ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国の自動車産業が大躍進。日米水準に近づくのも時間の問題か?

 

 中国の自動車メーカーが急速に技術力を高めている。政府が直接経営に関与する国営メーカーはもちろんのこと、これまで政府からの支援を受けてこなかった純粋な「民族系」メーカーも躍進が著しい。中国の産業インフラが本質的に変化した可能性について認識する必要がありそうだ。

bydcar

  中国の自動車産業は完全に国策となっており、トヨタなど「外資系」企業は自由に生産はできない。外国メーカーが中国国内で自動車を生産する場合、国内メーカーと合弁企業を設立することが義務付けられており、外国からの出資比率は50%以下にする必要がある。

 米ゼネラルモーターズ(GM)や独フォルクスワーゲン(VW)など主要メーカーは相次いで中国の政府系自動車メーカーと合弁を組んで中国市場に進出した。日本メーカー各社も政府系企業と合弁を設立している。中国政府の目的は自動車の生産技術を国内に移転することなので、当然、合弁企業を通じて中国側に技術が移転することになる。

 高度な生産技術を必要とする自動車産業の場合、そう簡単に技術が移転するわけではない。当初は、中国の思惑通りにはいかなかったが、経験値が増えるにしたがって中国側にも技術の蓄積が進んでいった。ここ2~3年の間に中国メーカーの技術力は飛躍的に高まっており、外資系メーカーに近いレベルの生産技術を身につけるようになっている。

 中国の技術力向上がホンモノであることは、独立系メーカーの躍進が著しいことからも推察することができる。長城汽車、吉利汽車、BYDといった完全民営の民族系メーカーは、政府の支援を受けることができなかったため、長年苦戦を強いられてきた。しかし、最近では利用者のニーズを捉えた製品ラインナップで急激に販売台数を伸ばしている。

 独立系の企業が高度な技術を蓄積し始めたということは、中国国内の平均的な産業レベルが相当なレベルまで上がってきたことを示唆している。近い将来、中国の自動車産業が日本や米国と肩を並べる可能性について、現実問題として認識する必要がありそうだ。

 2016年における中国の自動車販売台数は約2800万台と、米国の1.6倍、日本の5.6倍もの規模がある。中国の自動車産業が日米並みの実力を持った場合、トヨタやGMといった「外資系」が中国市場でシェアを拡大するのはそう容易なことではない。

 - 経済 ,

  関連記事

no image
インサイダー疑惑で露呈した証券会社の下半身接待。なぜ増えているのか?

 証券会社による一連のインサイダー取引疑惑によって、証券業界の下半身接待の実態が …

girishagikai
ギリシャ支援、4カ月継続で合意。基本的に状況は何も変わらず

 EU(欧州連合)は2014年2月20日に開催したユーロ圏財務相会合で、ギリシャ …

global01
相次ぐ海外大型買収は日本経済に大きなメリットをもたらす

 ソフトバンクによる米スプリント社の買収やサントリーによる米ビーム社の買収など、 …

sonyhirai
ソニーが最悪のタイミングで増資を発表。もはやグローバル企業ではなくなった?

 ソニーが突然、公募増資などによる最大4400億円の資金調達を発表した。業績回復 …

tansuyokin
マイナス金利以降、タンス預金がさらに増加。将来への不安を反映?

 マイナス金利の導入以降、タンス預金が増加していると言われてきたが、その傾向に拍 …

sukiya201408
「すき家」の赤字転落は、これから深刻化する人手不足経済の縮図?

 大手牛丼チェーン「すき家」を展開するゼンショーホールディングスは、人手不足によ …

kijijidousakusei
AP通信が決算記事の作成にロボットを導入。この動きは一般企業にも波及する

 通信社大手のAPは2014年6月30日、同社が提供する決算記事の作成にロボット …

casino
カジノ解禁をめぐって依存症の問題が急浮上。だが本質はそこではない

 現在、政府内部で検討が進むカジノ解禁をめぐって、ギャンブル依存症に関する話題が …

abetoben
首相がアベノミクスへの懸念について見解を表明。あと半年で円安効果が出るというが・・

 安倍首相は5月7日の参院予算委員会の集中審議に出席し、貿易赤字やインフレなど、 …

jutakugai
低所得者層でなぜか持ち家比率が急増。そのカラクリはつまらない話だった

 持ち家を購入する世帯が増加していることが総務省の家計調査で明らかになった。20 …