ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

大義なき解散という批判は妥当なのか?首相の解散権に関する考察

 

 衆議院の総選挙が2017年10月10日、公示された。希望の党が誕生したことで、結果的には注目度の高い選挙となったが、安倍首相が解散を決断した時点では大きな争点もなく、一部からは「大義がない」との批判も寄せられた。果たして首相の解散権はどこまで認められるものなのだろうか。

kaisan

  内閣が衆議院を解散する権利は憲法に定められており(69条および7条)、これは議院内閣制の根幹をなす制度のひとつとなっている。厳密には、解散権は首相ではなく内閣にあるが、内閣の意思決定権は事実上、首相が握っていることを考えると、解散権も同じく首相に帰属するというのが自然な解釈となる。

 永田町における慣習という点においても、解散権は首相の専権事項というのが一般的な理解であり、他の政治家は関与することができないとされている。まさに解散権は首相にのみが持つ「伝家の宝刀」というわけだ。
 解散権が首相にだけ帰属するのであれば、その理由や大義の有無について周囲が批判してもあまり意味はないことになる。

 ただ、首相は好き勝手に解散してよいのかという必ずしもそうはならないようだ。もともと日本国憲法では内閣不信任案を発端とした解散(69条)しか想定しておらず、7条による解散は事後に慣習的に出来上がったものである。

 最高裁では首相の自由な解散権の行使に対して、統治行為論の延長線上で明確な判断を避けてきた。つまり解散は高度に政治的な問題であり、簡単に司法が口を挟める問題ではないということである。

 だが、高度に政治的な問題であるならば、首相はその権利を安易に行使してはならないというのもまた事実である。
 今回の解散は、結果的には高度に政治的なものとなったが、少なくとも安倍氏が解散を決断した段階では、このような状況は想定されていなかった。解散が、政界再編の引き金を引くとは誰も思っていなかったし、憲法改正の議論が加速することも想定されていなかったはずである。

 安倍氏の決断そのものについていえば、首相の大権を行使するのにふさわしい状況でなかったというのが正直なところだろう。だが、その行為は結果として高度に政治的な状況を作り出した。やはり政治というのは一筋縄ではいかないようである。

 - 政治 , , ,

  関連記事

bakkingamu
英連邦やイベロアメリカ連合は国際政治の補助線として今も機能している

 英国と旧英国領約50カ国が加盟する英連邦首脳会議が11月15日、スリランカのコ …

no image
失業率25%のスペイン。国家は非常事態なのに国内旅行は絶好調。何故?

 経済危機真っ只中のスペインだが、観光業が絶好調である。経済危機によって価格を引 …

jutakugai
再来年に迫った相続税増税で住宅保有者は大慌て。だが今後も資産課税強化は続く

 2015年1月に迫った相続税の増税が住宅保有層における懸案事項になってきている …

tabakohaian
見送りの可能性も出てきた受動喫煙防止法案。日本は2周回遅れへ

 今国会での審議が予定されていた受動喫煙防止法案の提出が見送られる可能性が高くな …

nougyouyushutu
国内版ワーホリに批判殺到。地方の労働市場はもはや市場メカニズムを放棄?

 総務省が、都市部の学生や若手社員が長期休暇を利用して地方で働く「ふるさとワーキ …

abechoshu
安倍首相が何度も強調する長州人のDNA。果たしてその怨念はどこに向かうのか?

 「志定まれば、気盛んなり」安倍首相は消費増税を正式表明する記者会見の場において …

abe20141229
政府の予算と決算には乖離がある。経済対策3.5兆円を額面通りに評価してはいけない

 政府は2014年12月27日、臨時閣議を開き、総額3兆5000億円の経済対策を …

kanntei
政府が解雇要件を緩和する方向で検討を開始。だが公務員だけは例外という大矛盾

 政府はこれまで法律や判例で手厚く保護されてきた労働者の解雇要件を大幅に見直す方 …

bukkajoushou
消費者物価指数はじわじわ上昇。GDP成長は来年も物価上昇を上回ることができるのか?

 総務省は7月26日、6月の全国の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「 …

koyousha
北九州市職員が廃車の公用車を買い取り転売。だが本当に問題なのはむしろ役所の方?

 北九州市の職員が、廃車として中古車販売業者に売却された公用車2台を個人で買い取 …