ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

習近平氏の腹心で兄貴分の王岐山氏が、常務委員続投を断念したことの政治的意味

 

 10月の中国共産党大会を目前に控え、習近平氏の腹心と言われた王岐山・中央規律検査委員会書記が退任する意向を示していることが明らかとなった。王氏が退任しても習体制に大きな変化はないが、習氏の権力集中を懸念する声が意外と大きかったことを印象づける結果となるかもしれない。

oukizan

 王氏は習氏が下放されていた文革時代からの付き合いで、いってみれば王氏は習氏の兄貴分的な存在である。経済の専門家であった王氏が規律検査委員の担当として常務委員入りしたのは、習氏による粛正工作を一手に引き受けるためだった。

 実際、王氏は習氏の期待に見事に応え、反腐敗運動の責任者として、習氏の政敵を次々と失脚に追い込んだ。王氏が誰かを摘発する時は、しばらくの間、公の場に姿を見せないことから、王氏の動静が伝えられなくなると、多くの幹部が震え上がったともいわれる。

 王氏は現在69歳なので、党大会時点における68歳以上の幹部は退任するという慣例に従った場合、10月の党大会で引退となる。だが王氏には定年を延長して常務委員を留任するという噂が出ていた。その理由は、習氏が続投を強く希望していたからである。

 習氏にとって王氏は数少ない「身内」であり、全幅の信頼を寄せているとも言われる。権力集中化をさらに進めたい習氏としては王氏を手放したくない。さらに言えば、王氏の定年延長を実現すれば、これが既成事実となり、習氏の3期続投という可能性が見えてくる。

 習氏の年齢は64歳で、さらに5年後の党大会の時点では定年に達する。習氏としては権力闘争に長けた王氏を続投させて権力集中を進め、最終的には自身の3選を実現する腹づもりだったと考えられる。

 習が王氏の続投を断念したのだとすると、その最大の理由は、習氏の権力集中を懸念する声が思いのほか大きかったということだろう。習氏は、江沢民グループや胡錦濤グループの牽制に成功しており、今のところ権力基盤は盤石である。王氏が退任しても、党大会後の政権運営に大きな支障はないと見る向きが多い。

 だが習氏の腹心で、一時期は李克強氏を押しのけて首相になるという噂まであった王氏を留任させられなかったという事実は、習氏の権力維持に関して微妙な影響を及ぼす可能性がある。

 - 政治 , ,

  関連記事

hiranuma
維新の会と石原新党が急接近。橋下氏のたちあがれ批判は戦略?

 基本政策の違いをめぐって駆け引きが行われていた維新の会と石原新党(たちあがれ日 …

no image
自民党の次期衆院選候補者は2世だらけ。でも有権者は大喜び?

 次期衆院選を前に候補者の顔ぶれが徐々に明らかになってきているが、自民党の候補者 …

furyokuhatuden
自民党がエネルギーミックスについて提言。原発をめぐってとりあえず玉虫決着

 自民党は2015年4月、2030年時点における電源比率を定める「エネルギーミッ …

kourai
尖閣諸島国有化から1年が経過。今後のカギを握るのは米中交渉の行方

 日本政府が尖閣諸島を国有化してから9月11日でちょうど1年となった。中国はこの …

vaticanheri
体育会系にミュージシャンにTV司会者。次期ローマ法王候補者は個性派キャラ揃い

 ローマ法王ベネディクト16世が、2月28日夜正式に退位した(本誌記事「存命中の …

herikomoney
ヘリコプターマネーを巡る首相官邸の危険な火遊び

 首相官邸周辺でヘリコプターマネー政策をめぐる危険な火遊びが進行している。今のと …

no image
決着が付いていない中国の政権争い。誰と誰が揉めているの?

 中国の次期政権をめぐるゴタゴタはまだ解決していないようだ。  党総書記に内定し …

gpif201306
公的年金の運用方針見直し。ホンネは国債価格下落への対処

 公的年金の運用改革を議論する政府の有識者会議は9月26日、11月の最終報告に向 …

maotai
中国共産党が腐敗撲滅の徹底を宣言。これを受けて酒造会社の株価は軒並み暴落!

 中国共産党の習近平総書記は22日、党中央規律検査委員会全体会議で演説し、高級幹 …

samittoabe
週内にも消費税再延期を表明。日本の財政はまさに「異次元」のフェーズに突入

 安倍首相は、来年4月に予定していた消費税10%への引き上げを再延期する方向で調 …