ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

インバウンド増加なのに稼働率低迷で観光庁が指導?日本旅館の何が問題なのか

 

 観光庁がインバウンドの増加を目的に、旅館業界に対して食事料金と部屋料金を別立てにする、いわゆる「泊食分離」を促していく方針だという。
 すべての旅館がそうではないが、一部の日本旅館は、外国人はもちろんのこと日本人にとって利用しにくい施設となりつつある。本当に外国人観光客に来て欲しいと考えるのであれば、料金体系のみならずシステム全体の見直しが必要だろう。

hakushokubunri

 日本政府観光局によると、今年7月の訪日外国人客数は268万2000人と過去最高を記録した。だが宿初施設の稼働率は思った程ほど上がっていない。宿泊旅行統計調査によると、2016年におけるシティホテルやビジネスホテルの稼働率が70%台後半だったのに対して、旅館は37.1%とかなり低迷している。
 観光庁は旅館の稼働率が引く原因として食事と宿泊をセットにした料金体系があると考えており、旅館業界に対して食事料金と部屋料金を別立てにする、いわゆる「泊食分離」を促していく方針だという。

 日本旅館のサービスは、たいていの場合、基本的に1泊だけして帰るという国内旅行者、特に団体客を大前提にサービス体系が組み立てられている。大量の料理を出し、宴会をセットして、大風呂を提供するのが基本パターンで、朝食後、顧客はすぐにチェックアウトして帰ってしまう。

 こうしたスタイルは貧しい昭和の時代ならうまく機能したかもしれない。だが、今となっては日本人の中にも、画一的な旅館のサービスを敬遠する人が多くなっており、外国人への対応以前の問題となりつつある。

 日本の旅館が使いづらいという話は、日本人自身が外国を旅行した時の事を考えれば分かりやすいだろう。
 現地のスタイルで現地の料理を食べることはよい体験かもしれないが、同じ食事(しかもまったく経験したことがない現地料理)を何日も提供され、使い勝手のよく分からない家具や寝具で毎日を過ごすということになると、多くの人が敬遠するはずだ。
 外国に行っても、御飯やラーメンを食べたくなる日本人は多い。これは外国人にとってもまったく同じことである。彼らにとって旅館のインフラや生活習慣はあまりにも日常生活とかけ離れ過ぎている。

 このご時世になっても、観光地にクレジットカードを使えない店が存在しているのがニッポンの現実である。本気でインバウンドを増やしたいと考えるなら、もっと抜本的な対策が必要だろう。

 - 社会, 経済 , ,

  関連記事

kurodashirakawa
実は似た者同士?正反対といわれる黒田、白川両総裁には共通の目的があった?

 従来の日銀とはまったく異なる異次元の金融政策を打ち出した黒田総裁は、前総裁の白 …

abe20141117
消費増税延期で衆院解散へ。量的緩和策で当面不安はないが・・・

 安倍首相は衆議院の解散と来年10月に予定されている消費増税の延期を決断した。増 …

kokubohakusho
中国が国防白書を発表。その内容を日本人はどう解釈すべきか?

 中国政府は4月16日、国防白書を発表した。アジア太平洋地域に対する軍事的シフト …

kozeni
消費税の軽減税率導入が決定。どの商品を対象とするのかは巨大な政治利権に

 自民・公明の両党は11日、消費税増税に伴う低所得者への対策として、生活必需品の …

keizaizaiseisimon201410
政府がとうとう7~9月期GDPの弱含みについてアナウンスを開始?

 10%消費増税の判断材料となる7~9月期のGDP(国内総生産)について、数値が …

ieren03
FRBが予定通り追加利上げを決断。内容は想像以上にタカ派で、すでに金融引き締めに転換?

 大方の予想通り、FRB(連邦準備制度理事会)が追加利上げを決定した。ただ内容は …

ieren
バーナンキFRB議長の後任はイエレン副総裁が有力。市場関係者も歓迎か?

 2期目を迎えるオバマ政権の主要閣僚がほぼ出揃ってきたことで、来年1月に任期を迎 …

no image
中国政府が日本国債を売却してきたら、市場はどうなるか?

 尖閣諸島問題で日中関係が険悪化する中、中国政府が保有する日本国債に注目が集まっ …

ieren
次期FRB議長はイエレン氏。総じて高評価だが、リベラルな面を危惧する声も

 オバマ米大統領は、来年1月で退任するバーナンキFRB(連邦準備制度理事会)議長 …

barclay
LIBOR問題が刑事事件に発展。これは英国と米国の金融覇権をめぐる争いだ!

 英国の重大不正捜査局は11日、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR、通称ラ イボ …