ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安倍首相の加憲案に保守派の言論人が猛反発。憲法改正は流動的に?

 

 安倍首相が提示した、現行の憲法9条に自衛隊に関する項目を付け加えるという、いわゆる「加憲」案をきっかけに、これまで安倍氏を支持してきた保守派が反発を強めている。憲法改正は既定路線と思われていたが、状況は流動的になってきた。

abekaken02

 安倍氏は2017年5月3日に開催された民間主催のフォーラムにビデオメッセージを寄せ、2020年に新憲法を施行したいと述べた。具体的な改憲項目としては、憲法9条の1項と2項を残し、新たに自衛隊の存在を明記する3項を付け加えるとした。

 自民党は独自に「憲法改正草案」を作成していたが、この内容は「法の支配」の原則や「個人の権利」を無視した、かなりお粗末な内容であり、現代の民主社会において、到底、受け入れられるものではなかった。

 安倍氏とその周辺は、もし国民投票で憲法改正が否決された場合、永久に改憲の機会が失われることを危惧し、国民に受け入れられやすい改正案を提示したものと考えられる。また安倍氏は個人的に、何としても自分の手で憲法改正を実現したいという思いが強く、改正の中身よりも改正の事実を優先した可能性は高い。

 これに激しく噛みついたのが、これまで安倍氏を強く支持してきた保守派の人たちである。保守派の言論人で「新しい歴史教科書をつくる会」の初代会長としても知られる西尾幹二氏は、8月18日付けの産経新聞にコラムを寄稿。加憲案を提示した安倍氏に対して、手抜き、保身、臆病風、闘争心の欠如など、かなり手厳しく批判した。

 実は保守派による安倍氏への批判は、昨年から顕著になっていた。国際政治学者で、安倍氏のブレーンとしても知られた中西輝政氏は、すでに安倍氏との決別宣言を行っている。

  安倍首相は攻撃的な口調を多用するので、対中強硬派に見えるが、実態は少々異なる。客観的な事実だけを見た場合、安倍内閣は、中国との間に領土問題が存在することを公式に認めてしまうなど、歴代の内閣の中で、もっとも中国に譲歩した政権であるともいえる。

 いわゆる保守派の中には、本当の意味で保守的な主張を唱える人と、いわゆる安倍首相のファンが混在しており、実は両者は水と油である。今回の分裂騒動は、こうした矛盾が加憲案をきっかけに顕在化しただけであり、それほど驚くような現象ではない。

 ただ、安倍首相の強固な支持層にガタ付きが出てきたことは、今後の政局に大きな影響を与える可能性がある。憲法改正がどのような方向に向かって動き出すのか、予想がつかない状況となってきた。

 - 政治 , ,

  関連記事

tissue
円安で値上げが続々。だが実際にはデフレ下でも値上げは進んでいた

 急激に進んだ円安を背景に、製品やサービスの値上げが相次いでいる。製紙大手各社が …

no image
自民総裁選、石破氏大健闘の背景には小泉進次郎あり

 自民党の総裁選で安倍元首相に敗れた石破茂前政調会長だが、地方からは圧倒的な支持 …

mikitani
アベノミクスの中核、産業競争力会議が早くも形骸化。骨格が議論されず各論ばかり

 安倍政権の成長戦略の要となる産業競争力会議が早くも機能不全を起こしつつある。我 …

shukinpei06
中国で習近平国家主席への権力集中が進む。安定化なのか政情不安なのか?

 中国共産党指導部で、習近平国家主席への権力集中が進んでいる。習政権の権力基盤は …

globalmoney
国際的課税逃れへの包囲網が強まる。だがグローバル企業への規制が難しい本当の理由

 国境を越えた税金逃れに対する包囲網が急速に整えられつつある。欧州連合(EU)は …

putinkuremia
思いのほか苦境にあるロシア。今回の一連の外交はいわゆる「弱者の戦略」

 ロシアによるクリミア併合プロセスが着々と進んでいる。表面的には軍事力を前面に押 …

keizaizaiseisimon201410
政府がとうとう7~9月期GDPの弱含みについてアナウンスを開始?

 10%消費増税の判断材料となる7~9月期のGDP(国内総生産)について、数値が …

businessman04
駆け込み需要で絶好調な1~3月期GDP。10%増税と追加緩和への影響は?

 内閣府は2014年5月15日、2014年1~3月期の国内総生産(GDP)の速報 …

chukounen
結局は減額?政府が年金給付額の抑制について具体的な検討を開始

 政府は、年金の給付額抑制に乗り出す方針を固めた。現在のマクロ経済スライド制を見 …

abenaikaku3ji20151007
第3次安倍改造内閣が正式発足。人事の主な狙いは?

 安倍首相は2015年10月7日、内閣改造を実施し、第3時安倍改造内閣が正式に発 …