ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

自動車業界が大変動。ルノー・日産連合が上半期で世界トップに

 

 今年上半期の自動車販売で仏ルノー・日産連合が世界首位となった。自動車市場はそろそろ飽和状態とも言われており、主要4社への集約化が進む可能性が高まってきた。世界的にEV(電気自動車)シフトが急激に進んでおり、EV化の状況次第では、主要4社のシェアも大きく変動することになるかもしれない。

nissan

 2016年における世界新車販売台数は、1位が独フォルクスワーゲン(VW)で1031万台、2位はトヨタで1017万台、3位はゼネラルモーターズ(GM)で1000万台、4位は仏ルノー・日産連合で996万台だった。トヨタは2008年にGMを抜いて以来、トップを続けてきたが2016年にトップの座をVWに譲った。

 ところが今年に入ってランキングが再び大きく変動している。2017年上半期の販売台数で、これまで4位だったルノー・日産連合が一気にトップに躍り出た。

 ルノー・日産連合の販売台数は526万8000台と前年同期比で約7%のプラス。一方、VWは515万5600台とほぼ横ばいの状況で、トヨタは512万9000台と前年同期比2.7%のプラスだった。ルノー・日産連合がいきなりトップになったことには少々カラクリがある。傘下の三菱自動車の生産が回復したという特殊要因である。

 三菱自動車は燃費不正問題で販売の一時停止に追い込まれましたが、ルノー・日産連合が救済したことで、生産がようやく回復。販売台数の上乗せに貢献した。

 これでシェア争いも落ち着くかというとはそうはいかない可能性が高い。自動車業界ではEVシフトが急激に進んでいるからだ。ルノー・日産連合は、大手自動車メーカーの中ではもっともEV(電気自動車)に力を入れており、中国市場向けに低価格なEVを開発している。

 一方、トヨタはEV戦略で出遅れている状況だ。もし全世界的なEVシフトがホンモノだった場合には、首位のルノー・日産がさらにシェアを拡大する可能性が出てくる。一方、思ったほどEVシフトが進まなかった場合には、ルノー・日産のトップシェアは瞬間風速となるかもしれない。

 いずれにせよ、これからの時代は、自動車がよりコモディティ化することは確実である。中堅以下のメーカーはかなり厳しい経営を余儀なくされるだろう。

 - 経済 , , , , ,

  関連記事

imf201601
IMFの世界経済見通し。中国のくしゃみでロシアとブラジルが高熱ダウン

 IMF(国際通貨基金)は2016年1月19日、世界経済見通しの改定値を発表した …

nenkin
年金運用益が過去最高。だが運用原資は毎年4兆円ずつ減少しているという事実

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は7月2日、2012年度の運用状況を …

tokyowan
GDPギャップは依然マイナスのまま。供給過剰な状態は本当に一時的なものなのか?

 内閣府は8月22日、4~6月期におけるGDPギャップがマイナス1.9%になった …

winefund
国内唯一のワインファンド会社が破産。投資家には虚偽報告の可能性

 ワイン投資ファンドを運営する株式会社ヴァンネットが東京地裁に自己破産を申請した …

bouekitoukei 201503
貿易収支は2年9カ月ぶりに黒字。長期的に赤字傾向は変わらない可能性が高い

 財務省は2015年4月22日、3月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

manindensha
神奈川県民の通勤コストは何と100万円。もっとも安い県はいくら?

 神奈川県民が年間100万円も通勤費をかけているという調査結果が話題となっている …

motegi
訪米した茂木経産相が電力会社主導の新しい原発安全対策組織の設立を表明

 連休中にアメリカを訪問した茂木経済産業大臣は5月3日、ワシントンでポネマン米エ …

tokyowan
企業の設備投資予定額が大幅増。だが公共事業の影響も大きく継続性があるかは不明

 日本政策投資銀行は8月5日、2013年度の設備投資計画に関する調査結果を発表し …

gealstomjapan
日本メーカーによるグローバルな「コバンザメ商法」は上手くいくか?

 重電の分野では、巨額のM&Aを軸にグローバルな再編が急ピッチで進んでい …

siniakigyou
起業希望者はバブル期に比べて半減。だが高齢者起業家は急増中

 起業を希望する人の数が年々減少し、2012年にはピーク時の約半分になったことが …