ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

トヨタとマツダが資本提携。中堅自動車メーカーはすべてトヨタ系列に?

 

 トヨタとマツダが資本提携することになった。相互に約500億円を出資し、共同で新工場の建設を行うほか、EV(電気自動車)の開発でも協業する。トヨタはマツダとの提携によって、出遅れている電気自動車(EV)の分野で巻き返しを図るが、マツダ救済という側面があることも否定できない。

 自動車産業は急速なコモディティ化によって超大手しか生き残れないとも言われている。トヨタはスズキとも出資含みの業務提携を行っているが、弱小メーカーの駆け込み寺的な様相を呈してきた。

toyotamatuda

 現在、世界で最も多くの自動車を販売しているのは独VW(フォルクスワーゲン)で、2016年の販売台数は1031万台だった。これを1017万台のトヨタ、1000万台のGM(ゼネラルモーターズ)、996万台の仏ルノー・日産が追う展開となっている。ちなみに2017年の上半期は、三菱自動車の生産回復でルノーが首位となっている。
 マツダの販売台数は155万台だったので、単純にトヨタの販売台数にプラスすると1172万台となりフォルクスワーゲンを抜く。

 現在の5位の韓国・現代自動車の販売台数は786万台と少し差がある。マツダがトヨタ陣営に入れば、上位4社の寡占化がかなり進むことになる。

 自動車業界が置かれた現状を考えれば、この動きは妥当なものといってよい。業界では、このところ急速に電気自動車(EV)へのシフトが進んでいるが、EVは技術的難易度が低いことから、クルマがコモディディ化することは必至といわれている。

 コモディティとなった商品は価格やサービスで差別化するよりほかなく、ニッチなメーカーが生き残る余地が少なくなる。必然的に寡占化を模索することになるわけだ。

 しかしながら、自動車メーカー各社は巨額の設備負担を抱える「重い」企業であり、シェアを拡大するためにやみくもに買収すればよいというものではない。すでにトヨタはダイハツとスバルを傘下に収めており、スズキとは将来の吸収合併を視野に入れた業務提携を行っている。

 ここでマツダをも救済するということになると、トヨタは日本メーカーの駆け込み寺となってしまう。トヨタ自身がEVシフトを前に、厳しい状況に置かれている中、他社を支える余裕があるのかという疑問が沸いてくる。トヨタにとってはまさに正念場ということになるだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

siemense
GEやシーメンスが相次いでソフト会社を買収。IoT陣営作りは最終段階?

 IoT(モノのインターネット)時代の到来を見据え、世界レベルの業界再編が相次い …

officebuiding
とうとう不動産市況が上向く?都心部のオフィス空室率が低下したが・・・・

 不動産仲介の三鬼商事は7日、東京都心におけるオフィスの空室状況を発表した。1月 …

karyoku
原発再稼働をうたったエネルギー基本計画素案の前提条件は合っているのか?

 経済産業省は12月6日、総合資源エネルギー調査会の基本政策分科会を開き、「エネ …

hitachiturbin
三菱重工と日立が火力発電事業を統合。だが肝心の技術でトラブルが続き前途多難

 三菱重工業と日立製作所は6月11日、火力発電事業の事業統合に関する基本契約書を …

newspicks
NewsPicksを運営するユーザベースが上場。本業はまずまずだが上場を急いだ印象は拭えない

 ニュース・アプリ「NewsPicks」を運営するユーザベースが2016年10月 …

MAC
マクドナルドが7年ぶり減益。だが原田マジック消滅との報道は過剰反応

 日本マクドナルドホールディングスは3月19日、株主総会を開催した。同社の201 …

no image
当事者能力を失っているシャープの状況は旧日本軍にそっくりとの声

 鴻海のカリスマ経営者である郭台銘(テリー・ゴウ)会長に翻弄され、オロオロするば …

sanfranrengin
実はそれほど悪くない?サンフランシスコ連銀の米GDPに関する見解が話題に

 年率換算でプラス0.2%成長にとどまっていた2015年1~3月期の米GDP(国 …

nihondensan
シャープ元社長の片山氏が日本電産副会長へ。永守氏の後継者問題はどうなる?

 日本電産が、シャープの片山幹雄元社長を副会長執行役員として迎え入れる。日本電産 …

toyota201603
トヨタが営業利益40%減の業績見通し。実は販売台数が年々減少しているという事実

 トヨタ自動車は2016年5月11日、2016年3月期の決算を発表した。予想通り …