ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

山尾議員のスキャンダルを有権者はどう受け止めればよいのか?

 

 民進党は2017年9月8日、山尾志桜里元政調会長から提出されていた離党届を受理した。山尾氏は週刊誌が既婚男性との交際について報じたことを受けて離党届を提出していた。
 このところ議員のプライベートな行動が問題視されるケースが増えているが、世論の受け止め方はまだまだ稚拙だ。議員の資質について何を基準にすべきなのか、本質的な議論が必要だろう。

yamao

 こうしたスキャンダルが発生すると、最初に目に付くのが、職務能力とプライベートな活動は切り離して考えるべきだという見解である。企業の経営者などであれば、こうした論理は一定の説得性を持つと考えられる。経営者に求められているのは、経営というスキルであり、私生活における価値観ではないからだ。

 だが議員の場合にはそうはいかない面が多分にある。議員は立法する権限を付与された権力者であり、民法の内容いかんによっては、同性愛を違法にすることも、不倫を刑事罰の対象にすることも不可能ではない(形式的法治主義の色彩が濃く、法の支配が完全ではない日本社会であればなおさらである)。議員には、国民の私生活における基本的な価値観を束縛する力があることを忘れてはならない。

 そうなってくると、各議員が、結婚生活や恋愛、社会規範などに対してどのような考え方を持っているのか、国民は知る権利があり、週刊誌のスキャンダル報道にも一定の合理性が存在するという考え方が成立する。

 また議員は国家の安全保障を託された人材でもあり、専門分野を問わず、危機管理については高い能力が求められる。スキャンダルになりそうな行為を抑制できなかったり、メディアに取り上げられれば確実に批判されるような問題発言を何度も繰り返すような議員に危機管理を任せることはできない。

 一方で、貞操観念など、特定の価値観にそぐわないことをもって一方的に断罪するというのも、民主国家としては好ましい状況とはいえない。そもそも人の世論というのは、あやふやなものであり、状況によって大きく変わる。在職中の世論の雰囲気のみで役職が左右されてしまっては登用の幅を狭めてしまうことにもなりかねない。

 重要なのは国民が知る権利であり、国民が得た情報は最終的に選挙に生かされるというのが正しいプロセスといえる。その意味で、今回の民進党の決断は少々拙速だったかもしれない。

 - 政治

  関連記事

abeputin
安倍首相とプーチン大統領の会談は大成功。影の立役者は森元首相

 安倍首相は4月29日、ロシアを訪問しプーチン大統領と会談した。焦点の北方領土問 …

suzuki
軽のスズキがババを引いた税制改正大綱。自動車業界もゼロサムゲームに突入

 自民・公明両党が発表した2014年度の税制改正大綱では、自動車税の扱いが一つの …

brics
BRICSが世界銀行やIMFに対抗してBRICS銀行を創設。だがタイミングが今一つ・・・・

  BRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)は3月26日、南アフ …

naicho
諜報組織所属のキャリア官僚の自殺。原因をめぐって様々な憶測が飛び交う

 東京都内のマンションで死亡しているのを発見された内閣府のキャリア官僚の死因をめ …

tranpgenzei
トランプ政権が税制改革案を発表。総額には触れずじまいだが、内容はほぼ想定通り

 トランプ政権は2017年4月26日、もっとも注目されていた公約の一つである税制 …

no image
次期選挙戦の争点について各党の政策を比較。ある意味で初の政策選挙か?

 12月の衆院選挙に向けて各党の政策が出揃ってきた。民主、自民の2大政党に加えて …

ishiba02
石破氏が安保担当相辞退の見込み。場合によっては秋の解散総選挙の可能性も

 自民党の石破幹事長が、9月3日に行われる内閣改造をめぐり、安倍首相が要望してい …

abe20150814
安倍首相が70年談話を発表。政権弱体化を印象付ける無難な内容

 安倍首相は2015年8月14日、戦後70年談話を発表した。注目されていた歴史認 …

tokkyoshou
特許黒字は1兆円だがその内実は・・・・。特許収支からも分かる日本の空洞化

 国際競争力の低下や円高などによって、日本企業の海外移転が急ピッチで進んでいるが …

narogo01
ロケット「羅老」号の再打ち上げ日が決定。相変わらず韓国人はロケットに近づけず

 トラブルで打ち上げが延期となっていた韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老(ナロ) …