性が向上しやすいことが明らかとなっている。白書によると、日本の大企業でAIを導入しているのは4.3%、IoTを導入しているのは10.9%だった。中小企業ではAIは0.4%、IoTは2.8%なので中小企業ではほとんど導入が進んでいない。

 これに対して、クラウドは大企業では42.7%が導入し、中小企業でも17.9%が導入済みとなっていた。AIやIoTに比べてクラウドの導入割合いは高いことが分かる。ロボットについても大企業が16.7%、中小企業が7.2%と比較的高い普及率となっている。

 一方、新技術が生産性向上に対して与える影響について試算したところ、もっとも高かったのはAIで次はIoTだった。クラウドやロボットが与える影響は相対的に見るとかなり低い。そうなると日本企業はクラウドやロボットなど、効果の低い技術を積極的に導入し、AIやIoTといった効果の高い技術には消極的ということになる。

 これは効果の度合いというよりも、周囲の様子を見てから導入を決めるという、典型的な日本企業の行動パターンに起因しているものと考えられる。クラウドは、諸外国ではすでに完全に普及したものであり、豊富な導入事例がある。日本企業はこうした事例を見てから導入を決めていると考えられる。

 しかしAIやIoTは、発展途上の技術であり、導入事例はそれほど多くない。この段階で積極的に導入すれば先行者利益が得られるはずだが、おそらく、日本企業は世界中にAIが普及してから、ようやく本格的な導入を開始するだろう。

 日本企業と欧米企業で生産性に大きな違いが生じるのは、意思決定に対する考え方の違いが大きい。ここに原因があるのだとすると、経営者のマインドを変えない限り、欧米との差は縮まらないことになる。

 - 経済, IT・科学 , , ,

  関連記事

no image
産業革新機構がルネサスを愛国救済。まるで中国の反日デモとの声も

 産業革新機構が、経営不振に陥っているルネサスエレクトロニクスに対して、トヨタ自 …

cubaclassic car
キューバとの国交正常化で注目される、高級葉巻と米国製クラシックカー

 米国とキューバが国交正常化交渉を開始することになった。経済制裁の解除で各業界に …

mujinkikubo
米海軍が無人艦載機の空母からの発艦をデモ。軍隊のロボット化が急ピッチで進む

 米海軍は5月14日、無人機を空母から発艦させるデモンストレーションを実施した。 …

wine02
貿易戦争?中国がEUの関税措置に対する報復として、欧州産ワインを標的に

 中国商務省は6月5日、欧州産ワインが中国で不当に安く売られているという業界から …

jisui
日本は著作権解釈もガラパゴス?。独自解釈が行き過ぎると国際競争でまた敗北するゾ

 本や漫画の電子化を請け負う事業が著作権侵害にあたるとして、作家の東野圭吾氏、浅 …

no image
経済界の言い分に騙されるな!中国ビジネスは尖閣より前に大失速している

 領有権問題の長期化を懸念する声が経済界を中心に高まっている。 経団連の米倉会長 …

volcker
FRBの量的緩和縮小はいつか?インフレ退治の鬼ボルカー元議長は早期縮小を主張

 FRB(連邦準備制度理事会)の出口戦略をめぐって米国市場が困惑している。遠くな …

euhonbu00
欧州の1~3月期GDP成長率。6四半期連続のマイナスで景気失速が鮮明に

 欧州連合(EU)は5月15日、ユーロ圏の2013年第1四半期(1~3月期)の経 …

office
待遇がよい正社員ほど不満タラタラ。人材会社のアンケート結果が示す意外?な結果

 大手人材サービス会社のエンジャパンが自社サイトの利用者に対して行った、月収とそ …

abeseichou02
成長戦略に関する議論を大胆に整理してみると・・・・話は意外と簡単だった

 アベノミクスにおける3本目の矢である成長戦略の迷走が続いている。当初、成長戦略 …