ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国の自動車産業が大躍進。日米水準に近づくのも時間の問題か?

 

 中国の自動車メーカーが急速に技術力を高めている。政府が直接経営に関与する国営メーカーはもちろんのこと、これまで政府からの支援を受けてこなかった純粋な「民族系」メーカーも躍進が著しい。中国の産業インフラが本質的に変化した可能性について認識する必要がありそうだ。

bydcar

  中国の自動車産業は完全に国策となっており、トヨタなど「外資系」企業は自由に生産はできない。外国メーカーが中国国内で自動車を生産する場合、国内メーカーと合弁企業を設立することが義務付けられており、外国からの出資比率は50%以下にする必要がある。

 米ゼネラルモーターズ(GM)や独フォルクスワーゲン(VW)など主要メーカーは相次いで中国の政府系自動車メーカーと合弁を組んで中国市場に進出した。日本メーカー各社も政府系企業と合弁を設立している。中国政府の目的は自動車の生産技術を国内に移転することなので、当然、合弁企業を通じて中国側に技術が移転することになる。

 高度な生産技術を必要とする自動車産業の場合、そう簡単に技術が移転するわけではない。当初は、中国の思惑通りにはいかなかったが、経験値が増えるにしたがって中国側にも技術の蓄積が進んでいった。ここ2~3年の間に中国メーカーの技術力は飛躍的に高まっており、外資系メーカーに近いレベルの生産技術を身につけるようになっている。

 中国の技術力向上がホンモノであることは、独立系メーカーの躍進が著しいことからも推察することができる。長城汽車、吉利汽車、BYDといった完全民営の民族系メーカーは、政府の支援を受けることができなかったため、長年苦戦を強いられてきた。しかし、最近では利用者のニーズを捉えた製品ラインナップで急激に販売台数を伸ばしている。

 独立系の企業が高度な技術を蓄積し始めたということは、中国国内の平均的な産業レベルが相当なレベルまで上がってきたことを示唆している。近い将来、中国の自動車産業が日本や米国と肩を並べる可能性について、現実問題として認識する必要がありそうだ。

 2016年における中国の自動車販売台数は約2800万台と、米国の1.6倍、日本の5.6倍もの規模がある。中国の自動車産業が日米並みの実力を持った場合、トヨタやGMといった「外資系」が中国市場でシェアを拡大するのはそう容易なことではない。

 - 経済 ,

  関連記事

iwatakikuo
岩田副総裁候補が、積極的な財政出動を肯定。バラ捲き予算にはずみ?

 日銀副総裁候補の岩田規久男学習院大教授は5日、衆院議院運営委員会の所信聴取に出 …

linederima
LINEが料理の出前サービスに参入。これからは家で食べるのが主流に?

 LINEが飲食店のデリバリーサービスに参入した。外資系のウーバーイーツや楽天が …

takuhai
ヤマトが宅配取扱量抑制を検討。ネット通販会社による独自サービス拡大のきっかけに?

 宅配便最大手のヤマトホールディングスが、荷物の取扱量抑制の検討を開始した。この …

no image
経済優等生のブルガリアがユーロ加盟を拒否。ユーロ圏拡大にブレーキ

 ユーロ導入を検討していたブルガリアが、EUの将来性が見込めないことから、導入を …

nanba
DeNA創業者の南場智子氏が現場復帰。社長復帰説がくすぶっているが

 夫の看病を理由にDeNAの社長を退任し、近頃、フルタイムの場復帰を宣言した南場 …

doller
米国の債務上限問題。1兆円コイン発行という奇策は財務省が否定

 新年に入りオバマ大統領と議会共和党の攻防が再び激しくなっている。昨年末、財政の …

twitter
ツイッターがとうとう上場。同社の収益力について投資家が数字で判断する方法

 米ツイッターが10月7日、とうとうニューヨーク証券取引所に上場した。初値は45 …

trumpusa
トランプ政権の経済閣僚が固まる。かつての対日貿易交渉がそのまま中国版にシフト?

 トランプ次期政権の経済チームの顔ぶれがほぼ固まった。対中強硬派の人物が多く、中 …

factoryline
全世界的に製造業が回復基調。9月の量的緩和縮小の可能性が高まる?

 全世界的に製造業の景況感が改善してきている。米供給管理協会(ISM)が発表した …

apuruwochi
アップルウオッチの登場で金の価格形成メカニズムが変わる?

 米アップルは2015年3月9日、腕時計型のウェアラブル端末「アップルウオッチ」 …