ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

広告クリエイティブ業務のAI化で、すべての広告は動的になる

 

 広告業界でコピーライティング業務をAI化する取り組みが進んでいる。狙いは人員の削減よりも、リアルタイム性を重視した動的広告へのシフトである。

aikoukoku

 ネット広告大手のサイバーエージェントは2017年8月29日、広告クリエイティブの自動生成を研究する専門組織「AIクリエイティブセンター」を立ち上げた。検索連動広告におけるテキスト作成をAIが行い、状況に合わせた迅速な対応ができるよう体制を整える。

 検索連動型広告の場合、表示されるタイトルや説明文の内容によってクリック率が大きく変化する。どのようなテキストにすればたくさんクリックされるのかについては、ある程度の法則性はあるが、状況に合わせて内容を変えることがもっとも効果的である。

 同社は過去、効果のあった広告テキストをAIに分析させ、その結果に基づいて、新規の広告テキストをAIが自動生成する。制作担当者が、必要な条件を指定するだけで自動的にテキストを生成してくれるので、広告をアップするまでの時間を大幅に削減できる。
 今のところ自動化の対象はテキスト生成のみだが、近い将来、広告出稿のプロセスをすべて自動化し、効果を検証しながら、高い頻度でテキストを変更するといった運用が可能となるだろう。

 検索連動型広告は動的運用と親和性の高い分野だが、もっと一般的な広告の分野においてもAIの導入は進んでいる。

 広告代理店最大手の電通は今年5月、人工知能を使った広告コピー生成システムのベータ版を開発したことを明らかにしている。サイバーエージェントと同様、効果の高かった広告をAIが分析した上で大量のコピーを自動生成する。

 具体的には、担当者が広告コピーに盛り込みたいキーワードを複数入力すると、そのキーワードをうまく組み合わせ、もっとも効果的とAIが判断するコピーが大量に生成されてくるという(写真はAIが作成したコピーの一部)。

 これシステマティックに運用されれば、一般広告の分野でも動的な運用が可能となる。かつて広告は基本的に1種類しかないものだったが、これからの広告は状況に合わせて随時変化するのが当たり前となるだろう。広告の費用対効果は向上するが、一部の広告が持っていた芸術的な側面は限りなく小さくなってしまうかもしれない。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

twitter
ツイッターの第3四半期決算。内容はそこそこだったが、市場は敏感に反応

 短文投稿サイトの米ツイッターは2014年10月27日、2014年7~9月期の決 …

no image
EUが金融取引税(トービン税)の導入を決定。欧州はルビコン川を渡ってしまった

 欧州連合(EU)は9日、ルクセンブルクで理事会を開き、金融取引税(いわゆるトー …

no image
フランスの高級ワイナリーを中国人が大人買い。その真相は?

 フランスの2大ワイン産地の一つであるブルゴーニュ地方にある老舗ワイナリー(現地 …

gealstomjapan
日本メーカーによるグローバルな「コバンザメ商法」は上手くいくか?

 重電の分野では、巨額のM&Aを軸にグローバルな再編が急ピッチで進んでい …

bouekitoukei201306
6月の貿易収支は円安効果で赤字縮小。だが産業構造の変化で数量減少は止まらず

 財務省は7月24日、6月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

beikokuoil
原油価格の暴落で反米産油国が大打撃。地政学上のバランスは激変か?

 原油価格の下落が止まらない。背景には米国のシェールガス革命という供給要因があり …

itotaka
日本は再び財政出動路線に転換?著名学者が「構造改革」というキーワードに躊躇

 中国・上海で開催されていた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は2 …

tpphawai
TPPは最終合意に至らず閉幕。今後の政治日程は極めて厳しい

 環太平パートナーシップ協定(TPP)閣僚会合は2015年7月31日、最終合意に …

monju
政府が「もんじゅ」見直し検討。核燃料サイクルに関する国民的議論が必要な時期

 日本の核燃料サイクルの中核となる高速増殖炉「もんじゅ」について、政府が計画の見 …

softbankarm
ソフトバンクが英ARMを3.3兆円で買収。最終的な狙いは純粋な投資?

 ソフトバンクグループは2016年7月18日、英国の半導体設計大手アーム・ホール …