ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本の公共インフラはボロボロ?中央道で天井崩落。無謀な公共投資のツケか?

 

 中央自動車道の笹子トンネル(全長4455メートル)で2日、コンクリート製の天井板が数十メートルにわたって崩落する事故が発生した。車3台が巻 き込まれ、現場で焼死体が確認されている。最終的な被害者数はまだ確定していない。トンネルを管理する中日本高速道路は天井板を支える器材の劣化により事故が起きた可能性を認めている。

 崩落が起こった笹子トンネルは1977年の開通。崩落した天井板は自動車が走行する部分と上部にある送風と排気を行うエリアを仕切るためのもので、厚いコンクリート製。重さは1.2トンもあり、これが100枚程度崩落したとみられている。

 この崩落が経年劣化によるものなのかはまだ明らかになっていないが、高速道路や橋梁などの公共インフラが激しく劣化していることはかねてから指摘されてきた。
 首都高速道路でもあちこちに亀裂が発見されているが、ほとんどが応急処置にとどまっている。多くの施設が昭和時代に作られており、大規模な修繕を行わなければならない時期にきているものの、十分な予算が確保できていないというのが実情だ。
 予算が確保できない最大の理由は、新規の建設工事ばかり優先してきたから。というのも、日本では公共インフラの建設は役所と政治家の利権となっており、多額の予算を獲得できない修繕工事は彼らにとって優先順位が低い。
 小泉政権の時にようやくムダな公共工事にメスが入り、新規の建設は抑制されるようになってきた。だが無謀な拡大計画のもとで過去に建設された施設は膨大な数にのぼり、現在の予算規模では修繕もままならないいうのが実情なのだ。今回の事故が経年劣化によるものだとすると、まさにそのツケが回ってきたとものといえるだろう。

 おそらく国土交通省や公共工事の利権を持つ政治家は、こういった事故をきかっけに、道路の安全性を確保するためと称して、多額の予算を要求してくるはずだ。八ッ場ダムの例を見るまでもなく、無駄な施設とはいえ一度作ってしまったものを閉鎖する勇気は日本人にはないと思われる(利権を持つ声の大きい人の意見が最優先される)。
 こういった公共インフラへの支出が再度増加すれば、せっかく消費税を増税しても、得られた財源はこうした利権にすべて消え、福祉や年金といった社会保障には回らなくなることはほぼ確実である。

 - 政治, 社会, 経済

  関連記事

usakoyoutoukei201510
10月の米雇用統計は予想を大幅に上回る結果。市場は一気に12月利上げモードに

 米労働省は2015年11月6日、10月の雇用統計を発表した。 非農業部門の雇用 …

hongkongcash
香港で現金輸送車から2億円バラマキ。輸送を請け負っていたのは、著名な民間軍事会社

 クリスマスイブの24日、香港の繁華街で現金輸送車から大量の現金が落下し、通行人 …

kerry0020
ケリー国務長官が中国を訪問。日本の立場は米中の経済交渉次第

 米国のケリー国務長官はこの2月に中国を訪問する。同じく国務省のバーンズ副長官が …

businessman02
消費税を増税した途端に景気減速?7~9月期のGDPは前期よりも落ち込む可能性大

 2013年11月13日に公表予定の7~9月実質GDPの数値は、好調だった4~6 …

josei02
女性登用目標値設定など、労働慣行に対する「上からの改革」が急ピッチで進行中

 日本の労働慣行に対する「上からの改革」が急ピッチで進められるようとしている。政 …

kokusaishushi201402
経常赤字体質への転換を受け、政府は海外資本の誘致に舵を切り始めた

 財務省は2014年4月8日、2014年2月の国際収支を発表した。最終的な国の収 …

setsubitoshi
設備投資に回復の兆し。1~3月期GDPの改定値は上方修正の可能性

 企業の設備投資に回復の兆しが見られるようになってきた。財務省が発表した2015 …

toyotaroboto
今更? ウーバー出資や2足歩行ロボット買収など、トヨタに漂う出遅れ感

 トヨタが人工知能やシェアリング・エコノミーへの対応を矢継ぎ早に進めている。だが …

eurohawk
ドイツ軍が無人機グローバルホークの欧州版の導入を断念。欧州飛行許可下りず

 ドイツ連邦国防省は、米国製の無人機グローバルホークの改良版であるユーロホークの …

shujutushitu
がんの5年生存率のデータを公表。部位や地域によってかなりのバラツキ

 国立がん研究センターは2015年9月14日、がん患者の5年生存率のデータを公表 …