ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

自動車業界が大変動。ルノー・日産連合が上半期で世界トップに

 

 今年上半期の自動車販売で仏ルノー・日産連合が世界首位となった。自動車市場はそろそろ飽和状態とも言われており、主要4社への集約化が進む可能性が高まってきた。世界的にEV(電気自動車)シフトが急激に進んでおり、EV化の状況次第では、主要4社のシェアも大きく変動することになるかもしれない。

nissan

 2016年における世界新車販売台数は、1位が独フォルクスワーゲン(VW)で1031万台、2位はトヨタで1017万台、3位はゼネラルモーターズ(GM)で1000万台、4位は仏ルノー・日産連合で996万台だった。トヨタは2008年にGMを抜いて以来、トップを続けてきたが2016年にトップの座をVWに譲った。

 ところが今年に入ってランキングが再び大きく変動している。2017年上半期の販売台数で、これまで4位だったルノー・日産連合が一気にトップに躍り出た。

 ルノー・日産連合の販売台数は526万8000台と前年同期比で約7%のプラス。一方、VWは515万5600台とほぼ横ばいの状況で、トヨタは512万9000台と前年同期比2.7%のプラスだった。ルノー・日産連合がいきなりトップになったことには少々カラクリがある。傘下の三菱自動車の生産が回復したという特殊要因である。

 三菱自動車は燃費不正問題で販売の一時停止に追い込まれましたが、ルノー・日産連合が救済したことで、生産がようやく回復。販売台数の上乗せに貢献した。

 これでシェア争いも落ち着くかというとはそうはいかない可能性が高い。自動車業界ではEVシフトが急激に進んでいるからだ。ルノー・日産連合は、大手自動車メーカーの中ではもっともEV(電気自動車)に力を入れており、中国市場向けに低価格なEVを開発している。

 一方、トヨタはEV戦略で出遅れている状況だ。もし全世界的なEVシフトがホンモノだった場合には、首位のルノー・日産がさらにシェアを拡大する可能性が出てくる。一方、思ったほどEVシフトが進まなかった場合には、ルノー・日産のトップシェアは瞬間風速となるかもしれない。

 いずれにせよ、これからの時代は、自動車がよりコモディティ化することは確実である。中堅以下のメーカーはかなり厳しい経営を余儀なくされるだろう。

 - 経済 , , , , ,

  関連記事

spiritair
海外ではLCCを超えるスーパーLCCが大躍進。利用者の選択肢が広がる

 米国でLCC(格安航空会社)のさらに上をいく、超格安航空会社が躍進している。フ …

tokkyoshou
特許黒字は1兆円だがその内実は・・・・。特許収支からも分かる日本の空洞化

 国際競争力の低下や円高などによって、日本企業の海外移転が急ピッチで進んでいるが …

imfasia
IMFがアジアの成長率見通しを公表。結局は中国頼みという構図が明らかに

 IMF(国際通貨基金)は4月29日、アジア太平洋地域の経済見通しを公表した。そ …

gehongyo
GEが金融資産大量売却で本業回帰を加速。背景には絶好調な米経済

 米ゼネラル・エレクトリック(GE)は2015年4月10日、同社の金融部門が保有 …

nichigin04
正念場を迎える日銀の量的緩和策。黒田総裁は外部の発言を積極化

 日銀の量的緩和策が正念場を迎えている。消費者物価指数は伸び率の鈍化が目立ち、4 …

airbus
エアバスとBAEの合併交渉が破談。背後にはドイツの強硬な反対が

 エアバスの親会社EADSと英防衛大手BAEシステムズの合併が破談した。交渉の期 …

kosakukiki
7~9月期GDPを占う7月の機械受注統計。結果はやはりいまひとつ

 内閣府は2014年9月10日、7月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

rikenbitamin
小保方さん効果?理研をルーツとする「ふえるわかめちゃん」は絶好調

 理化学研究所(理研)をその設立母体とし、「ふえるわかめちゃん」や「わかめスープ …

kourioote
2月決算の小売大手決算。個人消費に多少の明るい兆しが見える

 2月決算の小売大手各社の決算がほぼ出揃った。小売各社の決算動向は、個別企業の業 …

facebookhead
グーグルとフェイスブックが好決算。ただ、従来路線の延長で目新しさはなし

 ネット企業大手のグーグルとフェイスブックが共に好決算を発表した。ただ両社とも収 …