ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

4~6月期のGPD改定値は一転して大幅下方修正。速報値はぬか喜びだった

 

 内閣府は2017年9月8日、2017年4~6月期のGDP(国内総生産)改定値を発表した。速報値では年率換算でプラス4.0%(物価の影響を除いた実質)という良好な結果だったが、改定値では一転、プラス2.5%に大幅下方修正となった。
 速報値が発表された時には、日本経済がようやく持続的な拡大局面に入ったとの期待が高まったが、状況は流動的になった。

tokyowan

 今回の改定値において速報値との乖離がもっとも大きかったのは企業の設備投資である。速報値では前期比プラス2.4%と高い伸びだったが、改定値ではプラス0.5%と従来の水準に戻ってしまった。

 個人消費もプラス0.9%から0.8%に下方修正されている。個人消費は全体に占める割合が高いので、0.1ポイントでもそれなりに影響がある。個人消費と住宅の下方修正に加えて、設備投資が大きく落ちこんだことで、全体の成長率がプラス1.0%からプラス0.6%と大幅に引き下げられた。

 速報値と改定値では、推計に用いるデータが異なる。速報値では設備投資の推計について基本的に供給側のデータのみを用いるが、改定値のタイミングでは法人企業統計が使えることから、需要側のデータを加味することができる。
 企業の設備投資状況を反映すると、それほど設備投資は伸びていなかったという結論になってしまった。

 現在、世界経済は緩やかな拡大基調が続いており、日本経済もそれに合わせてある程度のプラス成長になるのは当然の結果である。だが、これはあくまで世界経済との連動であって、日本経済が本当の意味で拡大基調に入ったのかについては、また別問題である。

 速報値の伸びが持続すれば、そうした解釈も可能だったが、改定値の段階でこれだけの下方修正になったことを考えると、7~9月期の状況は流動的になった。場合によっては、従来と同様、個人消費が伸びず、設備投資も増えないという状況が続く可能性が高まってきたとみてよいだろう。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

kinko
金庫バカ売れ!タンス預金増加の兆候は果たして何を意味しているのか?

 マイナス金利をきっかけにタンス預金が増加する兆候が出てきている。もともと日本は …

taxi
3月の景気ウォッチャー調査は5カ月連続で上昇。中小企業はまだそれを実感できない?

 内閣府は4月8日、3月の景気ウォッチャー調査(街角景気)の結果を発表した。景気 …

kokusaishushi201306
貿易赤字だが経常収支黒字の傾向は変わらず。日本は「成熟した債権国」の段階に入った

 財務省は8月8日、6月の国際収支を発表した。最終的な国の儲けを示す経常収支は3 …

doparubyu
フランスの著名俳優が富裕層増税に反発してロシアに移住。著名人の国外脱出が相次ぐ

 ロシア政府は3日、フランスの著名俳優ジェラール・ドパルデュー氏にロシア国籍を付 …

otukakagu
大塚家具のお家騒動。ガバナンスという点では久美子氏が圧倒的に有利だが

 大塚家具の経営権をめぐる内紛が続いている。同社は3月下旬に株主総会を控えており …

one drive
マイクロソフトがクラウド・サービスの水準を大幅にダウン。タダで使えるという時代は終了?

 マイクロソフトが自社のクラウド・サービスの一部について、サービス内容を大幅に変 …

restaurant
米国の一部で広がるチップ廃止の動き。その背景にあるのはグローバル化?

 レストランにおけるチップの習慣を廃止する動きが米国の一部で広がっているとニュー …

nichigin04
日銀の政策委員会、積極緩和派の原田氏起用で黒田路線がより強固に

 政府は2015年2月5日、退任する日銀の宮尾龍蔵審議委員の後任に、積極的な金融 …

sangyoukyousouryoku
残業代ゼロ政策の議論が復活。今度は一般社員への適用も検討?

 労働時間に関わらず賃金を一定にするホワイトカラーエグゼンプションが、再び議論の …

sharp
シャープが年度内の中期経営計画策定を断念。ホンハイとの提携は完全に流れたか?

 経営再建中のシャープが、中期経営計画の策定を先延ばしにすることが朝日新聞の報道 …