ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

労働時間を一気に2割削減するという電通の働き方改革は実現可能か?

 

 新入社員の過労自殺事件を受け、労働基準法違反で起訴された電通が、労働環境改善に向けた基本計画を公表した。働き方改革のモデル・ケースとなるのか注目されている。

dentsu

  電通の2014年度における1人あたりの年間総労働時間は2252時間だった。日本人の平均的な年間総労働時間は約1700時間なので電通社員の労働時間は長いといってよいだろう。

 もっとも、1700時間というデータは事業者側から得られたものなので、いわゆるサービス残業がカウントされていない可能性が指摘されている。電通の2252時間という数字もどこまで実態を表わしているのかは分からないが、全社的に業務の再確認を行った結果なので、一定の信頼性があるとみてよいだろう。

 公表された基本計画では、2019年度までに総労働時間を2割減らし1800時間にするという目標が提示されている。具体的な削減方法としては、人員の増強、業務プロセスの見直し、自動化やアウトソーシング、IT化の進展などが列挙された。

 このうち、人員の増強とアウトソーシングは直接的なコスト増加要因となるが、業務プロセスの見直しやIT化はコスト削減につながる。IT化の場合は先行投資が必要となるが、ひとたび投資を行えば理論上はその効用がしばらく続くことになる。

 もし電通が本当に総労働時間を2割減らすことに成功した場合、同様のやり方で他の日本企業も労働時間を減らせる可能性が見えてくる。電通は、典型的な日本型業務の会社であり、他への応用が容易と考えられるからだ。

 日本の労働生産性は欧米と比較すると2割から3割低いといわれているが、アウトプットを減らさず労働時間を2割減らすことができれば、欧米水準に一歩近づくことになる。増員やアウトソーシングという項目があるので、実際には1.5割というところかもしれないが、それでも数字上はだいぶ改善する。

 電通が本当に成果を上げることができるのか、また、この成果を他の日本企業に展開することができるのか、電通の試みは働き方改革実現の試金石となりつつある。

 - 社会, 経済 ,

  関連記事

iwata02
日銀岩田副総裁によれば期待インフレ率は上昇しているというが・・・・

 日銀の岩田副総裁は、経済紙とのインタビューにおいて、日銀の金融政策として実質金 …

trumptrade
トランプ大統領が貿易不均衡是正の大統領令にサイン。ターゲットは日独中

 トランプ大統領は3月31日、貿易赤字の削減を目指す大統領令に署名した。高い関税 …

imf201701
IMFが最新の経済見通しを発表。トランプ経済についてはプラス・マイナス両方

 IMF(国際通貨基金)は2017年1月16日、世界経済見通しの改定値を発表した …

kizui
ジャガーランドローバーと奇瑞汽車が合弁。中国が外資の取り込みを活発化

 英国の高級車メーカーであるジャガー・ランドローバーと中国の奇瑞汽車は21日、中 …

yamasita
CDはボロボロ、ダウンロード販売も激減。音楽業界はもはやシニア向けビジネス?

 CDの販売不振で苦しめられてきた音楽業界がさらに苦境に立たされている。頼みの綱 …

goodyeardunrop
フランスの隣接する2つのタイヤ工場の明暗を分けたものは、長時間労働の受け入れだった

 フランス北部アミアンにある2つのタイヤ工場をめぐって、ちょっと変わった事態が発 …

shukinpeihouei2015
習近平国家主席の訪英。とうとう英国原発の中国丸投げについて最終合意

 英国を訪問中の中国の習近平国家主席と英国のキャメロン首相は2015年10月21 …

obamacaretrump
トランプ大統領が目玉政策「オバマケア代替法案」の成立を断念。今後の政権運営に暗雲

 トランプ政権は、目玉政策のひとつであったオバマケアの代替法案について議会での成 …

nichia
従業員の発明による特許も基本的には企業帰属へ。職務発明制度の見直しがスタート

 政府は、企業の従業員が仕事で発明した「職務発明」の特許について、その権利を従業 …

sangyoukyousouyrokukaigi
産業競争力会議が初会合。だが官僚主導で従来型の陳腐な内容に終始する可能性大

 政府は23日、日本経済再生本部の下部組織となる産業競争力会議の初会合を開いた。 …