ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

神奈川県民の通勤コストは何と100万円。もっとも安い県はいくら?

 

 神奈川県民が年間100万円も通勤費をかけているという調査結果が話題となっている。実はこの数値はリアルな通勤費ではなく、通勤に伴う機会コストを指しているのだが、長距離通勤が日本人の生活にとって大きな負担となっていることをあらためて認識させる結果となった。

manindensha

 内閣府がまとめた報告書によると、都道府県別の通勤コストがもっとも高かったのは神奈川県で年間97.7万円と100万円近くに達していた。もっとも安かったのは宮崎県で金額は31.2万円だったので、年間60万円もの差がついていることになる。

 この試算は、通勤費を直接調べたものではなく、平均的な通勤時間に時給をかけてコストを算出し、さらに追加の住宅コスト(家賃が他と比べて高い部分の追加費用)を加えたものである。

 あくまで理論的なコストということになるが、通勤という行為がどれだけの経済的負担となっているのかを示すには十分なデータといってよいだろう。

 実際、総務省が行った社会生活基本調査では、神奈川県の平均通勤時間は1時間40分で全国トップとなっている。同県の1人あたりの県民所得も292万円と全国でも比較的高い部類に入るが、その所得を得るために多大なコストを負担していることになる。

 日本人の通勤時間の長さは世界でも突出しており、これが生活全般を圧迫し、生産性にもマイナスの影響を与えていることは以前から指摘されてきた。昭和の時代はまだ貧しく、利便性の高い地域を再開発する余裕がなく、コストが安い遠隔地を中心に宅地開発が進んだことが最大の原因である。

 本来であれば、日本人の生活水準の向上に合わせて都市部の住宅整備を進めるべきであったが、常に開発利権が最優先され、こうした成熟国家型の政策は採用されなかった。

 このところ郊外から都市部に転居する人が増えているが、こうした通勤コストのムダが強く意識されてきた結果と考えられる。今後は人口減少が進むので、住宅地が遠方まで拡散しているという状況は、下り坂の日本経済にとって極めて大きな負担となるだろう。

 すでに開発してしまった住宅地はどうすることもできないが、働き方に多様性を認めれば多くの問題は解決できる。企業は在宅勤務など、時代にあった就業形態の導入を進めていく必要がある。

 - 社会, 経済 ,

  関連記事

businessman02
中小企業にも賃上げの動き?だが実態は弱肉強食が露骨になっているだけだった

 安倍政権が企業に対して異例の賃上げ要請を行う中、中小企業でも賃上げの動きが見ら …

fomc201604
米国が急激に利上げモードにシフト。日本の財政出動は完全にハシゴを外された状態に

 米国が急速に利上げモードにシフトしている。市場はまだ疑心暗鬼だが、地区連銀の各 …

putinkuremia
思いのほか苦境にあるロシア。今回の一連の外交はいわゆる「弱者の戦略」

 ロシアによるクリミア併合プロセスが着々と進んでいる。表面的には軍事力を前面に押 …

nanba
DeNA創業者の南場智子氏が現場復帰。社長復帰説がくすぶっているが

 夫の看病を理由にDeNAの社長を退任し、近頃、フルタイムの場復帰を宣言した南場 …

gold
ドイツ連銀が国外に保管している金塊の一部を国内に移送するワケ

 ドイツ連邦銀行は、米国とフランスに保管している金塊の一部をドイツに戻し、金保有 …

okane201407
インフレが予想されるのに、タンス預金増加の兆候。背景には何が?

 日銀の量的緩和策によってインフレ期待が徐々に高まりつつあるが、一方で、デフレの …

baishuboueisaku
かつて導入された買収防衛策が次々と撤回。背景にあるのは株主のモノ言い

 かつて上場企業で導入が相次いだ買収防衛策について、撤回するケースが増えてきてい …

nissangone02
日産が主力部品メーカーをファンドに売却。自動車業界はいよいよ再編に向けて動き出す

 日産が系列の部品メーカーであるカルソニックカンセイを売却すると発表した。これま …

kaimono
これは悪いインフレの兆候?4月の消費者物価指数は庶民にとってトホホな内容

 総務省は5月31日、4月の全国消費者物価指数を発表した。生鮮食料品を除く総合指 …

factoryline
全世界的に製造業が回復基調。9月の量的緩和縮小の可能性が高まる?

 全世界的に製造業の景況感が改善してきている。米供給管理協会(ISM)が発表した …