ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

習近平氏の腹心で兄貴分の王岐山氏が、常務委員続投を断念したことの政治的意味

 

 10月の中国共産党大会を目前に控え、習近平氏の腹心と言われた王岐山・中央規律検査委員会書記が退任する意向を示していることが明らかとなった。王氏が退任しても習体制に大きな変化はないが、習氏の権力集中を懸念する声が意外と大きかったことを印象づける結果となるかもしれない。

oukizan

 王氏は習氏が下放されていた文革時代からの付き合いで、いってみれば王氏は習氏の兄貴分的な存在である。経済の専門家であった王氏が規律検査委員の担当として常務委員入りしたのは、習氏による粛正工作を一手に引き受けるためだった。

 実際、王氏は習氏の期待に見事に応え、反腐敗運動の責任者として、習氏の政敵を次々と失脚に追い込んだ。王氏が誰かを摘発する時は、しばらくの間、公の場に姿を見せないことから、王氏の動静が伝えられなくなると、多くの幹部が震え上がったともいわれる。

 王氏は現在69歳なので、党大会時点における68歳以上の幹部は退任するという慣例に従った場合、10月の党大会で引退となる。だが王氏には定年を延長して常務委員を留任するという噂が出ていた。その理由は、習氏が続投を強く希望していたからである。

 習氏にとって王氏は数少ない「身内」であり、全幅の信頼を寄せているとも言われる。権力集中化をさらに進めたい習氏としては王氏を手放したくない。さらに言えば、王氏の定年延長を実現すれば、これが既成事実となり、習氏の3期続投という可能性が見えてくる。

 習氏の年齢は64歳で、さらに5年後の党大会の時点では定年に達する。習氏としては権力闘争に長けた王氏を続投させて権力集中を進め、最終的には自身の3選を実現する腹づもりだったと考えられる。

 習が王氏の続投を断念したのだとすると、その最大の理由は、習氏の権力集中を懸念する声が思いのほか大きかったということだろう。習氏は、江沢民グループや胡錦濤グループの牽制に成功しており、今のところ権力基盤は盤石である。王氏が退任しても、党大会後の政権運営に大きな支障はないと見る向きが多い。

 だが習氏の腹心で、一時期は李克強氏を押しのけて首相になるという噂まであった王氏を留任させられなかったという事実は、習氏の権力維持に関して微妙な影響を及ぼす可能性がある。

 - 政治 , ,

  関連記事

jinmingen
IMFが特別引出権(SDR)に人民元を採用。英国の全面支援が決め手?

 IMF(国際通貨基金)は、11月にも特別引き出し権(SDR)と呼ばれる準備通貨 …

kakunenryouyuso
プルトニウムがとうとう米国へ返還。日本をとりまく国際情勢は変化している

 日米間の合意によって、日本が米国に返還することが決定していた研究用プルトニウム …

orando02
アフリカのマリが第二のイラク、アフガンに?マリ軍への移管ができず仏軍が苦慮

 イスラム武装勢力の追討を目指してフランスが介入したアフリカのマリ共和国において …

mof
日銀総裁の交代とTPPで財務省人事に動き。ただ次官レースには大きな影響はない

【本記事は2013年3月のものです。財務省の最新の人事情報記事はこちらです】「木 …

koreishajiko
高齢者の自動車事故が増加しているのは、高齢者の絶対数が増えているから

 最近、高齢者ドライバーによる事故のニュースを多く目にするようになった。一部から …

satsutaba02
預金封鎖と財産税が密かな話題となっている背景とは?

 終戦直後に実施された預金封鎖と財産税がちょっとした話題になっている。NHKが夜 …

baku
中国人作家のノーベル文学賞受賞は、いわゆるバーター取引

 スウェーデン・アカデミーは11日、中国の作家、莫言氏にノーベル文学賞を授与する …

aribabachugoku
粗悪品の出品をめぐり中国当局とアリババが対立。やはりチャイナ・リスクは存在

 中国の電子商取引最大手アリババ・グループは2015年1月29日、2014年10 …

airasiasuchi
今話題のLCC(格安航空会社)に思った程安くないとの声が。その理由とは?

 全日空系のLCC(格安航空会社)であるエアアジアジャパンは、10日、LCCとし …

sakakibara
まるでヤクザ映画?政府が財界に「決意を示せ」と設備投資増強を要請

 経団連の榊原定征会長は2015年11月26日、政府が開催した官民対話で、設備投 …