ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

労働時間を一気に2割削減するという電通の働き方改革は実現可能か?

 

 新入社員の過労自殺事件を受け、労働基準法違反で起訴された電通が、労働環境改善に向けた基本計画を公表した。働き方改革のモデル・ケースとなるのか注目されている。

dentsu

  電通の2014年度における1人あたりの年間総労働時間は2252時間だった。日本人の平均的な年間総労働時間は約1700時間なので電通社員の労働時間は長いといってよいだろう。

 もっとも、1700時間というデータは事業者側から得られたものなので、いわゆるサービス残業がカウントされていない可能性が指摘されている。電通の2252時間という数字もどこまで実態を表わしているのかは分からないが、全社的に業務の再確認を行った結果なので、一定の信頼性があるとみてよいだろう。

 公表された基本計画では、2019年度までに総労働時間を2割減らし1800時間にするという目標が提示されている。具体的な削減方法としては、人員の増強、業務プロセスの見直し、自動化やアウトソーシング、IT化の進展などが列挙された。

 このうち、人員の増強とアウトソーシングは直接的なコスト増加要因となるが、業務プロセスの見直しやIT化はコスト削減につながる。IT化の場合は先行投資が必要となるが、ひとたび投資を行えば理論上はその効用がしばらく続くことになる。

 もし電通が本当に総労働時間を2割減らすことに成功した場合、同様のやり方で他の日本企業も労働時間を減らせる可能性が見えてくる。電通は、典型的な日本型業務の会社であり、他への応用が容易と考えられるからだ。

 日本の労働生産性は欧米と比較すると2割から3割低いといわれているが、アウトプットを減らさず労働時間を2割減らすことができれば、欧米水準に一歩近づくことになる。増員やアウトソーシングという項目があるので、実際には1.5割というところかもしれないが、それでも数字上はだいぶ改善する。

 電通が本当に成果を上げることができるのか、また、この成果を他の日本企業に展開することができるのか、電通の試みは働き方改革実現の試金石となりつつある。

 - 社会, 経済 ,

  関連記事

sanfranrengin
実はそれほど悪くない?サンフランシスコ連銀の米GDPに関する見解が話題に

 年率換算でプラス0.2%成長にとどまっていた2015年1~3月期の米GDP(国 …

kuukikan
中国の富豪が大気汚染に抗議?して空気の缶詰を販売。シニカルな戦略が意味するもの

 連日、深刻な大気汚染が続いている北京でユニークな商品が販売され話題となっている …

tabakohaian
見送りの可能性も出てきた受動喫煙防止法案。日本は2周回遅れへ

 今国会での審議が予定されていた受動喫煙防止法案の提出が見送られる可能性が高くな …

choju03
WHO統計。日本は長寿世界一を何とか維持したが、2位転落も近いか?

 世界保健機関(WHO)は5月15日、2013年版「世界保健統計」を発表した。そ …

rarogo
発射延期となった韓国初の人工衛星搭載ロケット。実はほとんどがロシア製

 韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老号」の打ち上げが延期となった。発射の直前にガ …

sontrump
孫正義氏がトランプ氏と電撃会談で米国投資を確約。パートナーが鴻海である理由

 ソフトバンクグループの孫正義社長は2016年12月6日、トランプ次期米大統領と …

nichigin
黒田新総裁は実はインフレ課税を狙っている?刺激的な英経済紙のコラムが話題に

 日本のインフレ課税の可能性について指摘したエコノミスト誌のコラムが市場関係者の …

monju
高速増殖炉もんじゅは廃炉にするも、あたらな高速炉の開発計画が浮上

 運転停止中の高速増殖炉「もんじゅ」について、政府が廃炉に向けて動き始めた。一方 …

PHM11_0589
いくら緩和しても経済成長なんてムリ!日銀のホンネが聞こえてくる

 2014年度の消費者物価指数(CPI)上昇率見通しが日銀の目標値である1%に届 …

taxi
タクシーの規制強化。それは本当に運転手の待遇改善を目的としているのか?

 与党と民主党は、タクシーの台数制限を義務づける「タクシーサービス向上法案」に合 …