ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本の公共インフラはボロボロ?中央道で天井崩落。無謀な公共投資のツケか?

 

 中央自動車道の笹子トンネル(全長4455メートル)で2日、コンクリート製の天井板が数十メートルにわたって崩落する事故が発生した。車3台が巻 き込まれ、現場で焼死体が確認されている。最終的な被害者数はまだ確定していない。トンネルを管理する中日本高速道路は天井板を支える器材の劣化により事故が起きた可能性を認めている。

 崩落が起こった笹子トンネルは1977年の開通。崩落した天井板は自動車が走行する部分と上部にある送風と排気を行うエリアを仕切るためのもので、厚いコンクリート製。重さは1.2トンもあり、これが100枚程度崩落したとみられている。

 この崩落が経年劣化によるものなのかはまだ明らかになっていないが、高速道路や橋梁などの公共インフラが激しく劣化していることはかねてから指摘されてきた。
 首都高速道路でもあちこちに亀裂が発見されているが、ほとんどが応急処置にとどまっている。多くの施設が昭和時代に作られており、大規模な修繕を行わなければならない時期にきているものの、十分な予算が確保できていないというのが実情だ。
 予算が確保できない最大の理由は、新規の建設工事ばかり優先してきたから。というのも、日本では公共インフラの建設は役所と政治家の利権となっており、多額の予算を獲得できない修繕工事は彼らにとって優先順位が低い。
 小泉政権の時にようやくムダな公共工事にメスが入り、新規の建設は抑制されるようになってきた。だが無謀な拡大計画のもとで過去に建設された施設は膨大な数にのぼり、現在の予算規模では修繕もままならないいうのが実情なのだ。今回の事故が経年劣化によるものだとすると、まさにそのツケが回ってきたとものといえるだろう。

 おそらく国土交通省や公共工事の利権を持つ政治家は、こういった事故をきかっけに、道路の安全性を確保するためと称して、多額の予算を要求してくるはずだ。八ッ場ダムの例を見るまでもなく、無駄な施設とはいえ一度作ってしまったものを閉鎖する勇気は日本人にはないと思われる(利権を持つ声の大きい人の意見が最優先される)。
 こういった公共インフラへの支出が再度増加すれば、せっかく消費税を増税しても、得られた財源はこうした利権にすべて消え、福祉や年金といった社会保障には回らなくなることはほぼ確実である。

 - 政治, 社会, 経済

  関連記事

no image
ソフトバンクによるTモバイル買収が白紙に。時間をかけて再度買収を画策か?

 ソフトバンクの子会社で米携帯電話3位のスプリントは、TモバイルUSの買収を断念 …

kannsimaera
監視カメラの是非に関する議論。プライバシーが問題なのではない!

 単純に画像を撮影するだけなく、被写体の顔を自動判別する機能を搭載した新しいカメ …

sangyokyosoryokukaigi
政府の新成長戦略で飛び出した小中プログラミング教育の「今更感」

 安倍政権は、名目GDP(国内総生産)600兆円の目標を達成するため「第4次産業 …

bouekitoukei201304
4月の貿易収支。エネルギー輸入増と輸出数量の減少が続き、赤字連続記録を更新

 財務省は5月22日、4月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

shakaibunkakaikan
社民党が党本部を移転。旧党本部ビルは幽霊屋敷と呼ばれ崩壊寸前だった

 社民党は26日、社会党時代から半世紀近く使用してきた永田町の「社会文化会館」か …

imf Deputy Director japan
IMFが日本との協議を終了。アベノミクスを評価するも、構造改革とセットにすべきと指摘

 IMF(国際通貨基金)は5月31日、経済動向と政策課題に関する日本政府との10 …

munyutin
反ウォール街だったはずのトランプ政権に多数のゴールドマン出身者

 選挙期間中からウォール街を敵視し、庶民の味方であることを強調していたトランプ大 …

kukanjokin
空間除菌グッズの表示をめぐって消費者庁と大幸薬品が大バトル

 空間除菌グッズをめぐる消費者庁と事業者のバトルが激しくなっている。きっかけは消 …

roujin
都市在住高齢者の地方施設への移住が検討されている背景とは?

 都市部における介護施設不足の解決策として、地方施設への移住を促す動きが活発化し …

no image
パネッタ米国防長官が来日。主要な議題はオスプレイではない

 米国のパネッタ国防長官が来日している。各メディアは、新型輸送機オスプレイの普天 …