ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

自動車業界が大変動。ルノー・日産連合が上半期で世界トップに

 

 今年上半期の自動車販売で仏ルノー・日産連合が世界首位となった。自動車市場はそろそろ飽和状態とも言われており、主要4社への集約化が進む可能性が高まってきた。世界的にEV(電気自動車)シフトが急激に進んでおり、EV化の状況次第では、主要4社のシェアも大きく変動することになるかもしれない。

nissan

 2016年における世界新車販売台数は、1位が独フォルクスワーゲン(VW)で1031万台、2位はトヨタで1017万台、3位はゼネラルモーターズ(GM)で1000万台、4位は仏ルノー・日産連合で996万台だった。トヨタは2008年にGMを抜いて以来、トップを続けてきたが2016年にトップの座をVWに譲った。

 ところが今年に入ってランキングが再び大きく変動している。2017年上半期の販売台数で、これまで4位だったルノー・日産連合が一気にトップに躍り出た。

 ルノー・日産連合の販売台数は526万8000台と前年同期比で約7%のプラス。一方、VWは515万5600台とほぼ横ばいの状況で、トヨタは512万9000台と前年同期比2.7%のプラスだった。ルノー・日産連合がいきなりトップになったことには少々カラクリがある。傘下の三菱自動車の生産が回復したという特殊要因である。

 三菱自動車は燃費不正問題で販売の一時停止に追い込まれましたが、ルノー・日産連合が救済したことで、生産がようやく回復。販売台数の上乗せに貢献した。

 これでシェア争いも落ち着くかというとはそうはいかない可能性が高い。自動車業界ではEVシフトが急激に進んでいるからだ。ルノー・日産連合は、大手自動車メーカーの中ではもっともEV(電気自動車)に力を入れており、中国市場向けに低価格なEVを開発している。

 一方、トヨタはEV戦略で出遅れている状況だ。もし全世界的なEVシフトがホンモノだった場合には、首位のルノー・日産がさらにシェアを拡大する可能性が出てくる。一方、思ったほどEVシフトが進まなかった場合には、ルノー・日産のトップシェアは瞬間風速となるかもしれない。

 いずれにせよ、これからの時代は、自動車がよりコモディティ化することは確実である。中堅以下のメーカーはかなり厳しい経営を余儀なくされるだろう。

 - 経済 , , , , ,

  関連記事

no image
シャープを翻弄する鴻海の最大の弱点とは?

 シャープへの出資をめぐって注目されている台湾の鴻海精密工業。カリスマとして知ら …

tamatsuka
ローソンのトップに玉塚氏が就任。ユニクロでの屈辱をリベンジできるか?

 ローソンは2014年3月24日の取締役会において、玉塚元一最高執行責任者(CO …

no image
遺伝子組み換え食品に発ガンの可能性と仏が報道。米モンサント社への攻撃か?

 遺伝子組み換え飼料で飼育されたラットは、通常のラットに比べて早く死に、ガンにな …

kojinjigyonusi
個人経営の事業所の8割は後継者がおらず、パソコンの導入がほとんど進んでいない

 総務省は2015年7月10日、2014年の個人企業経済調査(構造編)の結果を発 …

tosho05
東証が審査を厳格化。なかなか前に進まない日本企業の情報開示

 スマホ向けゲーム開発企業「gumi」のずさんな情報開示をきっかけに、上場企業の …

lewzaimuchokan
財政再建にメドを付けた米国。財政が悪化する日本。すべては金利次第という驚愕の事実

 米財務省は10月30日、2013年度の財政収支を発表した。財政赤字の規模が当初 …

euuk
EU離脱をめぐる市場の反応。英国の株価はむしろ上昇、欧州側が大幅下落のナゼ?

 英国のEU離脱をめぐって一度は落ち着いた金融市場が再び動揺している。ドイツ銀行 …

aso
麻生財務相が高橋是清の政策をモデルにと言及。その後の展開を知っての発言なのか?

 麻生財務相は2月3日、NHKの番組に出演し、デフレ対策として戦前の政治家である …

chinaenergy
中国が南シナ海での資源開発をあらためて強調。中国が譲歩できないその背景

 中国政府は、フィリピンなどとの領有権問題が発生している南シナ海領域について、中 …

putin201412
ルーブル下落が止まらず、ロシア国民の生活を直撃。住宅ローン破産者も続出

 ロシアのルーブルが急落している。2014年12月15日の外国為替市場では、ルー …