ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

インバウンド増加なのに稼働率低迷で観光庁が指導?日本旅館の何が問題なのか

 

 観光庁がインバウンドの増加を目的に、旅館業界に対して食事料金と部屋料金を別立てにする、いわゆる「泊食分離」を促していく方針だという。
 すべての旅館がそうではないが、一部の日本旅館は、外国人はもちろんのこと日本人にとって利用しにくい施設となりつつある。本当に外国人観光客に来て欲しいと考えるのであれば、料金体系のみならずシステム全体の見直しが必要だろう。

hakushokubunri

 日本政府観光局によると、今年7月の訪日外国人客数は268万2000人と過去最高を記録した。だが宿初施設の稼働率は思った程ほど上がっていない。宿泊旅行統計調査によると、2016年におけるシティホテルやビジネスホテルの稼働率が70%台後半だったのに対して、旅館は37.1%とかなり低迷している。
 観光庁は旅館の稼働率が引く原因として食事と宿泊をセットにした料金体系があると考えており、旅館業界に対して食事料金と部屋料金を別立てにする、いわゆる「泊食分離」を促していく方針だという。

 日本旅館のサービスは、たいていの場合、基本的に1泊だけして帰るという国内旅行者、特に団体客を大前提にサービス体系が組み立てられている。大量の料理を出し、宴会をセットして、大風呂を提供するのが基本パターンで、朝食後、顧客はすぐにチェックアウトして帰ってしまう。

 こうしたスタイルは貧しい昭和の時代ならうまく機能したかもしれない。だが、今となっては日本人の中にも、画一的な旅館のサービスを敬遠する人が多くなっており、外国人への対応以前の問題となりつつある。

 日本の旅館が使いづらいという話は、日本人自身が外国を旅行した時の事を考えれば分かりやすいだろう。
 現地のスタイルで現地の料理を食べることはよい体験かもしれないが、同じ食事(しかもまったく経験したことがない現地料理)を何日も提供され、使い勝手のよく分からない家具や寝具で毎日を過ごすということになると、多くの人が敬遠するはずだ。
 外国に行っても、御飯やラーメンを食べたくなる日本人は多い。これは外国人にとってもまったく同じことである。彼らにとって旅館のインフラや生活習慣はあまりにも日常生活とかけ離れ過ぎている。

 このご時世になっても、観光地にクレジットカードを使えない店が存在しているのがニッポンの現実である。本気でインバウンドを増やしたいと考えるなら、もっと抜本的な対策が必要だろう。

 - 社会, 経済 , ,

  関連記事

jinmingen
中国が事実上の通貨切り下げ。米国以外はすべて大規模緩和状態へ

 中国の中央銀行にあたる中国人民銀行は、対ドル為替レートの「基準値」の算出方法を …

bouekikontena
10~12月GDPはプラス1%。個人消費は横ばいで、状況は大きく変わらず

 内閣府は2017年2月13日、2016年10~12月期のGDP(国内総生産)速 …

tosho02
アベノミクスによる株高で世帯貯蓄額が大幅増加。ただし恩恵は富裕層のみ

 総務省は2014年5月16日、2013年の家計調査報告(二人以上の世帯)を発表 …

bydcar
中国の自動車産業が大躍進。日米水準に近づくのも時間の問題か?

 中国の自動車メーカーが急速に技術力を高めている。政府が直接経営に関与する国営メ …

swissnb
スイス中銀が突然の為替上限撤廃。ECB量的緩和策直前という最悪のタイミング

 スイスの中央銀行にあたるスイス国立銀行が、自国通貨高を抑制するための為替上限を …

a380
世界の航空機市場は急拡大。日本の閉鎖市場は製造業にも影響を与える可能性がある

 欧州の航空機大手エアバスは、中東の航空会社3社から合計で137機、推定400億 …

tosho
金融庁で企業統治改革の検討が始まる。本当に日本人はガバナンス強化を望むのか?

 上場企業の企業統治(コーポレートガバナンス)に関する具体策を検討する有識者会議 …

cameronpanama
パナマ文書を巡り、英キャメロン首相が自らの納税情報を公開。給料は意外に安かった

 パナマから流出したタックスヘイブン(租税回避地)関連文書、いわゆるパナマ文書を …

setsubitousi
4~6月期における企業の利益は大幅増。今後は円高とエネルギー価格の綱引きに

 財務省は2014年9月1日、4~6月期の法人企業統計を発表した。全産業(金融・ …

kaisaibankan
スカート盗撮裁判官の弾劾裁判が始まる。本人は事実関係を認める

 電車内で女性の下着を盗撮したとして罰金刑を受けた大阪地裁の華井俊樹判事補の弾劾 …