ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

インバウンド増加なのに稼働率低迷で観光庁が指導?日本旅館の何が問題なのか

 

 観光庁がインバウンドの増加を目的に、旅館業界に対して食事料金と部屋料金を別立てにする、いわゆる「泊食分離」を促していく方針だという。
 すべての旅館がそうではないが、一部の日本旅館は、外国人はもちろんのこと日本人にとって利用しにくい施設となりつつある。本当に外国人観光客に来て欲しいと考えるのであれば、料金体系のみならずシステム全体の見直しが必要だろう。

hakushokubunri

 日本政府観光局によると、今年7月の訪日外国人客数は268万2000人と過去最高を記録した。だが宿初施設の稼働率は思った程ほど上がっていない。宿泊旅行統計調査によると、2016年におけるシティホテルやビジネスホテルの稼働率が70%台後半だったのに対して、旅館は37.1%とかなり低迷している。
 観光庁は旅館の稼働率が引く原因として食事と宿泊をセットにした料金体系があると考えており、旅館業界に対して食事料金と部屋料金を別立てにする、いわゆる「泊食分離」を促していく方針だという。

 日本旅館のサービスは、たいていの場合、基本的に1泊だけして帰るという国内旅行者、特に団体客を大前提にサービス体系が組み立てられている。大量の料理を出し、宴会をセットして、大風呂を提供するのが基本パターンで、朝食後、顧客はすぐにチェックアウトして帰ってしまう。

 こうしたスタイルは貧しい昭和の時代ならうまく機能したかもしれない。だが、今となっては日本人の中にも、画一的な旅館のサービスを敬遠する人が多くなっており、外国人への対応以前の問題となりつつある。

 日本の旅館が使いづらいという話は、日本人自身が外国を旅行した時の事を考えれば分かりやすいだろう。
 現地のスタイルで現地の料理を食べることはよい体験かもしれないが、同じ食事(しかもまったく経験したことがない現地料理)を何日も提供され、使い勝手のよく分からない家具や寝具で毎日を過ごすということになると、多くの人が敬遠するはずだ。
 外国に行っても、御飯やラーメンを食べたくなる日本人は多い。これは外国人にとってもまったく同じことである。彼らにとって旅館のインフラや生活習慣はあまりにも日常生活とかけ離れ過ぎている。

 このご時世になっても、観光地にクレジットカードを使えない店が存在しているのがニッポンの現実である。本気でインバウンドを増やしたいと考えるなら、もっと抜本的な対策が必要だろう。

 - 社会, 経済 , ,

  関連記事

kourousho
ようやく最低賃金が大幅に引き上げられるが、恩恵の多くは中間層に?

 諸外国に比べて低く抑えられていた日本の最低賃金がようやく引き上げられる。最低賃 …

kokusaishushi201412
円安と直接投資の増加で経常収支が改善。急がれる国内産業構造の転換

 財務省は2015年2月9日、12月の国際収支を発表した。最終的な国の収支を示す …

chikyugi
日本の1人あたりGDPが急降下。そろそろ貧しさが顕在化してくる?

 日本の1人あたりGDP(国内総生産)が大きく順位を落とし、OECD(経済協力開 …

yahootumblr
米ヤフーがSNS+ブログの新興企業タンブラーを買収。ただ両社の融合には疑問符も

 米ヤフーは、ブログとSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を手掛ける …

goan
10億の報酬をもらうゴーン氏。だが仏本国では世論に配慮し少額しかもらっていない

 日産自動車のカルロス・ゴーン社長は6月25日に開催された株主総会で、2013年 …

kouki9
トルコによる中国製装備の調達問題で浮上した、軍事技術汎用化という課題

 NATO(北大西洋条約機構)のラスムセン事務総長は10月7日、NATO加盟国の …

bouekitoukei201311
日本の貿易赤字がさらに拡大。だがその主な原因は原発停止ではない

 財務省は12月18日、11月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた …

doruen201409
動き始めた為替相場。短期的には円安・ドル高要因ばかりだが・・・・

 しばらく膠着状態が続いていた為替相場が動き始めた。8月中旬からドルは急上昇を始 …

girishagikai
ギリシャ支援、4カ月継続で合意。基本的に状況は何も変わらず

 EU(欧州連合)は2014年2月20日に開催したユーロ圏財務相会合で、ギリシャ …

factoryline
新興国の失業率が増加傾向。世界経済の枠組みは大きく変わりつつある

 ILO(国際労働機関)は2014年1月21日、雇用情勢に関する年次報告書を発表 …