ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

完全保存版!習政権2期目、政治局常務委員メンバー相関図。習氏の3期続投が視野に

 

 習近平政権2期目の布陣が明らかとなった。後継候補となる若手は登用されず、習氏の権力基盤がいっそう強まった。また江沢民元総書記に近い人物が減り、前政権の影響力も大きく低下している。

  中国共産党は2017年10月25日、あらたな最高指導部(政治局常務委員)メンバーを選出した。常務委員は現行と同じ7名体制で、2名が留任、5名が政治局委員からの昇格となっている。
 留任となったのは、習近平総書記・国家主席(64)と李克強首相(62)。残る5名は、栗戦書・中央弁公庁主任(67)、汪洋・副首相(62)、王滬寧・中央政策研究室主任(62)、趙楽際・中央組織部長(60)、韓正・上海市党委員会書記(63)。

joumuinmember

 このうち栗氏は習氏の最側近で、趙氏も有力な側近の一人とされる。中央弁公庁主任は日本でいえば官房長官のような役割であり、習政権のウラもオモテも知っている立場だ。趙氏は習政権1期目に習氏の政権基盤を固めた立役者といわれ、習氏からの信頼が厚い。

 習政権1期目は、上海閥を中心とする江沢民グループと胡錦濤前総書記を中心とする胡錦濤グループ(いわゆる団派)との間で複雑な権力構造となっていた。だが、習氏は1期目に江沢民氏の影響力を排除することに成功。胡錦濤グループもコントロールしてきた。
 汪洋氏は胡錦濤グループのホープといわれた人物であり、本来なら李克強氏と組んで、習氏に権力闘争をしかける可能性があったが、現在ではこうした余力は残っていないと思われる。

 2期目の常務委員には次の指導者候補となる若手が抜擢されるケースがほとんどだが、今回、そうした人事は行われなかった。これは異例の人事であり、背景には習氏への権力集中をさらに強めたいとの思惑がある。場合によっては慣例を破って、習氏が3選されるというシナリオも浮上するかもしれない。

 ちなみに、習氏の腹心として粛正工作を一手に担ってきた王岐山氏は年齢制限のため退任となったが、別の要職で再度起用するとの噂も出ている。

 - 政治 ,

  関連記事

zenjndaikaijou02
中国鉄道省の解体は日本の国鉄民営化と同じ。高度成長の終了を意味している

 中国・北京で開かれていた第12期全国人民代表大会(全人代=国会に相当)は17日 …

romuni
ロムニー候補の支持率が急上昇した背景に、イスラエルロビーの猛プッシュあり

 米大統領選の共和党候補、ロムニー前マサチューセッツ州知事の支持率がTV討論会を …

meti03
経済産業省がこのタイミングで国家統制色の強い法案を出してくる背景とは?

 政府が秋の臨時国会に提出する産業競争力強化法案は、政府主導でリストラやM&am …

office
待遇がよい正社員ほど不満タラタラ。人材会社のアンケート結果が示す意外?な結果

 大手人材サービス会社のエンジャパンが自社サイトの利用者に対して行った、月収とそ …

airasiasuchi
今話題のLCC(格安航空会社)に思った程安くないとの声が。その理由とは?

 全日空系のLCC(格安航空会社)であるエアアジアジャパンは、10日、LCCとし …

nsa
米国が友好国も盗聴していたという事実に欧州各国が反発。だがこれは諸刃の剣でもある

 米国家安全保障局(NSA)による監視問題で、英ガーディアン紙は6月30日、元C …

trumporder
トランプ大統領がとうとう日本の為替政策を批判。市場はショックもある意味では想定内

 トランプ米大統領がとうとう日本の為替政策について批判を展開した。これまでの発言 …

shoushika
少子化対策タスクフォースが提言書。だが対策を阻む本当の理由には触れずじまい

 政府の有識者会議「少子化危機突破タスクフォース」(座長・佐藤博樹東大大学院教授 …

nhkkaichou
わずか2日で自説を撤回。NHK籾井会長発言がもたらすもう一つの弊害とは?

 NHKの籾井勝人会長は2014年1月27日、従軍慰安婦問題について「どこの国に …

komatsuichiro
憲法解釈見直しに関する実務のキーマン。小松長官は大丈夫なのか?

 集団的自衛権の行使をめぐる憲法解釈見直しの中心人物である小松一郎内閣法制局長官 …