ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

4~6月期のGPD改定値は一転して大幅下方修正。速報値はぬか喜びだった

 

 内閣府は2017年9月8日、2017年4~6月期のGDP(国内総生産)改定値を発表した。速報値では年率換算でプラス4.0%(物価の影響を除いた実質)という良好な結果だったが、改定値では一転、プラス2.5%に大幅下方修正となった。
 速報値が発表された時には、日本経済がようやく持続的な拡大局面に入ったとの期待が高まったが、状況は流動的になった。

tokyowan

 今回の改定値において速報値との乖離がもっとも大きかったのは企業の設備投資である。速報値では前期比プラス2.4%と高い伸びだったが、改定値ではプラス0.5%と従来の水準に戻ってしまった。

 個人消費もプラス0.9%から0.8%に下方修正されている。個人消費は全体に占める割合が高いので、0.1ポイントでもそれなりに影響がある。個人消費と住宅の下方修正に加えて、設備投資が大きく落ちこんだことで、全体の成長率がプラス1.0%からプラス0.6%と大幅に引き下げられた。

 速報値と改定値では、推計に用いるデータが異なる。速報値では設備投資の推計について基本的に供給側のデータのみを用いるが、改定値のタイミングでは法人企業統計が使えることから、需要側のデータを加味することができる。
 企業の設備投資状況を反映すると、それほど設備投資は伸びていなかったという結論になってしまった。

 現在、世界経済は緩やかな拡大基調が続いており、日本経済もそれに合わせてある程度のプラス成長になるのは当然の結果である。だが、これはあくまで世界経済との連動であって、日本経済が本当の意味で拡大基調に入ったのかについては、また別問題である。

 速報値の伸びが持続すれば、そうした解釈も可能だったが、改定値の段階でこれだけの下方修正になったことを考えると、7~9月期の状況は流動的になった。場合によっては、従来と同様、個人消費が伸びず、設備投資も増えないという状況が続く可能性が高まってきたとみてよいだろう。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

yahoojapan vs us
ヤフージャパンが絶好調。だが日本型ガラパゴス企業への道を着々と歩んでいる

 ヤフージャパンは29日、2013年3月期(通期)の業績を上方修正すると発表した …

spain
意外に堅調な欧州経済。スペインには再び投資資金が集まっている

 欧州経済が着実な回復を見せている。ギリシャ債務問題が大きく市場を揺さぶったが、 …

ana787
これぞジャパン・パッシング!ANAが新北米路線で打ち出した驚異の運賃設定

 日本のエアラインが相次いで北米のニッチ路線に進出している。日本航空は12月2日 …

tunisia
アラブの春においてチュニジアだけがうまくいく理由は?

 チュニジア制憲議会は1月26日、基本的人権の尊重、表現や信教の自由、男女平等を …

capitolhill
米国議会が予算と債務上限をめぐるチキンレースを繰り返せる背景とは?

 米議会下院は9月29日、オバマ大統領が推進する医療保険改革法の実施を1年遅らせ …

kabuka
公的年金がリスクの高いアクティブ運用にシフト。背景には何が?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2015年4月1 …

netbankingfusei
ネット銀行の不正利用被害、法人も補償へ。ただし、利用者にはあまりにも情報がない

 全国銀行協会は2014年7月17日、インターネットを使った不正送金に関する法人 …

toshibaenki
東芝が決算発表を再延期。原子力子会社非連結化を打ち出すもスキームは不明

 米国の原子力事業で巨額の損失を抱える東芝は2017年3月14日、2016年4~ …

bouekitoukei201307
7月の貿易統計は赤字拡大。そろそろ貿易赤字を前提にした産業政策を議論すべき時

 財務省は8月19日、7月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

g20wasinton
G20が閉幕。隠れた主要議題アジアインフラ投資銀行については言及なし

 日米欧と新興国の20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は2015年4 …