ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

大義なき解散という批判は妥当なのか?首相の解散権に関する考察

 

 衆議院の総選挙が2017年10月10日、公示された。希望の党が誕生したことで、結果的には注目度の高い選挙となったが、安倍首相が解散を決断した時点では大きな争点もなく、一部からは「大義がない」との批判も寄せられた。果たして首相の解散権はどこまで認められるものなのだろうか。

kaisan

  内閣が衆議院を解散する権利は憲法に定められており(69条および7条)、これは議院内閣制の根幹をなす制度のひとつとなっている。厳密には、解散権は首相ではなく内閣にあるが、内閣の意思決定権は事実上、首相が握っていることを考えると、解散権も同じく首相に帰属するというのが自然な解釈となる。

 永田町における慣習という点においても、解散権は首相の専権事項というのが一般的な理解であり、他の政治家は関与することができないとされている。まさに解散権は首相にのみが持つ「伝家の宝刀」というわけだ。
 解散権が首相にだけ帰属するのであれば、その理由や大義の有無について周囲が批判してもあまり意味はないことになる。

 ただ、首相は好き勝手に解散してよいのかという必ずしもそうはならないようだ。もともと日本国憲法では内閣不信任案を発端とした解散(69条)しか想定しておらず、7条による解散は事後に慣習的に出来上がったものである。

 最高裁では首相の自由な解散権の行使に対して、統治行為論の延長線上で明確な判断を避けてきた。つまり解散は高度に政治的な問題であり、簡単に司法が口を挟める問題ではないということである。

 だが、高度に政治的な問題であるならば、首相はその権利を安易に行使してはならないというのもまた事実である。
 今回の解散は、結果的には高度に政治的なものとなったが、少なくとも安倍氏が解散を決断した段階では、このような状況は想定されていなかった。解散が、政界再編の引き金を引くとは誰も思っていなかったし、憲法改正の議論が加速することも想定されていなかったはずである。

 安倍氏の決断そのものについていえば、首相の大権を行使するのにふさわしい状況でなかったというのが正直なところだろう。だが、その行為は結果として高度に政治的な状況を作り出した。やはり政治というのは一筋縄ではいかないようである。

 - 政治 , , ,

  関連記事

seoulapart
不況なのに家賃高騰?経済が低迷しつつある韓国で奇妙な現象が発生する理由とは?

 経済成長が鈍化しているにも関わらず、家賃が急騰するという奇妙が現象が韓国で起こ …

hagel
次期国防長官のヘーゲル氏。議会の公聴会で中国への懸念を示すもホンネは別?

 米オバマ大統領が次期米国防長官に指名している共和党のヘーゲル元上院議員に関する …

shukinpei06
中国で習近平国家主席への権力集中が進む。安定化なのか政情不安なのか?

 中国共産党指導部で、習近平国家主席への権力集中が進んでいる。習政権の権力基盤は …

urumuchi
中国メディアの報道から垣間見える新疆ウイグル自治区の治安維持の現状

 中国の新疆ウイグル自治区は、人口の大半がイスラム教徒のウイグル族で占められてお …

7thfleet
安全保障関連法成立。だが国会を支配していたのは「昭和」な価値観

 今国会、最大の焦点であった集団的自衛権の行使を可能にする安全保障関連法案は20 …

businessman
2014年度の実質成長率見通しは1.3%に下落。その理由は消費増税ではない?

 政府の2014年度における経済成長見通しがほぼ固まった。物価変動の影響を除いた …

herikomoney
ヘリコプターマネーを巡る首相官邸の危険な火遊び

 首相官邸周辺でヘリコプターマネー政策をめぐる危険な火遊びが進行している。今のと …

no image
自民総裁選、石破氏大健闘の背景には小泉進次郎あり

 自民党の総裁選で安倍元首相に敗れた石破茂前政調会長だが、地方からは圧倒的な支持 …

office
待遇がよい正社員ほど不満タラタラ。人材会社のアンケート結果が示す意外?な結果

 大手人材サービス会社のエンジャパンが自社サイトの利用者に対して行った、月収とそ …

putingkukyo
経済制裁による通貨安と原油価格の下落でロシア経済はすでにボロボロ?

 ウクライナ問題をめぐる対ロ制裁に加えて原油価格の急激な下落がロシア経済を窮地に …