ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

セブン-イレブンが店内レイアウトの全面刷新に乗り出した背景

 

 コンビニ最大手のセブン-イレブンが店舗レイアウトの全面刷新に乗り出した。背景にあるのは飽和したコンビニ市場と消費構造の変化である。

sinreiauto

 従来の店舗では、入り口の左手にレジカウンターがあり、右手に雑誌という配置が基本だった。雑誌を立ち読みする人が外から見えるようにして、歩行者の入店を促す仕組みである。カウンターの近くには、チルドの棚があり、カウンターの反対側にはウォークイン(飲料など陳列される大型冷蔵庫)が配置されるケースが多かった。

 新店舗では、入り口の左側に何と冷凍食品が配置される。右側にあった雑誌はスペースが縮小され、場合によってはイートイン・スペースになる可能性もある。レジカウンターは奥に移動し、総菜やコーヒーを置くためのカウンターが大幅に拡充される。

 セブン-イレブンでは、今期中に新レイアウトの店舗を1800店ほど展開するとしており、2021年までには既存店のうち1万店が新しいレイアウトになるという。
 
 一連のレイアウト変更の背景にあるのは、社会構造の変化だ。女性の社会進出が進み、食品類をコンビニで買うニーズが高まっている。これまでスーパーで購入していた商品がコンビニに並べば、スーパーから顧客を奪うことが可能となる。

 また総菜類は利益率が高く、収益拡大にも寄与する。先行テストを行った店舗では7%ほど売上高が拡大したという。コンビニ市場は完全に飽和状態となっており、これ以上の店舗の数を増やすことは事実上不可能である。
 こうした環境で業績を拡大するためには、1店舗あたりの売上高を増やしていくしかない。商品の根本的な入れ替えはリスクが大きいが、レイアウト変更による商品ポートフォリオの変更であれば、ある程度リスクを押さえながら、全体収益を拡大できる。

 もっとも総菜類は廃棄ロスのコストが高く、多数の来客が見込めない場合には逆にリスク要因にもなる。もともとの来店者数が多い、セブンならではの施策といえるかもしれない。競合他社がどのように反応するのか要注目である。

 - 社会, 経済 ,

  関連記事

sanfranrengin
実はそれほど悪くない?サンフランシスコ連銀の米GDPに関する見解が話題に

 年率換算でプラス0.2%成長にとどまっていた2015年1~3月期の米GDP(国 …

josei
イオンが女性管理職の割合を一気に50%に拡大。女性の社会進出はもはや必然

 小売り大手のイオンは5月16日、管理職に占める女性の割合を、現在の7%から20 …

kousakukiki
7月の機械受注は横ばい。設備投資が本当に回復しているのかはまだ確認できない状況

 内閣府は9月12日、7月の機械受注統計を発表した。機械受注統計は、民間設備投資 …

kosokudoro
やはり高速道路の無料化は反故に。中央道事故が格好の口実に

 山梨県の中央自動車道トンネル事故を口実に、道路に対する際限のない支出増加が懸念 …

gaikokujin
訪日外国人1000万人時代が到来。だが日本は本当に観光立国を目指しているのか?

 政府観光局は2014年1月17日、2013年の訪日外国人数が1036万人だった …

nikkann
日本と韓国は仲良く三流国家?各種調査結果が示す日韓の類似性

 日本人と韓国人は互いに嫌っているとよくいわれる。2012年11月に内閣府が発表 …

no image
検察の独善性は万国共通?韓国検察が相次ぐ不祥事を受けて改革案を策定中。

 日本と同様、絶大な権限と半ば特権的な立場が許容されている韓国の検察当局が、これ …

kuroda
株価9連騰の背景には日銀による強力な買い支え効果が。その意図は?

 日経平均は8月8日の急落以後、一転して9連騰となり、1万5500円を突破した。 …

panamagasaki
パナソニックのプラズマ撤退劇に見る、日本企業の「決断できない」体質

 パナソニックは2013年度末をメドにプラズマテレビ向けのパネル生産を停止する。 …

erudoan
大統領の独裁化につながるトルコの国民投票にドイツ人が動揺している理由

 大統領権限の強化を狙ったトルコの国民投票で賛成が反対を上回ったことで、ドイツ国 …