ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日立が英国鉄道事業で水漏れトラブル。だが、もっと大きな逆風が吹いている?

 

 日立が総力をあげて取り組んできた英国の鉄道事業で、新型車両のお披露目の当日に客室をずぶ濡れにするというトラブルがあった。
 日本政府は鉄道インフラの輸出を国策と位置付けており、日立はその先端を走っているが、世界の鉄道ビジネスを見渡してみると、日本勢にとって大きな逆風が吹き始めている。実はエアコンのトラブルどころの話ではないかもしれない。

hitachieikoku

 水漏れを起こしたのは、イギリス南西部にあるブリストル・テンプル・ミーズ発ロンドン行きの電車で、トラブルに見舞われた10月16日は営業運転開始初日ということで、英国の運輸相も乗車していたという。

 技術的な不具合で30分近く遅れて出発したものの、今度は走行中にエアコンが停止。座席の上部から水が漏れ出し、乗客は立ったままの状態で、約40分遅れでロンドンに到着した。

 トラブルは軽微とのことで、今回の件が日立の鉄道ビジネスに大きな影響を与える可能性は低いと考えられる。だがこの話とは別に、鉄道ビジネスの世界では、日本勢にとって大きな逆風が吹いている。それは中国企業の躍進と欧州勢の大合併である。

 2017年9月、独シーメンスと仏アルストムは、両社の鉄道部門を統合すると発表した。世界の鉄道車両市場は、シーメンスがトップでアルストムがそれに続いていたが、中国の国有企業2社が統合され、中国中車という世界最大の鉄道車両メーカーが誕生したことことで状況が一変した。

 今回の統合は表面的には中国中車に対抗するための措置と言われているが、本当の狙いは別にあるとの見方も出ている。それは製造業のデジタル化への対応である。

 シーメンスは米GEと並んで、IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)の最先端を行く企業である。近い将来、鉄道車両はすべての部品がネットに接続され、メーカー側はリアルタイムで運転状況を監視できるようになる。メーカーのビジネスが、単純にモノを売るのではなく、メンテナンスなども含めた総合サービスの形態にシフトするのはほぼ間違いない。

 こうした市場環境では、車両製造の付加価値は低下するので、この部分は中国企業に任せてしまうという選択肢があり得ることになる。一方、ソフトウェアやサービスの分野は仕様の統一が重要なので、今のうちから統合を進めておく方がよい。

 日本勢がこうした流れに取り残された場合、付加価値が低くなった車輌製造の分野において、中国勢と価格勝負を余儀なくされる可能性もある。

 - 経済 , , ,

  関連記事

sharp
シャープがLIXILなどに出資要請との報道。シャープペンシルの時代に逆戻り?

 経営再建中のシャープが、複数の事業会社に対して出資要請を検討していることが明ら …

Rare earth
実は厄介者?世界の9割を独占していた中国がレアアース輸入に転換した背景とは?

 世界シェアの90%を握るといわれている中国のレアアース生産が曲がり角に来ている …

sharp
サムスンがシャープに100億出資。シャープもゾンビ企業への第一歩を踏み出したか?

 経営再建中のシャープは6日、韓国サムスン電子(サムスン電子の日本法人)との資本 …

no image
オークションサイトをめぐる芸能人のステマが問題に。だが巨悪は別に存在する

 ペニーオークションに関する芸能人の「ステマ」に関して批判が集中している。実際は …

orand
仏オランド大統領が掲げる反企業政策が早くも行き詰まり

 フランスのオランド大統領が掲げる「反企業政策」がはやくも行き詰まりつつある。 …

matsuura
エイベックス松浦氏の富裕層イジメ発言を評価する際に注意すべき点とは?

 エイベックス・グループ・ホールディングス社長の松浦勝人氏による、日本は富裕層に …

sekiyu
内閣府の世界経済に関する報告書。原油安がプラスの影響をもたらし、米国・欧州経済の拡大が続く

 内閣府は2015年6月13日、世界経済の現状に関する報告書「世界経済の潮流(2 …

euhonbu00
欧州の1~3月期GDP成長率。6四半期連続のマイナスで景気失速が鮮明に

 欧州連合(EU)は5月15日、ユーロ圏の2013年第1四半期(1~3月期)の経 …

todai
茂木健一郎氏のツイッター発言で偏差値論争が再燃。日本人が偏差値大好きな理由とは?

 脳科学者の茂木健一郎氏がツイッター上で、学力偏差値とそれを公表している大学受験 …

canonfactory
キヤノンの国内生産回帰は評価すべきだが、雇用の増加につながるわけではない

 キヤノンは2015年までに自社製品の国内生産比率を現在の42%から50%へ引き …