ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

東証が顧問・相談役制度の情報開示を要請も、この習慣はなくならない?

 

 上場企業のトップ経験者などが、顧問や相談約などの形で会社に残ることについて批判の声が高まっている。東証は上場企業に対して顧問制度等の内容を開示するよう要請しているが、日本の雇用環境を考えると、この制度をなくすことは容易ではない。

komonsodanyaku

 みずほフィナンシャルグループは2017年10月16日、東証の意向を受け、自社の顧問制度について公表した。現在、同社には7名の名誉顧問が在籍しており、経済団体活動や社会貢献活動などに従事している。報酬はなく、経営には関与しないと同社では説明している(ただし、自社にとって非常に重要な対外活動を担う場合には、2000万円を上限に報酬を支払うことがあるとしている)。

 今後の運用については、常任顧問には社長またはカンパニー長経験者のみが就任できるとしており、任期は66歳まで。社長経験者の場合には、その後、名誉顧問に就任することが可能となっている。

 東芝の経営危機などをきっかけに顧問制度に対する批判が高まっているが、こうした制度が存続している最大の理由は日本型の雇用システムである。

 日本はコーポレートガバナンスという概念が浸透しておらず、企業は株主のものではなく、従業員のものという意識が強い。したがって企業のトップを外部の株主が決めることについて生理的に馴染めない企業が大半である。そうした日本型経営を行っている企業のトップは、ほぼ例外なく従業員からの昇格となる。

 従業員からの昇格では、名目上は経営者であっても、従業員だった時の上限関係を解消することは原理的にできない。結果として、自身より年次や役職が上だった人の影響力が残ることになる。少なくとも、トップを退いた人物が、そのまま影響力を行使したいと考えた場合、システム的にこれを阻止する手段がない。

 東証からの公開要請によって、待遇面などでは低下が進むか可能性がある。だが、ムラ社会的な雇用環境をあらためない限り、年長者が影響力を行使し続けるという悪習がなくなる可能性は低いだろう。

 - 社会, 経済 , ,

  関連記事

abe20150715
盤石の安倍政権に黄色信号。日本市場における政局リスクが徐々に顕在化

 日本の株式市場に政局リスクが浮上し始めた。内閣支持率が急落していることに加え、 …

raripeiji
従業員によるCEOランキング、トップはグーグル、2位はナイキ、3位は?

 米キャリア情報サイトのGlassdoorは2015年6月9日、従業員が評価する …

tosho05
日本の株式市場が賭博場になったのは、企業のダブルスタンダードが原因?

 持続的な成長を実現するために、企業と投資家の間にどのような関係が必要なのかにつ …

gunosi
ニュース・キュレーションのグノシーが上場。広告媒体として機能することが明らかに

 スマホ向けにニュース・キュレーション・サービスを提供するグノシー(Gunosy …

imf Deputy Director japan
IMFが日本との協議を終了。アベノミクスを評価するも、構造改革とセットにすべきと指摘

 IMF(国際通貨基金)は5月31日、経済動向と政策課題に関する日本政府との10 …

no image
IMFが指摘。日本の金融機関はもうこれ以上、国債を買い支えることはできない

 IMF(国際通貨基金)がいよいよ日本の国債消化能力ついて懸念を表明し始めた。 …

kindorupaper
いよいよキンドルが日本上陸。自費出版サービスもスタートし、出版社は戦々恐々

 アマゾンがとうとう電子書籍端末「キンドル」を国内で販売開始する。同社の日本法人 …

billgates
マイクロソフトのトップ交代。ゲイツ氏は退任ではなく、実は現場復帰?

 米マイクロソフトは2014年2月4日、同社のナデラ上級副社長が最高経営責任者( …

lottehoteru
ロッテグループのお家騒動で再び注目される、韓国の循環出資構造

 経営をめぐって創業家内部の争いが続いていたロッテホールディングスは2015年8 …

facebooksound
フェイスブックが周囲の音を収集解析するサービスを始めた、その本質的意味

 SNS大手の米フェイスブックは2014年5月21日、スマホを使って周囲の音を録 …