ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

神奈川県民の通勤コストは何と100万円。もっとも安い県はいくら?

 

 神奈川県民が年間100万円も通勤費をかけているという調査結果が話題となっている。実はこの数値はリアルな通勤費ではなく、通勤に伴う機会コストを指しているのだが、長距離通勤が日本人の生活にとって大きな負担となっていることをあらためて認識させる結果となった。

manindensha

 内閣府がまとめた報告書によると、都道府県別の通勤コストがもっとも高かったのは神奈川県で年間97.7万円と100万円近くに達していた。もっとも安かったのは宮崎県で金額は31.2万円だったので、年間60万円もの差がついていることになる。

 この試算は、通勤費を直接調べたものではなく、平均的な通勤時間に時給をかけてコストを算出し、さらに追加の住宅コスト(家賃が他と比べて高い部分の追加費用)を加えたものである。

 あくまで理論的なコストということになるが、通勤という行為がどれだけの経済的負担となっているのかを示すには十分なデータといってよいだろう。

 実際、総務省が行った社会生活基本調査では、神奈川県の平均通勤時間は1時間40分で全国トップとなっている。同県の1人あたりの県民所得も292万円と全国でも比較的高い部類に入るが、その所得を得るために多大なコストを負担していることになる。

 日本人の通勤時間の長さは世界でも突出しており、これが生活全般を圧迫し、生産性にもマイナスの影響を与えていることは以前から指摘されてきた。昭和の時代はまだ貧しく、利便性の高い地域を再開発する余裕がなく、コストが安い遠隔地を中心に宅地開発が進んだことが最大の原因である。

 本来であれば、日本人の生活水準の向上に合わせて都市部の住宅整備を進めるべきであったが、常に開発利権が最優先され、こうした成熟国家型の政策は採用されなかった。

 このところ郊外から都市部に転居する人が増えているが、こうした通勤コストのムダが強く意識されてきた結果と考えられる。今後は人口減少が進むので、住宅地が遠方まで拡散しているという状況は、下り坂の日本経済にとって極めて大きな負担となるだろう。

 すでに開発してしまった住宅地はどうすることもできないが、働き方に多様性を認めれば多くの問題は解決できる。企業は在宅勤務など、時代にあった就業形態の導入を進めていく必要がある。

 - 社会, 経済 ,

  関連記事

obamansa
オバマ大統領が国民監視プログラムの改革案を発表。大きな変化はない可能性が大

 オバマ米大統領は8月9日、ホワイトハウスで記者会見を行い、政府の情報監視プログ …

mof03
軽減税率の財源をめぐる議論が活発化。外為特会という埋蔵金活用プランも

 国会の論戦がスタートしたことで、消費税10%への引き上げに伴って導入される軽減 …

no image
経済優等生のブルガリアがユーロ加盟を拒否。ユーロ圏拡大にブレーキ

 ユーロ導入を検討していたブルガリアが、EUの将来性が見込めないことから、導入を …

redbull
超音速ダイビングを主導したレッドブル社。最終的な狙いは宇宙ビジネス?

 オーストリア人のスカイダイバーであるフェリックス・バウムガルトナーさんが14日 …

keidanren2015teigen
経団連が8年ぶりに総合的な政策提言書を作成。かくしてその中身は?

 経団連は2015年1月1日、2030年までの国家ビジョンを示す政策提言「『豊か …

amari
まるで大政翼賛会?閣僚が名指しで企業の賃上げに言及。賃上げは本当に正しいのか?

 甘利経済再生相は5日、コンビニエンスストア大手が相次いで賃上げを表明したことを …

singapol
習近平氏はシンガポール型経済システムに着目。だが実現は絶望的?

 新しく中国共産党総書記に就任した習近平氏が、問題山積の中国の現状に対してどのよ …

runo
ルノーが往年の名車の復刻版を投入。これは自動車コモディティ化の予兆か?

 仏自動車大手のルノーが、往年の名車と呼ばれた「アルピーヌ」の復刻モデルを発売す …

tokkyo
中国が特許出願で世界1位に。国際特許で見ると「まだまだ」だが躍進は時間の問題

 特許の出願件数で中国が米国を抜いて、はじめて首位に立ったことが明らかになった。 …

kosakukiki
円安なのになぜ?工作機械受注が1月に入って激減の謎

 アベノミクスによる円安で製造業の業績回復が期待される中、足元ではそれに水をさす …