ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

LINEが料理の出前サービスに参入。これからは家で食べるのが主流に?

 

 LINEが飲食店のデリバリーサービスに参入した。外資系のウーバーイーツや楽天が提供する楽びんなど、デリバリーサービスがじわじわと普及しているが、LINEの参入で弾みがつくことになるかもしれない。

linederima

 LINEは2017年7月26日、アプリ内で飲食店の出前メニューを注文できる新サービス「LINEデリマ」を開始した。宅配ポータルサイト「出前館」と提携し、出前館に加盟している吉野家などの宅配メニューをLINEのアプリ上で注文できる。現在、出前館に登録されている約1万4000軒のお店が利用可能。

 カテゴリー別や地域別など一般的な検索方法に加えて、LINEらしい機能としてはチャットによる検索が用意されている。LINEデリマの公式アカウントにアクセスすると会話形式でお店を選ぶことができる。
 例えば「お寿司が食べたい」と入力すれば「お寿司の店はこちらです」といった具体に返事を返してくる。

 米国では外食産業の宅配シフトが進んでおり、米マクドナルドや米ウェンディーズは宅配メニューを強化している。日本でも、ウーバーイーツや楽びんなど、ネットを使ったデリバリーサービスが都市部を中心に伸びており、外食産業にとって無視できない存在となりつつある。全国に多数の利用者を抱えるLINEがこの分野に参入してきたことで、普及に拍車がかかるかもしれない。

 こうしたデリバリーのサービスが増えてくると、外食産業と小売店の垣根は限りなく低くなる。デリバリーの利用者にとって、その店がコンビニなのか、牛丼店なのかは、あまり関係ない。従来は小売店は小売店、外食は外食と完全に市場が分かれていたが、ITをベースにしたデリバリー時代には、両市場は渾然一体となる。

 事業者にとっては厳しい時代かもしれないが、消費者にとっては選択肢が増えるので、歓迎すべき動きといってよいだろう。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

frbpauerugicho
FRB次期議長は予想通りパウエル氏。現行路線の踏襲に規制緩和が加わって株高に?

 FRB(連邦準備制度理事会)の次期議長にジェローム・パウエルFRB理事が指名さ …

trumpyosan
トランプ大統領はもう予算に興味がない?外遊中に予算教書提出の前代未聞

 米国のトランプ政権が初の予算教書(正式版)を議会に提出した。当初は予算教書の提 …

abekaiken
成長戦略の目玉である産業競争力強化法案は、規制緩和に関する規制を強化する法案?

 安倍政権は、秋の臨時国会において成長戦略の目玉とされる「産業競争力強化法案」を …

raripeiji
従業員によるCEOランキング、トップはグーグル、2位はナイキ、3位は?

 米キャリア情報サイトのGlassdoorは2015年6月9日、従業員が評価する …

abe001
政府の緊急経済対策がまとまる。内訳は公共事業とファンドを使った事実上の補助金

 安倍政権の目玉政策である緊急経済対策の規模と内容が明らかになった。政府が支出す …

setubitousi
設備投資はようやく上昇トレンド入り。ただし公共事業依存体質からはまだ脱却できず

 内閣府は10月10日、8月の機械受注統計を発表した。機械受注統計は、民間設備投 …

houjinzei2014
法人減税をめぐって外形標準課税拡大の議論が政府税調でスタート

 法人税減税をめぐって、赤字法人への課税を強化するプランが浮上している。具体的に …

intelbaytrail
米インテルの業績がプラス転換。スマホ・シフトの成否についてはまだおあずけ

 半導体世界最大手の米インテルは2014年1月16日、2013年10~12月期の …

kimurahikoku
国士気取りの銭ゲバ・インサイダー官僚が保釈。こともあろうに公判では無罪を主張

 経済産業省幹部のインサイダー取引事件で、金融商品取引法違反に問われていた前資源 …

nichigin02
日銀の量的緩和策は果たして効果を上げているのか?米国のQEと比較してみると

 日本銀行は8月8日、金融政策決定会合を開催した。量的緩和の継続を全員一致で決め …