ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

金融庁が規制強化へ。ハイリスクなFX投資がここまで普及している国は日本だけ

 

 このところ金融業界に対する指導を強化している金融庁が、今度はFX(外国為替証拠金取引)の規制強化に乗り出した。FXはハイリスク・ハイリターンを代表する商品だが、レバレッジの規制によって市場が縮小する可能性が出てきた。

fxkisei

 FXはドルなどの外国通貨を一定の証拠金を差し入れて売買するサービスで、手持ち資金以上の金額を取引できる点が最大の魅力となっている。取引できる金額は証拠金の25倍までとなっているので、ごくわずかな手持ち資金しかない投資家でも、高額の取引が可能だ。

 だが取引金額が大きくなれば、損が出た場合の金額も巨額となる。為替が大きく変動した際には、一瞬で手持ち資金を失う投資家も多い。金融庁は、最大で25倍まで可能となっている証拠金倍率を見直し、10倍程度に抑制することを検討している。

 このところ金融庁は投資家保護のスタンスを明確にしており、毎月分配型の投資信託など、投資家の利益にならない商品の販売を控えるよう金融業界に強く要望するなど、かなり厳しい姿勢で臨んでいる。FXは比較的規制が緩かった業界だが、金融庁の厳しい姿勢がとうとうこの業界にも及んできた格好だ。

 業界は当然のことながらあまり歓迎していないが、金融庁の措置はおおむね妥当といってよいだろう。
 FXは日本では非常に人気のある商品だが、こうしたハイリスク・ハイリターンで投機性の高い商品が一般に普及している国は極めて珍しい。世界のFX取引のうち過半数が日本人によるものといわれており、日本人のFX好きは突出している。

 本来、こうした商品は熟練した投資家が取り組むべきものだが、日本では投資の初心者がFXを始めるケースも多く、投資家がどこまでリスクを理解しているのか少々怪しい面があった。

 こうしたリスクの高い取引に、一般的な投資家が多く参入しているという現実を考えると、レバレッジについては10倍程度にとどめておくのが賢明だろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

Warren Buffett
バフェット氏の最新の保有銘柄状況が明らかに。金利上昇と景気拡大にシフト

 米国の著名投資家であるウォーレン・バフェット氏が、IBMやGM(ゼネラル・モー …

orando
仏オランド政権が政策を180度転換。企業優遇と福祉削減にとうとう舵を切った!

 富裕層や大企業に対する増税など、反企業的な公約を掲げて大統領に就任したフランス …

akafuku
「外国人お断り」という赤福前社長の発言は、日本人の優柔不断さの象徴?

 伊勢神宮の銘菓「赤福」の前社長による「外国人には来て欲しくない」という発言が波 …

iondaiei
イオンがダイエーを吸収合併?イオンによるダイエー株取得が意味するもの

 小売り大手のイオンが、丸紅が保有するダイエーの株式を買い取ること前提に丸紅と交 …

kosakukiki
日本企業の設備投資がとうとう底入れ?3月の機械受注は大幅増加に

 これまで株高による個人消費の活性化ばかりが目立っていた日本経済だが、製造業の状 …

bananki
FRBのバーナンキ議長が緩和縮小に慎重姿勢。だが本音はスケジュール通り?

 米FRB(連邦準備制度理事会)の量的緩和策縮小のタイミングをめぐって市場では神 …

setubitousi
企業の業績拡大が中小企業にも波及。ただ設備投資は公共事業の依存度が高い

 財務省は2014年6月2日、2014年1~3月期の法人企業統計を発表した。売上 …

niinami
ローソンの新浪社長がアベノミクスに賛同し賃上げを実施。政界転職の布石か?

 ローソンは7日、グループ内の若手社員の年収を平均で3%上げると発表した。年2回 …

usakoyoutoukei201312
米雇用統計は予想を下回る。FRB議長交代もあり、市場は神経質な展開

 米労働省は2014年1月10日、2013年12月の雇用統計を発表した。このとこ …

softbankarm
ソフトバンクが英ARMを3.3兆円で買収。最終的な狙いは純粋な投資?

 ソフトバンクグループは2016年7月18日、英国の半導体設計大手アーム・ホール …