ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

4~6月期のGPD改定値は一転して大幅下方修正。速報値はぬか喜びだった

 

 内閣府は2017年9月8日、2017年4~6月期のGDP(国内総生産)改定値を発表した。速報値では年率換算でプラス4.0%(物価の影響を除いた実質)という良好な結果だったが、改定値では一転、プラス2.5%に大幅下方修正となった。
 速報値が発表された時には、日本経済がようやく持続的な拡大局面に入ったとの期待が高まったが、状況は流動的になった。

tokyowan

 今回の改定値において速報値との乖離がもっとも大きかったのは企業の設備投資である。速報値では前期比プラス2.4%と高い伸びだったが、改定値ではプラス0.5%と従来の水準に戻ってしまった。

 個人消費もプラス0.9%から0.8%に下方修正されている。個人消費は全体に占める割合が高いので、0.1ポイントでもそれなりに影響がある。個人消費と住宅の下方修正に加えて、設備投資が大きく落ちこんだことで、全体の成長率がプラス1.0%からプラス0.6%と大幅に引き下げられた。

 速報値と改定値では、推計に用いるデータが異なる。速報値では設備投資の推計について基本的に供給側のデータのみを用いるが、改定値のタイミングでは法人企業統計が使えることから、需要側のデータを加味することができる。
 企業の設備投資状況を反映すると、それほど設備投資は伸びていなかったという結論になってしまった。

 現在、世界経済は緩やかな拡大基調が続いており、日本経済もそれに合わせてある程度のプラス成長になるのは当然の結果である。だが、これはあくまで世界経済との連動であって、日本経済が本当の意味で拡大基調に入ったのかについては、また別問題である。

 速報値の伸びが持続すれば、そうした解釈も可能だったが、改定値の段階でこれだけの下方修正になったことを考えると、7~9月期の状況は流動的になった。場合によっては、従来と同様、個人消費が伸びず、設備投資も増えないという状況が続く可能性が高まってきたとみてよいだろう。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

frbzerokinri
FRBがとうとう利上げを決定。米国経済は非常事態から完全に脱却

 FRB(連邦準備制度理事会)がとうとう政策金利の引き上げを決定した。米国の金融 …

stigurittuabe
スティグリッツ氏の主張は実はアベノミクスと正反対。それでも来日した理由とは?

 安倍首相が、世界的な経済学者を次々に官邸に呼んで会談を行っている。永田町では消 …

yamatochina
ヤマトの新しいサービスは、日本のネット通販の中国販路拡大に寄与するか?

 宅配大手のヤマトホールディングスは2014年3月24日、日本のネット通販事業者 …

abe20130113
安倍首相が訪米を前にTPP参加を決断?。正式な表明は参院選前との説も

 安倍首相は、21日の訪米を前にTPP(環太平洋経済連携協定)に参加を表明する意 …

amari
注目の4~6月期GDPは実質で2.6%。改定値もこの水準であれば消費税増税?

 内閣府は8月12日、2013年4~6月期の国内総生産(GDP)一次速報値を発表 …

bananki
FRBが量的緩和縮小を見送り。市場にとってはまったくの「想定外」

 米FRB(連邦準備制度理事会)は9月18日のFOMC(連邦公開市場委員会)にお …

softbankpepason
四半期決算好調も株価が冴えないソフトバンク。重しはやはり米国事業

 ソフトバンクの米国事業が同社の株価の重しとなっている。足元の業績は好調だが、本 …

canadabank
英国が中央銀行総裁に外国人を登用。日銀の独立性というならこのくらいやってみろ!

 英国が中央銀行の次期総裁に外国人を任命し、市場関係者の中で驚きが広がっている。 …

shukinpeihoubei2015
習近平国家主席の米国訪問始まる。ビル・ゲイツ氏は何と自宅で直接もてなし

 中国の習近平国家主席は2015年9月22日から、2回目となる米国訪問を行ってい …

00008
フランスのマスゴミがGoogleから75億円をゲット。だがまだまだ嫌がらせは続く

 米Googleが新聞社のコンテンツをタダ乗りしているとして、検索結果の表示に課 …