ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

習近平氏の腹心で兄貴分の王岐山氏が、常務委員続投を断念したことの政治的意味

 

 10月の中国共産党大会を目前に控え、習近平氏の腹心と言われた王岐山・中央規律検査委員会書記が退任する意向を示していることが明らかとなった。王氏が退任しても習体制に大きな変化はないが、習氏の権力集中を懸念する声が意外と大きかったことを印象づける結果となるかもしれない。

oukizan

 王氏は習氏が下放されていた文革時代からの付き合いで、いってみれば王氏は習氏の兄貴分的な存在である。経済の専門家であった王氏が規律検査委員の担当として常務委員入りしたのは、習氏による粛正工作を一手に引き受けるためだった。

 実際、王氏は習氏の期待に見事に応え、反腐敗運動の責任者として、習氏の政敵を次々と失脚に追い込んだ。王氏が誰かを摘発する時は、しばらくの間、公の場に姿を見せないことから、王氏の動静が伝えられなくなると、多くの幹部が震え上がったともいわれる。

 王氏は現在69歳なので、党大会時点における68歳以上の幹部は退任するという慣例に従った場合、10月の党大会で引退となる。だが王氏には定年を延長して常務委員を留任するという噂が出ていた。その理由は、習氏が続投を強く希望していたからである。

 習氏にとって王氏は数少ない「身内」であり、全幅の信頼を寄せているとも言われる。権力集中化をさらに進めたい習氏としては王氏を手放したくない。さらに言えば、王氏の定年延長を実現すれば、これが既成事実となり、習氏の3期続投という可能性が見えてくる。

 習氏の年齢は64歳で、さらに5年後の党大会の時点では定年に達する。習氏としては権力闘争に長けた王氏を続投させて権力集中を進め、最終的には自身の3選を実現する腹づもりだったと考えられる。

 習が王氏の続投を断念したのだとすると、その最大の理由は、習氏の権力集中を懸念する声が思いのほか大きかったということだろう。習氏は、江沢民グループや胡錦濤グループの牽制に成功しており、今のところ権力基盤は盤石である。王氏が退任しても、党大会後の政権運営に大きな支障はないと見る向きが多い。

 だが習氏の腹心で、一時期は李克強氏を押しのけて首相になるという噂まであった王氏を留任させられなかったという事実は、習氏の権力維持に関して微妙な影響を及ぼす可能性がある。

 - 政治 , ,

  関連記事

tulip
欧州では移住する農業従事者が増加中。そう簡単ではない農業の競争力強化

 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の閣僚会合で日米は合意に至らず、結論は再 …

abetoben
特定秘密法案が衆院を通過。この法案の最大の問題点は「知る権利」ではない

 特定秘密保護法案が11月26日、衆院本会議において自民、公明、みんなの党による …

abe20130901
安倍政権が消費増税を前提にした動きを加速。増税決定はすでに暗黙の了解?

 安倍政権が消費税増税を前提にした動きを加速している。増税の最終判断は10月1日 …

ozawasinnenakai
小沢氏が恒例の新年会を開催。総数は80名を超えるも議員は13名と寂しい正月

 生活の党の小沢一郎氏は1日、世田谷区にある私邸で恒例の新年会を開催した。挨拶に …

kokuzei
政府・与党が保険金への相続税軽減を決定。庶民には関係なく、富裕層のみが恩恵

 政府・与党は、死亡保険金にかかる相続税を軽減する方針を固めた。これまでは「相続 …

aribabakinyu
シャドーバンキングといっても幅が広い。アリババや百度でも扱っている。

 中国では、いわゆる影の銀行(シャドーバンキング)による過剰融資が大きな問題とな …

kokkaigijido02
憲法改正の手続きを定めた国民投票法が審議入り。各党の思惑が絡んで議論は複雑

 憲法改正のための具体的な手続きを定めた国民投票法(日本国憲法の改正手続に関する …

joseikatuyaku
政府が1億総活躍社会における経済効果を試算。個人消費は13.7兆増えるとしているが・・・

 政府は2016年4月18日、一億総活躍社会を目指す取り組みが実現した場合の経済 …

abe20141229
政府の予算と決算には乖離がある。経済対策3.5兆円を額面通りに評価してはいけない

 政府は2014年12月27日、臨時閣議を開き、総額3兆5000億円の経済対策を …

hyuga02
憲法改正や集団的自衛権など安倍カラーがなぜか次々後退。求められる明確な方向性

 政府が集団的自衛権の行使に関する憲法解釈の見直しを先送りするとの報道が大きな波 …