ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

トヨタとマツダが資本提携。中堅自動車メーカーはすべてトヨタ系列に?

 

 トヨタとマツダが資本提携することになった。相互に約500億円を出資し、共同で新工場の建設を行うほか、EV(電気自動車)の開発でも協業する。トヨタはマツダとの提携によって、出遅れている電気自動車(EV)の分野で巻き返しを図るが、マツダ救済という側面があることも否定できない。

 自動車産業は急速なコモディティ化によって超大手しか生き残れないとも言われている。トヨタはスズキとも出資含みの業務提携を行っているが、弱小メーカーの駆け込み寺的な様相を呈してきた。

toyotamatuda

 現在、世界で最も多くの自動車を販売しているのは独VW(フォルクスワーゲン)で、2016年の販売台数は1031万台だった。これを1017万台のトヨタ、1000万台のGM(ゼネラルモーターズ)、996万台の仏ルノー・日産が追う展開となっている。ちなみに2017年の上半期は、三菱自動車の生産回復でルノーが首位となっている。
 マツダの販売台数は155万台だったので、単純にトヨタの販売台数にプラスすると1172万台となりフォルクスワーゲンを抜く。

 現在の5位の韓国・現代自動車の販売台数は786万台と少し差がある。マツダがトヨタ陣営に入れば、上位4社の寡占化がかなり進むことになる。

 自動車業界が置かれた現状を考えれば、この動きは妥当なものといってよい。業界では、このところ急速に電気自動車(EV)へのシフトが進んでいるが、EVは技術的難易度が低いことから、クルマがコモディディ化することは必至といわれている。

 コモディティとなった商品は価格やサービスで差別化するよりほかなく、ニッチなメーカーが生き残る余地が少なくなる。必然的に寡占化を模索することになるわけだ。

 しかしながら、自動車メーカー各社は巨額の設備負担を抱える「重い」企業であり、シェアを拡大するためにやみくもに買収すればよいというものではない。すでにトヨタはダイハツとスバルを傘下に収めており、スズキとは将来の吸収合併を視野に入れた業務提携を行っている。

 ここでマツダをも救済するということになると、トヨタは日本メーカーの駆け込み寺となってしまう。トヨタ自身がEVシフトを前に、厳しい状況に置かれている中、他社を支える余裕があるのかという疑問が沸いてくる。トヨタにとってはまさに正念場ということになるだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

sbtakasago
太陽光発電の買い取り価格が2年連続で引き下げの見込み。36円は高いか安いか?

 経済産業省は、太陽光発電の電力買い取り価格を昨年に続いて引き下げる方針であるこ …

Cove Point
シェールガス革命で日本の製造業が次々に米国進出。期待される日本の国際収支への貢献

 米国ではシェールガス革命の進展によって、世界最大のエネルギー輸出国に変貌しよう …

no image
受給ギャップ拡大などインチキ。そもそも想定された需要など、もはや存在していない

 内閣府は15日、7~9月期の需給ギャップが4~6月期に比べて5兆円拡大して15 …

jutakugai
低所得者層でなぜか持ち家比率が急増。そのカラクリはつまらない話だった

 持ち家を購入する世帯が増加していることが総務省の家計調査で明らかになった。20 …

tokyotower
デフレにも関わらず東京の物価は世界1位。改革を先送りしたツケは大きい

 英経済誌エコノミストの調査部門であるエコノミスト・インテリジェンス・ユニット( …

kokuzei
確定申告の時期を迎え申告漏れのニュースが増加。今後の本丸は庶民の相続税

 確定申告の時期を迎え、全国で申告漏れや脱税のニュースが増加している。昨年末には …

mvc
日本の年金基金などが米国の発電所を買収。インフラ投資のモデルケースとなるか?

 インフラ投資のための共同事業体であるグローバル戦略投資アライアンス(GSIA) …

yamamotoitiro
著名ブロガーが海外ヘッジファンド積立サービスの会社に公開質問状

 著名ブロガーの山本一郎氏は3月7日、海外ヘッジファンドに対する積立サービス「い …

bouekitoukei201312
12月の貿易赤字はさらに拡大。慢性的な経常赤字に備えた政策が急務

 財務省は2014年1月27日、2013年12月の貿易統計を発表した。輸出額から …

skymark02
日本初のLCCだったはずのスカイマークが、LCCとの競争で経営難の皮肉

 国内航空3位のスカイマークの経営が悪化している。格安航空会社(LCC)との競争 …