ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安倍首相の加憲案に保守派の言論人が猛反発。憲法改正は流動的に?

 

 安倍首相が提示した、現行の憲法9条に自衛隊に関する項目を付け加えるという、いわゆる「加憲」案をきっかけに、これまで安倍氏を支持してきた保守派が反発を強めている。憲法改正は既定路線と思われていたが、状況は流動的になってきた。

abekaken02

 安倍氏は2017年5月3日に開催された民間主催のフォーラムにビデオメッセージを寄せ、2020年に新憲法を施行したいと述べた。具体的な改憲項目としては、憲法9条の1項と2項を残し、新たに自衛隊の存在を明記する3項を付け加えるとした。

 自民党は独自に「憲法改正草案」を作成していたが、この内容は「法の支配」の原則や「個人の権利」を無視した、かなりお粗末な内容であり、現代の民主社会において、到底、受け入れられるものではなかった。

 安倍氏とその周辺は、もし国民投票で憲法改正が否決された場合、永久に改憲の機会が失われることを危惧し、国民に受け入れられやすい改正案を提示したものと考えられる。また安倍氏は個人的に、何としても自分の手で憲法改正を実現したいという思いが強く、改正の中身よりも改正の事実を優先した可能性は高い。

 これに激しく噛みついたのが、これまで安倍氏を強く支持してきた保守派の人たちである。保守派の言論人で「新しい歴史教科書をつくる会」の初代会長としても知られる西尾幹二氏は、8月18日付けの産経新聞にコラムを寄稿。加憲案を提示した安倍氏に対して、手抜き、保身、臆病風、闘争心の欠如など、かなり手厳しく批判した。

 実は保守派による安倍氏への批判は、昨年から顕著になっていた。国際政治学者で、安倍氏のブレーンとしても知られた中西輝政氏は、すでに安倍氏との決別宣言を行っている。

  安倍首相は攻撃的な口調を多用するので、対中強硬派に見えるが、実態は少々異なる。客観的な事実だけを見た場合、安倍内閣は、中国との間に領土問題が存在することを公式に認めてしまうなど、歴代の内閣の中で、もっとも中国に譲歩した政権であるともいえる。

 いわゆる保守派の中には、本当の意味で保守的な主張を唱える人と、いわゆる安倍首相のファンが混在しており、実は両者は水と油である。今回の分裂騒動は、こうした矛盾が加憲案をきっかけに顕在化しただけであり、それほど驚くような現象ではない。

 ただ、安倍首相の強固な支持層にガタ付きが出てきたことは、今後の政局に大きな影響を与える可能性がある。憲法改正がどのような方向に向かって動き出すのか、予想がつかない状況となってきた。

 - 政治 , ,

  関連記事

senkaku
民主、自民、維新3党の領土問題へのスタンスを比較してみると?

 維新の会への太陽党の合流が決まり、いわゆる第三極勢力はある程度まとまった勢力と …

obama201308
オバマ大統領がシリア軍事介入に慎重なのは、かつてのコソボ空爆の教訓?

 シリア政府が化学兵器を使用した可能性が高まってきたことで、米政府はシリアに対す …

kerryohki
ケリー国務長官のアジア歴訪。カギとなったのはやはり中国との会談

 米国のケリー国務長官は4月12日から15日の日程で韓国、中国、日本を相次いで訪 …

no image
韓国の家計部門が危機的水準に突入と海外メディアが報道

 韓国の家計債務の可処分所得比率が危機的レベルに近づきつつあるといくつかの海外メ …

nichigin
日銀が正式に2%の物価目標を導入。日銀法の改正はとりあえず回避

 日銀は22日の金融政策決定会合で、2%の物価目標を導入し、その達成に向け、さら …

baeikyu
台湾の馬英九総統が兼務していた党主席を辞任。中国との接近政策は見直し?

 台湾の馬英九総統は、11月29日に行われた統一地方選挙で、国民党が大敗した責任 …

mizunomaki
水野真紀が夫の後藤田議員と離婚寸前?確かに2人はスタート時点から躓きの連続

 女優の水野真紀が着々と離婚の準備を進めているとの噂が広がっている。よく知られて …

amari
注目の4~6月期GDPは実質で2.6%。改定値もこの水準であれば消費税増税?

 内閣府は8月12日、2013年4~6月期の国内総生産(GDP)一次速報値を発表 …

hakenmura
緊急経済対策に盛り込まれたのはわずか1件。非正規雇用問題は完全に忘れ去られた

 11日に正式決定された緊急経済対策には、大規模な公共事業や成長戦略など、目を引 …

kankokuhoudoukan
セクハラ疑惑の報道官。韓国で釈明会見を開くも証言矛盾との指摘

 韓国の朴槿恵大統領の訪米に同行中、セクハラ疑惑を起こして解任された尹昶重(ユン …