ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

LINEが料理の出前サービスに参入。これからは家で食べるのが主流に?

 

 LINEが飲食店のデリバリーサービスに参入した。外資系のウーバーイーツや楽天が提供する楽びんなど、デリバリーサービスがじわじわと普及しているが、LINEの参入で弾みがつくことになるかもしれない。

linederima

 LINEは2017年7月26日、アプリ内で飲食店の出前メニューを注文できる新サービス「LINEデリマ」を開始した。宅配ポータルサイト「出前館」と提携し、出前館に加盟している吉野家などの宅配メニューをLINEのアプリ上で注文できる。現在、出前館に登録されている約1万4000軒のお店が利用可能。

 カテゴリー別や地域別など一般的な検索方法に加えて、LINEらしい機能としてはチャットによる検索が用意されている。LINEデリマの公式アカウントにアクセスすると会話形式でお店を選ぶことができる。
 例えば「お寿司が食べたい」と入力すれば「お寿司の店はこちらです」といった具体に返事を返してくる。

 米国では外食産業の宅配シフトが進んでおり、米マクドナルドや米ウェンディーズは宅配メニューを強化している。日本でも、ウーバーイーツや楽びんなど、ネットを使ったデリバリーサービスが都市部を中心に伸びており、外食産業にとって無視できない存在となりつつある。全国に多数の利用者を抱えるLINEがこの分野に参入してきたことで、普及に拍車がかかるかもしれない。

 こうしたデリバリーのサービスが増えてくると、外食産業と小売店の垣根は限りなく低くなる。デリバリーの利用者にとって、その店がコンビニなのか、牛丼店なのかは、あまり関係ない。従来は小売店は小売店、外食は外食と完全に市場が分かれていたが、ITをベースにしたデリバリー時代には、両市場は渾然一体となる。

 事業者にとっては厳しい時代かもしれないが、消費者にとっては選択肢が増えるので、歓迎すべき動きといってよいだろう。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

canadabank
英国が中央銀行総裁に外国人を登用。日銀の独立性というならこのくらいやってみろ!

 英国が中央銀行の次期総裁に外国人を任命し、市場関係者の中で驚きが広がっている。 …

no image
シャープは本来ならアップルの強烈なライバル・メーカーになるはずだった!

 シャープは、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業と共同で、新型液晶「IGZO」を搭載 …

feisubukkugamen
先進国でしか稼げないフェイスブック。今後どれだけ拡大できるか?

 SNS最大手の米フェイスブックは2015年1月28日、2014年10~12月期 …

apple
注目のアップル四半期決算。減益となった最大の理由は利益率低下と研究開発費の増加

 米アップルは4月23日、注目の第2四半期決算(2013年1月~3月期)を発表し …

nyse
ダウの高値更新でバブル論。だが、米国がバブルだというなら、日本はもっとバブルだ!

 3月6日のニューヨーク株式市場は、前日に続いて史上最高値を更新した。雇用指標が …

jinmingen02
中国の金融引き締めで追い込まれる中小銀行。当局は大混乱覚悟で続行か?

 中国で短期金利が急騰し、流動性が逼迫している問題で、中央銀行にあたる中国人民銀 …

shanhai
日本企業の4社に1社が海外に現地法人を設立。輸出の時代は完全に終わった

 経済産業省は26日、2012年企業活動調査速報を発表した。この中で、日本の製造 …

ginzafudosan
土地価格はとうとう上昇に転じたが、二極分化の傾向がより鮮明に

 国土交通省は2016年3月22日、2016年の地価公示を発表した。商業地ではと …

robotfunuc
グーグルと鴻海がロボットで提携。困るのはファナックではなく日本の町工場?

 インターネット検索大手のグーグルと台湾の鴻海精密工業がロボット分野で提携を進め …

rikejo
ITの分野は米国でもなぜか女性が少ない。リケジョはどこでも引く手あまた?

 米国ではコンピュータ関連のエンジニアは高収入で知られているが、この分野を専攻す …