ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

法人向けアマゾンビジネスの最終目標はアスクルではなくモノタロウ?

 

 これまで個人の利用者を主なターゲットとしてきたアマゾンが、いよいよ法人向けのサービスに乗り出した。一見するとオフィス用品のアスクルに対抗したサービスに見えるが、アマゾンの狙いはオフィス用品の分野だけにとどまらない。

dendokogu

 アマゾンジャパンは2017年9月20日、オフィス用品などを法人向けに提供する「アマゾンビジネス」のサービスを日本でもスタートさせた。米国では2年前にサービスが始まり、急速に普及している。

 アマゾンビジネスを利用するためには法人向けの専用アカウントを開設する必要がある。アカウントはチーム単位で管理することも可能で、決済の承認を経てから購入したり、金額に上限を設けることも可能だ。グラフや表を使って購買レポートを作成するといった企業向けの各種機能に加え、企業内の情報システムとの接続にも対応している。

 日本は、法人決済の分野は極端なガラパゴスとなっており、見積書を作成したのち請求書を発行し、銀行振り込みで後払いするという不思議な商習慣が定着している。この独特の商慣行は日本市場における参入障壁のひとつだったが、アマゾンビジネスはこうした商慣行にも対応した。アカウントを開設した法人は、一定の限度額の範囲で請求書ベースでの支払いができる。

 アマゾンビジネスの最大のライバルはアスクルと見られている。だがアマゾンの最終目的はオフィス用品だけではない。アマゾンは億単位の品目数を持ち他のネット通販事業者を圧倒している。こうしたロングテールのメリットを最大限に生かすことができるのは、業務用資材や部品といった分野だろう。もっと具体的に言えばモノタロウである。

 モノタロウは、米国の資材販売大手グレンジャーの子会社で 国内では住友商事と密接な関係にある。モノタロウは国内のプロ向け資材販売の業界に大きな変革をもたらしたが、もしアマゾンの最終目的がこの業界にあるとすれば、外資系企業同士での主役交代となる可能性も出てきたことになる。

 だがアマゾンビジネスの影響はそこだけにとどまらない可能性が高い。モノタロウは住友商事との関係もあり、国内メーカーの製品を主に取り扱っている。だがアマゾンビジネスも同じ方向性になるとは限らない。
 最近では中国企業がアマゾン内で工務店向けの資材などを破格の値段で提供するケースが目立っており、電気設備や工具といった分野でも地殻変動が起きつつある。ここは日本型の業界慣行に守られてきた最後の砦ともいってよい業界である。アマゾンビジネスの本格的なスタートによってこの業界にも変化の波がやってくるのか、業界関係者は注目している。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

euhonbu00
EUが中国製太陽光パネルに反ダンピング関税。保護主義への観測気球との見方も

 欧州連合(EU)の欧州委員会は5月8日、中国が欧州に太陽光パネルを不当に安く輸 …

girishagikai
銀行預金引き出し制限下のギリシャで飛び交うデマから分かること

 ギリシャ政府のIMF(国際通貨基金)に対する15億ユーロ(約2000億円)の支 …

hondajet
ホンダがジェット機の量産を開始。あえて選択したイノベーション路線は吉と出るか?

 ホンダの航空機事業子会社であるホンダエアクラフトカンパニーは2014年5月20 …

wine02
日本産ワインのブランド力強化法案は効果を発揮するのか?

 国産ワインのブランド力を強化するため、自民党が「ワイン法案」について検討してい …

yukashi02
金融庁が海外ファンド投資で有名な「ゆかし」に対して行政処分の構え

 証券取引等監視委員会は「いつかはゆかし」のキャッチフレーズで知られている投資助 …

nichigin04
日銀のマイナス金利。とりあえず時間稼ぎが出来たという点で成功か

 日銀は、2016年1月28日・29日に開催した金融政策決定会合において、金融機 …

piketishasin
日本の所得上位1%が年収1300万円という識者の指摘は本当か?

 ピケティ・ブームが続く中、日本の所得上位1%は1300万円からという数字がネッ …

euhonbu00
EUで銀行同盟成立に向けた第一歩がスタート。薄れていく加盟国の国家主権

 EU(欧州連合)は2013年12月20日、ユーロ圏内で銀行の破綻処理を一元化す …

shoshutuchi
スイスに続いてドイツでも役員報酬制限の動き。背景にある株主主権という考え方

 欧州で企業経営者の高額報酬を制限する動きが活発になってきている。スイスでは今年 …

okane003
日本の対外純資産が円安で大幅増大。今後の課題は投資利回りの向上だ

 財務省は5月28日、2012年末の対外資産・負債残高を発表した。それによると日 …