ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

橋下氏の「変節」をブレーンの古賀氏が批判。元官僚をやたら持ち上げる日本社会の病理

 

 維新の会の橋下代表代行が、脱原発政策について事実上撤回する発言を行ったことに対して、元官僚で大阪府・大阪市特別顧問を務める古賀茂明氏がツイッター上で批判した。維新の会の主要ブレーンの一人が公然と橋下氏を批判したことによって、維新の会内部の状態がガタダタになっていることが浮き彫りになった。だが一部からは元官僚のブレーンに政策を依存したツケが回ってきているとの声も出ている。

 維新の会は、政策ブレーンとして古賀茂明氏、堺屋太一氏、高橋洋一氏などといった元官僚をズラッと取り揃えている。日本では脱官僚政治の象徴として、官僚に挑戦する民間人ではなく、なぜか官僚を辞めた人たちが賞賛される。
  確かに「あちら側」から「こちら側」に寝返った人は、相手の内部事情に詳しく、一定の役割があることは間違いない。だが彼らは、個人的な能力はともかくとして、国民から税金をもらい、「あちら側」で仕事をしてきた人たちである。
 本来官僚というのは政治家が決めたことを忠実に実行するのがその責務であり、自分達が主義主張を掲げて行動することは許されない存在。仮に政治家が間違った決断をしたとしてもそれに従う義務がある。在籍中にその方針に従わなかったというのは、その主張がいくら正しくても、完全に民主主義のルールを逸脱している。

 だが多くの日本人は、こういった脱藩官僚を異様に賞賛する。これは考えようによってはかなり危険な思想といえる。戦前の軍部の独走に代表されるような民主主義の破壊につながっていく(自分が正しいと思えば何をやってもよいという思考回路)危険性を内包しているのだが、なぜそうなってしまうのか?
 それは日本人の潜在意識の中に、官僚は絶対的に優秀であり、政治家に政治を任せてはいけないという、民主主義とは正反対の危険思想が根強く存在しているからである。
 つまり官僚政治への批判の多くが、政策決定が民主的であるべきだという論理的なものではなく、官僚がオイシイ思いをしていることに対する妬みにしか過ぎないのである。

 本来の脱官僚政治というのは、こういった官僚に対する国民自身の卑屈な考えも含めて改革することであり、辞めた官僚を賞賛して、現状の官僚の特権を批判することではない。古賀氏や堺屋氏、高橋氏は個人的には優秀な人物なのかもしれないが、民間でも優秀な人物はたくさん存在する。だが民間人では無理で、元官僚しか頼りにならないというなら、そもそも官僚政治の改革など無理な話である。

 橋下氏はタブーなきストレートな発言で、こういった卑屈な日本人の精神構造を打破することが期待されてきた。だが国民からの支持を取り付けるため、安易に元官僚のブレーンを多用してしまった。そのツケが今回ってきているということである。
 古賀氏をはじめ元官僚のブレーンの人たちは優秀な能力を持っているのかもしれないが、彼らが皆から相手にされなくなるようでなければ、本当の「維新」はやってこない。彼らも本当に官僚政治の改革を望んでいるなら、自分に注目が集まることなどなくなってしまうことを望んでいるはずだ。もし彼らの行動がそれと矛盾するなら、彼らの本音は違うところにある。

 - 政治

  関連記事

abeyosaniinkai201402
安倍政権が集団的自衛権行使の議論を再開。一部からは遅きに失したとの声も

 安倍政権が集団的自衛権の行使容認に向けて再び動き始めた。2014年2月5日、参 …

nouchi
コメ農家の平均的な農業収入はわずか年50万円。減反廃止以前に農業は崩壊している

 政府与党は11月25日、コメの生産調整(いわゆる減反)の見直しを柱とする農政改 …

kakugi02
古い自民党に先祖返り。2013年度税制改正大綱に見るアベノミクスの真実

 政府は1月29日、2013年度税制改正大綱を閣議決定した。税制改正大綱は、国会 …

Kennedy
イルカ漁への批判に対して「理解を求めたい」という日本側の姿勢は危険だ

 駐日米国大使のキャロライン・ケネディ氏が和歌山県太地町におけるイルカの追い込み …

kokuritsukyogijo
五輪東京開催で変わる日本経済の長期的見通し。すべては2020年以後に先送り?

 2020年のオリンピック開催地が東京に決まったことで、日本経済の長期的見通しに …

no image
北朝鮮が最高人民会議を開催。結局、重大発表はなかった

 北朝鮮は25日、国会に相当する最高人民会議を開催した。仏誌が経済改革について重 …

singapol
習近平氏はシンガポール型経済システムに着目。だが実現は絶望的?

 新しく中国共産党総書記に就任した習近平氏が、問題山積の中国の現状に対してどのよ …

keijiban
中国共産党が国民からの不満や要望を受け付けるサイトを構築。明るい文化大革命?

 中国共産党は、国民の党や政府に対する不満の高まりを背景に、国民からの声を集める …

abe20141120
安倍政権が来春の賃上げを経済界に要請。漂う政策の手詰まり感

 安倍首相は2014年11月19日に開催された政労使会議の場において、経済界に対 …

merukeru03
ドイツの輸出超過に批判の声が高まる。だがこれはEUの自己矛盾を露呈しかねない

 好調な経済を背景に、欧州経済を支えてきたドイツに対して批判の声が高まっている。 …