ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

トヨタとマツダが資本提携。中堅自動車メーカーはすべてトヨタ系列に?

 

 トヨタとマツダが資本提携することになった。相互に約500億円を出資し、共同で新工場の建設を行うほか、EV(電気自動車)の開発でも協業する。トヨタはマツダとの提携によって、出遅れている電気自動車(EV)の分野で巻き返しを図るが、マツダ救済という側面があることも否定できない。

 自動車産業は急速なコモディティ化によって超大手しか生き残れないとも言われている。トヨタはスズキとも出資含みの業務提携を行っているが、弱小メーカーの駆け込み寺的な様相を呈してきた。

toyotamatuda

 現在、世界で最も多くの自動車を販売しているのは独VW(フォルクスワーゲン)で、2016年の販売台数は1031万台だった。これを1017万台のトヨタ、1000万台のGM(ゼネラルモーターズ)、996万台の仏ルノー・日産が追う展開となっている。ちなみに2017年の上半期は、三菱自動車の生産回復でルノーが首位となっている。
 マツダの販売台数は155万台だったので、単純にトヨタの販売台数にプラスすると1172万台となりフォルクスワーゲンを抜く。

 現在の5位の韓国・現代自動車の販売台数は786万台と少し差がある。マツダがトヨタ陣営に入れば、上位4社の寡占化がかなり進むことになる。

 自動車業界が置かれた現状を考えれば、この動きは妥当なものといってよい。業界では、このところ急速に電気自動車(EV)へのシフトが進んでいるが、EVは技術的難易度が低いことから、クルマがコモディディ化することは必至といわれている。

 コモディティとなった商品は価格やサービスで差別化するよりほかなく、ニッチなメーカーが生き残る余地が少なくなる。必然的に寡占化を模索することになるわけだ。

 しかしながら、自動車メーカー各社は巨額の設備負担を抱える「重い」企業であり、シェアを拡大するためにやみくもに買収すればよいというものではない。すでにトヨタはダイハツとスバルを傘下に収めており、スズキとは将来の吸収合併を視野に入れた業務提携を行っている。

 ここでマツダをも救済するということになると、トヨタは日本メーカーの駆け込み寺となってしまう。トヨタ自身がEVシフトを前に、厳しい状況に置かれている中、他社を支える余裕があるのかという疑問が沸いてくる。トヨタにとってはまさに正念場ということになるだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

no image
石油で世界制覇を目論むロシア。危険なゲームに乗り出す英国。日本も巻き込まれるゾ!

 ロシアの国策石油会社の存在感が高まっている。  ロシアの国営石油最大手ロスネフ …

00008
フランスのマスゴミがGoogleから75億円をゲット。だがまだまだ嫌がらせは続く

 米Googleが新聞社のコンテンツをタダ乗りしているとして、検索結果の表示に課 …

renesasu
政府救済のルネサス決算。1万人のリストラは決めたが、事業面の進捗はゼロ

 経営危機が表面化し、産業革新機構などによる支援が決定している半導体大手ルネサス …

ana787
ボーイング787のトラブルは本当にバッテリーなのか?下請けに甘んじる日本の悲しい現実

 米連邦航空局(FAA)は16日、全日空が所有するボーイング787がバッテリーの …

beikokuoil
原油価格の下落で商社各社が損失。今後の事業ポートフォリオは?

 住友商事は2015年3月25日、2015年3月期の決算について、黒字予想から一 …

no image
メガバンクとゆうちょ銀行で不正画面誘導が多発。だが本当に危惧されることとは?

 ネット銀行のホームページに不正が画面が表示され、パスワードなどが盗まれて不正送 …

leekanyunamida
シンガポール「建国の父」リー・クアンユー死去。独立当初は、絶望感で涙を流した?

 シンガポール建国の父と呼ばれるリー・クアンユー元首相が2015年月23日、同国 …

super02
5月の物価上昇は増税の影響を除くと鈍化。家計支出も大幅な落ち込み

 総務省は2014年6月27日、5月の消費者物価指数を発表した。代表的な指数であ …

nichigin
12月はマネーストックの伸びが鈍化。一方で物価は上昇が続いている

 日銀は2014年1月15日、2013年12月のマネーストック(マネーサプライ) …

nyse02
ツイッター偽情報による株価の乱高下。即座に株価が安定したことの方に意味がある

 4月23日のニューヨーク株式市場において、ツイッターの偽情報によって株価が一時 …