ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国の自動車産業が大躍進。日米水準に近づくのも時間の問題か?

 

 中国の自動車メーカーが急速に技術力を高めている。政府が直接経営に関与する国営メーカーはもちろんのこと、これまで政府からの支援を受けてこなかった純粋な「民族系」メーカーも躍進が著しい。中国の産業インフラが本質的に変化した可能性について認識する必要がありそうだ。

bydcar

  中国の自動車産業は完全に国策となっており、トヨタなど「外資系」企業は自由に生産はできない。外国メーカーが中国国内で自動車を生産する場合、国内メーカーと合弁企業を設立することが義務付けられており、外国からの出資比率は50%以下にする必要がある。

 米ゼネラルモーターズ(GM)や独フォルクスワーゲン(VW)など主要メーカーは相次いで中国の政府系自動車メーカーと合弁を組んで中国市場に進出した。日本メーカー各社も政府系企業と合弁を設立している。中国政府の目的は自動車の生産技術を国内に移転することなので、当然、合弁企業を通じて中国側に技術が移転することになる。

 高度な生産技術を必要とする自動車産業の場合、そう簡単に技術が移転するわけではない。当初は、中国の思惑通りにはいかなかったが、経験値が増えるにしたがって中国側にも技術の蓄積が進んでいった。ここ2~3年の間に中国メーカーの技術力は飛躍的に高まっており、外資系メーカーに近いレベルの生産技術を身につけるようになっている。

 中国の技術力向上がホンモノであることは、独立系メーカーの躍進が著しいことからも推察することができる。長城汽車、吉利汽車、BYDといった完全民営の民族系メーカーは、政府の支援を受けることができなかったため、長年苦戦を強いられてきた。しかし、最近では利用者のニーズを捉えた製品ラインナップで急激に販売台数を伸ばしている。

 独立系の企業が高度な技術を蓄積し始めたということは、中国国内の平均的な産業レベルが相当なレベルまで上がってきたことを示唆している。近い将来、中国の自動車産業が日本や米国と肩を並べる可能性について、現実問題として認識する必要がありそうだ。

 2016年における中国の自動車販売台数は約2800万台と、米国の1.6倍、日本の5.6倍もの規模がある。中国の自動車産業が日米並みの実力を持った場合、トヨタやGMといった「外資系」が中国市場でシェアを拡大するのはそう容易なことではない。

 - 経済 ,

  関連記事

shukinpei07
中国が今後の改革における主要項目を発表。あまりにも多い日本との共通点

 中国共産党は、党の重要な会議である第18期中央委員会第3回全体会議(3中全会) …

okane201407
最低賃金は16円引き上げで780円に。生活保護との逆転現象は解消

 最低賃金の引き上げについて議論していた厚生労働省の審議会は2014年7月29日 …

part_s
パート労働者の時給が急上昇。コストプッシュ・インフレの前触れ?

 パートタイム労働者の賃金が大幅に上昇している。これまで低く抑えられてきた非正規 …

jutakurone
メガバンク各行が一斉に住宅ローン金利を引き上げ。金融市場に何をもたらすか?

 メガバンク各行が4月に入って住宅ローン金利を一斉に引き上げた。トランプ経済の影 …

abe20150630
財政再建は経済成長頼みで結論先送り。肝心の成長戦略は弾切れ状態

 政府は2015年6月30日、経済財政運営の基本方針「骨太の方針」と新しい成長戦 …

trumptrade
トランプ大統領が貿易不均衡是正の大統領令にサイン。ターゲットは日独中

 トランプ大統領は3月31日、貿易赤字の削減を目指す大統領令に署名した。高い関税 …

doruen201412
円高要因が見当たらない?。市場ではすでに1ドル=120円以後の展開に注目

 ドル円相場が1ドル=119円台後半まで下落したことで、市場はすでに120円突破 …

okane
スイスで経営者の高額報酬に制限。だが役員報酬が世界で最も割高なのは日本企業だ

 スイスで3月3日、企業経営者の高額報酬を制限するか否かを問う国民投票が実施され …

chiamujinki
日本を尻目に中国が着々と無人機を開発。ガラパゴスの影響はこんなところにも

 航空業界の国際見本市「北京国際航空展」が9月25日から中国・北京で開催されてい …

no image
振るわない製造業の設備投資。アベノミクスは基本戦略そのものの見直しが必要?

 製造業の設備投資がなかなか回復しない。内閣府が2013年12月11日に発表した …