ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

山尾議員のスキャンダルを有権者はどう受け止めればよいのか?

 

 民進党は2017年9月8日、山尾志桜里元政調会長から提出されていた離党届を受理した。山尾氏は週刊誌が既婚男性との交際について報じたことを受けて離党届を提出していた。
 このところ議員のプライベートな行動が問題視されるケースが増えているが、世論の受け止め方はまだまだ稚拙だ。議員の資質について何を基準にすべきなのか、本質的な議論が必要だろう。

yamao

 こうしたスキャンダルが発生すると、最初に目に付くのが、職務能力とプライベートな活動は切り離して考えるべきだという見解である。企業の経営者などであれば、こうした論理は一定の説得性を持つと考えられる。経営者に求められているのは、経営というスキルであり、私生活における価値観ではないからだ。

 だが議員の場合にはそうはいかない面が多分にある。議員は立法する権限を付与された権力者であり、民法の内容いかんによっては、同性愛を違法にすることも、不倫を刑事罰の対象にすることも不可能ではない(形式的法治主義の色彩が濃く、法の支配が完全ではない日本社会であればなおさらである)。議員には、国民の私生活における基本的な価値観を束縛する力があることを忘れてはならない。

 そうなってくると、各議員が、結婚生活や恋愛、社会規範などに対してどのような考え方を持っているのか、国民は知る権利があり、週刊誌のスキャンダル報道にも一定の合理性が存在するという考え方が成立する。

 また議員は国家の安全保障を託された人材でもあり、専門分野を問わず、危機管理については高い能力が求められる。スキャンダルになりそうな行為を抑制できなかったり、メディアに取り上げられれば確実に批判されるような問題発言を何度も繰り返すような議員に危機管理を任せることはできない。

 一方で、貞操観念など、特定の価値観にそぐわないことをもって一方的に断罪するというのも、民主国家としては好ましい状況とはいえない。そもそも人の世論というのは、あやふやなものであり、状況によって大きく変わる。在職中の世論の雰囲気のみで役職が左右されてしまっては登用の幅を狭めてしまうことにもなりかねない。

 重要なのは国民が知る権利であり、国民が得た情報は最終的に選挙に生かされるというのが正しいプロセスといえる。その意味で、今回の民進党の決断は少々拙速だったかもしれない。

 - 政治

  関連記事

sensha
11年ぶりに防衛費が増額。だが気になるのは自衛隊の人件費比率の増加

 政府・自民党は2013年度予算の防衛費について、11年ぶりに増額する方針を固め …

mof03
軽減税率の財源をめぐる議論が活発化。外為特会という埋蔵金活用プランも

 国会の論戦がスタートしたことで、消費税10%への引き上げに伴って導入される軽減 …

takeshima
日本は竹島問題を提訴せず。安倍首相が韓国との関係改善を優先する3つの理由

 日本政府は、竹島の領有権問題をめぐって国際司法裁判所への単独提訴を当面、行わな …

koizumisinjiro
選挙対策か本気か?小泉進次郎議員らが社会保障の抜本改革を提言

 小泉進次郎議員ら、自民党の若手議員でつくる「2020年以降の経済財政構想小委員 …

passport
中国のパスポート領土表記問題。ベトナムが猛抗議するも現場では小遣い稼ぎをする輩も

 新しく発行が始まった中国のパスポートが大きな波紋を呼んでいる。パスポートに記載 …

cameron2
先週はオランド大統領、今週はキャメロン首相。欧州首脳が相次いでインドに売り込み

 英国のキャメロン首相は18日、インドを訪問した。首相としては2度目のインド訪問 …

kuroda
黒田日銀が、このタイミングで構造改革路線を主張し始めた理由

 日銀が、かつての「構造改革路線」を強く主張し始めている。黒田総裁は2014年5 …

namapo
生活保護が4月から減額の可能性。だが実態はただのスタンドプレーで根本解決にはならず

 生活保護の給付が来年4月から減額される可能性が高まってきた。田村憲久厚生労働相 …

monju
もんじゅの検証が行われないまま、新しい高速炉の開発計画が着々と進行中

 政府は廃炉が予定されている高速増殖炉「もんじゅ」に代わる新しい高速炉を開発する …

asean
ASEAN首脳会議。議長国カンボジアが中国に遠慮し領有権問題を文面から勝手に削除

 カンボジアのプノンペンで開かれている東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議に …