ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

習近平氏の腹心で兄貴分の王岐山氏が、常務委員続投を断念したことの政治的意味

 

 10月の中国共産党大会を目前に控え、習近平氏の腹心と言われた王岐山・中央規律検査委員会書記が退任する意向を示していることが明らかとなった。王氏が退任しても習体制に大きな変化はないが、習氏の権力集中を懸念する声が意外と大きかったことを印象づける結果となるかもしれない。

oukizan

 王氏は習氏が下放されていた文革時代からの付き合いで、いってみれば王氏は習氏の兄貴分的な存在である。経済の専門家であった王氏が規律検査委員の担当として常務委員入りしたのは、習氏による粛正工作を一手に引き受けるためだった。

 実際、王氏は習氏の期待に見事に応え、反腐敗運動の責任者として、習氏の政敵を次々と失脚に追い込んだ。王氏が誰かを摘発する時は、しばらくの間、公の場に姿を見せないことから、王氏の動静が伝えられなくなると、多くの幹部が震え上がったともいわれる。

 王氏は現在69歳なので、党大会時点における68歳以上の幹部は退任するという慣例に従った場合、10月の党大会で引退となる。だが王氏には定年を延長して常務委員を留任するという噂が出ていた。その理由は、習氏が続投を強く希望していたからである。

 習氏にとって王氏は数少ない「身内」であり、全幅の信頼を寄せているとも言われる。権力集中化をさらに進めたい習氏としては王氏を手放したくない。さらに言えば、王氏の定年延長を実現すれば、これが既成事実となり、習氏の3期続投という可能性が見えてくる。

 習氏の年齢は64歳で、さらに5年後の党大会の時点では定年に達する。習氏としては権力闘争に長けた王氏を続投させて権力集中を進め、最終的には自身の3選を実現する腹づもりだったと考えられる。

 習が王氏の続投を断念したのだとすると、その最大の理由は、習氏の権力集中を懸念する声が思いのほか大きかったということだろう。習氏は、江沢民グループや胡錦濤グループの牽制に成功しており、今のところ権力基盤は盤石である。王氏が退任しても、党大会後の政権運営に大きな支障はないと見る向きが多い。

 だが習氏の腹心で、一時期は李克強氏を押しのけて首相になるという噂まであった王氏を留任させられなかったという事実は、習氏の権力維持に関して微妙な影響を及ぼす可能性がある。

 - 政治 , ,

  関連記事

hagejapan201401
ヘーゲル国防長官が来日。日米連携強化を演出したい日本側に配慮

 米国のヘーゲル国防長官は2014年4月5日から2日間の日程で日本を訪問し、安倍 …

toyotatranpu
トランプ氏がとうとう攻撃の矛先をトヨタにも。GMは今のところ従来路線の堅持を主張

 米国内の雇用を重視するトランプ氏による攻撃がとうとうトヨタにも向けられた。GM …

no image
安倍晋三元首相が自民党総裁に選出。政局のカギは維新の橋下代表に

 自民党総裁選は決選投票の末、安倍晋三元首相が自民党総裁に決定した。安倍氏は10 …

brasil
インフレによる不満から大規模デモとなったブラジル。アベノミクスの悪いシナリオを暗示?

 サッカーのコンフェデレーションズ杯が開催されているブラジルで、公共料金の値上げ …

no image
なぜか報道されないスペインの国家分裂危機。支援を要請できないのにはワケがあった

 米格付け会社のスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は10日、スペインの国際 …

abekaisan20141113
7~9月期のGDPは予想通り思わしくない可能性が大。増税スキップは政治判断へ

 11月17日に発表される7~9月期の実質GDPの数字が思わしくない可能性がさら …

abe20141021b
消費低迷で高まる増税先送り論。だが現実には決断は困難?

 消費の低迷が顕著になってきたことから、消費税の10%増税に反対する声が高まって …

misutoraru
ロシアがフランスからの揚陸艦購入を正式に断念。北方領土付近は現状維持へ

 ロシアがフランスから購入する予定だったミストラル級強襲揚陸艦について、ロシア政 …

macronsousenkyo
フランス総選挙でマクロン新党が圧勝。第六共和政がスタートする?

 フランス国民議会の総選挙が11日に行われ、マクロン大統領が率いる新党「共和国前 …

romarosiakaidan
ローマ法王とロシア正教トップが1000年ぶりの会談。米国とロシアの仲介が狙い?

 カトリック教会のフランシスコ法王は2016年2月12日、ロシア正教会のトップで …