ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

労働時間を一気に2割削減するという電通の働き方改革は実現可能か?

 

 新入社員の過労自殺事件を受け、労働基準法違反で起訴された電通が、労働環境改善に向けた基本計画を公表した。働き方改革のモデル・ケースとなるのか注目されている。

dentsu

  電通の2014年度における1人あたりの年間総労働時間は2252時間だった。日本人の平均的な年間総労働時間は約1700時間なので電通社員の労働時間は長いといってよいだろう。

 もっとも、1700時間というデータは事業者側から得られたものなので、いわゆるサービス残業がカウントされていない可能性が指摘されている。電通の2252時間という数字もどこまで実態を表わしているのかは分からないが、全社的に業務の再確認を行った結果なので、一定の信頼性があるとみてよいだろう。

 公表された基本計画では、2019年度までに総労働時間を2割減らし1800時間にするという目標が提示されている。具体的な削減方法としては、人員の増強、業務プロセスの見直し、自動化やアウトソーシング、IT化の進展などが列挙された。

 このうち、人員の増強とアウトソーシングは直接的なコスト増加要因となるが、業務プロセスの見直しやIT化はコスト削減につながる。IT化の場合は先行投資が必要となるが、ひとたび投資を行えば理論上はその効用がしばらく続くことになる。

 もし電通が本当に総労働時間を2割減らすことに成功した場合、同様のやり方で他の日本企業も労働時間を減らせる可能性が見えてくる。電通は、典型的な日本型業務の会社であり、他への応用が容易と考えられるからだ。

 日本の労働生産性は欧米と比較すると2割から3割低いといわれているが、アウトプットを減らさず労働時間を2割減らすことができれば、欧米水準に一歩近づくことになる。増員やアウトソーシングという項目があるので、実際には1.5割というところかもしれないが、それでも数字上はだいぶ改善する。

 電通が本当に成果を上げることができるのか、また、この成果を他の日本企業に展開することができるのか、電通の試みは働き方改革実現の試金石となりつつある。

 - 社会, 経済 ,

  関連記事

fufubessei
夫婦別姓をめぐる議論。伝統的価値観に対する奇妙な「ねじれ」現象が発生

 最高裁は2015年12月16日、夫婦別姓を認めない民法の規定について「合憲」で …

ketusgo
新経済連盟の三木谷代表が提言書を提出。英語などグローバル色を強く打ち出す内容

 新経済連盟の三木谷浩史代表理事は4月17日、甘利明経済財政・再生相と会談し、新 …

may
英国首相に実務派のメイ内相が就任。市場には安心感が広がる

 英国の次期首相を選ぶ保守党の党首選は2016年7月11日、テリーザ・メイ内相と …

no image
ソフトバンクによるTモバイル買収が白紙に。時間をかけて再度買収を画策か?

 ソフトバンクの子会社で米携帯電話3位のスプリントは、TモバイルUSの買収を断念 …

abe20141229
政府の予算と決算には乖離がある。経済対策3.5兆円を額面通りに評価してはいけない

 政府は2014年12月27日、臨時閣議を開き、総額3兆5000億円の経済対策を …

factory07
米国がモノを買わなくなっている。日本人は米国の過剰消費を批判している場合ではない

 米国が世界の買い手としての立場を降りようとしている。新興国経済の鈍化が目立つ中 …

josei
イオンが女性管理職の割合を一気に50%に拡大。女性の社会進出はもはや必然

 小売り大手のイオンは5月16日、管理職に占める女性の割合を、現在の7%から20 …

yukashi03
このタイミングでアブラハム社が行政処分となった背景は何か?

 証券取引等監視委員会が投資助言会社アブラハム・プライベートバンクを行政処分する …

imf201404
米国依存が鮮明になったIMFの最新世界経済見通し。日欧の量的緩和策が次の焦点に

 IMF(国際通貨基金)は2014年4月8日、最新の世界経済見通しを発表した。2 …

no image
日本の富裕層は124万世帯。格差拡大はこれからが本番?

 コンサルティング会社であるボストン・コンサルティング・グループは2014年6月 …