ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

インバウンド増加なのに稼働率低迷で観光庁が指導?日本旅館の何が問題なのか

 

 観光庁がインバウンドの増加を目的に、旅館業界に対して食事料金と部屋料金を別立てにする、いわゆる「泊食分離」を促していく方針だという。
 すべての旅館がそうではないが、一部の日本旅館は、外国人はもちろんのこと日本人にとって利用しにくい施設となりつつある。本当に外国人観光客に来て欲しいと考えるのであれば、料金体系のみならずシステム全体の見直しが必要だろう。

hakushokubunri

 日本政府観光局によると、今年7月の訪日外国人客数は268万2000人と過去最高を記録した。だが宿初施設の稼働率は思った程ほど上がっていない。宿泊旅行統計調査によると、2016年におけるシティホテルやビジネスホテルの稼働率が70%台後半だったのに対して、旅館は37.1%とかなり低迷している。
 観光庁は旅館の稼働率が引く原因として食事と宿泊をセットにした料金体系があると考えており、旅館業界に対して食事料金と部屋料金を別立てにする、いわゆる「泊食分離」を促していく方針だという。

 日本旅館のサービスは、たいていの場合、基本的に1泊だけして帰るという国内旅行者、特に団体客を大前提にサービス体系が組み立てられている。大量の料理を出し、宴会をセットして、大風呂を提供するのが基本パターンで、朝食後、顧客はすぐにチェックアウトして帰ってしまう。

 こうしたスタイルは貧しい昭和の時代ならうまく機能したかもしれない。だが、今となっては日本人の中にも、画一的な旅館のサービスを敬遠する人が多くなっており、外国人への対応以前の問題となりつつある。

 日本の旅館が使いづらいという話は、日本人自身が外国を旅行した時の事を考えれば分かりやすいだろう。
 現地のスタイルで現地の料理を食べることはよい体験かもしれないが、同じ食事(しかもまったく経験したことがない現地料理)を何日も提供され、使い勝手のよく分からない家具や寝具で毎日を過ごすということになると、多くの人が敬遠するはずだ。
 外国に行っても、御飯やラーメンを食べたくなる日本人は多い。これは外国人にとってもまったく同じことである。彼らにとって旅館のインフラや生活習慣はあまりにも日常生活とかけ離れ過ぎている。

 このご時世になっても、観光地にクレジットカードを使えない店が存在しているのがニッポンの現実である。本気でインバウンドを増やしたいと考えるなら、もっと抜本的な対策が必要だろう。

 - 社会, 経済 , ,

  関連記事

sonmasayosi
ソフトバンクの孫社長がワシントンで講演し、買収の意義を強調。米当局は依然慎重姿勢

 ソフトバンクの孫正義社長は2014年3月11日、米ワシントンで講演し、米携帯電 …

kannsimaera
監視カメラの是非に関する議論。プライバシーが問題なのではない!

 単純に画像を撮影するだけなく、被写体の顔を自動判別する機能を搭載した新しいカメ …

taxi
3月の景気ウォッチャー調査は5カ月連続で上昇。中小企業はまだそれを実感できない?

 内閣府は4月8日、3月の景気ウォッチャー調査(街角景気)の結果を発表した。景気 …

super02
個人消費に関する指標が軒並み大幅マイナス。これは単なる反動減ではない

 消費増税後の個人消費の減速が加速している。消費増税が直接の原因だが、背景には実 …

wall
米司法当局が金融機関を次々に提訴。民主党系のNY州司法長官はヤル気マンマン

 米国の司法当局が、サブプライム・ローンに絡んで、相次いで金融機関を提訴している …

josei
イオンが女性管理職の割合を一気に50%に拡大。女性の社会進出はもはや必然

 小売り大手のイオンは5月16日、管理職に占める女性の割合を、現在の7%から20 …

ieren03
FRBが予定通り追加利上げを決断。内容は想像以上にタカ派で、すでに金融引き締めに転換?

 大方の予想通り、FRB(連邦準備制度理事会)が追加利上げを決定した。ただ内容は …

no image
設備投資の先行指標である機械受注は2.7%減。消費増税の焦点は設備投資へ?

 内閣府は8月13日、6月の機械受注統計を発表した。機械受注統計は、民間設備投資 …

oecdskill
OECDによる能力調査。日本人は3分野のうち2分野で1位なのだが、何とITスキルでは?

 OECD(経済協力開発機構)は10月8日、世界24カ国を対象した国際成人力調査 …

koutaishidenka
歴史は繰り返す!皇太子さまへの退位要求と転落の昭和史の類似性

 月刊誌新潮45に掲載された皇太子さまに退位を迫る論文が波紋を呼んでいる。論文を …