ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

自動車の国内市場に異変。ホンダは主力工場閉鎖、トヨタは販売戦略を見直し

 

 自動車メーカーの国内生産や国内販売に異変が起きている。ホンダは主力工場の閉鎖を決定し、トヨタは販売戦略を根本から見直す。以前から予想されていたことではあったが、人口減少によって国内販売の維持が難しくなっており、各社は対応を迫られている状況だ。

hondasayama

 ホンダは2017年10月4日、2021年度をメドに狭山工場(埼玉県)での生産を近くの寄居工場に集約すると発表した。狭山工場はこれに伴い閉鎖される見通し。狭山工場は、同社の基幹工場のひとつでアコードやステップワゴンといった主力車種の生産を行ってきた。

 一方、トヨタは国内の販売戦略を根本的に見直す。トヨタは「いつかはクラウン」という有名なキャッチフレーズが示しているように、会社での役職が上がるにしたがって上位車種に乗り換えさせるマーケティング戦略を採用。圧倒的な販売実績を作ってきた。
 だが今後は、車種を従来の半分程度となる約30に絞り、売れるクルマに資源を集中させる。また地域ごとの販売戦略を立案する新しい部署を設立するという。

 一連の施策はすべて国内自動車市場の縮小に対応したものである。2016年の日本国内の自動車販売台数は約497万台だが、2年前との比較でも10%の落ち込みとなっている。日本は人口減少が続くので国内市場はさらに縮小する可能性が高い。

 ホンダはもともと海外生産比率が高いが、それでも2016年度は81万台を国内で製造している。しかし、同社の国内販売台数は71万台となっており、各工場の稼働率は7割程度まで落ち込んでいる。これ以上、生産能力を余らせておくことは難しいだろう。

 トヨタは自動車メーカーとしては珍しく生産台数の半分近くを国内工場で製造している。だが全世界的に製造業の地産地消化が進む中、国内生産を維持するためには、一定水準以上の国内販売維持が必須となる。同社の新しい販売戦略がどのような成果を上げるのかはまだ分からないが、人口動態を考えると厳しい展開となるのは間違いない。

 自動車産業は全世界にEV(電気自動車)シフトが発生しており、クルマの価格が急落するリスクが出てきた。低価格な車種の場合、国内生産の維持はますます困難となる。特に国内生産比率の高いトヨタにとっては難しい選択となるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

jakaruta
ホンハイやエアアジアなどが相次いで進出。インドネシアは第二の中国に

 人件費の高騰や工場での暴動、領有権問題など、いわゆる中国リスクを避けるため、A …

orand
仏オランド大統領が掲げる反企業政策が早くも行き詰まり

 フランスのオランド大統領が掲げる「反企業政策」がはやくも行き詰まりつつある。 …

mujinkijiko
米軍における無人機墜落事例は400件。商業利用では自動操縦で問題解決か?

 米国で400機以上の無人機が墜落していることが明らかになった。米国ではすでに無 …

plazuma
パナソニックが上海工場を閉鎖。ようやくプラズマから撤退を決断

 パナソニックが、中国・上海にあるプラズマテレビ組立工場を閉鎖する。すでに生産は …

ouyou
総勢180名の財界訪中団が汪洋副首相と会談。だがトップ2との会談は実現せず

 安倍政権発足後、最大規模となる財界訪中団は11月19日、北京市内において汪洋副 …

beijing
中国経済の実態を表す「本物」の経済統計が発表。格差は世界最悪の水準

 中国経済の本当の姿を示す調査結果が市場で話題となっている。四川省の大学が失業率 …

abewomen
安倍首相が経済界に女性登用を要請。女性の社会進出は経済成長を実現するのか?

 安倍首相は4月19日、日本記者クラブで講演し、自身が提唱する成長戦略について説 …

nomura
大リストラと収益貢献の優等生。野村と三菱の外銀買収で明暗を分けたのは?

 大手金融機関の海外展開力に大きな差が付き始めている。野村ホールティングスと三菱 …

setsubitousi
7~9月期GDPは事前の予想通り2期連続のマイナス。だが補正の議論は盛り上がらず

 内閣府は2015年11月16日、2015年7~9月期のGDP(国内総生産)速報 …

indochina
中印が経済的理由から急接近。インド側の狙いは日本と中国が「競争」すること

 中国の習近平国家主席は2014年9月17日、インドを公式訪問し、モディ首相と会 …