ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

自動車業界が大変動。ルノー・日産連合が上半期で世界トップに

 

 今年上半期の自動車販売で仏ルノー・日産連合が世界首位となった。自動車市場はそろそろ飽和状態とも言われており、主要4社への集約化が進む可能性が高まってきた。世界的にEV(電気自動車)シフトが急激に進んでおり、EV化の状況次第では、主要4社のシェアも大きく変動することになるかもしれない。

nissan

 2016年における世界新車販売台数は、1位が独フォルクスワーゲン(VW)で1031万台、2位はトヨタで1017万台、3位はゼネラルモーターズ(GM)で1000万台、4位は仏ルノー・日産連合で996万台だった。トヨタは2008年にGMを抜いて以来、トップを続けてきたが2016年にトップの座をVWに譲った。

 ところが今年に入ってランキングが再び大きく変動している。2017年上半期の販売台数で、これまで4位だったルノー・日産連合が一気にトップに躍り出た。

 ルノー・日産連合の販売台数は526万8000台と前年同期比で約7%のプラス。一方、VWは515万5600台とほぼ横ばいの状況で、トヨタは512万9000台と前年同期比2.7%のプラスだった。ルノー・日産連合がいきなりトップになったことには少々カラクリがある。傘下の三菱自動車の生産が回復したという特殊要因である。

 三菱自動車は燃費不正問題で販売の一時停止に追い込まれましたが、ルノー・日産連合が救済したことで、生産がようやく回復。販売台数の上乗せに貢献した。

 これでシェア争いも落ち着くかというとはそうはいかない可能性が高い。自動車業界ではEVシフトが急激に進んでいるからだ。ルノー・日産連合は、大手自動車メーカーの中ではもっともEV(電気自動車)に力を入れており、中国市場向けに低価格なEVを開発している。

 一方、トヨタはEV戦略で出遅れている状況だ。もし全世界的なEVシフトがホンモノだった場合には、首位のルノー・日産がさらにシェアを拡大する可能性が出てくる。一方、思ったほどEVシフトが進まなかった場合には、ルノー・日産のトップシェアは瞬間風速となるかもしれない。

 いずれにせよ、これからの時代は、自動車がよりコモディティ化することは確実である。中堅以下のメーカーはかなり厳しい経営を余儀なくされるだろう。

 - 経済 , , , , ,

  関連記事

titanic2
タイタニック号が2016年に復活。だが建造を受注したのは無名の中国企業

 オーストラリアで複数の鉱山会社を所有する大富豪クライブ・バーマー氏が、豪華客船 …

no image
韓国から通貨スワップ延長の申請未だなし。協定が終了した場合の影響は?

 日本と韓国で締結されている通貨スワップ協定が延長されない可能性が高くなってきた …

seijouishii
マネーゲームの末、高級スーパー成城石井はローソンへ。相乗効果は未知数

 コンビニ大手のローソンが、首都圏を中心に高級スーパーを展開する成城石井を買収す …

yasai
韓国で野菜の流通コスト高が政治問題に。だが日本はもっとひどいぞ!

 韓国の朴槿恵新政権の重要な政策課題の一つが、割高といわれる韓国の流通コストの改 …

yarigai
日本人の仕事に対する満足度が低いという調査結果をどう見る?

 ビジネスマン向けSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)大手の米リンク …

sangyoukyousouryoku
残業代ゼロ政策の議論が復活。今度は一般社員への適用も検討?

 労働時間に関わらず賃金を一定にするホワイトカラーエグゼンプションが、再び議論の …

hamadak
安倍首相の経済ブレーンである浜田宏一氏が、金融政策の誤りを認めたという話の虚実

 アベノミクスの理論的支柱と言われ、内閣官房参与を務めている浜田宏一エール大学教 …

toyota02
トヨタの絶好調決算から学ぶ、円安がもたらすメリットとデメリット

 トヨタ自動車は2014年11月5日、2014年9月中間決算を発表し、2015年 …

no image
日産のゴーン会長、フランスではホンネ連発。だがそれは日本人自身が招いたこと

 日産・ルノーのカルロス・ゴーン会長はパリのモーターショーで、欧州では過剰生産能 …

toyotamatuda
トヨタとマツダが資本提携。中堅自動車メーカーはすべてトヨタ系列に?

 トヨタとマツダが資本提携することになった。相互に約500億円を出資し、共同で新 …